作家ランキング

坂木司
坂木司(さかき つかさ)。1969年生まれ、東京都出身。読者に先入観を与えないため、性別等のプロフィールは非公開。2002年に「青空の卵」でデビュー。
万城目学
万城目学(まきめまなぶ)。1976年2月27日生まれ、大阪府出身。京都大学法学部を卒業後、化学繊維会社へ就職。働きながら小説を執筆していたが、転勤を機に退職し執筆活動に専念。2006年「鴨川ホルモー」でデビュー。

2005「鴨川ホルモー」第4回ボイルドエッグズ新人賞
恩田陸
恩田陸(おんだりく)。1964年10月25日生まれ、宮城県仙台市生まれ。女性。早稲田大学教育学部卒業後、生命保険会社のOLとして勤務。1992年に「六番目の小夜子」でデビュー。

2004「夜のピクニック」第26回吉川英治文学新人賞
2005「夜のピクニック」第2回本屋大賞
2006「ユージニア」第59回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)
2006「中庭の出来事」第20回山本周五郎賞
道尾秀介
道尾秀介(みちおしゅうすけ)1975年5月19日に兵庫県に生まれる。玉川大学農学部卒業。サラリーマンの勤務と平行して小説を執筆。2004年に「背の眼」でデビュー。その後退職し、専業作家となる。

2004「背の眼」第5回ホラーサスペンス大賞特別賞
2007「シャドウ」第7回本格ミステリ大賞(小説部門)
2009「カラスの親指」第62回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)
2011「月と蟹」第144回直木賞
池井戸潤
池井戸潤(いけいどじゅん)。1963年岐阜県生まれ。慶応義塾大学卒業。1998年に第44回江戸川乱歩賞を受賞し「果つる底なき」でデビュー。

1998「果つる底なき」第44回江戸川乱歩賞
2010「鉄の骨」第31回吉川英治文学新人賞
2011「下町ロケット」第145回直木賞
森博嗣
森博嗣(もりひろし)。1957年12月7日生まれ、愛知県出身。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院の修士課程修了後、三重大学工学部の助教授として勤務。1996年「すべてがFになる」でデビュー。2005年に大学を退職。

1996「すべてがFになる」第1回メフィスト賞
誉田哲也
誉田哲也(ほんだてつや)。1969年8月18日生まれ、東京都出身。学習院大学経済学部を卒業。卒業後は就職せずにロックミュージシャンを目指していたが、椎名林檎に衝撃を受けて諦める。2002年「ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華」でデビュー。

2002「ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華」第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞
2003「アクセス」第4回ホラーサスペンス大賞特別賞
奥田英朗
奥田英朗(おくだひでお)。1959年10月23日生まれ、岐阜県岐阜市出身。岐阜県立岐山高等学校卒業後、構成作家として働く。1997年に出版社に持ち込んだ「ウランバーナの森」でデビュー。

2004「空中ブランコ」第131回直木三十五賞
2007「家日和」第20回柴田錬三郎賞
2009「オリンピックの身代金」第43回吉川英治文学賞
京極夏彦
京極夏彦(きょうごくなつひこ)。1963年3月26日生まれ、北海道小樽市出身。専修学校桑沢デザイン研究所中退。アートディレクターとして広告代理店に勤務後、独立。軽い気持ちで書いた小説を出版社に送ると、発売が決定。1995年に「狂骨の夢」デビュー。

1996「魍魎の匣」第49回日本推理作家協会賞(長編部門)
1997「嗤う伊右衛門」第25回泉鏡花文学賞
2003「後巷説百物語」第130回直木三十五賞
2011「西巷説百物語」第24回柴田錬三郎賞
尾田栄一郎
尾田栄一郎(おだえいいちろう)1975年1月1日生まれ、熊本県熊本市出身。九州東海大学中退。幼い頃から絵を描くことが好きで漫画家を志していた。高校時代に投稿した短編「WANTED!」が月刊少年ジャンプの新人賞の手塚賞に準入選。

2012「ONE PIECE」第41回日本漫画家協会賞大賞
ログイン新規登録(無料)