The Canterville Ghost: Stage 2 (700 Headwords) (Oxford Bookworms)

The Canterville Ghost: Stage(700 Headwords) 2巻の感想・レビュー(37)

幽霊が気の毒になっちゃった。表紙からは絶対に想像できない内容です。まずまずでした。
- コメント(0) - 2016年11月27日

アメリカ人の拝金主義、現実主義を風刺した小説。幽霊より人間のほうが残酷。
★44 - コメント(0) - 2016年10月20日

表紙が怖すぎる。でも内容はコメディと最後はちょっと切ない感じでした。 スケルトンって透明ってことじゃなくて骨が全部見えてる状態のことなんだなぁと初めて知った。
★3 - コメント(0) - 2016年8月8日

怖い要素は皆無。途中で少し飽きそうになったが、ラストのハッピーエンドに辿り着けて良かった。難易度はstage2だが、stage3の秘密の花園よりも少し難しく感じた。自分の読解力の低さも手伝って、日本語で読んだらまた違う面白さがあったのかな?と珍しく感じた一冊。
★11 - コメント(0) - 2016年7月17日

SSS: 700level 31/50
★1 - コメント(0) - 2015年10月12日

前半は、幽霊ととある家族の戦いの話です。ある家に住み着く幽霊が、家族を怖がらせようと色々試みる。しかし、全然うまくいかない。それどころが、幽霊が逆に驚かされてしまう展開になってしまう。そのようなおもしろく、おかしい物語で始まります。しかし後半はがらりと雰囲気が変わります。幽霊が悩みを人間に打ち明け、打ち明けられた人間は解決に向け手助けしてあげるという展開になっていきます。少し不思議なお話です。
★1 - コメント(0) - 2015年10月1日

E-★3〜
★1 - コメント(0) - 2015年6月22日

英語多読。YL2.5/6100words/累計26冊/226,945words
★6 - コメント(0) - 2015年5月14日

【多読】ホラーかと思ったら笑える幽霊話でした。最後はホロッとさせられます。6,100 words (total 125,193 words)
★6 - コメント(0) - 2014年11月16日

オスカー・ワイルドの作品で最初に出版されたのが、『カンタヴィルの幽霊』。それをリライトしたのが本書だそうです。ワイルドというと『サロメ』での印象しかなかったので、こういうユーモアたっぷりの作品だったのにはびっくり。このブックワームズシリーズすべてに言えることですが、表紙と中身にずれがあるように思いました(てっきり、シャイニングみたいなホラーかと思った…)。
★4 - コメント(0) - 2014年5月22日

words:6,100 / total:372,177 / 96books
★2 - コメント(0) - 2014年2月11日

これは面白かったな-。やんちゃな双子がなんとも言えず(笑)。こーゆー幽霊には会ってみたいもんだ(笑)。怖いけど(笑)。
★2 - コメント(0) - 2014年1月28日

これワイルドだったんだなあ。☆3
★2 - コメント(0) - 2013年3月8日

★★★★☆ イギリスのとある古い屋敷を幽霊付きで買ったアメリカ人一家。怖がるどころか霊現象におおはしゃぎ。なんとか怖がらせようと幽霊が苦戦するも、いたずらをしかけてからかい、逆に幽霊を困らせてしまう。……というコメディタッチなのだが、途中からがらりと変わって死について考えさせられる。面白かった。オスカー・ワイルドってこういう話を書くんだね。これは表紙でちょっと損してるかもな。
★14 - コメント(5) - 2012年7月22日

幽霊と言っても陽気で少し間抜けコメディタッチかなと思い読み進めましたが最後は結構考えさせられました。☆多読本56冊 語数5500語 総語数 296300語☆
★2 - コメント(0) - 2012年4月12日

カンタベリーのお屋敷に住んでる幽霊の話。初めは笑ってしまうような展開だけれど、あとの方でかなりぐっとくるシーンが。面白かったです。
★2 - コメント(0) - 2011年12月3日

SSS: 700level 37/50
★1 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

08/07:sachi
03/09:あかね

積読中のみんな最新5件(2)

10/08:紺々

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

09/13:misui
11/26:ちあき
The Canterville Ghost: Stage(700 Headwords) 2巻の 評価:97 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)