Before I Go To Sleep

Before I Go To Sleepの感想・レビュー(17)

2014年1月29日:kumi
毎日寝て起きると記憶を失ってしまう女性の話。読者の方も全く状況が分からないため、主人公と一緒になって何を信じたらいいのか迷い、疑い、謎解きをする気分が味わえ、とても面白かった。ある朝、自分は若くて独身で希望ある未来が開けていると信じて起きてみたら40代後半の身体になっていて人生の半分を失っていたと知った時の衝撃はどうだろう。それを毎日繰り返さなければならないとしたら。
★11 - コメント(8) - 2013年12月27日

2013年8月31日:Keiko
二コールキッドマン主演で映画化されるらしい。テーマはキャッチーだし映像化しやすい映画向きの作品だとおもう。
- コメント(0) - 2013年7月20日

出だしはすごく引き込まれたけど、同じことの繰り返しで話が動かず、最後までがんばって読んだ私は偉い^^; 主人公が無色透明な感じで(記憶がないのだからしょうがないのかもしれないけど)、応援も反発もできないっていうか…誰かに何かをしてもらうのを待ってるだけ…のように感じてしまった。その割にけっこう自分勝手というか…。うーん。まとりあえず読み終わってよかったよかった。
★3 - コメント(0) - 2013年6月14日

2013年4月22日:maki
毎日寝ると記憶が全て無くなってしまう女性の話。最後のパートでストーリーが急展開。一度読み始めたら止まらなかった。恋愛小説かと思えば、サスペンス?ドキドキするストーリー展開だった。英語も優しいし一気に読めた。ただイギリス英語は好きになれない。
★5 - コメント(2) - 2013年1月27日

★★★★★ 目覚めるたびに眠る前の記憶を失っている女性の一人称と、彼女が毎日書き綴った日記でストーリーが進んでいく。毎朝、夫と名乗る見知らぬ男性と同じベッドで目覚め、自分が約20年間の記憶をなくしていることに気づきパニックになる。書き始めたばかりの日記だけが頼りなのだが、冒頭には自分の筆跡で「夫を信じるな」との警告が。主人公の揺れる猜疑心にこちら(読み手)も引っ張られてストーリーに没頭しました。詳しいレビューはこちら→http://tadoking.com/book.php?asin=0552164135
★12 - コメント(9) - 2012年8月28日

一晩眠ってしまう度に、幼少時~若かった頃以外の記憶のほとんどを失ってしまう女性の話。頼れるものは夫と、医師の勧めにより夫に内緒でつけ始めた日記だけ。でも、もし夫が必要なことを伏せているとしたら?夫が嘘をついているとしたら?日記の内容は被害妄想気味の自分による作り話だとしたら?記憶障害を抱える女性が、自分の人生と記憶を取り戻すべく奮闘する物語でもあり、サスペンスでもある。結末に満足できるかどうかは人それぞれかもしれないけれど、記憶障害と奮闘するさまも、十分に興味深く読むことができました。英語は簡単で初心者向
★6 - コメント(1) - 2012年7月25日

2012年6月25日:ringoringo
2012年5月27日:sasa
2012年5月2日:Kazumasa Takenouchi
2012年3月9日:ぴぎぃ
2012年2月11日:ルカ
--/--:nanatt4
記憶が1日しか持たないって、怖いよやっぱり。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(4)

04/17:maki
08/14:ゆう
05/14:sasa

積読中のみんな最新5件(1)

11/09:窓際

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

01/16:MOCCO
09/01:Mimi
07/30:ゆう
Before I Go To Sleepの 評価:82 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)