Newspaper Chase, EasyStart, Penguin Readers (Easy Start Penguin Reader)

Newspaper Chase, EasyStart, Penguin Readersの感想・レビュー(37)

英語多読 YL0.8 総語数 900 9:03 分 http://www.seg.co.jp/sss_review/jsp/frm_a_120.jsp?cd_syuppan=0000016510
- コメント(0) - 2月21日

900語でもミステリーが書けるんですね〜!その分、呆気ない位の展開の速さでしたが。
★11 - コメント(0) - 2016年8月22日

図書館本。806語、YL:0.8。ドタバタコメディ映画の冒頭部分のあとに、残りの全編のダイジェストをむりやり連結した感じ。短いのでストーリーには不満が残る。泥棒、大家さん母娘、清掃業者、故買屋(?)たちのキャラはテンプレなもののシンプルな単語だけで十分に表されている。割によく出来ているとはいえ、購入しようとするとこの短く薄い話1つで、700-800円というのは酷すぎる値段設定。せめて10話くらい収録して普通のペーパーバックの厚みにしてもらえないか。あるいは、そういう本を日本の出版社で作ってもらいたい。
★5 - コメント(0) - 2015年5月17日

806w
- コメント(0) - 2014年1月31日

ジャンル分けをすれば、犯罪ものかサスペンスになるのでしょうが、間抜けな泥棒とのほほんとした下宿屋の娘の対比が可笑しく、コメディとして読めばそこそこ楽しめると思いますよ。
★1 - コメント(0) - 2014年1月25日

ストーリーに少し無理があるのは致し方ないかもしれないですね。下宿先?の大家さんの推理力と行動力に脱帽(笑)
★2 - コメント(0) - 2014年1月9日

words:806 , count:9022 , 9books
- コメント(0) - 2013年12月30日

★★★☆☆ ある泥棒が、依頼を受けて美術館から絵画を盗むが……… という話。 「rooming house!? what!?」 と思ったら、アメリカでいうところのホームステイ(日本で言うとこの下宿)ですなぁ。 (家主がゴミの世話をしてるのでルームシェアではないよね) そこらへんが理解できないと、そのあとのハプニングもちょっと戸惑うかも。 (それにしても、律儀にホームステイしてる泥棒ってのもどうかとw) 深く考えなければ、まぁまぁ楽しめる作品。
★13 - コメント(0) - 2013年9月8日

KEI
文章が平易でとても読み易かった。/証拠をネタに、彼を脅して手柄を山分け! …という展開にはならないか、うん。
★1 - コメント(0) - 2012年5月20日

読みやすい本でした。大家さんが借主のお部屋の新聞をリサイクルに出します。 その部分は引きました。☆多読本26冊 語数900語 総語数 161600語
- コメント(0) - 2012年3月5日

900
- コメント(0) - 2011年6月21日

マヌケな泥棒さんです。
★2 - コメント(0) - 2011年5月20日

泥棒は盗んだ絵を新聞の間に。表紙の絵はスカしてるのに情けなさすぎ。ああいうリサイクル好き(人のものまで回収してくれる)っていますよね。
- コメント(0) - 2011年1月16日

破片を見ただけで、どういう素性のものかわかるなんて…
- コメント(0) - 2009年4月11日

ちょっとマヌケな泥棒の話。 やっぱり、仕事は丁寧にしないとならないですね。 そして、隠すならもっとちゃんとしたところに・・・。 それにしても、近所で ゴミの世話もしてあげるくらいなのに 容赦ないんだなあ〜(^^ゞ
- コメント(0) - 2005年11月10日

2002/12/?読了
- コメント(0) - --/--

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

04/16:多田
Newspaper Chase, EasyStart, Penguin Readersの 評価:92 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)