生成文法の企て

生成文法の企ての感想・レビュー(18)

2月23日:hill.384
1月6日:ヤプーズ
2016年1月16日:半殻肝
チョムスキーの試みそのものは評価する。だけど言語が意味を伝えるためのツールであり、砕けた言い方、変な言い方でも通用する。だから統語論ではなく、言語にとって重点テーマは意味論なのではないか。
★7 - コメント(0) - 2015年6月27日

「Generative Enterprise(1980)」と「21世紀の言語学(2002)」、2つのインタビューを収録。専門用語や理論分析を読み飛ばしても、とにかく面白いです!もっと読みたい♪(*^O^*)!!
- コメント(0) - 2014年8月18日

2014年2月11日:深井一
2012年9月1日:mo
2011年10月15日:Omelette
2010年12月21日:へのへのもへじ
2009年10月12日:fewaji
生成文法の理論的枠組みが、規則の体系から、原理とパラメーターのアプローチに変わろうとしていた1980年代初頭に行われたチョムスキーのインタビュー。チョムスキー自身、言語学史上、真に革命的と言える学問的転換が行われた時期であると後に語っている。  後半は、2002年秋に行われたインタビュー「21世紀の言語学」が収録されており、これまでの生成文法の歴史を振り返り、この学問の今後について語っている。  訳者の福井直樹氏はMITで学位を取得し、現在上智大学で教授をしている生成文法学者である。その研究分野は従来の言
- コメント(0) - 2009年9月20日

自然科学では当然のこととして受け入れられていることが、言語学においては広範な理解を得てないんです。つまり、理論というものは、健全であるためには変化していくものだということが理解されていないんですね。124pより
- コメント(0) - 2008年12月30日

文系言語学のいかさまがよくわかる。言語学を科学にしたチョムスキーの「企て」の言説に耳を傾けるべきだ。もし健全なヒトでいるためには。
- コメント(0) - 2008年8月22日

2004年7月2日:科学に佇む
2003年11月28日:ishilinguist
--/--:higehigehige

今読んでいるみんな最新5件(3)

09/28:fewaji

積読中のみんな最新5件(1)

01/25:moz

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

11/12:四元数
11/05:だにえる
10/20:ブナ太郎
11/14:多聞
生成文法の企ての 評価:67 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)