三国史記倭人伝 他六篇―朝鮮正史日本伝〈1〉 (岩波文庫)

三国史記倭人伝 他六篇―朝鮮正史日本伝〈1〉の感想・レビュー(11)

再読。『日本書紀』のサブテキストとして。古代史好きには必読の一冊。
- コメント(0) - 2014年6月1日

2013年8月18日:N
後半の付録は重要な史料となっている。111ページ~の現代語訳を読まないと、門外漢はわからない。「倭人が国境を侵犯した。伊伐飡(さん)の利音を派遣し、軍隊を率いて、これを防がせた」(113ページ)とある。昨夜のNHK「新政権に問う」特番では安保で結構タカ派のコメントに違和感を持ったが、古代でも現代でも侵略はダメだと思う。「倭国が、四号を改めて日本と号した。みずから日の出る所に近いので、国名としたのであると言っている」(119ページ)。古代の興亡と現代の違いはあるとしても、隣国との関係はより重要なのは不変か。
★3 - コメント(0) - 2012年12月23日

2012年4月28日:シンドバッド
2012年1月16日:ヒトコ
2011年4月5日:omayusama
1988年刊行。日本の古代史を検証するには、隣国の史書分析は不可欠である。もちろん、私に史料分析やそれを評価・検討する力量がないのは言うまでもないが、とりあえず、古代史、特に4世紀の事情を検証するため一読。参考文献つきは良であるが、やや古いかも。
★1 - コメント(0) - 2009年11月30日

2008年9月16日:うつぼん
かなり理解できたので嬉しい
- コメント(0) - --/--

--/--:結城あすか
--/--:Avis

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(2)

04/05:あれ
06/26:incerta

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

05/26:dowsheen
05/22:目黒乱
11/02:ユイ
01/08:ysj
三国史記倭人伝 他六篇―朝鮮正史日本伝〈1〉の 評価:73 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)