新エロイーズ 1 (岩波文庫 青 622-4)

新エロイーズ 1巻の感想・レビュー(14)

フランスのどろどろ甘い恋愛小説かと身構えていたら、中々に皮肉で教訓的。流石ルソーである。 書簡型の恋愛小説。訳者解説にガッツリネタバレがあるが、正直内容は知った上での通読だったので個人的には分かりやすくてよい。2巻にも期待。
- コメント(0) - 2月10日

2月8日:OZAC
平民のサン=ブルーと貴族の娘ジュリによる恋の往復書簡で構成された小説だ。執筆時期は、『人間不平等起源論』と『エミール』の間となる。形は恋愛書簡を取っているが、片鱗に道徳、芸術、平等などのルソー主張が見え隠れする興味深い形式になっている。ただし20歳前後の男女が語るにしては人生経験豊富で不自然でもあるが。それを度外視して、『エミール』に昇華させるまでのルソーの思想実験と観れば本書の意義はかなり大きい。
★2 - コメント(1) - 2016年6月22日

2014年11月10日:kei tomita
- コメント(0) - 2013年9月18日

2012年10月30日:kitaji
訳者によるあとがきにて、物語の概略が書かれている。つまりネタバレ。展開がどうなるのかというわくわく感を当時の読者同様感じたかったのだが、書いてあるものを読みたいという気持ちに抗えずに読んでしまい物語の筋を知ってしまった。その上で読んでも得るものはもちろんあるのだろうけれど、ネタバレって暴力に近いね。笑
★6 - コメント(0) - 2012年8月30日

2012年7月21日:kinzoo
2011年11月28日:Avis
2009年1月18日:masanta
2008年1月1日:poca(漫画以外)
2004年6月29日:シンドバッド
--/--:momonga@P.
--/--:ひーこ

今読んでいるみんな最新5件(2)

05/29:Maki
08/25:とまと

積読中のみんな最新5件(3)

09/08:armerhund
08/02:とまと
04/22:里馬

読みたいと思ったみんな最新5件(32)

03/25:Black
02/19:SOHSA
02/10:チャト
01/31:ままる
新エロイーズ 1巻の 評価:57 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)