岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉

岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉
483ページ
16登録

岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉の感想・レビュー(6)

書名を一つ一つ原稿用紙に書きながら読んだ。そうしてみると、三島由紀夫は収録されていなかったり、黄色帯の本は意外に多いといった、様々な発見があった。また、古い順になっているので、文学史の勉強にもなる。暇つぶしにでもやってみてほしい。一気に読書家へと近づくだろう。
★6 - コメント(0) - 2015年3月8日

日本文学(古典)の章を丹念に読みました。読みたい本がたくさん見つかりました。
★7 - コメント(0) - 2013年12月21日

2013年12月15日:半殻肝
ブックガイドとして。横光利一「機械」、中勘助『銀の匙』あたり読みたくなった。歴史・思想・日本文学(古典・近代・現代)など
- コメント(0) - 2009年1月9日

積読中のみんな最新5件(4)

10/24:まのく
03/25:LIFE
08/13:Hirrani
06/26:incerta

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

12/02:marybomb
03/30:のの
07/06:柊ゆい

人気の本

岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉の 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)