天使はここに

天使はここに
256ページ
748登録

天使はここにはこんな本です

天使はここにを読んだ人はこんな本も読んでいます


天使はここにの感想・レビュー(490)

2015外食サービス業応援歌。ファミレスの主人公が報酬を度外視して職責を果たそうとする姿に、私は肩入れしたくなりました。母と娘の幸せな距離とは。働くとは。(続)ネタバレ→
★6 - コメント(2) - 3月21日

朝比奈さんは心の細やかな描写が本当に上手だと思う。実母からのネグレクトで育った20代の真由子。祖母や叔母からは大切にされたが、実父と義理母の家も転々とし、居場所はない。迷惑をかけまいとファミレスのバイトで自立。大人に遠慮し育ち、低い自尊心と自己肯定感にも気づけない。唯一ファミレスの仕事に没頭没入することで自身の気持ちを外へそらし、日々生きながらえる。過剰な責任感と自己抑制で頑張り過ぎる姿に涙が落ちる。非正規の様々な理不尽さすら感じない。重すぎる母の愛に縛られた同僚も登場。母親の愛に適温はないのだろうか。
★19 - コメント(1) - 3月6日

お仕事小説。自分の職種は全然違うけど、人間関係のトラブルや悩みは同じですね。ストーリーは物足りなかったけど、仕事に対する自分の迷いとか色々考えさせられる。
★1 - コメント(0) - 2月23日

おもしろいなあ。あっという間に読んだ。色んなことがあるし色んな人がいるけど、一生懸命ひとつのことを続けられるのはすばらしいことだと思う。いい店長さんになれると思う。
★3 - コメント(0) - 2月12日

こんな人、苦手だなぁ。
★1 - コメント(0) - 2月1日

ファミリーレストランで働く真由子に元気をもらいました 一期一会を大切に 改めて感じました
★1 - コメント(0) - 1月16日

ちょっとした空き時間に開いたのに、気付いたらいつのまにか一気に読んでしまいました。私自身コーヒーチェーン店でアルバイトをしているので、厚かましいかもしれませんが、真由子の心情、痛いほどよく分かりました。思い当たる経験が沢山散りばめられていて、何度も何度も、泣くような場面ではないのに、泣きそうになりました(笑)最近読んだ中で1番かもしれない。朝比奈さんは本当にすごいです。
★22 - コメント(0) - 1月10日

さわやかお仕事小説、かと思いきや…。ブラックバイト(契約社員だけど)の話で、主人公の真由子にはずーっと苛々させられるし、他の登場人物にしても、魅力を感じる人がいない。物語もまとまりが弱い感じでだれてしまう。
★7 - コメント(0) - 1月5日

矢鱈とファミレスが詳しく書かれてて、そこが突出してたなぁー。働いてはったんかな?プライドを持って働くことはすんごく大事やんなーと最近思う。どんなんでもそういう気持ちがないと腐ってしまう。。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

2016年77冊目/★★
- コメント(0) - 2016年12月24日

ファミレスで働く真由子が主人公。バイトから契約社員に、がんばってはたらく真由子が痛々しい。自分の思いだけで周りの人達を変えていくのはなかなかだ。ほんとに働くことは大変なことだ。最後に少しは報われそうでよかった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月6日

正社員と契約社員、アルバイトそれぞれの立場を主人公の目を通して読むことが出来た。 でも主人公は気の毒…。正社員でもイヤな上司の部下になれば難癖付けてバイトと比較されるのが日常。言葉は悪いが正社員は辞めづらくそれを良いことに、ストレスの捌け口として追い詰められる…。ふっと思い詰めてしまった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月4日

厳しいレビューになるが、ダラダラしている印象で、なかなか言いたいことが伝わらない。キャラは立っているので、少し変えればもっと良くなる!と上から目線。でも契約社員ながらもファミレスで誇りをもって懸命に働く真由子、その不器用さは少し読むのが辛いと感じるくらい自分に重なっていた。
★38 - コメント(0) - 2016年12月3日

主人公はファミレスの契約社員・松村真由子。彼女の心理がとても丁寧に描かれていて、読みごたえがあった。一生懸命、頑張っているんだね。フレー、フレー、真由子!!
★2 - コメント(0) - 2016年11月22日

途中まで。また今度読むかな。
★3 - コメント(0) - 2016年11月14日

【図書館】インテグリティ、覚えておこう。
★2 - コメント(0) - 2016年11月4日

主人公の真由子ちゃんは、長女気質で、いい子でいなくてはというベールの中から、他者を見ているかんじがします。そういうところ、自分にも通じるところがあるから、だんだんせつなくなってきてしまう。ほんの少し、自分の殻を破ろうとするラストでは救われます。
★3 - コメント(0) - 2016年10月4日

★★★★☆
★3 - コメント(0) - 2016年10月1日

朝比奈作品の第二弾。ファミレスで働く主人公真由子のお話。サービスを提供する側からの描写が興味深かった。今度ファミレスに入ったら、スタッフさんに目が行ってしまいそう。
★2 - コメント(0) - 2016年9月9日

主人公の真由子さんは、毎日、淡々と誠実に自分の職責を全うしている。多分、こういう人たちが、社会を支えているのだと思う。とても健全な本で、読んでとてもほっとする。
★46 - コメント(0) - 2016年9月3日

インテグリティが高い、というと聞こえがいい。他人から見たらそういう見方もある。けど、もうちょっと自分のこと考えてもいいのでは?桜井さんが考えてくれる人だったから応募してたけど、人に言われないと正社員になる道も開けなかったのでは。最後の桜井さんの言葉がいい。「やってることと、その報いが、ちゃんと比例した世の中じゃないと」ほんとに、そういう世の中になったらいいんだけどね。
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

帯の「希望と喜びをすがすがしく描いた」って書こうと思った人に正座しての反省を求めたいw朝比奈さんがそんなにすっきりすがすがしいわけじゃないじゃないか(笑)。今回も「うわぁそういう風についてくるのぉ、やめてぇ」とどの登場人物にも感情移入しにくいような嫌なところを放り込んでくる。真由子の周りの見えてなさ感やトキちゃんの悪口マシンガンなど、もう読んでて疲れるぐらい。でも、後半まで苦しいからこそみんなが少しずつ少しずつ変わっていくラストに救われて、やっぱりまた次も朝比奈さんの本読もうと思う。
★23 - コメント(0) - 2016年8月24日

母に見捨てられた真由子であるが、すごく真面目にファミレスで働く。がんばりすぎるところは共感できる。こんなウェイトレスのファミレスに行ってみたくなります。
★2 - コメント(0) - 2016年8月23日

仕事を頑張る人は好き。でも真由子の頑張りは見てて息苦しい。職場に真由子がいたら頼もしい半面、少し疎ましいかもしれない。学生がバイトより試験やゼミを優先するのは仕方ないし、他にも人それぞれ優先順位が違うし、キャパも違う。仕事の出来る人は同じくらいのレベルを他人にも求めてしまう事がある。だから私は真由子が少し嫌いなのかもしれない。ただ、頑張っている人が頑張った分報われる職場や社会であってほしいなとは思う。
★28 - コメント(0) - 2016年8月4日

ファミレスを舞台にしたお仕事小説。これまでお仕事系は、頑張ろう!と思わされるものが多かったんだけど、主人公真由子の言動がなかなか理解できなくて、イライラというかモヤモヤした思いを抱えながら読み進めた。登場人物それぞれの事情とかわからなくもないんだけど、でもなんだかうーん。。なんとなく明るいラストで終われたので救われたかな…
★23 - コメント(0) - 2016年7月24日

働くって大変。生い立ちも考え方も色々あったけどそれでも最後は桜井さんの「やってることと、その報いが、ちゃんと比例した世の中じゃないと」って言葉に共感。すっかり一緒に働いてる気分になった。
★10 - コメント(0) - 2016年7月23日

ファミレスの契約社員として、自分より若くて経験もない正社員に顎で使われ、下手するとバイトより低収入で、しかも大学生の腰掛けバイトからもほんのり低く見られている主人公が、それでもその仕事の中でやりがいを見出し、自分の居場所を作っていく話。キラッキラで威張れる仕事以外の仕事だって沢山あって、それで世の中回っているけど、そういう仕事ってやりがいを見出しにくかったりするし、苦労に見合った報酬が得られなかったりもする。だからこそ主人公のintegrityにハッとさせられたし、気づいてくれる人がいてよかったなと思う。
★4 - コメント(3) - 2016年7月5日

働くということを考えさせるお仕事小説。舞台はファミレス。大好きな場所でやり甲斐のある仕事に日々一生懸命。契約社員の村松真由子は手を抜かずひたむきに働いているが、あまりに一生懸命すぎて心配になってしまう。嫌味な店長に、いいように使われてるし。なんかモヤモヤを抱えて読んでたが、この言葉ですっきり。「わたしは、松村さんのために言っているわけじゃないの。世の中のために言ってるのよ」「やってることと、その報いが、ちゃんと比例した世の中じゃないと、この子を育てていく自信が持てないから」 そうそう、それ!      
★95 - コメント(0) - 2016年6月9日

最後が陳腐なのが惜しい 書き出しとそろえたかったのかもしれないがあまりに予想通りで ファミレスで働く女子契約社員の揺れる日常 店長の質、バイトの回転の速さ、うろんな客 ここまで仕事しなくても、と思うか線が引ききれなくて余計なお世話と思いつつ踏み込んでしまう 仕事にも神様がいて行いを見ているのかもしれない 怠けない事、欺かない事、誠実に向き合う事 難しいけどそれがその人の美しい人となりを作っていく 好きな仕事に出会えた人は本当に幸福である 身分や待遇でははかれないものがそこにはある 
★10 - コメント(0) - 2016年6月8日

はじめは主人公に苛々したけど、もうここまで突き抜ければ立派だよアンタ、と最後は拍手をしたいくらい。労働に加え、認知症や結婚と、ファミレスを舞台に社会問題をさらっと書けているし、最後は晴れやかに終わったのがまた希望を持てるようで良かった。
★6 - コメント(0) - 2016年6月6日

真由子に終始イラついていた。ほかの登場人物はくせものが多いけど、そのほうが人間味とリアリティがあってよりマシだな。十亀や関根は嫌いな部類だけど(正社員登用と内定のための推薦書を書いてくださいというくだりでは十亀の言うことはもっともだと思った)桜井さんとジョシュアは比較的好き。
★3 - コメント(0) - 2016年6月3日

156/6/3/2016 読み友さんの感想を読んで即予約した本。初めて目にした作家さんなのだけど、登場人物と主人公との関わり方が移り回って、愛しいので、手元に置きたい本になった。自分の所属する組織をブラックと断じてしまうことは簡単なのだけれど、やり甲斐とか生きがいとか、自分を高めるという事は、それを凌駕した所にあるのだと思う。インテグリティ。良い言葉だ。私の勤務先にもこれのとても高い人がいて、敵わないなぁと僻んでいたが、来週からその境地に至れるよう頑張ろうと思わせてくれたいい本だった。
★21 - コメント(0) - 2016年6月3日

- コメント(0) - 2016年6月2日

再読。今回の方が感情移入できた。真由子の仕事に対する姿勢は過去の自分に重なるところがあって、読んでいて苦しかった。でも、読んでよかった。真由子が正社員に今度こそなれるといいな。
★38 - コメント(0) - 2016年5月20日

おもしろかった。ん?もしや連作短編集なのか?と最初思ったのだが、なんのなんの。日常ってこんな風で、人との出会いもこんな風なんだろうな。主人公真由子は不器用だけどけなげで人間としてすごく立派な人なのかと思いかけてたんですが、読み進めて行くにつれ、違う見方からの真由子も描かれ、リアルな人間としての真由子に励まされました。そうかぁ。長所に見えた点も、たしかにそういう風に見えてしまうこともあるかも、なんて。ラストの桜井さんとの再会がすごくよかったです。そんな世の中になってほしい。
★12 - コメント(0) - 2016年5月11日

主人公はファミレス エンジェルズ・ダイニングでやっと契約社員になった村松真由子。気働きの出来るしっかり者。職場としてのファミレスの内情も描かれ忙しそうにフロアを行き来する店員さんを見る目が変わりそう。いつまでも正社員になれず、契約社員になったらアルバイトの頃より賃金が減りサービス残業が増える。これは現在の我が国の職業弱者そのもの。自身も臨時だが正規の職員とほとんど同じ仕事をしてきた。矜恃もあればプライドもある。だが待遇は厳しいを通りすぎて切ない程。何時から日本は懸命に働く者を大切にしなくなったのか。
★97 - コメント(5) - 2016年5月5日

ファミレスで働く真由子。バイトから始め、契約社員になって。仕事に対してすごく真面目で、働きぶりも良いのだけど、ちょっと猪突猛進型。周りのこともよく観察しているし、気遣いもできるのだけど、『べき論』もちょっと強い気が・・・。出てくる同僚やバイト、お客さんはいろいろなタイプがいるけど、そういう中で違う考え方の人と折り合いをつけてやっていくことでちょっと変わっていく真由子がほほえましくもある。途中、ちょっと複雑な気持ちにもなったけど最後はほっこり終わって良かった。
★22 - コメント(0) - 2016年5月4日

kei
主人公の真由子にはずっと苛ついていました。 契約社員としてファミレスで働いているのですが、真面目で頼りにされている働きぶりなのに、いつまでたっても正社員にはなれないし、働きに見合った報酬を得ていないんです。 なのに、腐ることなく、真面目一辺倒。 それは美徳かもしれないけど、愚鈍でもあると思うのです。 そして、愚鈍に思える部分が多すぎるんです。 もっと怒りなよ!主張しなよ!!って。 結構、最後まで苛ついていました。(→)
★2 - コメント(2) - 2016年5月1日

ファミレスの契約社員の真由子、仕事にやりがいをもって働いているのは素敵だし、イヤーな店長にモヤモヤするんだけど…。なんか真由子が他のバイトに対して求めているものと、他の人の考え方とのギャップに、うまく伝わらない、伝えられないもどかしさを感じたりも。最後は明るい終わり方でホッ。
★27 - コメント(0) - 2016年4月28日

ファミレス『Angels'Dining』で働く真由子。引用すると「インテグリティ(貢献する姿勢・誠実、らしい)の高い人」。それに対して他の従業員の身勝手さに私が苛々。それを口に出さず、受け止める真由子にも若干のイラつきを感じた。ちゃんと言うべきことは言いなさいよ、と。仕事って文句言わない人のところに流れてくるんだよね。でも、不満を口にしていない代わりに感謝の気持ちも伝えていない。それに気づいて偉かったね、と親目線。Angelsを特別な場所と思っている真由子。その姿に目から温かいものが(´;ω;`)
★38 - コメント(0) - 2016年4月19日

天使はここにの 評価:88 感想・レビュー:233
ログイン新規登録(無料)