ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病 (朝日選書)

ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病 (朝日選書)
444ページ
14登録

ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病の感想・レビュー(11)

3月3日:1
2016年10月13日:kitab
2016年7月21日:ネギ
2016年1月17日:newborn
2015年4月12日:
2015年3月14日:半殻肝
デュフォーの「ペスト」を読む準備のつもりで借りたが、なかなかのボリュームとまわりくどい感じの文章で拾い読み気味。「文化誌」というタイトルから推測すべきだったが、事実関係をすっきりまとめた物が読みたかった。ペストやコレラの凄まじい犠牲を払ってヨーロッパが中世を脱したというのはよく理解できたので、ある程度目的は達したかな。
★1 - コメント(0) - 2014年6月30日

ペストに由来しそこから「作りだされる」文化の有り様を追う。副題にヨーロッパとあるけれどフランスに関する記述が主体となっている。注に掲げられた文献の多さ、さらに主要参考文献リストまで載っていて、ペスト関連書籍目録といった趣もあった。それにしてもパリ市民の清掃嫌いは半端なく謎。
★2 - コメント(0) - 2010年2月16日

--/--:nerumaedokusyo
--/--:ゆまち

積読中のみんな最新5件(1)

03/25:レイノー

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

11/03:ユイ
06/09:Khalid

蔵持不三也の関連本

ペストの文化誌―ヨーロッパの民衆文化と疫病の 評価:36 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)