SNS時代の写真ルールとマナー (朝日新書)

SNS時代の写真ルールとマナー (朝日新書)
304ページ
59登録

SNS時代の写真ルールとマナー 朝日新書巻の感想・レビュー(34)

Q&A方式で書いてあるが、結局は「挨拶」とか「会釈」といった曖昧な結論が多い印象。後半の座談会は写真家がスマホで写真を撮る人たちについて愚痴を言ってるようにも受け取れ、カメラとスマホ両方を使って写真を撮ってる身としてはあまり気分のいいものではなかった。
- コメント(0) - 3月12日

一眼レフやスマホに限らず、写真を撮影するときの注意点について、日本写真家協会所属の専門家が、法律とマナーの観点から解説した一冊。Q&A形式。『スナップ写真のルールとマナー』が既に出版されているが、内容はしっかり更新されていた。「撮影する」ということの意識が薄い、普段スマホで手軽に撮っているだけの人にこそ読んでほしい。ポイントは著作権・肖像権・パブリシティー権、そしてマナーとコミュニケーション。ルールとマナーだけでなく、今の時代の写真のあり方についても考えることができる。時代と人を、作品として、撮影したい。
★1 - コメント(0) - 2月16日

楽に読めて、これから必要だろう事柄が分かるので とても参考になった。
★2 - コメント(0) - 2016年12月31日

【図書館】ネットに写真をアップする際、注意することが書かれた一冊。Q&A式。◆特定の人物が入ってしまうようなら一声掛けて撮影の承諾を得る。第三者の顔がはっきりと分かるモノは撮らない。群衆ならO.K.(グレーゾーンかも?)。撮影した位置情報が分かるシステムに注意する。スマホはシャッター音が響くので飲食店では嫌われているかも。などなど。イベント会場等でスマホ撮影後、その場でモニター確認してTwitter等に送信まで済ませている人がいるけど、あれは止めてほしいな。会場内では撮るだけにして。
★6 - コメント(0) - 2016年12月23日

銀塩カメラからデジカメへ。メディアが変わり、愛好家は増えた。さらに今は携帯端末、Webの時代。写真や動画を撮るのは簡単になった。でもマナーは逆に問い直されている。撮影した人間にある著作権と、被写体の側の肖像権、プライバシーの保護など。日常的に写真を撮っていて、アマチュアカメラマンの傍若無人ぶりに愕然とする一方で、自身の撮影でも改めて法的な側面、公正性の確保の大事さを考える内容。冒頭から8章まではQ&A形式ながら、要点は末尾の2章。手短に読むならここを先に。ぜひ写真教室でもこの本、教材にして欲しい。
★24 - コメント(1) - 2016年11月30日

★★人物が入った写真には肖像権が絡んでくる。最近の写真コンテストの応募事項には「被写体の人物から許諾を得た上で応募して下さい」と注意書きがある。肖像権が裁判で争われると憲法第13条「すべて国民は個人として尊重される」の前提から「個人の私生活上の自由の一つとして、何人もその承諾なしにみだりにその容貌・姿態を撮影されない自由を有する。」となる。許諾はメモなど形に残しておくこと。自分で撮った写真を不特定多数の人に見られるwebに公開する人が増えているが、人物が写っている写真の場合は事前の了解を取っておくこと。
★13 - コメント(0) - 2016年11月19日

SNS時代と銘打っているが、読んでみれば、一般常識や社会的ルールやマナーの遵守が必要だと言うごく当たり前の記述で、それを再認識するには良い本なのだと思う。が、最後の座談会の件など、いわゆる写真家の方々が最近のスマホ写真の氾濫を煙たがっている様が妙に鼻につく。それはそれとして、専らスマホ写真しか撮らない者として、本書の内容は素直に頭の片隅に置いたうえでSNS投稿等を楽しむことを心掛けたい。 ☆☆★★★
★3 - コメント(0) - 2016年11月7日

SNSやブログで写真をUPしている人にはお役立ち。スマホの写真は写真と言えるのか?から始まる対談は写真家の自負が面白かった。写真を作品と呼べるかどうか。きちんとした写真を撮りにくい時代なんだろうなと思いますね。やっぱり子どもにカメラを向けられるのは怖いので。入賞に関してはちょうど今、ニュースになってますね・・・。
★2 - コメント(0) - 2016年10月20日

写真を撮ること、それをネットで公開することについての考え方、知っておくべきこと、注意点などかQ&A形式でまとめてある。スマホで写真を撮る人は読んでみたら良いと思います。執筆しているのはプロの写真家なのだが、素人とは違うという意識が強烈で面白い。また、どんなことも大勢がやるとそれだけで迷惑になるのだと感じた。
★3 - コメント(0) - 2016年10月13日

2016年7月発刊なので情報も最新!グレーゾーンが多いSNS関連の注意についても、かゆい所に手が届くように色々アドバイスしてくれてある。キャラ弁キャラは著作権は大丈夫なのか?とかExifについても網羅。結局、こちらが「撮らせてもらっている」という気持ちを持って撮影することで、ほぼすべての問題は解決する気がする・・・SNSには「アップロードした写真の著作権を放棄する」規約になっているものもあり、注意が必要。
★2 - コメント(0) - 2016年9月30日

けっこうビミョーな領域があるんですね!
★1 - コメント(0) - 2016年9月30日

facebookやブログに写真を載せることがあるので、これは読んでおこうと思った。ここまではOKというラインが示されていて参考になりました。
★9 - コメント(0) - 2016年9月28日

読みやすい。内容はわかりやすくもあり、わかりにくくもある。つまり明確な法律は無いということ。ルールやマナーは人それぞれ。マナーの悪い人が増えれば、撮影禁止もやむなし。
★4 - コメント(0) - 2016年9月7日

SNSをやっている人は知っておきたい内容です
★1 - コメント(0) - 2016年8月7日

写真投稿の知識が得られる。
- コメント(0) - 2016年8月5日

携帯電話などに搭載されているカメラの機能が向上し、写真の作品を作るというよりはメモ代わりに使う人も増えた。同時に写真を撮影される側の権利というか配慮というものが必要になった現代において、トラブルを回避するためにはどうすべきか、ということを、写真撮影、SNSに掲載する時といった事例ごとに分けて解説している、やや慎重すぎる回答が多かったが、そのあたりはトラブル回避という点では仕方がないかと思われる。
★5 - コメント(0) - 2016年8月2日

趣味で写真を撮っていて、SNSに上げる時に「これは大丈夫かな?」と思う事が多々あったので、書店で見つけて即購入。「こういう場合の考え方」がQ&A形式で書かれています。なかなか白黒はっきりつかない話だけに、マナーは守りましょう、許可は取りましょうという話が多い。写真を撮る上での心構えや目的意識、コミュニケーションの大切さを考えさせられました。
★1 - コメント(0) - 2016年7月25日

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/11:ゆら
11/30:曲月斎

積読中のみんな最新5件(4)

12/18:Masa
08/04:Butterfly
07/21:Mimuchi

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

03/05:
03/03:
12/16:謙信公
12/07:みつひめ
SNS時代の写真ルールとマナー 朝日新書巻の 評価:100 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)