最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書

最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書
256ページ
65登録

最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書の感想・レビュー(39)

特に目新しさはないが。記憶を遡るに為に。
- コメント(0) - 2016年11月2日

広報の実践的なノウハウがつまった本。特にマスコミ対策やニュースリリースについて大変勉強になりました!
★1 - コメント(0) - 2015年12月17日

Eri
先のことを読むテクニックを身につける、東京PRアカデミー
- コメント(0) - 2015年12月16日

Eri
社会性、公共性、季節性、突発性、時事性、相手のイメージするものに企画自体を変えていく、相手がアイデアを出す余地を残しておく、世の中で話題になっているトレンドの事例になる、社内の各部署との良好な関係をつくる、社内の動きを世の中に発信するのと同時に、世の中の動きを社内に発信するのも広報の仕事、違う業界の企業との共通項を探す、広報スキルアップ勉強会、FBはリリースとは別の、会社や体温が伝わるような親しみやすい投稿が適している、ソーシャル活用売上ランキング、見る人の気持ちを考えたページ作り、人がやってないことをや
- コメント(0) - 2015年12月16日

Eri
その商品が社会的にいかに意義があるのか、世の中で困っている人達のためにこんなサービスを考えたと強く訴えかける、1枚目解説文だけで2枚目に商品やサイト画像を集中させる、自社の強みを掘り起こしマスコミが関心を示すネタを考えて提供する、広報は世の中のブームを作れる、広報が時流に合った商品、メディア受けしそうな企画を考えて社内で提案していくべき、IT広報会、広報ママ会、広報京阪神会、マスコミ広報交流会、なぜ今、自社で、共通項の企業や商品紹介、取材できる人提供、未来を語る、ストーリーをPRする、人物をPR、意外性、
- コメント(0) - 2015年12月14日

一言でまとめるなら「ストーリーをつくって企業や商品をPRしなさい」ということ。それをしっかりとマスコミに伝えるための人脈作りや、熱のこもったストーリーをつくるために社内の人脈作りも大切なのだけど、肝はストーリー。ストーリーを「創る広報」になりなさい、という内容です。社外PRについての本ですが、ストーリーの重要性といった点では社内広報に重点を置く私の業務にも通ずるところがありました。わりと読みやすくて面白いです。【メモ:自社の強みを知る、新聞は見出し・地図・コラム・お悔みを読む、ラテ欄を暗記する】
- コメント(0) - 2015年11月5日

創る広報、攻める広報についての考えがわかる一冊だった。がっつり広報を行っている人は読むべき本
- コメント(0) - 2015年10月23日

社内・社外を問わず、広報発の資料は100%のものは出さない。あえてつっこみどころを残しておく。「仕方ないなぁ君だけ特別に教えてあげよう」と思わせると勝ち。この仕事は誰でもできるというわけではなく、自分のことも相手のことも知り尽くしていないとできない。孫子曰く「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」。広報とはまさに古代の兵法書にも通じる。
★90 - コメント(0) - 2015年6月3日

あまりEKに関連しない話だったなー。
★1 - コメント(0) - 2015年4月26日

マスコミとの人脈作りに金を惜しまない ストーリーを作りPR どういう背景で生まれたか、なぜ今必要なのか、今後どうなるのかを盛り込む 電話で問い合わせされたら逆にすぐに作ってしまう
★4 - コメント(0) - 2015年3月29日

定型的な広報業務についてではなく、経験に基づく効果的な広報の方法やスタンスが書かれている。同部署内に広報担当がいながら、今まで広報をほとんど理解してなかったが、この本は非常に参考になった。
★2 - コメント(0) - 2015年1月10日

著者はぐるなびの広報だった方。いかにメディアにとりあげてもらうかの手法についてかかれてる。ストーリーと熱い思いと相手を思うこと、とゆるく理解しました。【抜き書き】「広報の仕事の9割は、人脈づくり」、フェイスブック「大事な要素は、「親しみやすさ」」で「ビールの消費量の都道府県別ランキング」、「常に楽しそうに仕事すること」、「世の中で話題になっていることを把握し、それに関連した商品やサービスを提案したり、メディアに受ける要素をうまくちりばめた企画を考える」
★5 - コメント(0) - 2014年11月30日

これからの広報は、広い人脈だけでなく、異業種や競合他社の広報担当とも広く繋がるのが主流。
★2 - コメント(0) - 2014年10月21日

著者が手がけたこれまでの事例含めて面白く読みました。どのように価値を創りだせるか、を基本スタンスに置くかどうかで、仕事への取り組み方ってまったく違ってくるよな、と改めて感じる。ズバリ広報担当者ということでなくとも興味深く読めるのではないかと。「創る広報」って、広い意味での「編集」に通じるところがあるかも。
★4 - コメント(0) - 2014年10月14日

今読んでいるみんな最新5件(5)

05/10:MOKO
12/13:Tomoko
10/13:読書好き
04/09:HM
02/12:seriseri

読みたいと思ったみんな最新5件(21)

02/26:Rinah
01/28:奥田美幸
01/21:meat♡
10/27:まっちゅ
最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書の 評価:72 感想・レビュー:14
ログイン新規登録(無料)