• ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)
293ページ
959登録

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?はこんな本です

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?の感想・レビュー(890)

再読。チートし放題FPSを数学で解き明かす(;´∀`)
★1 - コメント(0) - 2月8日

すげぇな。発想がやばいわ。ところどころムア?ってところもあって少し読み直したりしながら理解したわ。あと相変わらず絵がエロい( ̄▽ ̄)次の巻も楽しみ
★2 - コメント(0) - 1月30日

アニメはここの途中までだったのか。最後はアニメは急展開っていうか変な終わり方で気になっていたけど、こっちだと自然に次の展開に繋がりそう。
★1 - コメント(0) - 1月2日

ついにアニメのラストまでは読んだー♪。次の巻からは全く未知の世界><。わたしにとってはいよいよ、次の巻からが本番かな♪。楽しみ、楽しみ♪。
★4 - コメント(0) - 2016年11月28日

確かアニメ化の最後のところあたり。文章で読むと更に臨場感が半端ではない。空白は2人で1人、それを1つのミスなくやってのけ、そのあとの展開にも抜け目がない、、果たして、これからはアニメ化されてない部分、どうなっていくのか非常に気になるところである、、こ、これ以上の萌えキャラが、出てくるなんて、そんなはずないんだからな‼︎
★1 - コメント(0) - 2016年11月4日

片割れが消失ないし敵になる展開、信頼度が高ければ高いほど面白い!さて、白と空のトラウマとはいったいどんなものなのか……。知りたいような、知りたくないような。今後も楽しみだ!
★1 - コメント(0) - 2016年9月8日

アニメ通りの内容だった。
- コメント(0) - 2016年9月4日

ここまではアニメ視聴済み。難しいことを考えずに、スラスラ読むのが楽しい作品だろうなと思っているので、空白やいづなたん可愛い!と思いながら読んでました。物語が展開していくのが面白かったです。
- コメント(0) - 2016年7月24日

面白かったです!!
★1 - コメント(0) - 2016年7月1日

ゲームで全てが決まる世界ディスボード。人類種の王となった異世界出身の天才ゲーマー兄妹・空と白は世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と“人類種の全権利”を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった…引き離された二人で一人のゲーマー『』(くうはく)。消えた空の意図、残された白、人類種の運命は!そして獣耳王国の行方は―!?「言ったろ“チェックメイト”って。あんたらは…とっくに詰んでたのさ」対獣人種戦決着へ―薄氷を踏む謀略が収束する、大人気異世界ファンタジー第三弾。
- コメント(0) - 2016年6月1日

読みが優れているからといって身体能力が低い部類の人間が、物理法則の限界に近く、ときに超える速度を出せる相手との撃ち合いに勝てるはずがないだろう。本当に身体能力にそれだけ差があるなら、完全に読み切っていようが身体がついて行かず、銃口を相手に向ける前にとっくに相手は射撃完了してるだろうに? いかに凄そうに書いてもこれじゃ子供だまし。興ざめ。
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

クラミーとのゲームから始まる3巻。ゲーム後に結果が表れるものではなく、現在進行形で随時結果が出てくるという過酷な設定。大事な記憶を消されてからどう挽回するか、やや地味な印象はあったものの、スリリングな展開だった。メインはいづなたんとの対戦。これもまたジブリール戦同様、アニメで最も面白かった部分。未来予知に匹敵する計算能力、実際持てたらいいなーと憧れるばかりだが、世の中変数のみで構成されているわけでもないんだから、定数になり得る要素さえ掴めれば少しはできそうな気もする。次巻からはいよいよ未知!また楽しみ☆
★12 - コメント(0) - 2016年4月2日

アニメ視聴済で、アニメだと分からなかった所も分かりました。緊迫感が溢れる戦闘シーンがいいですね。次巻以降はアニメでは描かれなかったので楽しみです。しかし、やはりこの作品は映像で映えますね……。
★4 - コメント(0) - 2016年3月20日

【図書館】おおついに!けものっ娘たちが! そして、作中のクソゲー(笑)をちょっとやってみたいwww
- コメント(0) - 2016年3月8日

祝日を利用して一気読み!頭の中でバシュバシュめろめろガンが飛びまくりました。そして展開が早いですね。先読みの先読みをされていたという展開がなかなかおもしろいです。でももう少しゆっくりした展開でもいいかも。展開の速さに疲れてきます(笑)
★2 - コメント(0) - 2016年2月11日

面白かった!自分が変わるより手段をどうにかしたほうがいいっていうのが、いいなあと思いました。跳弾や部位破壊の細かさに、最近のゲームはすごいなあと思いました。
★2 - コメント(0) - 2015年11月25日

2巻の終わり方が気になりすぎて、即読みました、、、 最大のピンチかと思いきや、そのピンチさえ戦略だったりして、びっくりしっぱなしでした。次の巻も楽しみ
★3 - コメント(0) - 2015年11月9日

クラミーを取り込むために自分自身の存在すらかけた手腕にびっくり。そしてあっさりとワービーストの国をゲットのスピード展開。
★4 - コメント(0) - 2015年11月3日

再読。濃厚。一々想像の遥か上を越して行く大胆なトリックが、よくこんなもの思いついたなというものばかり。
★3 - コメント(0) - 2015年10月30日

いづなたん可愛かった♥ 相変わらずおもしろかったです。 頭を使う本だなぁとしみじみ思います、頭悪いので(笑) 次は大好きやセイレーン!? た、楽しみ!
- コメント(0) - 2015年9月21日

自分の存在や記憶を32個に分割して奪い合うオセロ。この緊迫感はハンパなかった! そして、東部連合との裏の裏を読んでいくゲーム。いったいどこまで仕組まれているのか、どこまでが罠なのか、まったく予想ができない。物語の組み立てが非常に綿密に練られていた。残念なのは、場の描写が少ない点だ。特にこの巻で難儀したのは「存在が認識できないオセロ盤」にステフがつまづいたシーン。「クラミーと空は椅子に座ってテーブルの上でオセロしているのに、どうしてそれにつまづくの?」など、うまく光景を想像できずに「?」が連発した。
★2 - コメント(0) - 2015年9月14日

いずな可愛くて癒されます。口調も好きだなぁ
- コメント(0) - 2015年8月27日

アニメではこのところまでやっていたのか。 カラーイラストでいづなたんをめでれたので満足です! どうしても動きの部分は動画には負けてしまうけど、場所の雰囲気は文章のほうが伝わることもある。今回はゲームを観戦している人類側の様子も割と細かく読めて良かった。 さて、次からまだ知らない部分に入る。たのしみ
★1 - コメント(0) - 2015年8月20日

アニメ版を見ていたので、面白いだろうなと思っていたのですが原作はさらに面白かったです。 ギャグ部分のくだらなさもさることながら、この巻では常に二人で協力していた兄妹がそれぞれ一人で試練に立ち向かう場面があります。その場面から二人の信頼の強さが感じられるのはもちろんのこと、敵だけでなく兄妹の思考すらも読まないといけないという兄妹対決の側面もありそうした面でも面白かったです。 一巻からの伏線回収や、先の先まで考え抜かれた国の存亡をかけての心理戦と読みどころもこれまで以上に多かった巻だったと思います。
★1 - コメント(0) - 2015年8月16日

N64
読んでた。登録し忘れ。もはや感想など覚えてない。面白かった記憶。
★1 - コメント(0) - 2015年8月15日

電子書籍にて。今回はFPSか
★3 - コメント(0) - 2015年8月6日

いづなたんかわいい(*´︶`*)
- コメント(0) - 2015年8月3日

いずなたんマジかわいい‼︎早速ですが、読み外れてました(笑)内容?ってかゲームで複雑なのに、ラスボス条件が単純なわけないっすよねー。十の盟約の十条 みんな、なかよくゲームしよう。だっけ?これはそうゆう意味で良かったのかな?ほんとわかんない感じ残るけどおもしろい。しっかり解説してくれるからか、読んでて理解できました‼︎
★4 - コメント(0) - 2015年5月25日

アニメでやったのはここまでだよな。こっちのほうが面白く感じた。まあいろいろと端折ってるからなんだろうが、何はともあれいづなたんがみゆきちさんの声で再生されてたまらん。文章についてはコメントしないでおこう。
★6 - コメント(0) - 2015年5月25日

この三巻までが最初にあった構想とのことだったので、読んでみた。これから人類の反撃が始まることを予感させる土台が固まる話として、よくまとまっていた。しかし、まさか今回のゲームがそのまんま「ぎゃるがん」とは驚いた。著作権的に大丈夫なのだろうか。主人公が自信過剰すぎるのと、ゲームが好きすぎてなくては生きていけないという必死さがあまり伝わってこなくて、どうしても好きになれなかった。
★1 - コメント(0) - 2015年3月26日

最初の記憶を奪い合うチェスがシリアス過ぎて、、、あそこまでの手を使わないと勝てなかったのかなぁ。その後のモテモテFPSは身体能力の低さと計算力の高さをうまくバランス取らせていたが、体の操作精度まで機械並みなのは小説だからですかね、、、?(;´∀`)
★1 - コメント(0) - 2015年3月16日

なんかもう あれだね みんな頭いいね
★2 - コメント(0) - 2015年3月9日

うぉぉぉ! アニメも良かったけど小説もいい!!!
★3 - コメント(0) - 2015年2月21日

すごい密度。というか二冊分の中身がつめこまれている。007の新作を(007だったらふつうありえないけど)二本連続で見るのに匹敵するのでは。卑劣じゃないか、何も考えていないんじゃないか、というキャラクターがそれまでの言動に矛盾しない形で実はこういう人物なんだと読者に納得させる展開。
★2 - コメント(0) - 2015年2月10日

REV
[BW] 早撃ち対決の直前。「人類種の王、空。そして東武連合代表の、いづな。」 やはり、東武連合は、伊勢崎線東上線に、野田線鬼怒川線を含めた大連合なのだろうか。そして、その本拠地はスカイタワー… しかし、東武連合表記はここだけだった。
★2 - コメント(0) - 2015年1月31日

アニメだと情報量多くてついていくのに必死だったけど、小説だとゆっくり読めるからいいさね…
★2 - コメント(0) - 2015年1月25日

いづなたん、うぃぃぃぃぃぃ!!と頭悪い感じで大興奮。可愛いなぁ、いいなぁ。もふもふしたい。アニメよりも空と白の関係が詳しく書いてあって、ますます面白くきた。空のセクハラ(?)、エロ発言もちゃんとゲーム攻略へのさぐりにつながってるので侮れない。ジブリールの空への崇拝ぶりが面白すぎる。そして空、白以外の他人に対しての慇懃無礼ぷりも半端ない。やっぱ彼女好きだなぁ。
★5 - コメント(0) - 2015年1月24日

アニメで見ましたけど、活字はまた別の味が致しますね〜♪ 白と空の過去が読めたのが良かったです。クラミーとの勝負も読むだけなのにすごく頭をつかいました//ステフ…実は実直なだけで賢いですよね…いづなたんとのゲームはもう、白が凄過ぎて凄過ぎて!巫女様とのゲームの時でさえ驚かされました。感服です
★7 - コメント(0) - 2015年1月18日

魔法や物理法則無視の身体能力がある奴らを相手にするならば、未来予知に匹敵するくらいの知恵がないと勝てないのは当然。それにしても…人間ですか?
★11 - コメント(0) - 2015年1月7日

空白兄妹は離れるとダメって思ってたから、ずっとハラハラしてました。離れていてもそこにいるって思えたのがすごいなって。ジブリールのキャラが結構好き
★6 - コメント(0) - 2015年1月4日

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?の 評価:30 感想・レビュー:152
ログイン新規登録(無料)