吉野北高校図書委員会(1)

吉野北高校図書委員会(1)
230ページ
183登録

吉野北高校図書委員会 1巻はこんな本です

吉野北高校図書委員会 1巻の感想・レビュー(98)

sin
kindle版。作家買い。原作で読むか、だい好きな今日マチ子で読むか迷っていたけれど こちらで。高校の図書委員たちの甘酸っぱい話。徳島弁もかわいい。小学生の頃から図書室、大好きだったな~。
★7 - コメント(0) - 2016年10月23日

切ない。
- コメント(0) - 2016年8月7日

甘酸っぱい!!青春って、その中にいるときは切なかったりしんどかったりするけどやっぱりキラリと光っているものですね。そしてタイトルでもしかしてと思っていましたが、徳島が舞台で嬉しかったです。原作の山本渚さんが徳島出身なんですね。原作も読みたいと思います。
★9 - コメント(0) - 2016年6月3日

Kindle。今日マチ子さんの絵は原作のイメージ通り。巻末の短編もよかった。かずらも結婚か…。あの人とかしら。
★3 - コメント(0) - 2016年6月1日

なんで時間は一方的に進むのか 僅か3年しかない高校時代 不器用な生真面目さ 友情なのか恋なのか 思い詰めた片想い 好きだって気持ちを告白して解らせたいという暴力 考えすぎの優しさ 優しさが居心地悪い そういう青春王道マンガ
★1 - コメント(0) - 2016年2月8日

今日マチ子が描いているという衝撃!うれしい‼ 甘酸っぱいです。かずらの気持ちがよく分かる・・気がする。 今日マチ子の絵のタッチが物語を引き立ててる。素晴らしい。
★2 - コメント(0) - 2016年1月6日

川本さんと藤枝のくだりはやっぱり刹那さとか焦ったさとか感じたり。でも藤枝かっこいいな。今日マチ子さんの描くこの物語がとっても心地良くて。
★4 - コメント(0) - 2015年12月12日

原作はすでに読了済。挿し絵描いてた今日マチ子さんがオール漫画化なので雰囲気◎は間違いなし。小説より表情が見える分、かずらが大地を想う気持ちが「好き」に近い感じ。漫画版で見てもやっぱり、あゆみみたいなタイプは正直好きじゃないけど(苦笑)温かく見守れるかずらちゃんは心が広いなぁ。あと藤枝みたいに悩む男子にキュンキュン。可愛いなぁ。
★1 - コメント(0) - 2015年11月29日

好きなよーな、そうでもないよーな、そんな微妙な感情。なんか分かるなあ。 高校時代、図書委員であった私も図書室が大好きで居心地のよい空間であったため、どことなく懐かしい。 短編小説に出てきた「図書館は本が人を待つための場所」という言葉もすてき。
★1 - コメント(0) - 2015年11月15日

おまけの短編、良かったなぁ。
- コメント(0) - 2015年7月29日

家族が買ってきてくれました(*´▽`*)やっぱり絵がとてもかわいい。漫画になっても小説のほんわかした雰囲気が残っていていいなぁ。すこし大地くんの顔が意外でしたww
★4 - コメント(0) - 2015年7月16日

読みながら「分かる!!」って100回くらい言った気がする。藤枝の気持ちと最初から最後までリンクしまくりだった。この気持ちを押し付けてやりたい!とか。言った後スッキリするけど結局は諦められない所とか。めっちゃ分かるわぁ…ってなった。ワンちゃんみたいな友達欲しい。
★1 - コメント(0) - 2015年7月12日

原作は未読で、今日マチ子さんも初めて。このジワジワくる恋物語、大好物です。と言うか「図書委員」って響きだけで、すでに大好物。うまくいかない、もどかしさよ・・・。好きな子に気持ちを伝えても、青ざめられたり、「ひっ・・・」って言われたら・・・ヘコむなあ。もちろん川本さんの気持ちもわかるけど。藤枝がんばれ。
★3 - コメント(0) - 2015年7月8日

ずーっと前に原作の方を読んだんだけど、その時の感想は「楽しそうだけど、内輪(委員会の役員)で固まっていて、内輪に入れない人には嫌な委員会だな」という、なんともネガティブなものだけで、内容とか全然覚えていなかった。 エー!こんな甘酸っぱいお話だったのねー 私は何を読んでいたんだろう? 今度原作も改めて読み直してみたいと思う
★1 - コメント(0) - 2015年7月8日

山本渚による同名小説のコミカライズ版。原作の挿絵を描いていた今日マチ子さんによるマンガなので雰囲気もぴったりで良かった。藤枝の恋がやっぱり切ない。巻末のスピンオフ小説では、かずらが司書になっていた。結婚相手が誰だったのか気になる。藤枝だったらいいのにな。
★7 - コメント(0) - 2015年6月20日

巻末小説目当て。漫画も楽しめました。
★5 - コメント(0) - 2015年6月11日

静かに賑やかに流れてく日常がゆっくり丁寧に描かれている。読みながら学生時代の恋愛を思い出した。だけど、わたしはかずや藤枝くんみたいに大人じゃなかったな。藤枝くんに感情移入してしまって、想いがかずに届きますようにと願ってる。
★3 - コメント(0) - 2015年6月8日

non
ずっと気になってて、やっと読めました。原作が大好きで、今回の絵も素敵でした。今日マチ子さんの絵は吉野北高校図書委員会の雰囲気にぴったり。何回読んでも甘酸っぱい。そしてやっぱり藤枝のキャラクターが好き。原作もだけど、ムカデのところは毎回思わず笑っちゃいます。藤枝、がんばれ(笑)次も楽しみに待ちたいと思います。
★20 - コメント(0) - 2015年5月28日

藤枝・・・がんばれ?
★2 - コメント(0) - 2015年5月20日

連載しているのを読んで、単行本化するのを心待ちにしていました。作画とお話がこれ以上ないほどにマッチしていますね。ほのぼのして青春、そしてツンとくる痛み。最高です。次巻も楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2015年5月19日

吉野北高校図書委員会のコミカライズです。ダ・ヴィンチで連載しているので読みたくなって購入しました。今日マチ子さんのやさしい絵柄がふんわりしていて原作の甘酸っぱさにぴったりで、きゅんきゅんします。いやー、藤枝がツボでツボで!本屋の駐車場で読み終わって物足りなくて原作文庫を買いにまた本屋に戻りました。徳島の方言もいいですね。
★13 - コメント(0) - 2015年5月16日

2015年4月刊。初出 ダ・ヴィンチ。雑誌連載を眺めてはいて、山本さんの作品も読もうと思っていた矢先に刊行されました。なるほどそういうお話だったのかあ。共学校で純朴な雰囲気が愛おしいく、うらやましい。「好きってどういうこと?」。そのようなことを考える日々がある彼ら彼女らが輝いています。
★9 - コメント(0) - 2015年5月11日

山本渚さんの同名著書のカバーイラストを描いていた今日マチ子さんが漫画化。うん、藤枝、やっぱ見てて飽きないなw 2巻も期待。
★3 - コメント(0) - 2015年5月10日

ちょっとだけ、挿し絵だからよかったんじゃないか、という恐れを抱きつつ。こういう甘酸っぱいことを今さら…という老婆心もないではない。あっさり大きなお世話であることがわかる。原作の小説は、平凡ゆえに普遍的な長所と短所を抱えた若人たちが、不器用だから誠実なやり取りをして共存していくお話だったと思うのだが、特に男の子が良い塩梅に描かれている。とりあえず、原作のように楽しめる。次はそうなるのか分からない。
★5 - コメント(1) - 2015年5月5日

若い本好きたちの愛だの恋だの進路だの。かわいらしいなぁ。巻末のスピンオフも良い。漫画だったらなお良し。
★2 - コメント(0) - 2015年5月3日

MF文庫版、角川文庫版ともにカバー絵&イラストを担当している今日マチ子さんによるコミカライズ化。原作ファンなら1頁目からしっくりきます。原作も良いけど、コミック版も良いです。徳島が舞台なのも嬉しい^^
★8 - コメント(0) - 2015年5月2日

原作にも今日マチ子さんにも前々から興味があったので購入。切ない甘酸っぱい雰囲気に大満足。
★30 - コメント(0) - 2015年5月2日

年季の入った“本の蟲”(虫レベルではない!)なので、図書委員会が主役だなんて!とワクワク。でも原作の小説ではなく、今日マチ子さんの絵で描かれる世界だから読みたくなった。ごめんなさい!>作家さん 本そのものが中心ではないけれど、委員一人一人のエピソードが丁寧に綴られる中でさりげない作品紹介もあるし、何より図書館が背景としていつも見えているのが素敵。学生時代に多くの時間を過ごした場所としてあそこを思い浮かべる人種には、それだけで必携の一冊。
- コメント(0) - 2015年5月1日

今日マチ子さんが挿絵の雰囲気そのままにコミカライズ!原作も大好きですが、こっちもいい!藤枝がんばってー!あー藤かず可愛いんじゃ~。書き下ろしスピンオフの情報量が多くてうお~ってなってるんですけど、そのハガキの宛名読者にも見してくれませんかね、原作者先生っ!?
★3 - コメント(1) - 2015年4月30日

あー、良かった。ほんとね、原作通りの漫画で細部まで可愛くて良かったです。一番楽しみにしてたスピンオフも良かったです。かずらの結婚相手が気になりますが*\(^o^)/*
★7 - コメント(0) - 2015年4月29日

原作でイラストを担当されている今日マチ子先生によるコミカライズ!待ってました!やっぱこの物語のこの雰囲気は今日マチ子先生の絵が合う。そして書き下ろし原作の短編がついているとは!
★2 - コメント(0) - 2015年4月26日

ダ・ヴィンチ連載中から楽しみにしてた本。やっぱ今日マチ子サンの絵が好き。この話にぴったりだと思う。スピンオフも楽しめました♪続きも楽しみに待ちます★
★2 - コメント(0) - 2015年4月25日

原作小説でも挿絵を担当していた今日マチ子によるコミカライズ版。その雰囲気や甘酸っぱさ、背景までが鮮やかに再現されており、文字通り、原作小説がそのままコミカライズされた雰囲気が見事でしかない。色々な意味で、お手本と言えるだろう。
★4 - コメント(0) - 2015年4月25日

べたな感想だけど、甘くて切ない…!それ以上に的確な感想が出てこない。うなるほどの切なさ。第九・十話は2度も読み返してしまった。がんばれ藤枝!
★1 - コメント(0) - 2015年4月25日

原作は未読。
- コメント(0) - 2015年4月24日

小説を漫画化した本。甘酸っぱい恋の物語。青春ですね。
★9 - コメント(0) - 2015年4月24日

今読んでいるみんな最新5件(3)

02/05:クマタニ
11/14:もくもく
08/18:∞N∞

積読中のみんな最新5件(10)

02/11:miku
08/11:ぽむぽむ
11/18:航輝
09/05:みずいろ

読みたいと思ったみんな最新5件(72)

02/05:
02/03:u_tsuke
01/07:しまたく
01/02:紅生姜
12/28:a4
吉野北高校図書委員会 1巻の 評価:78 感想・レビュー:38
ログイン新規登録(無料)