盟約のリヴァイアサン (7) (MF文庫J)

盟約のリヴァイアサン (7) (MF文庫J)
289ページ
146登録

盟約のリヴァイアサン 7巻はこんな本です

盟約のリヴァイアサン 7巻の感想・レビュー(111)

ハーレムが確定し、アーシャも覚醒。
★2 - コメント(0) - 1月9日

SaY
(*_*)うーん。 絵はかわいいけど、最近純粋なバトルものが楽しめないのかなあ… アニメみる方がいいパターンか? ★4
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

何時になくピンチだが漸く食いしん坊アーシャが復活したことが喜ばしい。仲間の生き死にかかってるんだからそこで悩むなよ、そもそも反則じゃんていうのはともかく。しかし織姫のメインヒロイン決定的じゃないかな。
★8 - コメント(0) - 2016年9月18日

パヴェル・ガラドとの再戦と、どんどん進む春臣のドラゴン化を防ぐために奮闘する織姫たちが魅力的でした。 次巻は雪風の姫との対決です。楽しみに待ちます。 それにしても、アーシャたちはもう織姫さんには敵わないのではなかろうか……
★17 - コメント(0) - 2016年9月3日

ガラドとの決着.何というか,こんなんでいいのって感じ.勝てばOKなのか?しかもアーシャも僭主になっちゃうし.そういえば,遂に二人の関係がバレちゃいました.追求される前にガラドとの戦いが始まったから追求が出来なかったけど.次巻は雪姫との戦いだね.表紙からするとこの巻って感じだけど.
- コメント(0) - 2016年7月18日

エロスが全てを導く。
★3 - コメント(0) - 2016年6月24日

△ うーん。爽快さが足りない。パヴェル・ガラド程度の三下ならサクッとだまし討ちしてほしかった。
★2 - コメント(0) - 2016年4月16日

攻略対象ヒロインに踏みとどまった感のあるアーシャさん。
★2 - コメント(0) - 2016年3月14日

いやー良かった。良かったですねー。何がってヒロインたちが良かったですよー。とくにアーシャ。個人的にはここまでで一番可愛かった。独身だったらアーシャの抱き枕、買っちゃってたと思います。とはいえ、次回は雪風さんが真ヒロイン云々でラブコメ方面でも頑張るらしいので、コレやばいですねー。楽しみです。
★20 - コメント(0) - 2016年3月1日

面白かったです。角番のアーシャがなんとかヒロイン枠に残留出来たかな?ただし、後書きでは真ヒロインがどうとかありますので何処まで食い込めるのか次巻に期待してます。
★8 - コメント(0) - 2016年2月28日

今までにないほど絶望的な状況だったけど小狡く晴臣が手を打って追い詰めて、最後はアーシャが持っていく。バトルは今までで上位に入るぐらい面白かったです。恋愛パートももう少し増やしてほしいけど今回はエロの密度が凄かった。アーシャのヒロインとしての巻き返しに期待です。
★11 - コメント(1) - 2016年2月18日

アーシャはそうきたかー。次回は雪風さんがラブコメ方面でも本気だすそうだから楽しみだのう。
★2 - コメント(0) - 2016年1月24日

★★★☆☆やっぱりアーシャさんやでぇ…。正直戦闘は文章からあまり想像できてないwでも良いんだ、これはアーシャが可愛いだけで満足だから。遂にはるおみと同じ領域まで単独で到達してメインヒロインもろたな…。しかし雪風の姫は正々堂々系っぽいのに銀竜と連戦する気満々なのが何ともw表紙は内容的に次巻の方が良かったのではないかな。(アーシャが良かっただけ)
★5 - コメント(0) - 2016年1月21日

さて今巻は晴臣達とパヴェル・ガラドとの因縁の対決に決着が付く巻です。日本に戻り<G.U.I.L.D>の設立に乗り出す晴臣達だったが、時を置かずしてパヴェル・ガラドと雪姫が来襲しパヴェル・ガラドと対決する流れになるがその中で晴臣の竜化も進行し…と言うお話。ここに来て他のヒロイン3人と別行動を取っていたアーシャさんが晴臣と同じ所にまで到達してある意味メインヒロイン(仮)の面目躍如な活躍をしてましたが、はてさて…w バトル面では遂にパヴェル・ガラドを下して次巻は雪姫との全面対決になるのか、楽しみです。
★21 - コメント(0) - 2016年1月15日

今回は晴臣とアーシャという、元々裏側でそこそこ活動していた経験がある二人が、普段と違うことをしたがために失敗するという、失態を犯していましたね。アーシャの自己暗示はやっぱりこういう形で反動が来たか、という形で。戦闘に関しての勘を外したら、野生児で残念ヒロインのアーシャの活躍場所なんてなくなっちゃうじゃないですか……!覚悟を決めて、彼女も新たな力を手にして、とりあえず挽回はしていましたが。これ新しい火種抱え込んだのと同義なんだよなぁ。
★4 - コメント(1) - 2016年1月9日

女子力アーシャもいいが、元に戻ったアーシャもやっぱいい。
★10 - コメント(0) - 2016年1月3日

佳境だというのにシリアス度は上にも下にも安定していて、大真面目に戦略を練りながら揉んだり脱いだりしてるのが実家のような安心感。アーシャさんがアレを入手してしまったのはなかなか熱い展開で、今後が面白そうなので、次巻で終わったりしないでくれよ……?
★4 - コメント(0) - 2015年12月29日

ガラド戦でアーシャと織姫のレベルアップとドラゴン化していく晴臣。 ライバルに勝利して次は雪風といよいよ対決。次巻はいつになるんだ?
★3 - コメント(0) - 2015年12月26日

ヒロインは織姫で確定、次点がルナかな。ヒロインの座を諦めた(?)アーシャは戦闘で生きます。やっぱり最後は乳か…。
★5 - コメント(0) - 2015年12月24日

挿絵が欲しいと思ったシーンには、もれなく挿絵がついてるのは素晴らしいな。よく分かってらっしゃる。
★9 - コメント(0) - 2015年12月21日

ライバルとの決着編。なんだろう、この深淵をのぞき込むとき、深淵もまたお前を見ているのだ感。世界の危機もあるけれど、恋愛だって乙女の一大事! といろいろ決着に収束していく。次で終わりなのかな。東京編おわりだといいなぁ。
★5 - コメント(0) - 2015年12月14日

今回はパヴェル・ガラドとの決着巻でした。ただ晴臣も一時的にドラゴン化してしまうほどの緊迫した状況なので楽しめました。
★5 - コメント(0) - 2015年12月10日

今回は雪風の姫再登場&ガラドとの再戦にして決着編。力を得て竜に近づく主人公と策略を知り人に近づくガラドの対比が拮抗感を演出して盛り上がる。ってかガラドさんってば単なる前座かと思えば予想以上に粘ってきて驚いた。さらに最終的な決着についても、最終的に自分の本領を生かせたかどうかで分かれて綺麗にまとまっていたと思います。後今回いつも以上にエロシーンも潤沢でしたが、ただ単に過激にするだけではなく心情的な繋がりを重視した塩梅で実に私好みでよかったです。次回は雪風の姫がいよいよ本気を出すということで、非常に楽しみです
★12 - コメント(0) - 2015年12月9日

東京決戦。2体の強大なドラゴンがハルたちに襲いかかる。ハルのドラゴン化も結構なところまで来たなぁ。それの解消方法もハルらしくというか、まあ青少年なら仕方ないね。物語としては佳境になるのかな。雪風がラスボスになるんだろうか。ヒロインレースは誰が勝ってもおかしくない形になってきたなぁ。
★8 - コメント(0) - 2015年12月9日

ついに仇敵との決着。まぁ“仇敵”と感じてたのは主に向こう側かもしれないけど。今回は晴臣の方が単純能力上位だったお陰で、ガラドが搦め手を使うという竜王らしからぬ?闘い方の分、読み応えはありましたね。ひとまずガラド討伐で決着したけど、次に控える姫様はそれ以上の強者のご様子…竜化があってもなかなかに苦戦しそうな気配がプンプンするけどどうなるやら。ヒロインズはみんながんばってたけどアーシャさんの巻き返し感がすごかった。…どこまで保つんだかは分からんが(笑)
★4 - コメント(0) - 2015年12月8日

これは獣○な薄い本待ったなしですね……というかこの後裏ボスが出てきて終わりなのか? この流れだとハルが最強になったら、その時身体がどうなっているのかわからないけどそこでハルが最後の選択をして終わりって気がする。まあ潮時か?
★5 - コメント(0) - 2015年12月8日

416
シリーズ七巻、雪風とのバトルの前哨戦として再度ガラドが立ちふさがり、僭主同士の死力を尽くした戦いが行われるといった感じの話だったかと思います。ガラドが主人公達への対策をしっかりと講じていたこともあって、いつも以上に追い詰められた感じが強く、ライバル枠としてなかなかの活躍だったのではないでしょうか。主人公がドラゴン化したり、ヒロインズがエロ方面で頑張ったりとなんとも言えない感がないわけではありませんが、全体としてはよかったと思います。ひとつ不満があるとすればガラドの最期くらいでしょうか。
★4 - コメント(1) - 2015年12月6日

パヴェル・ガラドとのバトルよりも、アーシャさんが非常食を口にするか否かで葛藤するシーンの方が手に汗握ってしまった。
★4 - コメント(0) - 2015年12月6日

かつて打ち倒したパヴェル・ガラドがハルたちの前に再び姿を現す中、更にその場にやってキタ雪風の姫の介入により、ハルたちはガラドとの再戦を余儀なくされ…、7巻でした。ドラマCD製作の影響か刊行間隔が開いたので、前巻までの流れが大分忘却の彼方に…。でもガラドさんのキャラはすぐ思い出したw 進むハルのドラゴン化を防ぐ必要性から、ヒロインズとのイチャイチャシーンが増量傾向で、まあ大体そういう話だよね、とも。ヒロインズ中で織姫さんが一歩所か二歩も三歩もリードしてる感がいいんだよなぁ。あと後輩羽純ちゃんのマジ天使感な!
★7 - コメント(0) - 2015年12月3日

ガラド戦。エロに対する理由付けの上手さ、シチュエーションの良さは素晴らしいの一言。バトルの方もなかなかに熱い展開で満足でした。ヒロインになりかけたこのタイミングで終わってしまったアーシャさんの確変タイム!?そんななか始まる真ヒロイン雪風の姫戦!!果たしてアーシャさんは相棒枠とヒロイン枠、どちらに納まるのか、次回が非常に楽しみです!
★8 - コメント(0) - 2015年12月3日

うおぉ~、ヒロイン降誕!! あの、残念で残念なアーシャさんが遂に真ヒロインに!横に並び立つのは私(o^-')b !と、ばかりにラストを飾りました♪ 本当は色々事件がありましたが、ラストがやっぱりお気に入り。次からも楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2015年12月3日

まさかアーシャさんが秘文字を手に入れるとは。やっぱりあの時に鎖の文字を回収していたか。しかし戦闘ではいいところ持っていくのに相変わらず恋愛方面では肝心な所を逃す。もう天命だね。おまけに主人公は織姫にぞっこん宣言しちゃって勝ち目ないし。1巻の時にメインヒロインだと思っていた頃が懐かしい…。もうメインヒロインは織姫だよ。今回のハブられ方見るにアーシャさんヒロインの面子にもカウントされてないよ。そして次がクライマックスかな?個人的に好きなシリーズだから終わるのは寂しいです。
★6 - コメント(0) - 2015年12月1日

さわった感触でピンチを脱する主人公に、さわられる感触を思い出すことでパワーアップする魔女たち、さすが本作だな/ガラドさんの研究熱心さと策の数々、そしてそれへの対抗手段が"人間舐めるなよ"。実にバリエーション豊かな戦いっぷりで楽しい。本筋のお話しそれ自体はむしろ単純なパワー勝負なだけになおさら/そしてアーシャさん復活。女子力がいつまで持つかとハラハラしてたけど、とうとう切れてしまった、どころか、ヒロインの座を脱して第二の主人公化しちゃったよ。やっぱ見て楽しむぶんにはこの子が一番面白い。
★10 - コメント(0) - 2015年12月1日

メインヒロインさん表紙に再降臨とテンションが上がったのは放置して感想を。今回は1巻丸ごとパヴェル・ガラドとのバトルがメインでしたがバトルもさながらにお色気シーンも大量でした。敵とは言えパヴェル・ガラドもライバルと認めるハルと対決するために工夫をし、ハルを倒そうとする姿には好感が持てました。雪風の姫の感情もドラゴンながらも人間らしさがありとてもよかったです。アーシャの葛藤する姿も面白かったですし魔女モードに戻ってしまったアーシャの今後にも期待したいと思います。次巻は雪風の姫メインと思うと期待が高まります。
★13 - コメント(0) - 2015年11月29日

ついにアーシャがヒロイン化!? と思いきやいつもどおりですね!! というかドラマCDで丹下さんかよ!!! さらに可愛くなるじゃねえかちくしょう!!!!
★3 - コメント(0) - 2015年11月29日

ストーリー:9 ガラドとの決着編。敵ながらガラドが凄くいい味を出していますね。ドラゴンは高い知恵があるとはよく言われるけれど、戦闘面でそれが発揮されているというのはめったにないのでは。力押しだけでなく戦略を組んで戦う様は非常に新鮮で面白かったです。そして最後に真打ち登場。我らがアーシャさんはヒロインの座を勝ち取れるのか?乞うご期待!
★8 - コメント(0) - 2015年11月29日

遂にアーシャさんが真ヒロインに!
★5 - コメント(0) - 2015年11月28日

パヴェル・ガラドとの因縁に終止符、ヒロイン達によるアピールラッシュ。 そして、自己催眠によって女子力を身に着けつつも魔女としての力を損ねていたアーシャが復活し、更に真のヒロインへと返り咲く回? 魔女であり眷属でもあったアーシャが僭主となるということが、ドラゴンへと近づいている晴臣にどんな影響を与えるのかは非常に楽しみ。 ただ、他のドラゴンを見る限り、完全にドラゴン化すると所謂カップル的なあれこれはなくなるんじゃないかという一抹の不安も……。 しかし、今巻はいつもに増してエロかったないいぞもっとやれ!
★10 - コメント(0) - 2015年11月28日

★★★★☆まさか本当に竜になってしまうとは......それにしても竜になってもムッツリなのは変わらないのね。今回はメインヒロイン()なアーシャが本当にメインヒロインっぽくてびっくり。自己暗示(催眠)で女子力を高めだけでなく、主人公の相棒としての役割もしっかり果たしていた。でもはじめの頃のポンコツヒロインなアーシャも好きだな。
★12 - コメント(0) - 2015年11月27日

盟約のリヴァイアサン 7巻の 評価:80 感想・レビュー:44
ログイン新規登録(無料)