ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年めはこんな本です

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年めを読んだ人はこんな本も読んでいます


ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年めの感想・レビュー(288)

今回は面白く読めました。住むとコミックエッセイの濃度も濃くなるようです。船でプチ旅行リペアカフェ、交通機関などのストのことなど、その土地ならではで日本では珍しい事が沢山。ドイツって勤勉で几帳面なイメージがあったのですが、そうでもなさげです。体験した人じゃないとそういうのわかんないよね。またこんな感じのネタの本がでるなら読みたいです。、
- コメント(0) - 2月27日

久しぶりに読んだダーリンは外国人シリーズ。初期は、ご主人の個性が上手く描かれていて面白かったけど、最近は海外移住記になってしまっているのですね。初期の面白さを期待して読んだので少しガッカリ。【図書館本】
★5 - コメント(0) - 2月6日

外国に住むのは大変だ〜^_^;
- コメント(0) - 1月26日

ドイツかぁ、行ってみたい。でもそんなにストが多かったりするんじゃ住むのは大変そうだ。ストはドイツに限らないだろうけど。船は接岸が一番難しそうで、自分ができる気が全然しないので、憧れません。次男が通学に船を利用しているけど、「今のひと下手で切り返しばっかりしてる」と言ってました。プロなのに。プロでさえ。
★5 - コメント(0) - 1月14日

外国で暮らすというのは本当に大変そうだ。 自分が車酔い&船酔いのひどい人なので、逆に小舟で旅行の話が楽しめました。 想像で小舟旅行…(T▽T)なんだか車を壊したくなってきたぞ!
★16 - コメント(1) - 1月9日

ベルリンでの日常。良。
★2 - コメント(0) - 1月8日

息子さんが大きくなったなぁというのが第一印象。リペアカフェって日本にもあったらいいのになぁ。
★6 - コメント(0) - 1月5日

私があまりドイツに興味ないからかなー、1&2の面白さがなかったような気がした。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

もうドイツに3年目。自分が外国に行っているためか、ダーリンの個性が薄れてきて、著者自身が主役になってきている感じ。。滞在記としては相変わらず面白いです。
★3 - コメント(0) - 2016年12月24日

セルフ船旅が楽しそうだった!ワンダーヤーレのような文化は今の時代は貴重なのでは。リペアカフェも素敵。
★6 - コメント(0) - 2016年12月23日

ベルリン暮らし3年目。つらつらと読むのに面白かったです。外国で暮らしてみたいとは思わないけど、こうやってコミックエッセイで触れると、なんだか親しみがわいてきます。
★31 - コメント(0) - 2016年12月22日

いいなあ、ドイツ。これを読んで住みたいとは思わないけど、旅行なら行きたい!ドイツってもっと、きっちりしてると思ったけど、意外にルーズな部分もあり、やはり日本って住みやすいのかもと思う。
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

リペアカフェがオランダ発祥というのに深く納得。オランダ人はすごく物を大切にするなぁ~っていうかまだそれ捨てないの?って何回も思いましたもん、在蘭時。ドイツ語のテストで「牛肉缶詰ラベリング作業監視業務委託法」が出たらドイツ人はみんな書けるのかしら?あたしは日本語でも書ける自信がないや。
★7 - コメント(0) - 2016年11月8日

もうベルリンに住んで三年目なんですね。外国で生活するだけで色々スキルが身につきそう。少なくともお客様は神様ではなさそう。
★2 - コメント(0) - 2016年11月3日

トニーニョが大きくなってる〜。前作に比べ、ベルリンベルリンしてない日常のエピソードもあり、海外気分を満喫したかった私には少々物足りない気がしないでもないですが、面白かったです。ワンダーヤーレというのは初めて知りました〜。
★12 - コメント(0) - 2016年10月24日

ベルリンの暮らしが興味深かった。 バッグを無くしたエピソード、家の鍵を見ると住所が分かるのがびっくり。 更に鍵の取り替え費用が高くてびっくり!
★1 - コメント(0) - 2016年10月18日

ドイツの船を借りられるレジャーよかったなぁ。日本にもそういうのがあったら面白いけど、そんな事ができる穏やかな河はないのかも(汗)電車での荷物の置忘れの話は怖いなぁと思ったり。海外も良いけど、日本もやはりいいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年9月30日

お子さんが小学生になるタイミングで、どの国に住んだらいいかと迷い、ベルリンに決定。その続編がこれ。「大の字」シリーズよりも、住んでる目線で捕らえてるので、読みやすい。でも、日本ってつくづく安全で安心な国だと再認識させられる。教育やエコは遅れてるけど。
★8 - コメント(0) - 2016年9月26日

図書館本。30分以内で読める。最初にこのシリーズを読み始めたときはその蘊蓄と成り行きに一喜一憂しながら読んだものだが、最近は見つければ読む、といった感じになってきた。ただ、ベルリンは解放前に2度、解放後に1度訪れているのと、かれこれもう20年行っていないので、どんな感じかなと気になって手に取ったというのが本当のところ。2人の生活は二の次。(あ、3人か)やっぱり舟に乗って川下りの話が一番面白かった。車を壊す話はちょっとげっそり。忘れ物の話は少しドキドキ。息子さんの話は少なかった。緩く気分転換できる本。
★30 - コメント(0) - 2016年9月25日

バッグを電車に置き忘れた事件はほんとに不運。大事なものが詰まりすぎバッグ。外国で忘れ物って致命的ですね。さおりが全部持たずにトニーニョにも持たせればよかったんですね。甘やかすのダメかも。
★3 - コメント(0) - 2016年9月24日

レジャー事情やカバン紛失もありつつ、基本的に生活感があって読んでいて楽しい。紛失は笑えないけど、海外版の参考になる。
★5 - コメント(0) - 2016年9月18日

子供が小学生になってる!!あっという間ですね。ドイツのワンダーヤーレという職業は初耳。各地を転々としながら修行する職人で期間は3年と1日、故郷に50キロ以上近づくのは駄目、移動宿泊に自分の金は使わないなど。3年と1日の1日はおまけなの?何か意味があるのかな?
★11 - コメント(0) - 2016年9月14日

外国暮らしをかいま見るのにはさらっと読めて、らくちんなマンガです。 しかし、出来ればもっとディープな突っ込んだ所が欲しい。あとトニーニョくんにもっと活躍して欲しいな。
- コメント(0) - 2016年9月10日

自力で家電を修理するカフェ、小舟で旅行、白アスパラガス、 週末の市場マルクトでおにぎらずを売る日本人。ドイツでは4年生でもう大学に行くかどうか決める進路の分かれ道があるのね~。さおり氏の漫画よりも、トニーのひとりごとの文章の方が面白くなっている。▽図書館
★24 - コメント(0) - 2016年9月6日

やぁ~、やっぱり住むなら日本が一番のような気がしてくるよ。住めば都なのかもしれんが、とにかく海外での暮らしは大変そう。旅行で楽しむくらいがちょうどいいのかもねぇ。
★4 - コメント(0) - 2016年9月5日

ベルリンの暮らし、電車がちゃんと来ないとか大変そう。食べ物もこれで見る限りあまり…トニーニョは英語と日本語とドイツ語のトライリンガルでいいなぁ〜。
★3 - コメント(0) - 2016年8月20日

世界は広い。そういった中で好奇心丸出しで行動出来て羨ましい。
★5 - コメント(0) - 2016年8月19日

ストⅡばりに車一台ブッ壊し体験のお店。アスパラば食べると尿が臭くなる!?ホワイトアスパラを生で食べると特に!
★33 - コメント(10) - 2016年8月2日

このシリーズ、もっと面白かったと記憶してるんだけど。異国で体験したことを、そのまま描いてるだけで、芸がないような。著者にとり、外国人と結婚し、外国に住むことが日常となってしまい、驚きがないせい? にしても、ベルリンの魅力が、ちっとも伝わって来ない。
★6 - コメント(0) - 2016年7月30日

船でキャンプは面白そう!
★3 - コメント(0) - 2016年7月30日

前回はベルリンに引っ越し直後の様子でハラハラしましたが、3年たった今回も鞄を電車に置き忘れるというトラブルネタで、ドキドキしました。車を壊すことができたり、壊れた家具を直すカフェがあるなど、ベルリンについての面白い情報も得られて良かったです。
★20 - コメント(0) - 2016年7月28日

家電を直したり、川を下ったり、男の人が好きそうな街。
★10 - コメント(0) - 2016年7月26日

ベルリン初心者としては、お引っ越しの巻のほうが参考になったかなー。船の旅、免許がなくてもできるんですね。
★5 - コメント(0) - 2016年7月25日

作者のうっかりさんぶりが発揮された1冊。トニーニョが素直で優しくて可愛い。海外でのトラブルは、言葉はもちろんだけど、それを超えた諸々が必要。強いメンタルとか、ま、いっかの柔軟性とか。そのいずれも持ち合わせていない私には、作者の適応能力が眩しすぎるよ。
★6 - コメント(0) - 2016年7月21日

最初から読んでる身としては、日本からベルリンにきて〜という歴史にびっくりしてしまう。ベルリンと日本の微妙な文化の違いとかが書かれていて面白い。
★5 - コメント(0) - 2016年7月15日

なんだろう。あんまり面白くなくなってきてる。印象が薄い一冊でした。
★5 - コメント(0) - 2016年7月10日

今回は異文化交流感は少なめ。外国での生活や体験がメイン。ベルリンに遊びに行きたい
★5 - コメント(0) - 2016年7月9日

ベルリン住まいももう3年目。トニーニョ君も大きくなってきました。修理カフェ、機械に疎い自分には近くにあったらありがたい場所だろうなぁ。とりあえずモニターがバカになってしまった冷風機治したい。船での小旅行記、居住できる船と言うより水上移動可の家っていう見た目が可愛い。ワンダーヤーレ、車壊し、ストライキどれも日本しか知らないと目新しい事ばかりでした。
★10 - コメント(0) - 2016年7月9日

久し振りに読んだダーリンシリーズ。ベルリンに越されていたのですね。 トニーニョ君も成長されて♪ ぽちぽち挟まる外国臭のしない日常エピソード、相変わらず面白かった。
★5 - コメント(0) - 2016年7月8日

小栗さんのシリーズ本最新。ベルリンに引っ越してもう3年とは早い!3人家族のこと、ベルリンに住んでいて面白いこと、困った事なと小栗テイストで楽しかった
★17 - コメント(0) - 2016年7月2日

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年めの 評価:86 感想・レビュー:121
ログイン新規登録(無料)