今日から俺はロリのヒモ! (MF文庫J)

今日から俺はロリのヒモ! (MF文庫J)
264ページ
164登録

今日から俺はロリのヒモ!はこんな本です

今日から俺はロリのヒモ!の感想・レビュー(116)

面白かったです。まずイラストが非常に可愛くて、心を掴まれました。主人公はクズですが、幼女が可愛い。幼女が可愛ければもう何もいらないんじゃないかという一冊でした。
- コメント(0) - 2月24日

この状況にまったく罪悪感とか焦燥感とか感じずに堕落しきってる主人公が逆に凄く思えてきた。控えめに言っても人間のクズじゃないか。なるほど、完膚なきまでにヒモである。もっとも、ロリの方はそれで良しとしているのだから、此方も見事なヒモの飼い主である。
★2 - コメント(0) - 2月18日

タイトル通りだけれど、結構面白い感じでした。
- コメント(0) - 1月25日

息抜きの息抜きに読めるラノベ。息抜きラノベ……ラノベは全部息抜きじゃないかという意見もあると思いますが違うんですよねー何も考えずにオタクスマイルでニヤニヤしながら時にはくすりと笑えるいいラノベです。内容は漫画家志願者がお金持ちのロリをパトロンにして漫画を書く青春ものですね。
★10 - コメント(0) - 1月16日

暁先生の前作、前々作が面白かったため購入。主人公はお姉さん好きだそうだが、そうするとメインの3人が小学生である必要があるのだろうか?と思ってしまった。それと1巻からヒロイン3人だとそれぞれのキャラクターの描写が少なく感じるかな~。自分にはヒロインが一人で一途にダダ甘なストーリーが向いているようです。
- コメント(0) - 1月1日

可愛いかったです。てかあの年齢で出来たっけ?と思ったが、思ったら負けですよね。
★6 - コメント(0) - 2016年12月31日

とある絵師さんが関わってると知り好奇心で購入。面白かった。主人公には好感を覚えないがロリ三人が可愛い。ロリのヒモに憧れるを抱きそうになったが社会的に危ないのでその気持ちは本の中に留めることにする。次巻を買いたい。
★4 - コメント(0) - 2016年12月28日

So-so.という感じかな。主人公がロリのヒモになるのはいいけど、「よい漫画を編集に渡せるようにするパトロン」というのに違和感。ここまで出資するなら「私の好きな漫画を描いてくれるようにパトロンになる」方がしっくりきた。(ロリだからそこまで頭がまわらないのかもしれないけど)こんな金持ちになれる天才ならそこまで頭回せよ(もしかしたら、天才ゆえの思惑があるのかも……?)
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

同作者の既刊については正直肌に合わなかったものの、この作品については非常に楽しめた。普通はロリのヒモになって学校を辞めるなんて時は多少のうしろめたさがあると思うのだが、心の底から優越感100%で悦に入れる主人公は完全に精神メーター振り切れていて、ここがこの作品の強みでもあり欠点でもあると感じた。ただ他人の金でガチャ回すだけのパートとか本当に笑った。今後のバランス取りは難しそうだが、ぜひこのままの路線でギリギリを攻めてもらいたい。
★2 - コメント(0) - 2016年12月8日

タイトル通りとは恐れ入った。 過去作とはちょっと毛色が異なり、ラブコメでは無い。なんだかんだ結局ロリのヒモに名実共になっているのが面白い。
★4 - コメント(0) - 2016年12月7日

こっ、これは傑作‼️かも、しれない? ってか、作者よりも担当編集者の勇気を讃えるべきか? 意外と真っ当なラストで二度びっくり⁉️
★18 - コメント(0) - 2016年11月15日

主人公は心底クズ。ここまで主人公がクズだと普通は酷くつまらない作品にしかならないけど、そこはさすが暁先生。しっかりと面白い作品に仕上がっている。今までとは毛色が違うので戸惑いましたが、暁先生の作品とは合うのかも。
★6 - コメント(0) - 2016年11月10日

主人公がクズなので、過大評価してる幼女を騙して寄生しているだけの話かと思ったら、幼女はちゃんと適切な評価をしていて、クズはクズなりに幼女のためになっていて、第一印象の悪さにすまない気分になった。ラストも意外にまっとうな落としどころで、この作者さんは1冊単位での話のまとまりが本当にいいですね。
★2 - コメント(0) - 2016年10月20日

主人公が高校を中退してロリのひもになるお話。ひもではありますが、結局主人公は藤花を喜ばせるために漫画を描くわけで、やはり藤花の視る目は間違っていないのだな、とロリは怖いなと感じた一巻でした。
★1 - コメント(0) - 2016年10月14日

おもしろかった。ただしストーリーの起伏はほとんどないが。ゆるふわ系4コマみたいな感じで楽しめばいいんだと思う。この作者さんの作風というか文体というか、けっこう好きかもしれない。
★5 - コメント(0) - 2016年10月4日

とある経済学の本によるとFX市場というのは完全に運の世界だそうで、投資で勝ち続けられる人間なんて500万人に1人しかいないそうだ。しかしそれは逆に言えば500万人の素人が参加すれば1人くらいは億万長者が生まれるということで、参加人数が1500万人なら3人くらいはロリの億万長者がいてもおかしくないということだ。つまり、ロリのヒモになることは理論上可能だ!!そんな夢と希望を与えてくれるフェッフェッフェな一冊。あとイラストのへんりいださん、巨乳を描かせてもうめぇ!!
★3 - コメント(0) - 2016年10月2日

これはないは……これは超マジで危険だは……ロリを追いかけばお巡りさんが待ってました!な最期が待っているそうなんですが?それとあまりにも幻想物語すぎて共感できないのも問題。
★1 - コメント(0) - 2016年9月28日

『ひとりで生きるもん!』『異世界とわたし、どっちが好きなの?』が醸し出してた「キモオタでもモテるんです!」感が全く無くてつまらない。今までの暁雪先生らしさはどこへ行っちゃったのよ!
★8 - コメント(0) - 2016年9月25日

金持ち美少女ロリにダメ男がヒモとした養われる。しかも少女の友達(ロリ)からもモテモテ。すげえ。こいつ、ダメ人間のサンプルにしてもいいくらいだ。最後に、一本漫画を描いたので良い話っぽく締めたけど、やっぱり駄目だ。次巻があったら読もう。
★1 - コメント(0) - 2016年9月23日

昔、漫画家志望の友人(主人公並みの屑)が「デビューまで養ってくれる女の子いないかなぁ」と言っていたのですが、正しくその願望を具現化したような作品でした。しかし、全てを手に入れ堕落しながらも、信じてくれる人を裏切らないよう行動に移すことが出来たハルの方がまだ人として救いがあるとも言える。物語は延々ロリのカネで欲望を満たすべく散財する描写ばかりですが、最後はしっかり(ムリやり)まとめられています。若干、藤花がハルの漫画を好きになった理由が重すぎるようにも感じましたが、彼をヒモにするだけの理由としては十分です。
★4 - コメント(1) - 2016年9月21日

ううむ……帯の言葉じゃないけど、主人公はロリコンではない! しかし、クズである! 『妹さえいればいい』とか、作家だけどダメ人間、みたいな作品はあるけど、彼らは一応作品を作っているし、遊ぶのも自分の金。対して、本作の主人公は漫画は描かないし、資料と称して欲しいものを買ってもらっているだけ。ヒモっていうか、ただ勝手に向こうが惚れているだけ、状態。一応、最後に主人公、作品は作るけど……うーん……。まぁ、藤花の純粋さを愛でる作品ってことで良いのかな?
★14 - コメント(0) - 2016年9月17日

ロリの口から「わたしが先生のパトロンになります」まで言わせたら潔くヒモに成り下がるのは自然の摂理。限度額がないクレカで再現なく買い物をして、ソシャゲの課金沼にはまるクズ。良いところが何ひとつないし、ヒモになるために高校中退したくせにそれを引き留めるキャラが誰ひとり登場しないあたり闇が深い。クズとロリと巨乳メイドしか登場しない極楽ハーレムうらやまけしからん。
★6 - コメント(0) - 2016年9月16日

またロリにつられて買ってしまったラノベ… 最初読んだ感じだと、藤花ちゃんがハル先生を受け入れる様子から、ハートフルなのかなと思っていたけど、ハル先生がヒモになっていることがきっかけで麻耶さんが厳しく接したり、ツンデレの千鶴ちゃんが出て修羅場になりそうになっていたところ(これは藤花ちゃんや紗奈ちゃんのおかげで何とか回避していたけども…)もちらほら… でも最後はハートフルにまとめていたので、読みやすかったなと。 因みにワイは紗奈ちゃんが好き。
★7 - コメント(1) - 2016年9月16日

これを読んで男の願望を叶えているとは思えないだろう。 寧ろ主人公のダメ人間に嫌気が指すだろう。漫画家としてとうやっていくのか気になる。
★11 - コメント(0) - 2016年9月14日

タイトル通り過ぎて、逆にこんなんでいいんかと不安になった。多分読者が求めたのはそこじゃないと思うんだ…
★2 - コメント(0) - 2016年9月12日

麻耶さんが可愛いので酷いとこは大体見逃す方向で
★1 - コメント(0) - 2016年9月11日

テンポがいいのは結構だけど、ストーリーがなんともつるぺったん。「あずさ」に乗って新宿から松本までの間に文庫1冊読み切ったことはありましたが、甲府から松本で読み切っちゃったのはこれが初めてですわ……。この作者の売り物である、生きのいいかけあいがなかったのは何とも残念(主人公と麻耶さんの間にその片鱗はありましたが)。キャラにシンクロしにくく、小ネタもいい味わいではあったけど笑うには弱く、なんともパンチ不足でした。★☆☆☆☆-
★4 - コメント(0) - 2016年9月11日

好きな絵師さんがイラストを描いていたのでタイトルにめげずに読んでみました。タイトル通り、中身もこのロリコンめ!という感じの内容で少しうわぁあああと思いつつも読み進めました。ですが女の子たちが可愛い過ぎて、読んでて楽しくなってきました。ロリコンでなくても楽しめるかと思います(^o^)ノ
★6 - コメント(0) - 2016年9月10日

作者買いしましたが、これは無理……。序盤で本を置きました。この作品に対する自分の拒否反応がすごい……。
★11 - コメント(0) - 2016年9月9日

タイトル通りロリのヒモになる話でした。/基本的に主人公はひたすらグータラしており、最後に少し頑張る程度でクズオブザクズです。確かに女の子のために筋を通すところは格好よくも見えますが、それまでの態度が酷すぎたのが頂けませんね。/ロリと秘書(メイド)が可愛いだけという印象ですが、実際可愛いので仕方ないです。
★7 - コメント(0) - 2016年9月8日

漫画家を目指す主人公がロリのヒモになって現在進行系で堕落していくさまを見せつけられる業の深い話でありながら、テンポが軽妙なのでなんとも言えない読感だった。
★2 - コメント(0) - 2016年9月7日

sew
それなりに面白かったけど、作者買いした身としてはやや残念。 個人的にかっこ悪いクズ主人公は好きになれない ネタに突っ走るならもう少し振り切って欲しいし、他二作の流れを引き継つぐならもっと献身的なヒモがよかったんじゃないかなぁ
★8 - コメント(0) - 2016年9月7日

★☆☆☆☆ ロリコン、ヒモ云々以前に主人公が本当にクズすぎて…。幼女がパトロンに → 俺、学校やめてこの先漫画片手間に描きながら幼女(超絶金持ち)に養ってもらうわ。 → 幼女「基本的に主人公の言動すべてに全肯定」 → ロリが三人に増える。流れを箇条書きにしただけでお腹いっぱい。というか、ヒモもヒモなら養ってあげる方も養ってあげる方。若くして(俗に言う?)ダメンズウォーカーの才能に満ち溢れてる。放っておいたら幼女のカネでパチカスに落ちぶれる勢い。本作を読んで、蒼山サグと白鳥士郎の凄さを改めて思い知らされた。
★7 - コメント(0) - 2016年9月7日

ストレスオールフリー(悪い意味で)。作者追いで読んだが今回ははっきり言ってかなりきついというか正直言うと「これ本当に暁雪さんの作品?ウソだろ」とかなり本気で何度も疑ってしまうような路線変更、しかも悪い方向に。マイペースで自堕落気味な漫画家(の卵)の主人公が自分の作品を絶賛してくれる小学生のヒモになり……とこの時点で相当ヤバいなというのは分かり切ってたつもりなんだがとにかくどこまでもぬるい。引き締まるような場面が一切と言っていいほどなく弛緩しきりでラストまで
★9 - コメント(1) - 2016年9月7日

ロりである必要なしだった。麻耶の好感度を上げる為の舞台装置としてならアリかな
★3 - コメント(0) - 2016年9月7日

ひとりで生きるもんが、至高のニヤニヤラブコメ(特に2巻)だったことに加え、ロリ、いらすとはへんりいだ氏、ということで大変期待したのだが、 主人公の性格がちょっといただけなく、読んでてもやもやしっぱなしだった。普通なラブコメが読みたかったなぁ。
★3 - コメント(0) - 2016年9月6日

★★★★★また一つMFから規格外の作品が産まれてしまった。ヒロインが一人だけのベタ甘ラブコメに定評がある著者の新境地は、タイトル通り主人公がロリのヒモとなる話。それも只のヒモではなく、ロリの金でガチャを回したり、ロリたちにコスプレをさせたり、巨乳お姉さんさんにセクハラ三昧と、正直、読者もドン引きなクズっぷり。正に、女は金を、男は愛を与えるという、ある意味理想的なヒモっぷりに戦慄した。でも、私としては嫌いじゃない。ラストの、ちょっとだけ頑張る姿にほだされて次巻も買っちゃうんだろうなあ。
★28 - コメント(1) - 2016年9月3日

タイトルまま、へんりいだ先生の挿絵に癒される作品。タイトルから想像する内容から特にマイナスもプラスもなく、無難な一冊。逆に言えば変化球を期待していたのでなければ素直に楽しめる。まあでも、win-winの関係なのでこれはこれでいいのでは。
★10 - コメント(0) - 2016年9月2日

主人公のキャラが受け入れられるかで評価が分かれると聞いて覚悟して読みましたが…ドン引きすぎて無理です。主人公は最後までクズヒモだし、お話自体も主人公が漫画のためと言いつつ小学生が稼いだお金で散財したり、ロリ(とメイドさん)にもろセクハラな要求したりといった描写がダラダラ続くために読んでて非常に苦痛でした。最後良い感じにまとめてもこれは無理だわ。ロリ達も何だかんだ基本主人公を全肯定気味で怖い。全体的に気持ち悪いという印象でした。唯一の救いは麻耶さんのかわいさかなぁ。
★5 - コメント(0) - 2016年9月1日

おぉ、本当に主人公がダメ人間だった。完全にヒモだった。愛くるしいロリたちを愛でる作品かな。今までの作品みたいな糖分が無くてちょっと寂しい(いや、ロリでやられたら困るんだけれども)。あとがきのタイトル案で『いえいめっちゃロリデー』が結構ツボったw
★7 - コメント(0) - 2016年8月31日

今日から俺はロリのヒモ!の 評価:100 感想・レビュー:64
ログイン新規登録(無料)