ゼロの使い魔22 ゼロの神話 (MF文庫J)

ゼロの使い魔22 ゼロの神話はこんな本です

ゼロの使い魔22 ゼロの神話の感想・レビュー(134)

お話も、僕らの青春も、ここでおしまい。そっとしまいこんで、また次の扉を探しにいくよ
- コメント(0) - 3月27日

なあなあで終わるんじゃないかという危惧もあったけど、ちゃんと二人が結ばれて良かった。ギーシュがサイトに「名誉のために死ぬなよ」と言う所は成長が感じられたし、デルフの相棒としてのすさまじい活躍ぶりも見られた。あれだけ広がった話を良くまとめてくれたなあと思う。満足です。
- コメント(0) - 3月26日

○ 最終巻。ちと詰め込みすぎなとこはあったものの、すべての謎が解かれてのハッピーエンドに大満足。
★2 - コメント(0) - 3月25日

完結まで読めるとは思ってなかったので、少しの寂しさと大きな喜びがある。これまでの仲間や好敵手が続々登場し、恋愛にも決着をつけた上で大作ぶらないラストはこれ以上ない出来。傑作。
★3 - コメント(0) - 3月21日

サイトとルイズの物語ここに完結。 ついに明らかになる始祖ブリミルや虚無の真実とヴィットーリオの目的。 それに対してサイトたちはどう立ち向かっていくのか。 前巻に引き続き色々なキャラに出番や見せ場があって最後まで彼ららしく、楽しませて貰えたことにただただ感謝。 どのシーンも凄く泣けるんだけど敢えて1つ選ぶとしたら、やっぱりデルフのところだろうか。 出来ることなら後日譚が読みたい・・・・・・。 地球とハルケギニアの行き来が出来るようになって欲しいな。 間違いなく自分の青春の一翼をになってた作品だった。
★3 - コメント(0) - 3月20日

読了。完結まで読めてよかった。
- コメント(0) - 3月19日

面白かった。前巻はちょっと話のペースが早すぎて雑な感じがあったけど、本巻はちょうどいい。テンポがよく展開に牽引力があったので、最後までハイペースで読み進めてしまった。そしてついに完結。お疲れ様でした。サイトとルイズにもう会えないかと思うと寂しいです。少しだけ不満を挙げると、バカっぽいノリがあんまりなかった点。また、サイト救出作戦がだいぶガバガバで、エルフの学習能力のなさが露呈した点。そして最後のルイズの選択。見知らぬ世界に飛び込んだ結果、病んで鬱になる未来しか見えない。いつか二つの世界が繋がりますように。
★4 - コメント(0) - 3月18日

V_D
うん、面白かった!ありがとう!
★1 - コメント(0) - 3月17日

遂に出た最終巻、謎が明かされて良かった、しかしこのラストは遺されていた物なんだろうけど先が気になる…これ以上は多分何もないだろうし、書きようが無いんだろうけど、
★5 - コメント(0) - 3月15日

【S+++】面白かった。どんなに言葉を尽くしても、すべてはこの一言に集約される。ヤマグチノボル先生、代筆してくれた作家さん、MF文庫編集部には感謝しかない。最終巻、細くて野暮な突っ込みは結構可能で隙のない作品とかではない。でも結末も文体も確かにヤマグチノボル先生のものだったし、最終巻でもシリアスでも隙あらばイチャイチャするサイトとルイズは最高だったし、これこそがゼロの使い魔だと思う。最高だった。ありがとう
★3 - コメント(0) - 3月14日

miu
作者さんと書かれた方との違和感はほとんどなくなり、読んでいてうれしい描写もありました。ただ、あえてオリジナルのプロットを補わずに書かれたのかもしれませんが、後半は詰め込みすぎな印象です。いろいろな考えがあるでしょうが、書かれた方独自のストーリーで良いので、外伝も含め続きを書いていただきたい気がします。
★5 - コメント(0) - 3月13日

高校の時から読んでいたラノベ。途中作者がお亡くなりになってどうなる事かと思ったが、ついに完結。うん、とても良かった。
★2 - コメント(0) - 3月12日

最終巻。デルフの事だけ残念だけど、彼はこの選択に満足してたから、良かったのかな。他は大団円だし。もう、続きは読めないと思っていたので、きちんと完結してくれた事に、感謝します。
★8 - コメント(0) - 3月11日

fap
ご都合主義万歳。 もちろん全く問題なし。 長い時間をかけて不幸になる話なんぞ読みたくもない。 やることやって縁を繋いで助けて助けられて、それで奇跡が起きるんだ。 それでいいんだそれがいいんだ。 終わり方がスッパリしていて、かなりの切れ味を感じた。
★4 - コメント(0) - 3月11日

ノボルの突き抜けたおバカなギャグはもうここにはないのだ、という事実だけがつきつけられる最終巻
★5 - コメント(0) - 3月6日

最終巻が読めるとは思っていなかったのでとても感慨深い…。全22巻めちゃくちゃ面白かったです!お疲れさまでした!
★2 - コメント(0) - 3月4日

誰もが読む事は叶わぬと思っていた今作の完結を読み終える事が出来て、まずは感無量です。さてハルケギニアと地球との間にある真実が明らかになった上での教皇の侵攻と言う選択、更にはこの土壇場でのルイズの決意も相まってどうなる事かと思いきや、大団円な終幕でとても満足しました。デルフの事はとても残念でしたが、六千年前のデルフの失意を考えるとあれはあれで良かったのかな、とも。最後の最後はアニメ最終話のEDに合わせた形なのでしょうかね。今作を完結させてくれた関係者全てに感謝を、本当にありがとうございました。
★23 - コメント(0) - 3月4日

とても良かった。中学生から読み始めてついに完結したことは感慨深い。度々魅せたサイトの漢らしさに胸が熱くなったし、仲間たちのサイトへの思いやりに感動した。大山脈を破壊してハッピーエンドかと思いきやルイズが死ぬとは思わなくって絶望した。結婚式と初夜をやってくれたのは非常に達成感と安堵を感じた。でも最後、サイトが日本に帰ることを選択したのはしっくりこなかった。家族のことが大切だって描写はチマチマしか無かったから当然残留するものと思い込んでいたし、帰って欲しかくなかった。
★3 - コメント(0) - 3月4日

この作品があったから今の自分あると思う。ありがとうございました
★5 - コメント(0) - 3月3日

地球に行ってしまったルイズが心配で仕方がない!w 僕はもともとアニメ派だけど、最後がアニメとどう違うのかが気になって読んでみたが、予想以上に満足した。
★4 - コメント(0) - 3月2日

ついに最終巻!亡くなった作者さんの残したプロットを元に書かれた本冊。最終巻が読めただけで星5です、なんて某通販サイトのレビューにありそうな感想は書きたくないが、物語の結末をこの目で確かめることができてほんと嬉しい。
★7 - コメント(0) - 3月2日

「ゼロの使い魔」は、私にとって特別な作品だ。この作品があったからライトノベルというものに興味が出たし、自分でも物語が書きたくなって、物語を作る楽しさを知ることもできた。この「ゼロの使い魔」は私の人生の一部分を、明確に占めている。この作品を最後まで書ききってくれたことに、深く感謝します。とても良い終わり方でした。心から、本当に、ありがとう。
★8 - コメント(0) - 2月28日

終わってしまった・・・。 長い間一番楽しみにしていた作品だった故、作者逝去はほんと悲しかったけど、ここに堂々と大団円で完結したのだ。 この作品を読んでよかった。
★8 - コメント(0) - 2月28日

まるでヤマグチノボルが帰ってきたかのような素晴らしい完結作だった。
★6 - コメント(0) - 2月28日

終わった。長い長い物語も、きっちり色んな伏線を回収して華麗に終わってくれたので文句なし!読み終わった後こそ虚無感あったけど、今は心の中が暖かい気持ちでいっぱいです。それこそ生命が溢れるくらいにね。紆余曲折あった末に完結してくれた色んな人にありがとうって伝えたい。お疲れ様でした!
★8 - コメント(0) - 2月28日

ついに完結!!サイトが最後どうなるか気になったけど、まさか2人で戻れるとは。幸せなラストで良かった。
★3 - コメント(0) - 2月27日

待ちに待った完結。 前巻同様、綺麗になったゼロの使い魔という感じだし20巻までと比べると勢いも弱くなってる気がするし、何より展開を詰め込みすぎてるようにすら感じてしまったけど、それでも非常に面白かった。 ただ、正直エピローグに蛇足感が……ここから続編に繋がるならいい感じなんだし、先生も生前そのつもりでプロットを組んでたのかもしれないけど。 後、ここまでの流れでルイズの一人勝ちはなんかもにょるものが。 ジョゼットが王位についたまま、タバサとシエスタ、ティファニアもついていくくらいの展開はほしかったなあ。
★11 - コメント(0) - 2月27日

伏線もあらかた回収済みだったので物語の起伏としては弱かったし、エピローグの最後の選択に至る心理描写もドタバタで駆け足すぎで余韻をそがれた感じもしたけれど、でも結末が見られた、ただそれだけで充分。大切な瞬間に立ち会えたという満足感が強すぎて、他のことはどれも取るに足らないこと。サイト、ルイズ、お幸せに。
★9 - コメント(0) - 2月27日

数年前に作者が亡くなった。もう完結は絶望的かと思われた中での『続編』の刊行を発表。当初は期待よりも不安が大きかった。しかし代筆者による第一弾(前巻)を読んでそれが杞憂に終わったことを知りました。サイトとルイズ,それ以外の魅力的なキャラたちが変わらずにそこにいた。違和感はゼロ。本人が書いたとしか思えない作品に仕上がっていて,今回の最終巻も本当に素晴らしい。エピローグが若干尻切れ感があるのが残念ですが…。ヤマグチ先生も自らの手で完結させたかっただろうけど,この出来なら多分満足してくれるんじゃないかな。
★12 - コメント(0) - 2月27日

ゼロの使い魔最終巻読了。最終巻だけあって、満足できるハッピーエンドであった。が、その後の二人の生活を考えると、戸○や○職などのことがどうなるか、身元不明な外人が現代日本でどうやって生きていくかが心配でならない。こんなことを思ってしまうのは、大人になったからだろうか。悲しいかな
★4 - コメント(5) - 2月26日

まず完結まで読めたことが最高でした。まさに色々な方が頑張って来た作品ですね。内容も最後までゼロ魔を突き通してて良かったです。今まであった出来事を全て集約してくれたと思います。最後も"らしい"終わり方だったかな。普通ならこの後のオマケエピソードみたいなものに期待するんだけど、それがあり得ないことが唯一残念です。ともあれゼロ魔に関わった皆様お疲れ様でした。
★7 - コメント(0) - 2月26日

作者逝去により完結を諦めていた作品の完結巻。結末としてはこれでよかったんだとおもう。
★3 - コメント(0) - 2月26日

大団円ではあるのだろうが・・・・できればヒロイン全員選んでほしかったなあ~と
★3 - コメント(1) - 2月26日

すばらしいお話だった。もうなんか、いろいろ言いたいけど、とりあえず完結おめでとうございます!こんなすばらしいお話を、最後まで読ませていただき、ほんとに感謝してます!ヤマグチ先生がお亡くなりになったとき、先生が死んだことももちろん悲しかったけど、1番悲しかったのは、ゼロ魔が未完で終わることだった。けど去年、ゼロ魔が完結巻まででるってわかって、すごく嬉しかった。そして今日、最終巻を読み終えた。こんなに嬉しいことはない!ヤマグチ先生の最終巻のあとがきが読めなくて、寂しいけど、それ以上に結末が読めて嬉しかった。
★8 - コメント(0) - 2月26日

ボーイ・ミーツ・ガール。サイトとルイズはずっと幸せで居てね
★6 - コメント(0) - 2月25日

色々な要素の先駆け的作品。ツンデレも異世界召喚も。無事にサイトとルイズも世界を救って一緒になれて。幸せそうで良かった。そして、ヤマグチノボル先生、やっとゼロの使い魔が終わりましたよ。お疲れ様でした。
★12 - コメント(0) - 2月25日

まずは、20巻も続いてラストが見えてきたまま未完で終わろうとしていた本作を完結させてくれたことに、ヤマグチ先生、代筆の先生、兎塚先生、編集部の皆様へ感謝申し上げたい。細かいツッコミどころはあるけどそんなのは野暮。オールキャラ登場のハッピーエンドで本当によかった。個人的には水精霊騎士隊との友情、コルベール先生のイケメンなところ、なによりデルフとの会話など、男たちの見せ場が多くあったように思う。アンリエッタに頼まれてサイト救出に向かうときのギーシュかっこよすぎた。
★9 - コメント(0) - 2月25日

今の、ラノベの異世界召喚物の走り、ゼロの使い魔が完結です 当時流行りのハイ・ファンタジー世界に召喚され、近代兵器や近代の知識なんぞを使って無双する話の走りで、今のゲートとかは、その拡大版ともいえます 世界観も、魔法使いが貴族として君臨する、絶対王政時代のフランスのような、しっかりした世界観を持った作品で、エルフを砂漠の民にしたりと、冒険的な設定があったりしました そして、王道のハッピーエンドでした。
★9 - コメント(0) - 2月25日

祝完結!1つの伝説が終わりました。最後辺りからもっとこの世界に浸かりたいと思っていたのに、終わってしまってから興奮と感動が一気に寄せてきました。ルイズ達に会えて本当に良かった!いや、そもそもこれをしつこく勧めてくれた大学の友人に感謝やな!1つの青春にありがとう!
★9 - コメント(1) - 2月25日

ヤマグチノボル先生、ゼロの使い魔が完結しました。この作品を生み出してくれてありがとうございました。MF文庫様、ゼロの使い魔を完結まで導いてくださってありがとうございます。 才人、ルイズお幸せに。
★6 - コメント(0) - 2月25日

ゼロの使い魔22 ゼロの神話の 評価:76 感想・レビュー:58
ログイン新規登録(無料)