おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (11) 大学生編 (富士見ファンタジア文庫)

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (11) 大学生編 (富士見ファンタジア文庫)
251ページ
280登録

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 大学生編 11巻はこんな本です

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 大学生編 11巻はこんな本です

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 大学生編 11巻の感想・レビュー(229)

うわあ不穏。サークル内で恋愛沙汰とか悪寒しかしません。
- コメント(0) - 2016年10月19日

大学生編。かなり前(去年・・・)から積読だったのを消化 ライトなノベルのラブコメ。王道何かな。ラノベだししょうがないんだけどさすがにヘタレだと思ってしまう。。。
- コメント(0) - 2016年6月30日

オタリア大学生編。どこまでが本編だったかというとそれは完全に前巻までなので、これから先は何を目標にするのかが肝心なところだが、その先は既に書かれているのだ。つまり、これは本当に純粋な意味での”大学生編”であり、それ以下でもそれ以上でもないのである!遠距離恋愛する様を見せられることになる。しかしまあ、どんな形であってもオタリアがまだ読みたい人にとってはこれ以上ない喜びであり、最高のファンサービスである。これからまた何回か恋愛関係で揉めるんだろうなあと考えると、期待しかない。自分はそれが見たいだけなのだから…
★33 - コメント(0) - 2016年1月25日

十巻の最後で社会人になり、恋ヶ崎にプロポーズしてそこそこ綺麗に終わったのに、高校卒業からプロポーズまでの間の話をわざわざ書く必要があるのか疑問。恋ヶ崎と恋人同士のやり取りはよかったけども、結末は決まっているし、オタサーの姫とか当て馬にもならないようなヒロインを追加して何がしたいのだろう。恋ヶ崎に嫉妬させたいなら、既存ヒロインで十分その役目を果たせると思うのだがねぇ。
★2 - コメント(0) - 2016年1月20日

なんだかんだ言いつつ、気になるんです。と、いうよりも、最終と言わずにこのまま続ければいいじゃない? どういうことがあったかはわかりませんけど、あの最終巻では読者の半分ぐらいは納得できなかったんじゃないだろうか。でも、三角関係になっていくの、ものすごく良いよね
★1 - コメント(0) - 2016年1月5日

オタリア大学生編。主人公の柏田が完全なリア充からのスタートなので、タイトルの名残もへったくれもない。柏田のリア充&オタ充を楽しむエクストラモード。桃ちゃんとはラブラブなカレカノだし、オタクサークルに入ってオタライフ充実させちゃうし、オタサーの姫から狙われるし。これ、リアル大学生活をぼっちで過ごしている人にとってはダメージがスゴイんじゃないかな。ストーリーを楽しむというより、馴染みのキャラがわちゃわちゃしているのを楽しむ感じ。オタリア本編を最後まで読んで、登場人物達に愛着がある人なら楽しめるんじゃないかな。
★8 - コメント(0) - 2015年11月22日

★☆☆☆☆ なぜ終わらない。10巻まで発刊したのも蛇足だと思っていたのに大学生編とか…。古本屋に並んでいたので、興味半分で購入して読んでみたけど、これわざわざ続ける意味があるのかしらと首を傾げてしまった。こういった毛色の作品は、恋人関係になったらそれで終止符を打っていいと思うんだけど。キャラもそこらのラノベの範疇に収まっていて、さほど新鮮みを覚えるわけでもなく。櫛木理宇のホーンテッド・キャンパスや、竹宮ゆゆこのゴールデンタイムほどに大学生活を描けているわけでもなく。最近の富士見の方針はよくわからない。
★10 - コメント(0) - 2015年11月1日

★3。続きがあるとは。ハッピーエンドラブコメに続編というのはあるようでなかったパターンですね。どの作品であれその後が気になるファンはいると思うので一定の需要はありそう。内容的には相変わらず軽めで読みやすいです。ただ大学生であのシュチュになんもなしは返って不自然では。レーベル変えて新規で出した方がいいものになった気がします
★4 - コメント(0) - 2015年10月18日

そういえばラノベで大学って設定珍しいような。
- コメント(0) - 2015年10月8日

大学生編がスタート。オタサーの姫が登場し、桃との鞘当てがメインになっていくのかな。蛇足といえば蛇足。読者としては桃とのイチャイチャをもっと見たいのだけれど。腐女子肯定なスタンスのせいでフラグ立っちゃったからね仕方ないね。
★2 - コメント(0) - 2015年9月26日

★1 - コメント(0) - 2015年9月24日

進学、新たな出会い。わかりやすいオタサーの姫登場がいいですねぇ。題材的にも刊行当時のアニメや旬の話題を取り上げる分少し時差を感じましたが、そこはご愛嬌。読みやすさが心地よいです。
★5 - コメント(0) - 2015年7月26日

面白かったかな?面白くないとは決して思わなかったですけど、二人が付き合う前のドタバタを見た感じだと少し物足りなかったですね。逆に二人の絆が強固になってるのが見て取れました。二人ともかなり素直になって…。やはり好き合うと安心感ってあるんですね。好かれてるとは思っても、行動に出すのは自意識過剰かなと思いもしますし。そういう心境の変化なんかも見て取れました。まさに王道ラブコメですね。
★2 - コメント(0) - 2015年7月12日

高校3年の冬からスタート難関大学を合格した柏田は長谷川(同じ大学)、小豆ちゃんと卒業旅行に北海道へ行き恋ヶ崎と共に(途中で鈴木も合流)楽しいひとときを過ごす。大学へ入学し、漫研へ長谷川と入ることにする。そこにはリーダー岩本、チャラ男川北、旧知の仲で就活生の二階堂などの濃いメンバーがいた。さらに同学年のオタサーの姫こと佐倉が、BL容認派と知ると何かと絡んでくる。GWに恋ヶ崎が帰省し、共にサークルのカラオケへ参加する。そこで柏田は嵌められ姫に介抱され、恋ヶ崎は怒り、柏田が尽力しなんとか仲直りする。
- コメント(0) - 2015年6月11日

2015年2月25日初版発行 名古屋市千種図書館
★1 - コメント(0) - 2015年5月20日

大学に入ってオタサーに入って…柏田くんオタ充ANDリア充してるなあ…恋ヶ崎さん付き合ってからめっちゃ可愛いなあ。あと長谷川さんの毒舌キャラめっさいいなこれ。大学生編続くならもっと読みたいな。オタサーの姫は思ってた以上だった。
★3 - コメント(0) - 2015年5月18日

前作で完結だと思っていたので驚きでした。『大学生編』とのことのことなので、どんな感じなのかと思いましたが、雰囲気は今までと基本的には変わらず・・・ってところでしょうか。遠距離恋愛となった二人がこれからどうなっていくのか、次が出るのなら読んでみたいです。
★36 - コメント(0) - 2015年5月17日

長谷川さんが成長しててさらに魅力的なキャラになってる。桃、小豆ちゃん、ムラサキさんも成長してるのにカッシーは何も成長してないのな。正直カッシーが作品の魅力を下げてる気がしてならない。桃を物語に絡めるのが難しくなってるけどどうするんだろう?あとオタサーの姫がカッシーを気に入ってる理由はちゃんとあるのか?色んな意味で次が楽しみ。
★16 - コメント(0) - 2015年5月13日

相変わらず読みやすくて大変面白いのだがもうこのタイトルが形骸化してるよなぁと思ったり・・・。オタサーの姫が出てきたけど柏田いい加減にしろよって感じでした。続刊あるとしても今後恋ヶ崎を絡めながら話を展開させていくのは少々難しい気がする。とりあえず面白かった。
★3 - コメント(0) - 2015年5月10日

主人公とヒロインのイチャイチャが見たかったのだけれどそんな成分ほとんどなかったしヘタレオタク死んでくれって感じしかしない(暴言)。主人公とヒロインの協定関係ラブコメなのだから二人が付き合ってしまって魅力が半減するのは仕方ないとして、もうイチャイチャに極振りでもしてくれればこちらとしても思考停止で読めるのに、肝心の「二人の付き合ってる感」が薄く、障害となるようなキャラや設定を出してくっさいドラマのラブコメのようにしてしまったのはいかがなものか。僕は決まってる未来(10巻ラスト)に沿った当たり障りない話を望む
★4 - コメント(0) - 2015年5月2日

再読。結局全巻(小豆エンド除く)読んでしまった。 高校生の間の話も良かったけど、付き合ってからも続くラノベはなかなかないしニヤニヤできて最高です。 いやしかし、健全すぎる。桃はなんだかんだで甘すぎる気が。許すときはすぐ許しちゃう。 読んでいる中で、マイホームや小豆ちゃんとの思い出、自転車でのお迎えなど回想があるのがグッときました。胸が熱くなりました。2巻まじで蛇足にならないように心配しつつ期待しています。
★3 - コメント(0) - 2015年5月1日

面白かった。大学が舞台のラノベはこれが初めてだけど、とても良かった。遠恋になってもラブラブで、オタサーの姫のせいですれ違いもあったけど、やっぱりラブラブで、手を出してこないことに怒ってる恋ヶ崎が可愛すぎる。続刊が出るのは嬉しいし、蛇足になるんじゃないかと心配したけど、そんなことはなかった。俺は佐倉さんに期待している。俺が思うにあの子の素は俺好みだと思う。次巻に期待。
★5 - コメント(0) - 2015年4月22日

小豆ちゃんが見れて僕は幸せです
★5 - コメント(0) - 2015年4月21日

楽しかったオタリアともお別れかと10巻のあとがきを読んでふけっていた感慨を返せと言いたい。完結宣言からのまさかの続編。小豆エンドといい、このシリーズには振り回されっぱなしだ。とか文句をいいつつ続刊を歓迎する俺がいる。ツンデレかよ! これはアニメ化のフラグが立った!? と喜んでいいのだろうか。本当に色々な意味でやきもきさせられる。今回は女性の作者らしく、桃の感情が上手く描かれていたと思う。カッシー草食すぎ。某オタサー漫画的なって、オタリア風に言えばけんじげんのことだよね? 岩本が斑目に脳内変換されて困る。
★4 - コメント(0) - 2015年4月14日

最高でしかない… 桃が純粋で可愛い、それに尽きる オタサーの姫はあんま好きくなかったけど後半はちょっと好感度上がった。 これで終わりでもいいと思ってたけど、続編もワンチャンあるらしいしこれは楽しみになってきたな
★18 - コメント(0) - 2015年4月13日

もはや完全にタイトル詐欺。幸せすぎてやばい。脳が溶ける。
★6 - コメント(0) - 2015年4月12日

十巻から引き続き読みました。今回は主人公が既に桃一筋であることが確定していることから、ストーリー的なおもしろさはあまりなかったです。前巻のラストで各キャラの結末がもういろいろ分かってますから仕方ないですね。とはいえ後日譚ですから、『あのキャラがどう変わった』とかを楽しむものですし、そういう意味では各キャラの、本編後の姿や関係性が見れて良かったです。ただ、個人的には後日譚は一巻程度でよかったかと……。あまり長くなっても飽きられそうですし。これが出版社の戦略ですか。
★4 - コメント(0) - 2015年4月6日

★★★★☆このシリーズが好きな人には嬉しい続刊ですね。この先も続くのかな?完全に主人公はリア充ですね。良いキャラが揃っているので今後も彼女らが主人公争奪を巡って参戦するのかどうか、最終結論を知っていても楽しみです。
★5 - コメント(0) - 2015年4月3日

この蛇足はいらない系なようなー。しかも続くのかー。といいつつ買うのだろうから編集部の読み通りー。
★2 - コメント(0) - 2015年4月1日

タイトルが完全に死んでしまっているが、大学生編です。いろいろ文句を言いつつも続編が出るということで買ってしまいました()。これだけは堪えられない性ですかね。内容は相変わらず、さらっと読めていい感じ。この胸にちくちく刺さっていく感じが懐かしい11巻でした。
★16 - コメント(0) - 2015年3月29日

「オタク」という名前の人間も「リア充」という名前の人間もいないんだよ、というのが10巻までで度々主張されてきたことなので、「オタサーの姫」という名前の以下略ということになってほしいですね。続刊で。
★4 - コメント(0) - 2015年3月29日

10巻で完結したんじゃなかったのかよ、と思いつつ続編。続編だけど10巻で結末まで書いてるので完全な出来レースとなってしまうのが・・・ 彼女とイチャイチャする日常がほぼなかったのでそこを書くって方向性っぽい?12巻でるのかな・・・
★3 - コメント(0) - 2015年3月22日

完結と思いきや、まさかの続編! 後日談がでることはあるけど、完結した作品の刊行継続は珍しい気がする。いつものメンバーでわいわいした様子や、各キャラの後日談など、嬉しい内容だった。大学生編では新キャラの登場でどうなるのか。あと、次巻以降は桃が直接登場しない気もするので、どう影響するかだ。
★4 - コメント(0) - 2015年3月22日

まさか続くとは
★5 - コメント(0) - 2015年3月21日

ようやく読みました。桃ルートに入ってるとやっぱ桃が一番可愛く思えるなーwでもやっぱ最終的には桃なり鈴木なり展開がわかってるから真新しく思えないのがちょっと残念かな。後何か紫さんと小豆の乳のボリュームが更に増えた気がする!!bw
★6 - コメント(0) - 2015年3月13日

完結したと思ってたけど、続けてくれてよかった。遠恋ということで、桃の出番が少なかったかなー。もうちょい、こういちゃいちゃしてくれてもよかったかな。でも面白かったです。
★4 - コメント(0) - 2015年3月11日

相変わらず文章が稚拙。序盤の卒業旅行までは本当に小学生、それも低学年の児童が書いた作文や日記を読んでる感じ。いつ、どこで、何を、どうした+数行の会話。場面ごとにそんな感じの定形化された日記が延々と並べられているだけのよう。内容に関しては良く言えば今までのノリが好きなら違和感なく読める、悪く言えば登場人物や環境が違うだけで目新しい何かは一切ない。この作品だけじゃないが、いくらフィクションとはいえエロゲ、エロ同人誌、酒など、未成年者に平然とやらせるのは如何なものか。
★4 - コメント(0) - 2015年3月11日

本編終わったと思ったらまさかの続編。柏田は相変わらずでした。まぁ本編終了後からはあまり時間が経ってないみたいだから仕方ないかもしれないが。個人的には、うーん…前巻でエピローグ、しかもこの大学生編より後の話をしてるから必要な続巻だったかなぁと思ったり。まぁ途中からやや惰性で読んでたってのもあるけど。長谷川さんもこんなキツかったっけ。次は出てもパスかなぁ。
★9 - コメント(0) - 2015年3月9日

まさかの続刊
★4 - コメント(0) - 2015年3月9日

ラノベで少女マンガの成分が補給されるとは思わなかった。だけど二人が仲直りする時はやっぱりほっこりしてしまうw柏田にはもっとちゃんと断れる人間になってほし・・・おっと、そんなこと言ったらラノベの主人公ではなくなってしまうか。
★4 - コメント(0) - 2015年3月9日

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 大学生編 11巻の 評価:60 感想・レビュー:77
ログイン新規登録(無料)