スカイ・ワールド (11) (富士見ファンタジア文庫)

スカイ・ワールド (11) (富士見ファンタジア文庫)
320ページ
175登録

スカイ・ワールド 11巻はこんな本です

スカイ・ワールド 11巻の感想・レビュー(145)

無数に浮かぶ島々を飛行船で旅するオンラインRPG完結。最終起動アイオーンに到着して待ち構えていたものとは◆SAOの2番煎じか?というくらいで読み始めたシリーズで冒険感が強いうちはよかったけど、ハーレム要素が強くなりすぎてきたら一気につまらなくなってしまった。冒険が主体という感覚も薄れたしね。サクヤとジュンが合流したあたりがマックスだったかな。ずっと冒険してうまくまとまればよかったんだけど…。もったいなかったな。
★1 - コメント(0) - 2016年11月22日

面白かったです!ん年ぶりにシリーズ物を最後まで読みました。緊迫した設定だったわりにあんまり緊迫せずに終わってしまいましたが、最後まで面白かったです。欲を言えばもう1巻くらいあっても良かったのかも。あっさり終わった最終戦を広げるとか、各キャラの後日談とか、下層の冒険者がアイオーンに上がってくる話とか、グレイスラッガーしか出てこなかった神秘の座の後日談とか、色々あった気がします。まぁこのゲームのMVPであるリュカさんだけ押さえられてたので満足ですが。今更ですが、瀬尾先生お疲れ様でした。
★1 - コメント(0) - 2016年10月26日

完結。中の下~中の上を行ったりきたりしてたかな。ある一定以上のクオリティは保ちつつも、大きく盛り上がることはなかった印象。悪くはないんだけどね。MMORPGを題材にしたシリーズ、ハーレムものとしては良いできだと思う。落としどころも悪くはなかった。ただ、アフターストーリーがあっさりしすぎてたのがちょっと残念。最近のファンタジーにしては巻数が伸びたシリーズだったけど、けっこうな数の読者に愛されたんだろうね。お疲れさまでした。
★8 - コメント(0) - 2016年7月18日

★★☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年6月27日

完結。今までのやり方を考えると、最後のボスは正攻法だったかな。オチはある意味正統派から外すんがぽいのかも。 ゲームの中に飛び込んじゃう設定が溢れる今日この頃ですが 、王道ライトノベルとして楽しんだシリーズでした。
- コメント(0) - 2016年6月4日

もうこの作品に関しては主人公は現実世界に帰らない方がいいんじゃないかと思います。こんなに手当たり次第に周りの女の子達に手を出していたら、警察に御厄介になるか、刺されるかのどちらかだと思うので。後は重婚可の国に移住するしかないですね。駆け足でしたがこれでおしまい。もうこういうシリーズに積極的に手を出す事も少なくなるだろうなあと思ってちょっとしんみりしたり。うっかりミスのレビューから始まったけれど、三年以上一緒に過ごしてきたシリーズではあるので。とりあえず何かの機会には『約束の方舟』を読みたいなあと思います。
★43 - コメント(0) - 2016年4月23日

これで完結だが、唐突に出てきたとんでも設定が何ともいまいちな感じ。サクヤ関連もご都合主義的なものになっていたし、折角のハーレムもあまり活かせていない。バトルも最後まで緊張感がなくつまらなかったし、個人的には全巻纏め買いをしていなかったら、一巻を読んだ後、切っていたレベルの作品。
★2 - コメント(0) - 2016年2月15日

完結。お疲れ様でした。ゲーム世界が現実になったからそちらの世界で生きるって結末は個人的にナシだと思う。過去と決別して今を選ぶと言えば聞こえはいいかもだけど現実逃避の逃げとしか思えない。だってスカイワールドは『ゲーム』以上でも『ゲーム』以下でもないじゃん。義務も責任も放棄して、死ぬまで『ゲーム』をやって過ごすとかマジで酷い。しかもハーレムとか。現実世界に戻ってみんなで集まればいい話じゃん。寿命もあるんだか分からないような世界。GM権限を持った知人が身近にいて。情報も力も勝ち組で。何が楽しいんだ?
★2 - コメント(1) - 2016年2月15日

遅くなっちまったがいよいよ最終巻に安着。今まで数年にかかって繰り広げられた物語の最後にしてはまぁ悪くない。俺個人的にはちょっぴり足りなかったんで外伝とかないんでしゅか先生〜?
★2 - コメント(0) - 2016年2月11日

結局エリは省かれるのか、作者はどういう意図なのか。あとこの人死にが出る状況でゲーム扱いは酷い、今まではそこまで気にならなかったけど今回はやけに気になった。カリムに同情心すら覚える。最大なのがサクヤどうして殺したのか意味が解らない。他のサクヤが生きてても今まで俺たちが見てきたサクヤは死んだ。なぜこんな事をしたのか。リュカが帰ったのは悲しいが仕方ないかな。でも彼女は再会の時を待ってる。続編か細音啓先生みたいに繋がりのある異世界でまたやって欲しい。この作品の世界観なら出来るはず。
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

○ 完結編。一気に謎解きをされたので、説明文がちと多いと感じた。カリム攻略は地味かつ悪意に満ちたもので笑える。
★2 - コメント(0) - 2015年12月28日

完結です。ハーレムをどんどん突き進んでいく主人公、すごかったです(笑)。変に引き延ばすこともなく終了したので、安心しました。全員の旅はまだまだ続くようで、この先も各自想像できる終わり方がよかったです。
★3 - コメント(0) - 2015年12月21日

素晴らしいハーレムでした。完結。『帰還』のところは泣きそうになってしまった。
★11 - コメント(0) - 2015年12月12日

現実へ帰った者にはほろ苦く、残った者たちは楽しく。ジュンの妻増えすぎじゃない? 将来的にまた増えそうじゃない? まあ、それくらい頑張ってたしいいんじゃないか。うーん、楽しいシリーズだった……終わっちゃうのが惜しい!
★2 - コメント(0) - 2015年11月23日

完結。本シリーズはこれまでの瀬尾つかさのとっつき辛さを抜いたような読み易いシリーズでしたが、途中からケレン味が加わっていき、最終巻の落としどころが単純な「ゲーム世界から帰還する」にならないところに、瀬尾つかさらしい力強いひねくれ具合を感じる。その「らしさ」の良し悪しについては好みが分かれそうだけど、それを含めて好きなシリーズでしたね。エピローグがあっさりしすぎてたのが残念だったので、いつか後日談的な追加エピソードがみたいです。とりあえずお疲れ様でした。好きなシリーズでした。
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

完結。ハーレム街道を突き進むのはおとこらしいね!
★1 - コメント(0) - 2015年11月4日

冒険の終わりは嬉しくもあり寂しくもありますね…。スカイワールドに残る者、去る者。けれども二度と巡り会えないのではなく、再会の「希望」が残った終わりで良かったです。物語はここで一旦の幕引きですが、ジュンたちはスカイワールドでの冒険を楽しんでいると思うと微笑ましいです。表紙のウェディングドレスかすみが眩しい。かすみにもアミリィにも選ばれたジュンは世の男子諸君に一度は殴られても文句は言えないw安定した面白さを毎巻において提供し続けてくれた紛れもなくライトノベルの見本となるような作品でした。
★2 - コメント(0) - 2015年10月23日

現代(近未来)世界と異世界が出てきちゃう以上神とか異星人みたいな超常の存在が必要になります これはもう舞台設定からしてしょうがない ハーレムももうずっと前から予告してあったので問題ない 現代世界に帰還するかって選択は悪くない 尺の問題かほとんどのプレイヤーが即断できているのは違和感ありますけどね シナリオ 18 イラスト 10 設定 20 キャラクター 17 総合 65
★1 - コメント(0) - 2015年10月22日

完結。途中からハーレム方向に大きく舵を切ったが、クソゲーマーな主人公のヒロインに対する向き合い方に味があった。最終決戦が盛り上がりに欠けた点に加え、ギルド単位での描写がクドイなどの作者の押しつけがましい拘りが目立ったことなど個人的に気になる点はあったが、イラスト込みで楽しく読めた。最後までリアルとゲームを同一視した主人公に理解が及ばないラスボスとの対決は印象的
★2 - コメント(0) - 2015年10月21日

sil
設定背景をきっちり明かして完結。一番ネックだったバッテリー問題の理由がコストガなのは笑った。しかし、神秘の座をクエストで追い詰める作戦には関心したし、残る人、帰る人双方にとって大団円で、総じて面白かった。でも、男女比とハーレムは考え物。
★1 - コメント(0) - 2015年10月18日

プロフィール欄がお酒がらみの話で、口絵が酒盛りなのは、故意なのか偶然なのか?(^^;
★3 - コメント(0) - 2015年10月3日

11巻続いたシリーズにしてはエピローグが短すぎるんじゃないかと思うですよ。最後は2年経過してるようだから、その間の物語を短編形式でいかがでしょうかね。
★4 - コメント(0) - 2015年10月3日

★★ やっと終わってくれたかという思いです。 最終巻ということで色々明かされたりしましたが、もうどうでもよかったです。 このシリーズはMMO RPGの部分は面白かったのだけれど、女性陣とのからみの方がメインになってきて だんだん楽しめなくなってなっていたのです。 大体女性が多すぎるのです。 最初に載っていたキャラクター紹介16人の中に男性たったの3人! なにこの比率!
★3 - コメント(0) - 2015年10月3日

シリーズ最終巻。 最後までハーレム要素の多い作品でしたねぇ。 それぞれ自由な選択でこれからを生きていくという終わり方は良かったと思います
★2 - コメント(0) - 2015年9月26日

嫁戦争やラスボス対決というよりは、設定全回収という感じでしたがなにはともあれ大団円。リュカのスピンオフあるでこれは!
★2 - コメント(0) - 2015年9月22日

20150918。作中に存在するMMORPGスカイワールドによく似たシステムを持つ異世界を冒険する少年と仲間たちの話その11。完結。何日にもわたるリトライの果てに主人公は考えを切り替え、思いきった手段で最後のモンスターを倒して第一軌道に到達する。そこで待っていた人物からこの世界の成り立ちを聞き、現実世界へ帰る方法も教えてもらうが、そのために世界を変えようとする存在との対決を余儀なくされ、あらためて決意する。(続く)
★1 - コメント(2) - 2015年9月18日

ああー、約束の方舟でもあったな、その展開 しかも最後にちょっとした衝撃を持ってくる、と 大筋の流れは極めて王道な展開で安心して読める一方、ハラハラは少なかったかな かすみの見せ場も予想通りだし ユーカリアの決着やらいろいろ詰め込んだ感じ 全嫁とのキスシーンありで瀬尾作品に珍しく本当にハーレムだったな 最後に地球に帰ったリュカの話を持ってくるとはいいしめだった
★16 - コメント(0) - 2015年9月12日

とうとう読み終わってしまった。「スカイ・ワールド」は僕が初めて手に取ったライトノベルで、今まで色んな作品を読んできたが、それでも一番好きな作品だから、ちょっと泣きそうになった。さて最終巻は全ての伏線がきちんと回収され、綺麗にまとまっていてよかった。物語はここで終わるけど、俺たちの冒険はまだまだ続くんだ!って感じだったな。また、敵を含めて今までのキャラたちが全員出てきたり、最後の一撃が奥義だったり、本当の締めは未来のリュカがしたのも良かった。ただ、『スカイ・ワールドで冒険したサクヤ』は消滅してしまったの→
★12 - コメント(2) - 2015年9月10日

sew
魅力的なキャラクター達が揃っている作品で、ジュン達に出会えなくなってしまうのが非常に寂しい。 まとまりよくテンポよく、安定感のあるシリーズで、いつも楽しめた。MMORPGをやってみたくなる冒険の魅了がたくさん詰まっていた。 ヒロインズとの今後の関係も気になるところ。ドタバタギャグ系ではないこういうハーレムは希少価値あると思う。もっと増えて欲しい。 せっかくだからこの作品アニメ化まで行って欲しかったなぁ
★5 - コメント(0) - 2015年9月7日

プロローグ読んだ時点で、『琥珀の心臓』回帰かと思って読み進めたら、当たってた。まあ、違ってる部分はあるし、あれとは違って、切ない終わりではなかったけどさ。瀬尾つかささんは本当にこのネタ好きだよね。まあ、間違いなく根幹にはあるものなんでしょう。もちろんそれが嫌いではないわけなんですが。とまれ、主要人物がこれ以上お亡くなりになるような事態にならなくて良かったな。このあと、リュカは結局どうしたんでしょうね。そこだけちょっと興味あります。主人公側の事に関しては何にも心配しないというか。なるようになったに決まってる
★4 - コメント(0) - 2015年8月31日

世界創世の謎も明かされたし、納得出来る結末ではある。廃人にとっては当然の選択なんだろうし、メインヒロインであるカスミの選択も不自然ではないのだが、アミリィは違う選択をすると思ってたのでちょっと意外だった。結局違う選択をしたあの人に(エピローグを)全部持って行かれるというオチ・・・。サクヤは微妙だけど結局(ジュンにとって)都合よく分裂したというか、バックアップが正になったというか・・・。しかし、ジュンはサクヤの肉体に興味がなかったという事なんだろうか?(元々カイだったから入れ物は気にしないのかな)
★6 - コメント(0) - 2015年8月29日

完結に際して感慨深いけどひとつだけ文句を言わせてほしい。 "今まで一緒にいた"サクヤが結局のところ死んでしまっていたのは非常に残念だった。本当に……。また、それについてのジュンの反応も薄いような気がして、もやっとしたものが残った。
★7 - コメント(0) - 2015年8月29日

★★★★★思いのほかあっさりした終わり方だった。大好きなシリーズなので続きが読めないのはとてもさびしい。他の人も言っているが短編集が欲しい。好きなキャラは1位エリ、2位リュカだったのだが、最後の最後でリュカがエリを抜いた。あの涙は反則だ。リュカは恐ろしく重宝するキャラで、有能で、かわいく、しかもいい性格している。現実に帰ってしまったが、残ってジュンハーレムに入っても全く問題ないヒロインだった。物語の締めくくりがジュンでもサクヤでもかすみでもなく、現実に戻ったリュカの言葉だというのは非常に納得できた。
★13 - コメント(1) - 2015年8月29日

一つの物語は終わり、しかし人生という冒険は続く。意外にサラッと終わったな・・・あとがきに関して、結末については、自分は作家本人の書きたいものを書いて貰えて良かったと思っています。
★7 - コメント(0) - 2015年8月27日

完結。思ってたよりもあっさりしてた印象。敵勢力も最終的にボスは倒したけど、というように感じたし。まあこの後もジュンたちの冒険が続いてる、と考えればこういう展開になるのかな。同じMMORPG系な電撃の某SA○と似た感じかと思って読み始めたシリーズだったけど、こっちの方がよりゲームをやってる雰囲気があり、それを楽しみながら進んでるように感じられた。まあ主人公がクエストマニアってのもあるだろうけど(笑)3年以上に渡る刊行、お疲れ様でした。エピローグ後の短編集みたいなのがあってもいいんじゃよ?
★5 - コメント(0) - 2015年8月26日

ついに終わってしまった…常に続きが読みたいと思っていた作品だけに感慨深い。(最近は惰性が多い)
★5 - コメント(0) - 2015年8月26日

日本じゃないから重婚可!!!!
★2 - コメント(0) - 2015年8月25日

fab
世界観・女性関係はなんとかまとまった。取りこぼした伏線+リュカ社長の外伝くらいあってもええんやで。
★7 - コメント(0) - 2015年8月24日

ケツ!ってかなんに対してどう感動を求められていいのかわからない、終わりは完全に終わったんだけど、何の感慨もわかないんだが。もうちょっと、広げてもいいんだけどな、とか思う、あと3冊、あと3冊つながればなぁ、と思ったんだけど。まぁ、大団円だからいいんだけどさ。この作者、長い先品かけないのかなぁ・・・と残念に思う。
★6 - コメント(0) - 2015年8月24日

完結。 世界の真実、サクヤの秘密、それぞれの選択、そしてカリムの思惑とその決着等、伏線を綺麗に纏め上げた上で終わっているので非常にすっきり。 特に、この世界そのものに関してはゲームだからの一言で片づけることもできるだけに、きちんと理屈を通そうとしてくれているのは非常に良かった。 一方で、締めがカリムとの戦い中心になるのは仕方ないとしても、それに注力しすぎて姫やリザードマンのその後がスルーされてしまったのは残念。 戻った人と残った人それぞれのその後等も含めて、短編集出してくれないかなあ……。
★9 - コメント(0) - 2015年8月24日

スカイ・ワールド 11巻の 評価:72 感想・レビュー:54
ログイン新規登録(無料)