ハイスクールD×D (21) 自由登校のルシファー (ファンタジア文庫)

ハイスクールD×D (21) 自由登校のルシファー (ファンタジア文庫)
354ページ
129登録

ハイスクールD×D 自由登校のルシファー 21巻の感想・レビュー(104)

男性キャラ、特にライバル単品という珍しい表紙。……いやあ、しっかしヴァーリが一誠に勝るとも劣らないアツさとかっこよさを見せつけてくれる巻で大変満足でした! 今までは天才肌でクール一辺倒でしたが、良い具合に角がなくなり親しみやすいキャラになりましたね。次回から始まる最終章がシリーズの締めになるのは巻数的に考えると妥当。アツさから生み出されるおバカな逆転の一手は次以降あまりなさそうだから少し残念です。
★4 - コメント(0) - 2016年11月9日

shu
長く熱かった第4章が完結。ヴァーリに関わる良い話もありますが、全体的にはバトル多めで重要な対決が多いぶんそれぞれはあまり濃くなかった印象です。魔王や各勢力の首脳陣が犠牲になっての決着はやるせなかったですが、きっと数千年もかからず復活してくれる、その時はどう訪れるのか楽しみにしたいと思います。大きくなっちゃったオーフィスにもいろんな意味で期待。
★1 - コメント(0) - 2016年11月8日

封印が解かれて暴れ回るトライヘキサに、魔界、冥界、天界が立ち向かう。イッセーがこの一大事に前線に出られない。そんな中でリアスらが見舞いに行けば、イッセーの力の源泉の○○が見えない!、という龍神化の後遺症よりもあの治療で意識取り戻すのが笑えます。アザゼル含め上層部の英断で、魔王や神もろともトライヘキサ討伐で結界に転移させるという涙を誘う展開。サーゼクスの義兄気取りは寂しさの裏返し、残されたリアスからシーナや慈愛に目覚めたヴァーリの辛さは永くなると思うと泣きたくなる。これで慌ただしさが増す次章へ行きますね。
★17 - コメント(0) - 2016年8月20日

リゼヴィムによって解き放たれたトライヘキサは各神話体系に侵攻を開始。その矛先は人間界にも向けられる。そんな空前の危機を前にイッセー達D×Dの面々が圧倒的な悪意に立ち向かうがはたして……! な第21巻。この巻を手に取って、「ん? 今回は少し厚いな」と思っていたのですが、少しどころじゃなくメチャクチャ熱かったです。イッセーが龍神化の後遺症に悩まされる姿に苦笑しつつ、ヴァーリ対アジ・ダハーカやイッセー対アポプスの闘いには興奮を禁じ得ませんでした。最近はシリアス展開ばかりだったので久々に読後感はスッキリしました。
★19 - コメント(0) - 2016年8月5日

今回のあらすじ(100%ネタバレ) 遂に復活してしまった『666』は、二体の邪竜、複製された赤い龍帝の傀儡と共に各勢力の拠点に対して攻撃を繰り返していた。 一方おっぱいドラゴンは龍神化の影響により大きな後遺症を得ることとなる。 多大な犠牲の果てに一先ず『666』を退けることには成功する。しかしその損失は余りにも大きなものであった。 この戦いにより誇り高き白き龍皇は誰かを守るための配慮が生まれた。そして優しき赤き龍帝には『敵』を必滅する決意が生まれた。 物語は最終章、高校生活最後の一年へと移行する…
★2 - コメント(1) - 2016年7月8日

バトルが詰め込みすぎで、読みづらかった。
- コメント(0) - 2016年6月19日

ヴァーリ強化巻。イッセー同様にD×Dに至って魔王化からのライバル撃破。D×Dに至るまでの過程、戦闘どっちもよかった。それにしても、まさかそれぞれの派閥のトップが退場とは…5章からのゲームも楽しみだけど、E×Eの物語も読んでみたいなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年6月18日

ヴァーリー巻。とりあえず、こないだから家族感が出すぎで、涙腺ゆるみっぱなし。究極バトル連発、それでも倒しきれないトライヘキサは各陣営のボスクラスとともに異界封印へ・・・この先、どうなっていくのか、案外早く帰ってくるのもナンだけど、またでてきて欲しい。とくにレヴィアたんw 新章開幕、になるのかな?
★1 - コメント(0) - 2016年5月7日

泣きながら読み切りました。 特製の空間にトライヘキサを引き寄せて神々がそれを倒すまで戻らないとは…… 完全消滅するには何千年も必要と言われると、永遠退場と変わりません。 例え、イッセーたちはそこまで生きられる体ができていても、何千年後のことを物語るにはできないだろうと思います。 さすがに、何千年も経つと世界とか価値観とかも変わったに違いありません。 サーゼクス・ルシファーとアザゼルは結構好きなキャラクターなのであと登場がないと言われると、なんか悲しいです。
★3 - コメント(2) - 2016年5月7日

B×B、C×C、D×D、E×Eか……。バランスブレイカーの時点でそれを仕込んでいたとは……。「A×A」は出てくるのだろうか。まさかこの1巻分だけで決着付けるとは思わなかった。 それにしても普通に認識された子猫ちゃん涙目……。
★6 - コメント(0) - 2016年4月19日

4章クライマックスにふさわしい盛り上がりと感動をくれた!どこきりとっても少年漫画のような熱量でした。次でいよいよ最終章とのことですがリアスとイッセーはどこまで走るのか楽しみでなりません♪
★7 - コメント(0) - 2016年4月15日

熱い、熱すぎる。ヴァーリ回。あの戦闘狂が大切な人を守るために戦うなんて感動しないわけががない。わかってたけど幻術のところで泣きそうになった
★6 - コメント(0) - 2016年4月15日

ひたすらバトルバトルバトル。熱いバトルは作者の十八番だが、さすがに詰め込みすぎた感じか。一戦一戦が薄味で物足りなかったのが残念。でもイッセー関連に関してはブレないなw今度は○○が認識できなくなるとかw作者の頭にはほんと何かが降臨してるだろwそして今巻の事実上の主人公はヴァーリ。家族のシーン、そしてアザゼルとの別れのシーンはなかなか良かった。まあ初登場時から嫌悪感を抱くような敵じゃなかったけど、いいライバルキャラになったね。トライヘキサ隔離と引き換えに、上層部をごっそり失った三大世界。大団円の最終章に期待。
★13 - コメント(1) - 2016年4月14日

ハイスクールD×Dは家族モノだった!
★4 - コメント(0) - 2016年4月13日

オーフィスがああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっあっあっそれはそれとしてアジ・ダハーカもアポプスもかっこ良すぎたし名作とはすなわち好敵手ということがよくわかる
★6 - コメント(0) - 2016年4月11日

B×B、C×C、D×Dどれもカッコよすぎる。 クライマックスの展開が意外と思う。残された世代がこれから何を創り、何を守るのかが楽しみ。 ヴァーリー・ルシファーの変化、邪龍の振り切った考え方どれも良かった。
★5 - コメント(0) - 2016年4月9日

最初から最後まで飛ばしてるなー・・・各漢たちのボスラッシュで熱く面白かったです。今回で4章が終わり次は最終章。最終章の後で30年後の話を別タイトル・別主人公でやるのかな?。異世界と本格的に絡むだけに異世界側、新主人公とか期待?不安?が膨らみますね。何はともあれ次は地球側の全勢力のトーナメントみたいなものが始まるようで・・・熱い男のぶつかり合いを期待したい。
★11 - コメント(0) - 2016年4月9日

まさに漢祭。リゼヴィムのようなゲスのいない、邪悪な龍とは思えない、誇り高い龍同士の闘い特に最高でした。ラストのサーゼクス、アザゼルを始め各勢力のトップ層の決断。カッコよかったです。あんな上司や指導者たちにだったら付いていきたいですよね。次はいよいよ最終章。レーティング国際大会編。これまた、アツい闘いになりそうで、さらに30年後の異世界戦争に備える闘いでもあり、楽しみです。その30年後は『ハイスクールD×D』ではなく『E×E』になりそうですが、『ハイスクール』は冠しないんでしょうかね。30年後だけに。
★24 - コメント(0) - 2016年4月6日

石踏一榮先生(@ishibumi_ddd)の作品 まさしく漢祭というかんじで、熱いバトルが続きました。これまで戦闘をはっきり見ていなかったキャラも奥義を披露していてお腹いっぱいなバトル巻でしたね。ということで一区切りついたわけですが、正直なところ、パワーインフレが凄すぎるので、仕切り直しで、インフレだけではないバトルもみたいですね
★18 - コメント(1) - 2016年4月4日

第4章完結。章ラストだけに大きなバトルがてんこ盛りでした。そして最後の結末…何ともやるせない幕引きでしたね。ヴァーリの過去の境遇を織り交ぜての二天龍対邪龍が私的にかなり盛り上がったので、余計にそう思えたのかも。まあこういった感じで次世代に託すというのは嫌いな展開ではないです。現状では失くした存在は大きい、程度のもので済んでいますし。一誠サイドは若干の不安要素も含みつつの感じだけど。次から最終章のようですが、伏線的に“Dの次”の構想があるようなのでそっちに向けても目が離せない。
★10 - コメント(0) - 2016年4月2日

四章完結の21巻はヴァーリ回。トライヘキサとの決着?が予想外で肩透かし。次巻から最終章。楽しみである。
★4 - コメント(0) - 2016年3月29日

相変わらずな、一誠さんですねえ。今回は、かなり深刻そうです。でも、どうせ何とかなっちゃうんだろうなあ。一誠のことだからと思っていたらやっぱり何とかなってしまいました。次巻ではリアスと、朱乃の卒業式外せないイベントですねえ。でも妨害もあるでしょうね。ドキドキはらはらです。5章は最終章になるとのことですが次のシリーズの構想もあるようなExE何じゃそりゃ。もうちょっとひねらんかい。
★6 - コメント(0) - 2016年3月27日

復活したトライヘキサが天界や各神話勢力の領域に侵攻、その猛威を奮っていく中、ついに人間界の日本にもその脅威が迫り…! 21巻でした。サイラオーグに匙にデュリオに鳶雄、そしてヴァーリと男どもの活躍が熱く、前巻に引き続いてのクライマックス展開で、そら頁数も多くなるわと納得のボリュームであった! あの憎きリゼヴィムが登場してからの展開でヴァーリの描写は増えてたが、今巻の話で色々と見えたモノが多かったな、と。ヴァーリのエピソードは敢えてここまで引っ張っていたんだろうけど、もっと早く知りたかった所ではあったがー。
★12 - コメント(0) - 2016年3月27日

四章完結。冒頭の龍神化による後遺症の話は完全にバカ話で笑えたけど、その後は延々とクライマックスと言っても過言じゃない展開の連続で非常に熱かった。その結果甚大な人的被害と将来的な禍根を残したしそれ以外にも不穏な勢力もあり割と暗い雰囲気だけど、その中で一誠の上級悪魔昇格やヴァーリの悪魔側への復帰等先を期待させられる話題もあるし、新章開始が待ち遠しい。しかし、最後の一文はどういうことなんだろう……一年がかりのイベントなのか、それとも何かがあって卒業できなくなるのか。そして、後書きのあれは新作の構想なのかな?w
★8 - コメント(0) - 2016年3月24日

4章終幕。もう3年もやってたのか。ちょうど俺が買い始めたとき、始まりだった。イッセー含め全員強くなったよなぁ。どうかハッピーエンドで最終章を終えてほしい。初期の馬鹿馬鹿しさも今のシリアスさもどちらも好き
★6 - コメント(0) - 2016年3月21日

今回は4章完結巻にして、表紙のヴァーリが掘り下げられた巻でした。ヴァーリも初登場時の戦闘狂から変わり、イッセーが強くなればヴァーリも強くなっていくなど良いライバル関係になったと感じます。バトルでは男達の熱い戦いが満載でした。ヴァーリとアジ・ダハーカの死闘やイッセーとサーゼクスの最初で最後の共闘が特に印象に残りましたね。トライヘキサの対処はまさかの方法で衝撃でした。陣営のトップの人達との別れは本当に悲しかったです。再会する日が早く来てほしいですね。そして物語は最終章になるみたいなので最後まで見届けたいです。
★8 - コメント(0) - 2016年3月21日

まごう事なきヴァーリ回 ヴァーリが守りたいもの、欲しいものは普通ならみんなが持っているもの。白龍皇だって一つのものを守りたいと思う…… 泣けました。そして、クライマックスの熱いバトルの連続で読んでて圧倒させられました。最後の展開はみんなが良い人達だから呆然としました。いつかまた会えますように。そして次巻からの最終章、いったいどうなるんでしょう。凄く楽しみです。
★17 - コメント(0) - 2016年3月20日

弟から借り本。クライマックスバトル四連発の果ては…衝撃過ぎるラスト。熱い展開でとても面白かったけど…何年もシリーズを追いかけ、何度も読み返したから、とても愛着があるキャラ達なので…退場は本当に衝撃。これからD×D世界は一体どうなってしまうのか?期待と不安でいっぱい。ヴァーリの好感度は大幅アップでお気に入りキャラに。
★14 - コメント(0) - 2016年3月20日

怒涛のクライマックスからの衝撃のラストでした!次回から新章らしいがイッセーのメンタル面が気になるな、このまま上級悪魔になったりするなら楽しみ('ω')
★7 - コメント(0) - 2016年3月19日

D×D4章の最終章、表紙は16巻の男の娘なギャスパーを除けば初の男性表紙を飾るヴァーリ。 前巻で復活した666を止める為にイッセー達がかつて戦ったライバル達も加わってのオールスターでの決戦は正に熱いとしか言いようがない。そして前巻に続き今回もテーマは家族を取り上げ 血縁者ではろくな目にあっていないヴァーリが唯一味方であってくれた母親や腹違いの弟妹に邪龍アジ・ダハ-カの幻術で会った事で家族を内心は求めていた事に気づくも現実で幸せに暮らす母親や弟妹を「守る」為に幻を振り払い闘いに向かう姿はヴァーリの成長を感じ
★8 - コメント(1) - 2016年3月19日

416
シリーズ二十一巻、表紙にあるとおりヴァーリ回とでもいえる巻でテーマは家族愛といったところかと。第四部666編の最終巻ということもあり、4回ものバトルシーンがあるというのもかなり熱かったと思います。666のラストについては正直驚きましたし、不完全燃焼という印象も否めませんが、最終章の最後の方あたりで何かしらの動きがあってくれると嬉しいですね。さて、今回の戦乱を経て二天龍の心境にも変化が生じたようですが、何やら一誠側に不穏な空気がありますね。魔王候補絡みの話とあわせて今後どうなっていくのかに期待です。
★7 - コメント(0) - 2016年3月19日

ヴァーリメイン回で表紙が初の野郎単独。なので内容も男祭り。シリアス寄りな内容です。一応イッセーの代償がおっぱい(巨乳)を認識できなくなると言ったイッセーらしい少々の笑いはある。アザゼル、サーゼクス、レヴィアたんと言ったサブキャラだけど重要なキャラが退場(死んではいない)。あと朗報なのか悲報なのかオーフィス巨乳美少女に
★7 - コメント(0) - 2016年3月19日

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/20:ツバサ
03/19:くろまる

積読中のみんな最新5件(17)

02/11:hollymadder
01/04:本好き
08/22:AKF-ZERO

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

05/13:ぎゃばん
03/16:suicdio
03/14:_mogura19
03/10:いくしあ
ハイスクールD×D 自由登校のルシファー 21巻の 評価:66 感想・レビュー:33
ログイン新規登録(無料)