姫騎士はオークにつかまりました。 (ファンタジア文庫)

姫騎士はオークにつかまりました。 (ファンタジア文庫)
281ページ
90登録

姫騎士はオークにつかまりました。の感想・レビュー(68)

ノリも展開も僕には徹底的に合わなかったので、続編は読まなくていいかなぁ……
- コメント(0) - 1月19日

メリハリもアイデアもなくクオリティは正直低いんだけど、掛け合いをぼんやり読んでいたら意外と暇つぶしにはなった。内容がない系ラノベの中でも頭一つ抜けてる内容のなさで、派遣社員もエロファンタジーもほとんどネタにされていないのでその辺期待する向きは注意。絵師が完全にキワモノ御用達になっている現状に萌えるw
★1 - コメント(1) - 2016年10月16日

イラストの霜月えいとさん、この御方は全く仕事を選ばないのでしょうか?どんな指定にも応えるその姿勢、大好きです。その絵とは別に、本作の内容は…まず設定を活かしているとは言えない企画倒れさが印象的。この、エロゲのテンプレを裏切った設定、同じようなの割りと出回ってるし、しかも素人が考えたオーク・姫騎士もの以下の出来。というか、題名と内容が中盤前にすでに違うし。オークの方がつかまりましたじゃん。
- コメント(0) - 2016年5月12日

☆ 別にオークである必要性が無かった。全体的にグダグダしていた。
- コメント(0) - 2016年5月6日

ブラック派遣なオークが、キツネ目な姫騎士にミーツ、なのではあるが、まったくぶれない弥太郎が面白いけど、きゅんきゅんんしない・・・。遥香ちゃんをヒロインにしたほうが男子受けはいいのではーと思いました?あと佐々木いいキャラですね。
★19 - コメント(0) - 2016年4月23日

下のレビューにあった「巨乳科高校の劣等生」という文面に興味を持って買ったけど……予想通りの地雷だったわ。まずね、表紙が論外。ガチムチ主人公に共感や感情移入できないし、姫騎士はブサイクすぎ。『女騎士さん、ジャスコ行こうよ』とは雲泥の差。イラストレーターの名前隠したら、誰もが素人の絵じゃないかと疑うレベル。中身も論外。誰が何をしてるのか把握しにくいし。二巻が出ても絶対買わないわ。
★4 - コメント(0) - 2016年4月12日

1巻を読了。このラノベはなんか読んだ後すかーっとしますね。でもその落ちはないだろうと思います。2巻も出て欲しいです。弥太郎はもう少し女心を勉強して欲しいです。
- コメント(0) - 2016年4月10日

商業でストレートに姫騎士×オークをぶっこんできたかというのが初感。 設定がミームの定型なので展開とオチが見切れる。まあそれが王道といえるか。
- コメント(0) - 2016年4月4日

「巨乳科高校の優等生」くっそ笑った。ページの都合で仕方がないとはいえ、新人にあとがきを8ページも書かせる編集部は鬼。2巻出ても買わないなぁ。新作が読みたいタイプの作者かも。なんというかネタを「わかってない」と微塵も面白くない作品だとは思った。
★1 - コメント(0) - 2016年3月30日

思ったよりリアル寄りだったのう。姫騎士さんがホントに姫だとは思わなかった。
- コメント(0) - 2016年3月27日

カバーイラストがなあ ...orz
- コメント(0) - 2016年3月26日

ノリと勢いで読まないとツラい面があったが、概ね面白かった。盛り上がるシーンが皆無で、キャラクターの会話でシーンが進行していく所がツラい所。★★★★★
★5 - コメント(0) - 2016年3月19日

読了後に女騎士とオーク物の成立の経緯が気になり調べてみたところ、1)神話や叙事詩から始まる女性像の類型化、フェチズムへの変遷、2)座敷童的妖精だった民話ゴブリンへのキリスト教の弾圧、トールキンによるオークとの同化後のD&Dによる分離・変化、3)『美女と野獣』等の異類婚姻譚の影響――がハイブリッドに交じりあった文化として80年代には作品に登場しており、これがエロゲや同人に登場、2chスレでジャンル化され、なろう系のネット小説でベタ化したそうな。――と、感想を書く前に文字数が埋まってしまったけど、ま、いいか。
★6 - コメント(0) - 2016年3月16日

結構面白かったが、2巻を買うかと聞かれるとノーと答える作品だった。
★1 - コメント(0) - 2016年3月10日

感嘆符を句読点代わりに使うという斬新なスタイルで、なにこの人たち四六時中キレてんの?という印象を与える元気だけはいっぱいなライトノベル。元気が有り余りすぎたのかあとがきが8ページもあった。勘弁してほしい。また、おまえは悪い黒人じゃなくて良い黒人だよな的なオークの扱いや、「行き遅れ」「女の幸せ」といった、思わず苦笑いしてしまうようなインターネッツ的な差別意識が随所に見られて正直ヤバいと思った。ちなみに全くエッチではない。これを審査員特別賞に推したオタクは土下座して謝ってほしい。
★4 - コメント(0) - 2016年3月8日

姫騎士はオークに捕まりましたとさ。ついでに職場のアイドル・天然エルフちゃんも捕まっちゃいましたとさ。就活失敗したオークらしさがない弥太郎。真面目で草食。就活して早く内定がほしい。心底ほしい。仕事と割りきってなんでもしてきたけど、姫様他2名との生活によって自分の正義と信念を見つける話。まぁ、結局は最後の一言がこの一冊通しての弥太郎の気持ち だから、ぶれないなぁと思いつつ。正直、こういう文体と言うか文字運び苦手。ハイテンポ≠面白いだからね。ラストのお姫様の挿絵が想像以上に美しかった(笑)遥香ちゃん可愛い。
★7 - コメント(0) - 2016年3月7日

アメリカのゾンビ、日本のオーク
- コメント(0) - 2016年3月6日

FF5
第28回ファンタジア大賞 審査員特別賞。発想とある種の時代性に応じた題材というか、派遣労働者の悲哀みたいなものを詰めながらも、話の盛り上がりは作っていて、それなりには楽しめるとは思う。しかし、会話やストーリーを本当にテンポとテンションだけで進めようとしているのに加えて、状況説明がかなり薄めなのでこいつら何をやってるんだっけと、かなり読みづらく感じてしまう。一発ネタとしての精度は高いので次は頑張って欲しいところ。
★4 - コメント(0) - 2016年3月5日

サラッと読み終えた。楽に読める、これぞライトノベル。
- コメント(0) - 2016年3月4日

姫騎士はちょろい。
★4 - コメント(0) - 2016年3月2日

ヒロイン杏樹はいわゆるチョロインだけど、濁音全開でみっともなく泣く姿とか行き遅れを心配するこじらせぶりとか天然で可愛いだけじゃなくちょっとヨゴレな感じが面白かった。 派遣の仕事で王女を誘拐するハメになったと思ったら逆にドラゴンにさらわれ、街に戻るもなぜか女子力アップの擬似デートをすることにと、よくよく考えればなんだこりゃなストーリーだけどキャラの掛け合いだけで進んで行ける。 マイルド社会派というだけあって社会派要素は薄め。
★5 - コメント(0) - 2016年3月1日

何気ないキャラ同士の会話が笑いのツボを刺激してくる。キャラがそれぞれ個性を発揮してて満遍なく楽しめた。主に登場するキャラ皆好きです。特に佐々木が良いキャラで、話すだけでクスリとするからズルい。是非続刊を。
★7 - コメント(0) - 2016年2月29日

通称「大楽枠」とカテゴリーされる作品とのことですが、世知辛い系作品が定期的にレーベルから出てくるのはなぜなのかw オークなのに、草食系過ぎる弥太郎と、まさかのオチにわろた
★1 - コメント(0) - 2016年2月29日

web版の方が最後までコメディで突っ走ってて面白かった。結構ストーリーも変わり、ヒロインとの絡みが増えてラブコメ感は増してる。でも佐々木との掛け合いが1番面白いな。
★2 - コメント(0) - 2016年2月24日

オークと女騎士ときたら「くっ殺せ!」的な展開がお約束ではありますが、必ずしもそういうオークばかりではないという着想は面白かったものの、やや方向性があいまいだったかなという感じでした。異世界物とは言いつつ実際は現代社会の問題点を描き出したというところまでは作者の真面目な人柄が感じられて好感が持てたものの、そのテーマを真正面から捉えるには世界観的にも展開的にもゆるく、かと言って笑いの要素が強いかというと必ずしもそうでもないので、個人的には真面目な部分も抑えつつもう少し笑いの要素の強い作品の方が好みですね。
★6 - コメント(0) - 2016年2月23日

ただ、内定が欲しいだけなんだ。ファンタジー的世界観。内定のもらえない派遣オーク。非合法な仕事までさせられる。同僚の佐々木・ウォーロック・総司、本間・エルフィン・遥香とともに姫騎士、島津・ナイト・杏樹を誘拐することに。ボーナスをもらうため目的地までの珍道中。いろんなキャラがドタバタしてて面白かった、中でも、佐々木が良いキャラ。主人公の思考が止まり過ぎてて、ちょっとと思える場面有り。
★9 - コメント(0) - 2016年2月21日

★★☆☆☆ 第28回ファンタジア大賞審査員特別賞受賞作。Web版未読だがWeb版とは大きく変わっているっぽい。正社員を夢見て働く派遣オークの悲哀を描いた作品。それは運命だったのか姫騎士とオークは出会ってしまった。虜囚となった姫騎士を待っているのは女としての肉体的屈辱に塗れた生活のはずが、内向的で生真面目なオークであったため、別の意味で屈辱的な展開が待っていた点にフォーカスされていたのが面白かった。ラブコメというかドタバタ喜劇で佐々木がいい感じでかき回してくれて名脇役として活躍していた。
★8 - コメント(1) - 2016年2月20日

今読んでいるみんな最新5件(2)

05/22:TAKA_HON
02/28:ツバサ

積読中のみんな最新5件(8)

07/18:ナギ
02/27:ELM

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

06/17:Kei
04/16:姫絽
04/12:れぎおむ
姫騎士はオークにつかまりました。の 評価:79 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)