ネクラ勇者は仲間が欲しい (ファンタジア文庫)

ネクラ勇者は仲間が欲しい (ファンタジア文庫)
318ページ
101登録

ネクラ勇者は仲間が欲しいはこんな本です

ネクラ勇者は仲間が欲しいの感想・レビュー(72)

あれ?結構面白い?残念なタイトルにうっかり惹かれて手に取ってみたら、表紙から漂ってる通り、ハイスペックなのに残念なキャラしか出てこない。楽しい。特にダウリナさんの腐っぷりが、外見+コスチューム+魔法のハイスペックさを台無しにしてあまりある!あっ主人公は表紙の後ろのほうの黒服男子のようです。
★19 - コメント(0) - 3月11日

ぼっちの勇者が実は無敵で、いろいろ変なヒロインたちとチームを作るまでの話。本当にダンジョンに出会いを求めるという最後のエピソードが意外と熱くて驚く。イラストではわかるんだけど、剣士の人がアレだってのは実にうまく隠してあって驚く。素材としては特に新しいものがあるわけではなく、むしろテンプレなものをうまく使いこなしている印象。この手のライトノベルならいくらでもおかわりが欲しくなるんだけど、半年ぐらい経つともう、他のライトノベルと中身が混じってうまく思い出せなくなりそうだ。とりあえず急いで続きを読もう。
★5 - コメント(0) - 2月3日

異世界転生物か?って思ってたけど、最初から異世界、ファンタジーでした。それぞれのキャラがすごく濃く、進展が早く、面白かったです。
- コメント(0) - 2016年11月1日

悪くはなかったけど、もうちょっと主人公とラブコメするような展開の方がよかったんじゃないかな。この手の作品でビッチを出したのは失敗だと思うし、セラもヒロインの一人と分かりきっていたとは言え、あまり魅力的とは言えない。残念なキャラ達を使った、残念な展開だったという印象。
★1 - コメント(0) - 2016年10月6日

主人公は仲間が作れないでいたので、仲間探しを行う。しかし、集まってくる仲間は残念な人たちばかりだった。誰かがピンチになっているとどうしても助けないと気が済まない主人公は素直に格好いいと思いました。
★2 - コメント(0) - 2016年9月13日

個々のポテンシャルは高いはずなのに何故こんなにも所々残念なんだよ...それぞれ個性が強すぎるくらいなので読んでても全然飽きる事が無かった。ぼっちの周りにはぼっちが集まるんだなあ。なんで君たちパーティじゃないの?ってレベル。スラスラと楽しく読めました。
★5 - コメント(0) - 2016年7月20日

ある意味王道とも言える残念ボッチ系の物語でしたが内容は私が何を求めていてどういう展開なら喜ぶか理解した上で書かれてるんじゃないかと思うくらい最後まで楽しく読めました。個々のキャラも際立った見せ場は無いのにその残念っぷりが遺憾無く表現されておりヤケに可愛い。話の展開も無理なく自然でストレスを全く感じさせない、いやこれは素晴らしい完成度でした。お気にはダウリナさん、安易な腐キャラと思いきや物語の表裏全てで良い味を出してる。圧倒的なお色気に加え、主人公を誰より早く理解し信頼したり即死ヒールと笑わせてもくれるw
★17 - コメント(0) - 2016年6月25日

日常系に重点が置かれたファンタジーラブコメ(?)。パーティーの仲間が欲しい勇者(ぼっちだが実はハイスペック)のまわりに個性的で残念な(でも実はハイスペック)ヒロイン達(主人公曰く飲み仲間)が集まってくるのだが…という話。 ユルいところと熱いところのバランスが絶妙。 この主人公は、よくあるぼっち的厭世感がなく、仲間が欲しいという気持ちが痛い(ダブルミーニング)ほど伝わってくるのに好感。ヒロイン達のキャラも生きていて、面白かった。次巻も期待。
★4 - コメント(0) - 2016年6月21日

個々のスペックは非常の高いのに、ダメダメ成分が絶妙に絡み合ったヒロイン達に終始ニヤニヤでした。
★9 - コメント(1) - 2016年6月11日

おー面白かった。作者さんのスキルがまずスゲェ。今の売れ線、喜ばれる要素、ここまで突っ込んで置きながらキャラが自然に動いてた。不自然で現実に引き戻されること無かったなぁ。多分、書いてるうちに『書きたい・やりたい欲求』が満たされるタイプ?絶対に売ってやるという熱い秘めた思いすら感じられる。文章一つにしても長くなく、かと言って一人称語りの面白さもちゃんと抑えてる。改行も多く、読み手のストレス管理にスゲー気を遣ってる
★7 - コメント(1) - 2016年5月19日

ネクラさんが本人かと思わせてあとで本物が登場する展開かと思いきや普通に地の文に本人って書いちゃってるのな
★2 - コメント(0) - 2016年5月15日

面白かった。セラさんの即堕ちっぷり。なんだかんだでパーティーがそろってこれからどうなっていくのか楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2016年5月14日

くぅさんの感想を読んで購入。くぅさん感想参考にさせて頂いてます。ノリが軽く楽しく読めた。締める所はしっかりと締まっていて好感。キャラも魅力的で良い。仲間キャラが違うベクトルで伸びていて面白く、甲乙付けがたい。パロネタはあるがそんなにくどくない。次巻は出るのかな?ネットで読むのも悪くないが書籍で出て欲しい。期待。お気に入りキャラは僅差でダウリナ。
★10 - コメント(1) - 2016年5月14日

保留してたけど面白いやん。
- コメント(0) - 2016年5月13日

やっぱり面白いです
★5 - コメント(0) - 2016年5月12日

おもしろかった。人気シリーズになる感じがする。最近のファンタジア文庫のでは当たりの感じがする。
★3 - コメント(0) - 2016年4月25日

このすばぐらい空っぽにして楽しめる作品。次巻も必ず買います。
★4 - コメント(0) - 2016年4月21日

1_k
WEB系っぽく書いているようで、その実、設定や展開はかなり計算しつくされている。同じ作者さんの前シリーズを思い起こせばそれも納得。コメディとしても十二分におもしろい。こういうのばかりならWEB系も悪くないのに。
★11 - コメント(0) - 2016年4月16日

4E
ノリや掛け合いに笑わせていただきました。キャラがしっかり立っている点で、会話の面白味も引き立ってました。パーティーがこうも個性的だったら、ハチャメチャな日々になりそうです。ネクラぼっち、卒業できて良かったね!自称ボッチなのに誰よりも主人公してるのは羨まし……冗談です。
★9 - コメント(0) - 2016年4月14日

WEB版から。読んでみて、「マトモに冒険してる!?」 と驚いた。もっと、冒険に行きそうなノリなのに酒場でぐだ巻いているダメ人間(?)達の日常話だった筈なのに・・・。今巻の王道路線ひた走る書下ろしには驚愕した。というか、WEB版ではいつの間にか仲良くなってたセラがああでこうなっていて驚愕だった。 そんな感じでWEB版読んでいても驚くところしかない一冊。既読勢もオススメ作品。既存の話にも大分修正が入っていて、何よりマトモに王道に冒険してるよ。
★5 - コメント(0) - 2016年4月12日

実力はあるけど性格が残念なぼっちパーティの日常。言ってしまえばこのすば系。俺つえー要素は面白いけど、もうちょっとオリジナリティが欲しいところ。ただメンバーの揃った今後には期待したい。セラも良いキャラだし。
★11 - コメント(0) - 2016年4月6日

前半は微妙だけど,尻上がりに面白くなっていった作品。特に後半の展開は王道ではあるが,熱い展開だった。こういう決めるときには決める主人公大好き。個性的なキャラクターも実に愉快。次巻も楽しみ。
★14 - コメント(0) - 2016年4月1日

とっても面白かった。これはファンタジーというよりも日常系作品として読んだ方が面白いですね。実際は仲間ができているのにできていないと勘違いしてしまうはラノベの王道的な展開ですが、認識のずれがうまく表現されていて普通に読んでいるだけでも面白いというのはさすがといったところでしょうか。主人公の設定もこれまでにないものでありながら本作の雰囲気に合っているのでいいと思います。ただこれは仲間を集めるまでが面白いタイプの作品なので、実質的に仲間が揃った次回以降どう話を膨らませてくるか、作者の力量に期待したいですね。
★12 - コメント(0) - 2016年3月31日

個性的なキャラたちがストーリーを上手く動かしていて最後まで楽しんで読めました。ルージェのハイテンションな喋り方に若干イラッときたけどそこは好みの問題だから仕方ないですね。ミーチカの無邪気な可愛さに癒されつつ、個人的にはダウリナが一番好き。ヘウレーカ教って絶対に腐女子の集まりだよね(笑)カップリングのことになるとキャラが変貌するところが面白い、そしてとこどころ共感できる部分が…。セラの性別はわかっていましたとも。主人公のクラムも含めて皆スペックが高いので、さっさとパーティを組んでしまえばいいと思うよ。
★9 - コメント(0) - 2016年3月30日

軽快かつ決めるとこは決めてて、いいラノベだった。そうそうこれこれってかんじ。
★7 - コメント(0) - 2016年3月27日

妙に惹かれるものを感じて読んでみたら大当たり! コミュ障勇者が仲間を求めて奮闘(右往左往)するという、そこだけとったらありがちな設定なのですが、物語の流れが斜め上過ぎてどんどん引き込まれてしまった。掛け合いトークも地の文もどちらも読ませてくれるし、一人一人キャラが立っていて、誰が登場してきても楽しませてくれる。特に、底辺自己評価なのに実際は…、という主人公の造形が実にいい。ヒロインではルージェかな。スマホン手に入れて喜んでるのがすごく可愛かった。ともあれこれは続きが気になる。早く2巻を出してくれ笑!
★15 - コメント(1) - 2016年3月25日

ヤバイヤバイ。面白すぎる。キャラ一人一人が確立されてて、そのキャラ同士の絡みが面白すぎる。マジでサイコーだわ。続き早くでないかなぁ。光の剣帝がまさかのラストに。驚き。309ページのあの台詞は……ダメでしょう(笑)文庫レーベル違うよ(笑)今後あの五人の絡みがどうなっていくのか。ミーちゃんはクラムが陰の剣王だといつ気づくのでしょうか。あと、『クラム』って、強調すると『クラ・ムッツリー』ってつながって聞こえちゃうのは、うまいなぁと思いつつ笑わせていただきました。皆さん是非是非。
★20 - コメント(0) - 2016年3月25日

面白かった!コミカルなお話ですが、しっかり見せ場もあり、かといってシリアスにもならない。絶妙なバランスで、終始ニマニマしてました!登場人物もみな個性豊かで可愛らしかったです!個人的には、ダウリナ推しですね!!「俺の妄想がキマった時点でーー勝負は決まっていたんだよ」っていう、クラムの決め台詞がなぜだか格好いい!次巻からは、ラブコメ展開にも期待ができそうなので楽しみです!!
★12 - コメント(0) - 2016年3月24日

イヤーマフで隠したらエルフ耳痛くならないのか気になりました。超技術なのか。仲間づくりが上手くいかないネクラ勇者クラムと実力はあるのに残念な女の子達のお話。もうお前らでパーティ組んじゃえよ、と思うこと必至(笑)まぁ、一筋縄ではいかないですよね。コメディが楽しかったです。ヒモ系エルフミーチカの自分で尊いとか言っちゃう感じが好きです。ラノベヒロインに出てくる腐女子ヒロインは苦手なことが多いですが、ダウリナは大丈夫でした。なんだろう、コミカル腐女子だからかな。イラストがとても好きですね。続きも楽しみ。
★19 - コメント(0) - 2016年3月24日

作者がここを見てるようなので、あたしの名を広めるべくレビュー。主人公も三人(セラを入れれば四人)のヒロインも個性的で、誰が誰だか混乱することなく物語にのめり込めたわ。一人ずつ小分けにしてキャラ紹介してたのが要因ね。当たり前といえば当たり前だけど、これができてない作品があるから困るのよ。所々にギャグを散りばめたのも高評価。シリアス方面に舵を切らなかったおかげで安心して読めたわ。
★17 - コメント(0) - 2016年3月23日

前作と前々作が結構好きだったので作者買いです(ただしディスプレイで活字文章読むのが苦手でBeyondは読んでなかった)。元がネットでの短編連載の形式なため各話ごとがまとまっており、文章はコメディもののラノベらしく読みづら過ぎない程度に崩れてて、気軽に楽しく読めました。個性的なキャラクターたちの、肝心なところで微妙にすれ違った関係性が大好きです。その中で、ルージェの俯瞰した立ち位置は読者視点を助けてくれるおいしい役割です。あと個人的に、生意気キャラだけどちゃんと謝ることができるミーチカが高評価です。
★5 - コメント(0) - 2016年3月22日

ネクラな勇者と4人の問題児ヒロイン達のドタバタした日常だった。ヒロイン達がそれぞれキャラが立ってたから誰がつまらないとか無く、満遍なく楽しめた。今回はみんなが揃うところまでだったから次巻からは恋愛方面にも期待出来ますね。
★17 - コメント(0) - 2016年3月21日

★★★★☆
★2 - コメント(0) - 2016年3月21日

面白かった! ぼっちでコミュ障な勇者は今日も仲間を得るために酒場を巡る。影ながら人を救い見返りは求めず颯爽と去る。それは男の子の憧れ。でもそんな《影の剣王》の真実の残念さがよかった。恥ずかしくてカッコつけて逃げちゃうんですね。分かります。 バカしてる日常もテンポのいい会話と素敵な登場人物で楽しめたし、ネクラさんが勇者してる姿はホントカッコよかった。でもキメ台詞は微妙にダサいな。そこもまたいいんだけど。 仲間?も集まってきて今後どんな冒険が起こるのか楽しみ。個人的にはルージェをどうやって落とすかが気になる。
★11 - コメント(0) - 2016年3月21日

強いけど性格等に難があってパーティを組めない問題児達の出会いの話。と設定はありがちですがコメディ部分が楽しめたこととキャラクターがしっかり作られていたので楽しめました。二巻以降はラブコメ部分が増えてきそうですが、続きも楽しみです。
★13 - コメント(0) - 2016年3月20日

メンバー募集中のネクラコミュ障でぼっちな勇者が、偶然一緒に飲む事になったロリエルフ魔術師や腐女子の邪神教僧侶、ドSビッチ盗賊の力を借りて仲間探しを始める話。ギャグコメ+俺TUEEE要素の入ったファンタジア文庫らしい王道ファンタジー作品でした。一癖も二癖もある変人たちと共にバカ騒ぎするだけじゃなく、そんな仲間たちの力を借りて強敵を撃破したりと笑いとバトルの両方で楽しませてくれるのが良いですね。この濃ゆいメンバーによるラブコメ劇も期待できそうな予感がするし、次巻も楽しみに待っています。
★39 - コメント(0) - 2016年3月20日

★★★★☆ メンバー募集中のコミュ障勇者の元にロリエルフ、邪教の腐女子僧侶、ドS盗賊少女が集合し残念ぼっち集団となったパーティ未満の奴等の物語。残念女性メンバーの集合であるこのすば枠を狙った作品であるかと思ったが、俺TUEEE!!!要素や熱い展開も入っており、コメディ寄りではあるが、コメディ主体ではない物語に仕上がっていた。ヒロインズの中ではダウリナの個性が頭2つ3つ抜けて魅力的に描かれていた。ミステリアスな腐女子いいじゃない!中表紙の方が表紙に相応しかったんじゃ?
★12 - コメント(0) - 2016年3月20日

ネクラゆえに上手く声も掛けられないぼっち勇者クラムが、同じくぼっちのロリエルフ・ミーチカたちの助力を得て仲間探しを始める物語。真面目に男臭い仲間を探していたはずなのに、集まるのはツンデレロリエルフ、セクシーな邪教腐女子僧侶、いたずら好きな訳ありビッチ盗賊といった面々で、いつの間にかパーティーができちゃった感(苦笑)オレ様キャラだった光の剣帝のまさかの豹変ぶりにはビックリしましたが、バトルで熱く戦うメリハリもあったりで、各人の思惑が入り乱れるドタバタぶりが面白かったです。残念だけど実力ある面々の今後に期待。
★33 - コメント(0) - 2016年3月19日

今読んでいるみんな最新5件(2)

04/05:RVII
03/20:ツバサ

積読中のみんな最新5件(7)

06/19:dbgmtr
05/30:柏葉
04/13:リュート

読みたいと思ったみんな最新5件(20)

07/21:アオハル
07/12:Kei
05/22:柏葉
05/12:ヘルメス
ネクラ勇者は仲間が欲しいの 評価:100 感想・レビュー:39
ログイン新規登録(無料)