デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン (ファンタジア文庫)

デート・ア・ライブ16 狂三リフレイン (ファンタジア文庫)
360ページ
133登録

デート・ア・ライブ16 狂三リフレインの感想・レビュー(59)

ycm
ここんとこのデアラは盛り上がりがとどまるところを知らない。やはり彼女が絡んできたか!そして狂三の株がここにきて一気に急上昇。まだまだ全容が見えないストーリー、黒幕は誰?
★3 - コメント(0) - 3月25日

再びの狂三回。なぜ狂三が最悪の精霊と呼ばれるようになったのか、そして少女としての狂三の部分が見れてとても嬉しいです。あとファントムの正体が明かされましたが予想通りでした。次巻で狂三が完オチですかね、狂三が出れまくったらヒロインレース一抜けでしょう。てなわけで次巻が非常に楽しみです。
★9 - コメント(0) - 3月25日

佳境
- コメント(0) - 3月25日

N64
読んだ。僕の大好きな狂三巻で、もう感無量。今は、それ以外何もない。とてつもなく満たされてる。それはともかく、狂三の過去やらが色々判明したり、ファントムの正体も判明したりと、いよいよクライマックスに突入するんだなぁ、とか思いながら次を楽しみに待ってる。純粋な女の子、狂三が救われることを願いつつ。
★4 - コメント(0) - 3月24日

狂三の好感度がちょーアップした作品でした。狂三の過去の話にも、ドキドキしつつ、士道の、誘い方にも、大人っぽさが出てきて、読んでて、展開が気になりました。続きも大期待です。
★8 - コメント(0) - 3月24日

ついにきました狂三嬢ターン!ついに、明かされる過去話!また、士道氏を助けるために、何度も繰り返【あの名作、魔法少女か!】し、心を削られても、何かにつれ敵対し助ける姿は健気です。また、すでにデレていた事を隠す姿も可愛いです。また、物語的にも、ついにファントムの正体と原初の精霊とが判り、かなり盛り上がってきた感ありますね。次巻がとても楽しみです。しかし、士道氏は本当に何者?
★7 - コメント(0) - 3月22日

狂三で始まり狂三で終わる16巻。士道と狂三、二人の願いは平行線を辿り願いのために相手をデレさせたほうが勝ちという展開に……狂三の可愛さが際立っていた本巻。特に、士道のために、士道の温かさをもう一度感じたいがために(狂三は自分では認めない)何十、何百回と意識を過去にとばし、心をすり減らしながらも士道を救う様は本当に健気で可愛かったです。狂三という少女の本質は、ただただ優しい女の子…というのを強く感じましたね。「士道さん……ねぇ、士道さん?」「また、お会いしましょう……?」狂三は救われてほしいな…
★8 - コメント(0) - 3月22日

今回は3巻以来の狂三回でしたが、彼女の魅力が詰まっていてとても面白かったです。凶悪な罪を犯し続けた彼女ですが、明かされた過去やその行動理由、そして士道を救い続けてくれた姿を見ると何とか救われて欲しいですね。また、士道と一緒にデートをしたり弁当勝負をしたりして楽しそうな姿は可愛かったです。ただ、無かった事になってるとはいえ204回も殺されていた士道は本当に不幸ですね。それと遂にファントムの正体が明らかになりましたが、やはりあの人でした。彼女の真の目的やDEM社との問題、狂三の結末など次回が大変気になります。
★10 - コメント(0) - 3月21日

遂に出ました16巻!まず、狂三が既に予想以上にデレてましたwまあそれはともかく、色々な伏線が一気に回収される巻でしたね~。それと同時に謎もまた深まっていくといった感じです。行き着くところまで行き着いてしまって、もう後戻りができないというのが今の狂三の現状なんですね。狂三は全体像が捉えにくいキャラでしたが、今回でやっと狂三というキャラの全貌が見えてきました。また、狂三の士道への想いが随所に垣間見られて、狂三が一層好きになりました。狂三の幸せを取り戻してあげてほしい。士道、頼んだよ!
★6 - コメント(0) - 3月20日

もういちど狂三回だぜ!料理バトルは楽しかったしるーぷは健気すぎるしもう狂おしいほどかわいい…! 村雨先生はびっくりきたなー この感じやとシドーのお母さんとかそんな感じになって来るのかね
★4 - コメント(0) - 3月20日

精霊=人の形をした災厄、この前提も回を増すごとに人間の生活に溶け込んでいる精霊からかつては人間だった精霊など、徐々に変わりつつあるけれど、狂三とのデート(戦争)に関してだけはただただ年相応の男女のごく普通の交際にしか映らなかった。狂三の女子力の高さたるや。 学校で弁当を交換し合う光景もそうだけど、髪の色がオーソドックスな黒色という点が原因か定かではないが挿絵のワンカットに妙な妖艶さがあってたまらなかった
★7 - コメント(0) - 3月20日

狂三と再び対峙する第16巻。狂三が持ちかけてきたのはどちらが相手をデレさせるかというもので、相手をオトそうとそれぞれ策を講じるところは狂三の反応が可愛かったりで面白いです。しかし今巻のメインはやはり狂三の真実。過去の狂三の後悔、怒り、覚悟、そして心が疲弊するほどに士道を救い続ける矜持と士道への想い。鳥肌が止まらなかったし、狂三には何が何でも救われてほしいと思わずにはいられない。士道には彼女をきっと幸せにしてほしいです。ラストの衝撃の事実にもびっくりで、次巻が楽しみでたまらないです。
★11 - コメント(0) - 3月20日

待ッ望の狂三回です‼精霊のなかで唯一己が意思で人を殺める最悪の精霊〈ナイトメア〉しかし、彼女は無垢で、強い正義感に溢れ、故にとても危うくか弱い少女でした。そんな狂三の心に漬け込み、騙した始原の精霊は許せません‼狂三と士道がイチャコラしているのは正直嫉妬ですが、彼女の枷を外せるのは士道しかいません、頑張れ士道‼また、ラストでは遂に〈ファントム〉の正体が明らかになり⁉しかもそれは予想外の人物で⁉早く続きが読みたい‼
★12 - コメント(0) - 3月20日

ようやく狂三さん話前編。始原の精霊の本名が出てきてファントムの中の人が明らかになって、シリーズ全体としてもいよいよクライマックスが近い?/お弁当対決のへの力の入り方が素敵。ひょっとしなくても本書最大の勝負かも/日常パートの中に殺し合い(というか一方的な殺害?)が埋め込まれてる感じが、いつもと違って新鮮で不気味/そーかそれ本名なのか。いくらラノベのキャラとはいえ、難儀な命名じゃの。
★9 - コメント(0) - 3月20日

狂三さん久しぶりのメイン巻。 ぶっちゃけ、笑ってるだけでかわいいキャラなんだけど、今回は内面が作中一番と思うぐらい純粋だったということが改めて分かりましたよ。 狂気に走ってるわけでも、酔ってるわけでもない狂三のホントの気持ち。想像以上の純情かつ「女の子」しててびっくり。 でもだからこそ士道くんとボーイミーツガールになりえるわけで。ダークだけど作中最高かもしれないラブコメを見せつけられました。続きが待ちきれない!
★9 - コメント(0) - 3月20日

来禅高校に復学し士道の前に再び現れた時崎狂三。その霊力を封印したい士道と士道が封印した精霊の霊力を欲する狂三が、バレンタインデーに向けて全てを懸けた二度目の戦争が始まる第十六弾。勝負を仕掛けて士道や他の精霊たちを女子力で圧倒する狂三。精霊たちもまたらしさ全開で突っ走ったりでエピソードとしてなかなか面白かったんですが、その裏で進行していた深刻な事態に対しての狂三の孤軍奮闘ぶりには衝撃でした。明らかになった意外な真実と行き着くところまで行き着いた感のある攻防、そして狂三との決着がどうなるのか次巻が楽しみです。
★34 - コメント(0) - 3月19日

狂三さんマジヒロイン
★4 - コメント(0) - 3月19日

狂三回。これはいいぞ……。扱いがメインヒロインだぞ……。
★5 - コメント(0) - 3月19日

狂三編再び。バレンタインチョコ作ってるとこの狂三が最高に可愛かったし、士道を助けるために200回くらいも時間を巻き戻してがんばった狂三を見てあらためて好きになった。ファントムの謎も少しずつ明らかになりつつあり、次巻も楽しみです。狂三を救うことができるのか!?
★5 - コメント(0) - 3月19日

アンコールでは数多くの出番があったけど、本編では13巻ぶりの狂三メイン。『最悪の精霊』のしっかり女の子してるところが見れてよかった。でもこの二人、微笑ましいはずのデレさせ合いがとてつもない緊迫感だ。こう思うと士道も女の子の扱いに慣れてきたな。十数人落としてきた経験値は伊達じゃない。 しかし平穏な日常の裏には人知れぬ戦いが。 そしてついに明かされる狂三の過去、精霊たちの秘密、〈ファントム〉の正体。復讐を果たすため、不器用な想いのため、終わりない戦いに挑む狂三を救う本物のナイトになるために。士道よ立ち上がれ!
★13 - コメント(0) - 3月18日

ついに狂三との本格的な対決へ……!どちらが先にデレるかという勝負に。それぞれどちらがデレさせるのかということに全力を注ぐのが微笑ましい。狂三の重い過去も明らかに……確かに止まるに止まらない重い動機だ。狂三には何か疲弊の描写を感じたと思ったら……狂三は時間遡行ものとしてセオリーの暗闘を……士道と狂三はDEMによる悪意の死と絶望を打破できるのか!?ファントムの正体もついに露わに……やはり正体はそいつか
★6 - コメント(0) - 3月18日

待ちに待った狂三のターン! 明かされる過去、動き出す状況、繰り返す後悔、そして溢れ出る想い。待ちわびた甲斐はあったとばかりに出番全開の魅力満載。さらに短編で出てきたあれこれを回収して繋げてくれてテンション上がる構成。後お弁当対決の無駄にレベルの高いやり取りが何というか今まで数多のデートシーンを描いてきた職人がひとたび基本に立ち返りなおかつ今持てる全力を尽くした系の熟練の技っぽくて好きです。そんな感じで、各々の目的も多少見えてきましたが、それはそれとして次回は後編主人公のターン。どう魅せてくれるか楽しみです
★11 - コメント(0) - 3月18日

謎に包まれていたファントムの正体。狂三の過去を変えたい理由などがつまった一冊だった。お弁当対決やバレンタインチョコの作成などが面白い。そして、今まで以上に気になるところでの引きに次巻が楽しみである。
★5 - コメント(0) - 3月18日

今読んでいるみんな最新5件(6)

03/24:ツバサ
03/21:TK
03/19:Seri
03/18:sezmar
03/18:ヨシ

積読中のみんな最新5件(33)

03/26:arek
03/25:かちゃい
03/24:tak-m
03/24:彼方
03/23:よし

読みたいと思ったみんな最新5件(35)

03/25:茶箪笥
03/23:紫陽花忌
03/19:とき
デート・ア・ライブ16 狂三リフレインの 評価:81 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)