かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。 (富士見L文庫)

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。 (富士見L文庫)
359ページ
386登録

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。はこんな本です

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。の感想・レビュー(280)

さくさくと♪葵さんの現状打開能力はステキです、憧れる~。大旦那さまとイイ雰囲気でどうなって行くのか楽しみです。タコのゴーヤチャンプルー美味しそうジュルル。そしてチビちゃんは、今作も癒しでしたよ(^^)
★19 - コメント(0) - 2月20日

大旦那様ステキ。相変わらず美味しそうなものが出てきて食べたくなる。
★1 - コメント(0) - 2月12日

読むといつもお腹が減ってしまう気がするほどお料理がおいしそう。 どれもこれもおいしそうだったけど、カキフライ食べたい‼ タコのゴーヤチャンプルーも食べたい‼ そして今回、大旦那様が支えてくれてる感じがとってもいい雰囲気でした。早く続きが読みたいです‼
★5 - コメント(0) - 2月10日

蛸チャンプルー食べてみたいな。ライバル宿である折尾屋に攫われ、幽閉された葵だったが折尾屋も何だかんだと問題が隠されており、何時も通りに料理を通じて問題を解決していく話の前編。葵と大旦那様の距離が縮まっているな~、そして大旦那様が何だかヒロインぽく感じてしまうのは何でだろうかw果たして葵はどんな料理で「儀式」を成功させようとするのか?次巻も楽しみだわ。
★14 - コメント(0) - 2月8日

折尾屋に攫われて・・・編。この地の呪いやそのための儀式、銀次の過去が徐々に明らかになりつつ、その重たい空気とは真逆の葵の前向きさと、おいしい料理の記述が調和していい感じに。大旦那さんが陰?で大活躍。葵との距離もだいぶ縮まってきて、こちらもいい感じに。でもまだまだ大旦那さんも何かありそうですね・・・。
★19 - コメント(0) - 2月5日

お料理が、たくさん出てくるので、食べたくなります(^^) あとがきを読んで、佐賀県のイカシュウマイが、気になりました。函館のイカと、どっちがおいしいのでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2月4日

大旦那さまって変装したらみんな分からないもの?若者姿での魚屋、お会いしてみたいですぅ~。今回は大旦那さま、念願の葵ちゃん助手に、鬼の爪を切ってまでなるって。よっぽどやりたかったのね。うーん、大人の余裕と見せかけて実は、なかなか踏み出せなかっただけなのか?今回は折尾屋前編って感じで、続きがめっちゃ気になるな!次いってきます。
★13 - コメント(0) - 2月4日

今回は大旦那様がかっこよかったよ!そして松葉様お久しぶりですだった。お変わりなく嬉しかった。折尾屋でも態度が変わらず安心出来た。
★4 - コメント(0) - 1月26日

大旦那様、完全にデレだね、デレ。あー美味しいごはん食べたい。いかしゅうまい食べたい
★6 - コメント(0) - 1月22日

折尾屋編前編。例え攫われても葵らしく強くて頑張り屋は変わらない。こんなに頑張るのは誰のため?大旦那とのちょっとした絡みにニヤニヤしつつも、銀次に対する心遣いも見て見ぬふりは出来ない状態。儀式を無事に成功させることができるのか気になるところで終わってしまった。今回も美味しそうな料理が盛りだくさん。イカシュウマイやらタコのゴーヤチャンプルーやら…。ブリって養殖は夏が旬なのね。冬だとばかり思っていた。これは一年中楽しめそうで嬉しい。
★25 - コメント(0) - 1月14日

【図】
- コメント(0) - 1月13日

やっぱり葵はたくましいなぁ〜。今回も面白くて一気読み。食べたくなる料理がたくさんありました。大旦那との距離も順調に縮まっているようでにやにや。続きも気になります!
★18 - コメント(0) - 1月8日

葵と大旦那様との無自覚な甘々な絡みにニヤニヤしっぱなし。今回も美味しそうな料理がたくさんでてきて楽しかった。夜に読むもんじゃないなぁ、お腹がすいた。
★5 - コメント(0) - 1月7日

おもしろくてサクサク読めた(*´ω`*)攫われたのに折尾屋でも葵の逞しさは健在。葵ならどこでも生きていけるね!葵が心配で魚屋に変装して手助けする大旦那様がかわいかったな(//∇//)邪鬼から葵を守る姿は頼もしかったし。大旦那様と葵の過去に何があったのか早く知りたくてウズウズしちゃうよー!
★14 - コメント(0) - 1月4日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年12月22日

今回も面白かった。折尾屋に攫われた葵がどうなるのか若干ハラハラしてたけど、天神屋で嫌がらせに慣れてしまった葵が敵地でわりとのびのび過ごしてて笑ってしまった。逞しいなぁ。料理も相変わらず全部美味しそう。ポテチにカキフライにがめ煮…食べたい。銀次さんと共に南の地に来たので、大旦那様の出番は少ないのかなぁ~と思ってたら大旦那様無双でした…。なんだこのかわいい生き物。変装してデート(買い出し)したり、料理を手伝ったりと楽しそうな大旦那様かわいすぎる。新キャラ勢だと鶴の双子がお気に入りです。
★9 - コメント(0) - 2016年12月19日

攫われちやってどうなる事かと心配しましたが 葵が何時もながら頑張っていて大旦那さままで大活躍で それに何時もよりも二人で一緒にいる事が多くて お手伝いして喜ぶ大旦那さまが可愛いかったです。
★6 - コメント(0) - 2016年12月17日

mie
お料理旨そう。なかなか佳境に入ってきた。続きも読もう。
★3 - コメント(0) - 2016年12月11日

再読。
★1 - コメント(0) - 2016年11月26日

葵は、ホント強いわ…。どこへ行ってもやってけそう…おじいちゃんの教育の賜物?(笑) 乱丸、秀吉、ノブナガ、ねね…戦国お宿…もとい、折尾屋の連中は、ホント分かりやすいお名前で(^_^;) 折尾屋編は、葵が天神屋以外でのあやかし達との繋がりを作るための大事なお話ですね。そして、葵自身のことにも少しずつ触れられるようになってきた。ますます先が楽しみ。
★9 - コメント(0) - 2016年11月22日

大旦那様の溺愛っぷりがひどい(褒めてる)。しかも自分と等身大な姿とかズルイと思うんだ。それに対して割とタンパクな葵も凄いね(今回はちょっとデレた方か)。出てくる料理はどれも本当に美味しそうでやっぱりお腹すいた!結構順調な気がするけど、後半1冊分あるって何が待ち受けてるんだろう…。
★8 - コメント(0) - 2016年11月17日

公式発売日前の振り返り再読② 頑固者同士の似た者親子…葉鳥さんと松葉さま。 ちゃんとお互いの気持ちが通じて良かった。あとはもう一つの似た者兄弟の方だね。 このお話しでは、いろんな家族の形も見せてもらえました。 葵ちゃんも、頑張れ!
★11 - コメント(0) - 2016年11月15日

新たな展開で面白くなってきました。葵の順応力は半端ないですね〜。そして今回は大旦那様が活躍。早く次巻が読みたい。
★8 - コメント(0) - 2016年11月7日

いろんなあやかしたちの思い出や気持ちがギュッと詰まった巻でした。家族や大切な人を守るために、失わないために、「儀式」を必ず成功させてほしいです。・・・大旦那様がいつもに増してかっこよかったです!葵ともいい雰囲気でしたね(笑)今回の最後の引き、とても大事なところで終わってしまったので、次巻がとても気になります。イカシュウマイ食べたい(*´Д`)
★59 - コメント(0) - 2016年11月4日

葵しゃんポジティブ度半端ないのでしゅよ!( ̄□ ̄;)!!折尾屋へ拐われたはずがなんで飯テロ?大旦那と急接近中が微笑ましい♥儀式の品集めに献上料理人役。雷獣なる不穏な存在はあるもののどうなる花火大会!続きは来月発売って読むの早すぎたかもΣ(´□`;)
★24 - コメント(0) - 2016年10月19日

惰性で読んでたシリーズでしたが、ここにきて中々おもしろくなってきました。葵ちゃんが無敵過ぎる。次第に大旦那様に頼り始めていて、ちょっとにやける。海宝の肴は絶対葵ちゃんが作るんだろうなと思ってたらやっぱりそうだった。鬼火のペンダントが式神的な進化を遂げるとは。
★4 - コメント(0) - 2016年10月6日

シリーズ④ ライバル店・折尾屋に拐われた葵。良く思われていない葵が、嫌がらせされても苦労して抜け出した座敷牢(快適)に寝に戻ったりと逞しい。そして、意外な助っ人も居て敵対している妖かしたちとの関係も変わっていくのかな。と思うと読んでいてわくわくが止まらない。美味しそうな食べ物もたくさん出てきて食べてもいないのに何故か元気が湧いてくる。とっても面白かったです。
★33 - コメント(0) - 2016年10月2日

★★★★★
★3 - コメント(0) - 2016年9月28日

第4弾。捕らわれの身なのにお料理する葵ちゃんがたくましい。なんだかんだでお祖父ちゃんと似ているところがありますね。今回も美味しそうなご飯がたくさんでした。キャラクターは多いけど分かりやすいのでついて行けてます。チビがあざとくて可愛い。で、大旦那さまなの?銀次さんなの?
★20 - コメント(0) - 2016年9月28日

県立図書館
★3 - コメント(0) - 2016年9月26日

折尾屋前編。葵がさらわれていった先の折尾屋は、南国の海辺の宿。景色といい、名産品といい、料理といい、九州感があふれ出てます。さらわれたとは思えないくらい、料理も作ってお買い物や海にも出かけていく葵は順応力高すぎ。今回は松葉様と葉鳥さんの天狗親子バトルが見もの。そして若づくりの大旦那様は若干チャラくて進展したかと思いきや、やっぱり銀次なの?そこんとこどうなの?
★35 - コメント(1) - 2016年9月17日

葵さん、順応性高い! 何だか、ライバル店との争いから、土地の禍を防ぐための儀式へと、物語が移っていました。 そこにも陰謀めいた問題が山積していて、それも葵の料理が関わりそうで…。 未だに葵の一番知りたい過去の人物は謎のまま、少しずつ、みんなの過去や思いが提示され、巻き込まれるまま、儀式を成功させるように挑んでいくようです。 癒しキャラの河童のチビにも、大どんでん返しの秘密があったりしないものかな?意外なキーパーソンな感じも、しなくはないんだけど?
★7 - コメント(0) - 2016年9月16日

今回もお料理がすごく美味しそうだった。これは空腹で読んだらいけないヤツってわかってたからご飯を食べてから読み始めたけど正解。大旦那さまと葵の関係がほんの少し前進した気がする。天神屋に帰れるのはいつになるのかな。
★20 - コメント(0) - 2016年9月15日

ついつい読み進めてしまう話の展開が良いですね。 続編が早く出てほしいくらい、続きが気になります。
★4 - コメント(0) - 2016年9月13日

<折尾屋編>の上巻です。折尾屋へ攫われた葵でしたが、銀次や葉鳥に庇って貰い、酷過ぎるような仕打ちは受けなかったので良かったです。大旦那様が来た時は葵と同様に、すごい安心感を感じました。サバジャガ、もんじゃ、タコのゴーヤチャンプルー、フルーツ入りどら焼き、がめ煮等、今回もおいしいご飯が一杯でした。松葉様が葵を溺愛しすぎていたり、アイちゃんがギュッと抱きついてきたり、思わず頬が緩んでしまいました。大旦那様は葵にパシらされたり、料理を手伝ったりしていましたが、本人が幸せそうだったので良かったのかな(笑)
★62 - コメント(0) - 2016年9月10日

一気に読めました!面白いなーほんとに。大旦那様も銀次さんもカッコイイ!早く続きよみたい
★13 - コメント(0) - 2016年9月5日

安定の面白さ。基本美味しそうですが、今回は特にゴーヤーチャンプルー。食べたい! 徐々に大旦那との関係に変化が見られそうな兆しが・・・。設定だけ見れば大物なのに、台無しなくらいに距離感が近くて、それが面白い。逆に、銀次さんとの関係は、書き方含めて意味ありげ過ぎてちょっと食傷気味。 シリーズ初めて、「次巻へ続く」だったので、楽しみに待っています。
★22 - コメント(0) - 2016年9月4日

夕方に読んでいたせいかお腹が空きまくり。更に不安になるようなことばかり起きてるのに葵はすごい。やはり辛いけど、それを周囲に気づかせないようにやってるところが好感が持てる。大旦那様は出てこないのかなって思ってしまったけど、いつもより格好良すぎて最高。次回、この編が終わるということで早く次巻が出て欲しい
★8 - コメント(0) - 2016年9月3日

攫われても葵は葵、いつもと変わらない。出てくるお料理はいつにも増して美味しそうだし。大旦那さんの心遣いが憎いね。さらなる試練が待ち受けてる次回が楽しみ。
★8 - コメント(0) - 2016年9月3日

場所が変わっても次から次へと出てくるお料理、やっぱりどれも美味しそう。葵はどこにいてもたくましくていいなあ。そして大旦那様が格好良くて、ようやく報われる兆しも出てきてよかった! 平時は相変わらずの尽くす男ですが……。
★10 - コメント(0) - 2016年9月1日

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。の 評価:68 感想・レビュー:115
ログイン新規登録(無料)