片道勇者TRPG

片道勇者TRPGの感想・レビュー(16)

2016年11月18日:dragonfes
2016年10月7日:にゃるく
リプレイ&ルールブック。 ルールがシンプルにまとまっているので、1セッションが短く簡単にできるのが魅力的。パパッとセッションを重ねながらキャンペーンを攻略していくことができるので、あまり時間がないときでも出来るのはいいね
- コメント(0) - 2016年8月31日

ネタバレのキャンペネタ読んでしまったから プレイする前に満足感(涙
- コメント(0) - 2016年8月25日

闇に飲まれようとしている世界。勇者たちは西から来る闇から逃れるように東へと進み、闇を生み出したとされる『魔王』を倒すべく旅をしている。引き返すことの出来ない旅。……そして、リトライもOKという中々面白い設定。元々は片道勇者というフリーゲームがあって、それをTRPGで再現したのがこのシステムみたいですけど。最初の一歩でまずい感じのモンスターに突っ込み、戦闘したら死んでたとかが普通にあるそうですよ。死んでも幽霊となってセッションの最後までは付き合える親切設計!死亡前提なあたり既に優しくないという説もあります。
★2 - コメント(0) - 2016年8月11日

2016年7月20日:カロン
リプレイパート読了
- コメント(0) - 2016年7月18日

2016年6月29日:カゲシタ
2016年6月26日:akiyuki3
2016年6月25日:凍月
2016年6月21日:こうし
2016年6月21日:taki0
1周はシンプルな作りでサクサクと進められ、転生を繰り返して最終的に真エンドを目指すという、原作らしさを非常に大事にしたよいシステムだと思う。判定方法は、独自色の強いシステムが多い冒険企画局としてはやや珍しい、ごく一般的な2d6システムをベースにした簡単な部類。一方で、シノビガミやアマデウスなどでもお馴染みの、秘密付きハンドアウトを少々アレンジしつつ導入していることで、原作のやればやるほど深みが増す世界観や脇道の冒険も再現が可能。いわゆるRP支援システムの一環である「ジャッジ」もささやかながら悪くない。
- コメント(1) - 2016年6月20日

2016年6月19日:灰月
2016年6月19日:ミレヴ
2016年6月17日:dragonfes

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/10:カロン
06/25:紗々
06/20:さいだ

積読中のみんな最新5件(6)

07/03:風牙
06/25:紗々

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

02/09:凪子
01/01:suicdio
07/06:NA
06/26:泥酔
05/25:こうし
片道勇者TRPGの 評価:63 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)