気ままで可愛い病弱彼女の構いかた (ファンタジア文庫)

気ままで可愛い病弱彼女の構いかた (ファンタジア文庫)
317ページ
103登録

気ままで可愛い病弱彼女の構いかたの感想・レビュー(63)

本書のゆるい空気、私は楽しみました。かっちりした作品が欲しい時は、他の本読みます。学園ミステリ系ラノベや、ラブコメに何を求めるかで、作品との相性が決まります。地の文に対して、ヒロインがメタな反応するし、主人公もメタなツッコミやめいって言ってます。/この2人、まだ付き合ってないんですよ。友達以上恋人未満って死語じゃなかったんだ! ラブコメの距離感が、夫婦漫才になったり、初々しかったします。2人のじゃれあいを、ニヨニヨ眺めて、他の一切は舞台と割り切れるなら向いてるかも。イチャイチャではなく、サラッとしてます
★1 - コメント(0) - 2月23日

キャラの名前が読みにくく、ミステリっぽいパートがつまらなかった。ラブコメも薄く、ヒロインの病弱設定とか、主人公が一緒に行動するための方便としてしか使われていなかった。あまり期待していなかったけど、その通りの内容だった。
- コメント(0) - 2月9日

ベタベタのラブコメなのかなと思いきやそこまでは甘くない。MACCOさんのイラストは可愛いけど。いわゆる学園ライトミステリの系譜に入ると思います。かなりライトだけど。
★2 - コメント(0) - 2016年11月30日

積読だったドラマガ9月号の短編読んで購入(この短編,本編の補完が多かった。車椅子は「轟天号」という名前だとか,ベッドから降りる仕草の理由等があるので未読の方はぜひ)。ミステリ要素はオマケ程度で一目ぼれどうしの夫婦漫才ラブコメ。「ヒロインが台詞回しで自分の状況」をさりげなく説明してるのは面白かった。個性豊かなキャラと狂言回しには評価が分かれそう。私はとても好きです(^^)
★2 - コメント(0) - 2016年11月27日

2、8/5名前がめちゃくちゃ読みづらい。ヒロインとか特に早口言葉みたい。ひとつ目の事件の概要が米澤さんの古典部シリーズであった事件とだいたい同じでまさか結論まで一緒なのではとめちゃくちゃ焦りながら読んだ。こちらはおまじないに使っていたのが真相では古典部と違っていたのでほっとしました。
★1 - コメント(0) - 2016年11月25日

6:ラブコメとミステリと厨二周りが2:3:5くらい。キャラの個性が合うかどうかで評価が変わりそう。個人的にはもっと王道にラブコメやってくれた方が多分よかったです。
★1 - コメント(0) - 2016年11月20日

主人公とヒロインの両片思いな関係性がとても好き。ハーレムものにならずにこのまま2人がじれったく近づいていくのをもっと読みたいと思う。ミステリー部分や異能部分は緩かったけど日常ラブコメを引き立てる感じなのが好印象。
★2 - コメント(0) - 2016年10月13日

ヒロインの病弱設定とか、主人公のトラブル呼び寄せ体質とか、潔いほどストーリーに絡んでいないのがすごい。特にヒロインの設定、事件解決に何か生かされるのかと思っていたら、一切関係ないのにびっくり笑 これなら普通の同級生コンビで何にも問題ないじゃない。文章も微妙だし、内容も陳腐だし、まあ、そうはいっても読んでて特に不快になることもなく、淡々と読み進めることは出来ましたがね、個人的にはそれだけでした。特別賞だとこんなもんかと思うべきか、特別賞なのにこの出来なの?と思うべきか。続きはまあ、108円になってから。
★4 - コメント(0) - 2016年10月8日

緩い謎解きとラブコメの中で、主人公の痛い発言が良いアクセントになってる。キャラ紹介の部分も多かったから、次巻で関係を発展させてほしい。
- コメント(0) - 2016年10月2日

ミステリとしては小粒だけど、主人公とヒロインの関係性とかのキャラ面は凄く良い。ミステリとして過剰な期待をしなければ楽しめる。
★1 - コメント(0) - 2016年9月25日

すごく面白かった。表現が少しくどい所もままあったけど、全体的に良くできてると思う。キャラも可愛くて軽めのミステリで学園ものですごく好みだった。そして読後になんとなくもう一回読みたくなる不思議な雰囲気がある。次巻がすごく楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年9月25日

ラブコメ要素は大満足で、ミステリ要素は無理スンナ感が強い。ほんと、どうでもいいことがらなのだけれど、カバーイラストが無理やり媚びを売ってて「そうじゃねーだろ」と思わざるを得ない。ヒロインを魅力的に丁寧に車いすまで描いているだけに、無駄な肌色が非常に残念。次巻に期待。
★3 - コメント(0) - 2016年9月22日

振り回され型、気がつけばハーレム状態コメディは、相当やりつくした感があるけど、果敢にチャレンジしたという印象。いくつかのパターンを重ねることで独自感を出している。続巻を期待。
★3 - コメント(0) - 2016年9月8日

よくあるヒロインがサクサクと主人公や登場人物たちから得た情報で事件を解決するのかと思っていたのに、面白い方向に違っていて面白かったです。また登場人物たちが個性的で良かったです。
★8 - コメント(0) - 2016年8月31日

ヒロインの雰囲気や可愛らしい性格もあり、ラブコメ的な部分ではグイッと惹き込まれるところがありますが、謎解き的要素はいささか物足りないかな、と。イラストは好みです。
★5 - コメント(0) - 2016年8月28日

ラブコメとしてもミステリとしても異能力ものとしても薄っぺら過ぎて、イラスト以外に見所が分からなかった。雑な異能力を都合よく使ったり、ただのドジにまで厨二ネームをつけるノリがハマれば、ユルいラブコメとして楽しめたのかもしれない。(このラノベに限ったことじゃないけど)女子の低体重はもはや病気(約1名は病気なんだけど)。
- コメント(0) - 2016年8月26日

なんかタイトルから予想してたイメージとかなり違った。学園ラブコメー異能力ー問題解決もの。なんか各キャラ名前が凝りすぎてて嫌。とくにヒロイン病夜宮美闇(やみやみやみやみ)女子に闇とかつけるか?名前の脳内変換がもう面倒。いろいろ学園内の問題を解決していくのだが、その問題がしょぼい。異能力もしょぼいし、能力を有効に使う問題もない。期待してただけになんか残念。。。
★11 - コメント(0) - 2016年8月22日

面白かったけどミステリの作りこみがー
★2 - コメント(0) - 2016年8月18日

主人公の甘口は病夜宮係に強制的に任命された。病夜宮は保健室通学でいつも保健室にいる。そんな彼女の進学の救済措置として、学校内の問題を解決していくという話である。途中、別のヒロイン・白水姉妹が出てくるが、主人公は姉の泊さんのことを尊敬(?)している。ラブコメとしてはちょっと押しが弱い気もするが、ミステリ要素を含んでいるためいいと思う。門前先生が女性だったとわかった時は驚いた。
★10 - コメント(0) - 2016年8月8日

日常の謎を解決する車椅子探偵のヒロイン。主人公とヒロインの関係性が微笑ましい。そして何気に泊さんが一番やばいキャラのような気がする。
★2 - コメント(0) - 2016年8月4日

ラブコメとしてはかなり好き。噂話に興味津々な病夜宮が可愛かった。甘口と病夜宮がお互い微妙に意識してる感じがたまらない。あと、この作品はミステリーというか学園日常ものとして読むべきだと思った。病夜宮以外のヒロインたちも可愛くて甘口が誰を選ぶか気になる。 ただ甘口の一人称視点なんだけど語り口にかなり癖があるので、合わない人は合わないだろうなと。まあ慣れれば何とも思わないが。 イラストもめっちゃよかった。
★7 - コメント(0) - 2016年8月4日

西尾維新から毒を抜いたような作風――と言うとさすがに雑過ぎるのだけど(ついでに言うと西尾維新そんなに読んでない)、あの毒の部分が楽しめない僕には丁度いい感があります。地の文のスルスル進む感じとか小説的な様式美を卓袱台ごとひっくり返すが如き自由闊達な感じはとても好みでした。ミステリ部分のオチは大体モロバレなわけですがまあ多分そこが主眼ではないので何の問題もありません。主人公とヒロインの出会ったばかりなのに既にツーカーなイチャラブっぷりを楽しめればそれでいいのでした
★5 - コメント(0) - 2016年8月1日

久しぶりに表紙買。今まで出たラノベで、生徒会やら部活やら委員会やらで悩み相談ネタがありましたが、それに軒を連ねる作品。面白いけど、中二的なルビをふった特技?等、いろいろ読みづらいところがそこかしこに。今まで「次どうするか迷う」て書いた作品のほとんどが二巻以降買わなくなりましたが、本作は、本当に次どうするか迷う。
★16 - コメント(0) - 2016年7月30日

評価に困る作品。内容は悪くない。だが、とにかく文章力の研鑽を積むべきだろう。読みづらい文体でかなり損している。『知識をひけらかしたり、冗長な文章はダメだと認識はしてるけど、所々その欲求を抑えきれてない』という印象。どこかお調子者という印象を与える筆致とでも言おうか、読む人によっては鼻についてイラッとするかも。/キャラやストーリーは悪くないんですよ。ラブコメものとしては結構いい線行ってる。第三話のラストなんか最高にニヤニヤものだし。/イラストは◎。どれも丁寧で好感が持てます。/続編出ても読むかどうか微妙。
★6 - コメント(0) - 2016年7月29日

やみやみやみやみって呪文みたいだなぁと。高校入学早々に保健室登校の病夜宮美闇に謎を届ける病夜宮係りに抜擢された甘口くんのお話。登場人物の名前のインパクトが凄いです。丹波凛の親御さんのセンスが半端ない。物語は主人公甘口くんの語りで進んでいきますが、癖があるので読み進めるのに少し時間がかかりました。三歩進んで二歩下がるみたいな(え)両片想いな主人公達のラブコメっぷりがとっても楽しかった。ちゅー寸止めイラストが大変グッジョブです。泊さんも素敵で、泉ちゃんはよい子でしたね。
★12 - コメント(0) - 2016年7月25日

地の文が回りくどいしメタ発言でちょっと苦手な部類。大丈夫な作品もあるけど、この主人公は中二なネーミングセンスがあったし、さらには登場人物の名前もきつくて慣れるまでは読むのがしんどかった。次巻はいいです。
★8 - コメント(0) - 2016年7月24日

ライトミステリーを予想したら欠片もなっていない。主人公? もしくは作者のセンスが独特すぎてセリフや地の分、表現など全体的に合わなかった。突き抜けるならもっと突き抜けてほしいところ。すべてが中途半端。これが審査員奨励賞ですか。あと、読みにくい名前って読書のテンポを乱すよね。甘口をずっとカンロくんと自分的に読みやすく読み替えてました。
★6 - コメント(0) - 2016年7月24日

保健室登校の病弱美少女・病夜宮とそんな彼女の面倒を見る係に任命された少年・甘口が生徒たちの悩みを解決する学園ラブコメ。ミステリーとして見ると大変微妙ですが、甘味多めのラブコメとして見ると結構楽しめますね。ヒロインそれぞれの魅力がしっかりと出ているし、病弱設定をシリアス方面に振っていないおかげで気楽に読めるのが魅力。まぁ、掛け合いに関しては微妙ですが。あとキャラの名前がクサすぎるのも傷ですな。違う意味でゾクッときちゃいます。中二感出すなら異能も出そうぜ。次巻は気が向けば買おうかな。
★40 - コメント(0) - 2016年7月23日

★★☆☆☆ 第28回(もう28回なんだ)ファンタジア大賞『審査員』特別賞受賞作。平成生まれの作家さん…? 今更だけど、葵せきな、石踏一榮、橘公司(敬称略)が審査員って、ラブコメを得意とされてる作家さんばかりじゃないっすか…。『半月』寄りの病弱だと思ってたら、キャラ設定としての病弱だった。それとこれ、表紙とタイトルをぱっとみただけの第一印象だと、青春恋愛ものってイメージを受けない? 受けるよね? 自分だけ…? というか、登場人物の名前が『甘口廿日、白水泊、病夜宮美闇』だってわかってれば購入を控えたのに…。
★7 - コメント(1) - 2016年7月22日

設定と展開は好きなんだけど、文体がすごく苦手。ーー病弱の先輩とその付き添いとして選ばれた男子高校生の二人組が学園の中にある悩みを解決していく物語。会話劇が多かった割にのめり込めなかったのが残念。
- コメント(0) - 2016年7月22日

ニヤニヤするラブコメにプラスしてミステリー。ミステリー要素はあんまり上手いとは言えないけど、ラブコメとしては中々だった。主人公の甘口が王道で病夜宮に行くのか、それとも泊さんに行くのか、またまた泉に行くのか、誰に行き着くのか楽しみ。続きが非常に読みたいです。
★15 - コメント(0) - 2016年7月21日

★★★★1/2 「病夜宮美闇(やみやみやみやみ)」というネーミングは、「七々見奈波(ななななみななみ)」や「式岸軋騎(しきぎしきしき)」を、ついに超えてしまったのではないか(ついでにいうと、ミステリとしてはしょぼいところまで似ているが、そこはまあそれほど問題ではないでしょう)。なかなか良かったので、もし次が出たらまた読みたいです。
★10 - コメント(0) - 2016年7月21日

保健室登校の病弱少女・病夜宮と、彼女の世話係である「病夜宮係」になった少年・甘口の、お悩み解決ラブコメ。何故か中二ネーミングにこだわりを持つ甘口君ですが私は割と好きです。病夜宮と甘口の会話のやりとりが楽しく、お互い意識してるのにくっつかないもどかしさにニヤニヤできました。病夜宮はその時のテンションでだいぶキャラが変わるのが面白いですね。「出やがらねえ、あの女!」には笑いました。病夜宮可愛いなぁ。結構好みに合う内容だったのでできれば続きが読みたいです。
★19 - コメント(0) - 2016年7月21日

ライトミステリっぽい感じの学園ラブコメ。ミステリ的にはちょっと弱いけど、病弱ヒロインとお世話係主人公の関係に萌えたので楽しく読了。シリアスくるかと予想した病弱要素は可愛さに全振りした感じ。メタや戯言の多い語り口は個人的には回りくどいだけで面白さはいまひとつかな。意気込みは買いたいし新人さんなので成長に期待してる。異能要素ゼロなのに中二くさいネーミングセンスがゾワゾワしたけど、これは主人公のセンスだから仕方ないのか。病夜宮にツッコまれてるのは笑ったw 病夜宮と甘口のラブコメをもっと読みたいから続刊希望で
★14 - コメント(0) - 2016年7月20日

入学早々、謎の係に任命された少年が保健室登校の少女に出会い始まる物語。―――保健室から始まる静かな物語は何の味? 好奇心旺盛、そして事件に首を突っ込まなきゃいけない理由もある。だから少女は謎に首を突っ込み、少年はそのサポートに回り共に謎を解いていく。校舎にて湧き上がる謎はどこか高校らしい謎であり、その謎を仲間の力と推理によって解いていく。そんな中で育まれる二人の関係、進んでいるように見えて進んでいない二人の関係は、どこへ向かうのだろうか? それはまだ、きっと誰にもわからない。 次巻もあるなら楽しみである。
★15 - コメント(0) - 2016年7月20日

保健室登校の病弱少女とクラスメイトでお世話係な少年の、ミステリ時々ラブコメ風味なお話。後名前からして言葉遊びネタ多め。そして割とミステリ寄せな構成で、主人公が無駄に厨二っぽい繰り言して「信頼できない語り手」感バリバリでしたけど特にどんでん返しとかはなかったり・・・そんな感じで、掛け合いは面白いし「彼女」は可愛いし謎解きも手頃な塩梅ではありますが、正直山場というか一番の推しポイントが不明瞭な印象だったりも。総じて「気楽に楽しめる」雰囲気だったので、続きが出るならのんびり楽しみにしたいと思えるような作品でした
★11 - コメント(0) - 2016年7月20日

今読んでいるみんな最新5件(2)

12/02:八崎節子
07/20:ツバサ

積読中のみんな最新5件(11)

09/30:八岐
09/13:おしるこ
08/24:disktnk
08/11:リュート

読みたいと思ったみんな最新5件(27)

02/11:Uncle Jam
11/15:gunnnsooo
10/21:征ちゃん
09/22:なにがし
気ままで可愛い病弱彼女の構いかたの 評価:100 感想・レビュー:37
ログイン新規登録(無料)