俺が好きなのは妹だけど妹じゃない (ファンタジア文庫)

俺が好きなのは妹だけど妹じゃないの感想・レビュー(83)

涼花可愛いもうその一言に尽きるでしょう(≧∀≦)
★1 - コメント(0) - 3月17日

オタクでラノベ作家を目指している主人公。ある日妹から相談事が。その相談から起きる様々な事。そんな話。面白かったです。そして主人公のツッコミ方は好きなツッコミでした。続きが気になりました。
★2 - コメント(0) - 2月28日

好みにそこそこドンピシャの作品だった。最近は個人的に富士見ファンタジア文庫がキテるなあ。代理人としてどこまでボロを出さないでいけるかがまず気になる。担当の人との対応を電話とメールでそれぞれ変えるってのが既に厳しい気がするけれども笑 妹以外のキャラクターも魅力的なので、今後に期待です。まあ作中でも書かれている通り、妹との描写メインで全然構わないけれどもね笑
★22 - コメント(0) - 1月11日

作家である妹の代理人を引き受けることで疎遠だった妹と急接近をするが、この遠回しなイチャイチャがいいです。内容はテンプレ満載ですが結構好きです。
★5 - コメント(2) - 1月8日

いやーよかった。終始ニヤニヤしてましたよ。とてもキャラが可愛く、魅力的でした。すっごいよかったです。次巻も期待!
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

実妹ラノベかつラノベ業界ものラノベでした。/内容としては、妹がラノベ大賞取って作家デビューしたけどそれは色々問題あるから代わりに兄が賞をとったことにしてデビューしてくれ的なラブコメです。普通に妹がゴーストライターしてるのでは的なツッコミはしたくなりました。/作中作の妹ラノベではないですが、作中の妹がとても可愛かったです。兄の告白紛いからテンションハイになって歌い始める妹はとても可愛い。他のキャラも色々ツッコミどころ満載で読んでいて楽しかったです。/2巻も楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年12月2日

妹は可愛いけど、主人公のことは最初から最後まで受け付けなかった。ストーリーも終盤の展開がなければ駄作認定していたと思う。それでも凡作の域を出ないとは思うが…。ストーリーが印象に残らなくて残念。
★3 - コメント(0) - 2016年11月10日

うちの妹と交換してください(切実)妹モノの後追いでしょ、と思っていましたが、なかなかぶっ飛んだキャラ造形が面白く、テンポも良いので詰まらずよめました。
★3 - コメント(0) - 2016年11月4日

エロマンガ先生と俺妹を合成して妹などのヒロインをチョロインにしたような作品。
- コメント(0) - 2016年11月3日

バイト禁止のお嬢様学校に通っているのに、ラノベ新人賞で大賞を受賞してしまった妹の涼花(ジト目系敬語キャラ)。彼女の人生相談を受けた兄の祐(ラノベ作家志望で一次落選常連)が、妹を助けるために代理人となってサポートを決意する物語。―――俺の妹がこんなに俺を好きなわけがない。涼花のブラコンっぷりがヤバい!兄がいるくせに妹もののラノベ書くってストレート過ぎ!しかも自作のキャラに「えへへ、お兄ちゃんにナデナデされると、ぽわ~って幸せな気分になるんだよ?」って言わせてるし!こんな妹、あたしも欲しい!
★17 - コメント(0) - 2016年10月16日

現実の日々をもとに兄が大好きな妹の話で新人賞の大賞を受賞した妹の涼花と、なぜかその表向きの作家として妹の代理人となった兄の祐たちのドタバタラブコメ。素直になれない涼花が取材と称して祐とデートを楽しんだり、他の女の子たちに嫉妬したり、そして何より兄の前では決して見せないが本心のお兄ちゃん大好きなデレた姿が可愛い。個人的にはもうちょっとデレのシーンを増やしてくれると大変喜ばしいです。今回は祐が終始振り回されてばかりで読んでても疲れてしまうのでそこはもう少し落ち着いてもいいんじゃないかと。続きも楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年10月11日

素直になれない妹が大好きな兄と自分の恋愛妄想小説でラノベデビューする話。エロマンガ先生の逆バージョン。涼花は普段はクールですが祐のこととなるとすぐポンコツになってしまうところが可愛かったです。素直になれないなりに頑張っている姿もよかったですしラストの落とし方も自分好みの展開で個人的には満足な内容でした。サブヒロイン達はストーカーにエロ全開と個性的すぎる2人でしたがストーリー同様あまり必要性がない気もしますが引き立て役としては良かったと思います。カラーの妄想ラブラブ兄妹絵の破壊力が抜群でこれだけでも満足。
★11 - コメント(0) - 2016年10月9日

あまり深く考えずに読書がしたい気分だったので、妹ものが好きなのもあり読みました。期待通り涼花が魅力的で可愛かったのでよかったです。恥ずかしがったりふにゃふにゃしたりするのが好きです。特に気に入ったのは涼花視点の一人称のところですね。端々から可愛さが溢れ出てます。もっと妹視点が多かったらなあという思いです。ほんの十数ページしかなかったので。あと微妙に感じたのは他の女の子達ですかね。なにぶん涼花の一強なので多すぎたかなと。もっと兄妹の絡みが見たかったです。全体としては気に入りました。続編も読みたいです。
★7 - コメント(0) - 2016年10月1日

周りに読んだ人が多かったので読んでみた。正直全体として、面白いとは思わなかった。ただ、終始そんな気持ちで読んでいたのにもかかわらず最後の妹のデレだけはグッときた。あの最後のデレは良かった。ずっと自分を抑圧してる妹が最後の最後で素が出ちゃったってのが、序〜中盤に安易に可愛さを振りまいてくる作品よりグッと来た理由かもしれない。
★4 - コメント(0) - 2016年9月30日

最近はやりのラノベ作家モノ。エロマンガ先生よりもかわいく、妹さえいればより惹きたってる。妹が魅力的すぎる。これは萌えないわけがない
★3 - コメント(0) - 2016年9月27日

ド直球の「エロマンガ先生」フォロワー。妹一人称だけでよかったのに……。これ自体が妹が書いたラノベなんていう「妹の中の失楽」みたいなややこしい構成になってほしい。
★2 - コメント(0) - 2016年9月22日

とにかく妹ちゃんがかわいい!序盤は面白かった。中盤以降の展開が平凡過ぎて少しだれたかな。もう一捻り欲しかったです。他のヒロイン?のキャラの人数がちょっと多かった。ストーリーにそんなに絡まないキャラを入れる必要はないのでは。作中作で、妹ものは妹との掛け合いをメインにするべき、と語っているのに、本編ではその逆をいってるのがなんとも。もっと妹成分が欲しかった。代理人バレは、続刊が出せたときのために温存したのかな。
★8 - コメント(0) - 2016年9月22日

妹ヒロインの書き方がとにかくうまいと感じました。作中作と同じく徹底して妹の可愛さを描けているのが良いです。
- コメント(0) - 2016年9月21日

kei
イラストだけだったぁー!全体的に弱い。ネタがねいろいろありふれてるのはいいけど個性がない。文章に特徴がないんだよなぁ。なろうとかにあふれてる凡百な感じです。
★2 - コメント(0) - 2016年9月20日

ラブコメなんでしょうか?妹がラノベ大賞を受賞し自分もラノベ作家を目指しているのに代理で作家デビューしてしまう話と。作中作と同じで妹の可愛さを前面に出している話のためか、折角のサブヒロイン達が舞台装置すぎたような気も。
★15 - コメント(0) - 2016年9月10日

読み終わるのが勿体無かったです。ツン固定の実はお兄ちゃん大好きな妹が自分と兄との妄想をマシマシにして作り上げた1冊のラノベの投稿⇒大賞⇒プロとしてデビューを切っ掛けに兄との関係を改善するためにイチャイチャするお話。見所は頑張る妹の行動が全て裏目裏目で結果として焼きもちしまくりの姿かな?全編に渡りニヤニヤ楽しく読めました。若干展開を詰め込みすぎていたように感じましたが今後も期待の作品。唯一出版社がアレなのだけが心配。
★12 - コメント(0) - 2016年9月8日

妹が妹モノのラノベを書く妹モノのラノベ。
★9 - コメント(0) - 2016年9月5日

やはり兄妹モノの妹視点はよいものである。そのキャラクターの兄が好きすぎることの気持ち悪さと一途な想いから滲み出る可愛さに溢れている。ということで続きよみてーわ。作中作みたくもっと兄妹のイチャイチャを増量で。
★7 - コメント(0) - 2016年9月3日

うーん、どうだろう。そりゃあ妹が可愛いのが全てだが、本編にあったような「イチャイチャ」ではなかったわけだし、自己矛盾を孕んでいる? イチャイチャはこれからなのか?? それなら兄に鈍感属性なくても良かったんじゃ……でなければ「一存」みたいなシチュエーションコメディに近いものがベースで良かったんですよ。
★5 - コメント(0) - 2016年8月31日

最近本当に多いラノベ作家ものでの兄妹ラブコメ。兄の祐は普通の高校生でラノベ作家を目指してる。妹の涼花はお嬢様学校中学生で成績優秀、しかも兄妹ラブコメのラノベを応募して大賞を取りデビューすることに。題材だ兄妹ラブコメだけに兄に代理人をお願いし、表向きは兄が作家で妹はゴーストライター的な感じになる。兄が代理デビューすることにより担当編集、同業者、イラストレーター(全部女性)が群がることに!という感じのハーレムチックな兄妹ラブコメ。妹のヤキモチがいい感じ。よくあるパターンだけどもうちょっと見てみたいかな。
★14 - コメント(0) - 2016年8月30日

作中作でお兄ちゃんがどれだけ美化されているのかが気になるところ。才色兼備で完璧でラノベ大賞をとり作家デビューすることになった妹涼花と、そんな妹の代理をすることになった兄祐のお話。ラノベ主人公を目指した結果なのか、それとも元々の性格なのか激しく鈍感なお兄ちゃんが大好きな妹がヤキモキするのがメインかな。お兄ちゃんは元々鈍感だったんでしょうね、うん。妹の涼花が可愛かったですね。ものすごーくわかりやすいツンデレぶりでした(笑)ただWピース先生のエロっぷりはちょっと苦手なものでした……。
★11 - コメント(0) - 2016年8月30日

ただひたすらに可愛い妹ちゃんを愛でるための話。この妹はベットで足をバタバタさせながら兄の鈍感に対してうーうー唸っている。間違いないな。 ホントはお兄ちゃん大好きなのに素直になれない凉花の日記帳(妄想あり)を投稿したらなんとラノベの大賞に選ばれた!? そこから兄と妹、二人で一つの作家生活が始まる。妹はいいんだけど、急に美少女に好かれまくるのは違和感。まあそれがヒーローの宿命か。 この作品凉花の一人称視点だとどうなってるのか読んでみたいな。想いが溢れて爆発してそう。
★11 - コメント(0) - 2016年8月26日

妹が可愛い。兄妹ものというだけで購入し、実際妹が可愛かったため楽しめたのだが、作中作と同じように新ヒロイン(サブヒロイン)を出すより妹とのイチャイチャや絆描写に力を注いで欲しかった。18禁作品を未成年がプレイしているのは他作品でも見るためあまり言及したくはないが、明らかにすぐバレるであろう代理がなんだかんだとうまくいっていたりと引っ掛かる∕説得力のないシーンが多かったのは残念。これからに期待。
★11 - コメント(0) - 2016年8月26日

所謂ツンデレヒロイン。鈍感(難聴)主人公とセットなのもお約束。
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

お兄ちゃんへ素直な感情をぶつけることのできない妹と鈍感主人公を全力で発揮する主人公を同じ空間に置いたら、妹ちゃんのお兄ちゃん大好すきオーラが全開のラブコメ作品に昇華した。サブヒロインのキャラクターとしてのポジションが『現役ラノベ作家』『担当編集者』『イラストレーター』『バイト先の先輩』にまで及んでいて、あまり例を見ないシチュエーションとキャラクターの構図が多くて、会話がどういう方向に進むのかが予想できなくて楽しかった。
★11 - コメント(0) - 2016年8月25日

(義理の)妹が欲しい人生だった
- コメント(0) - 2016年8月24日

作中作と同じように妹視点で描かれていたら、と思う一作。周囲にボケキャラを配置した関係で主人公がただ叫んでいるだけで、妹がなぜ好きなのか、このキャラなら好きになるよな、というのが伝わってこなかった。むしろ作中作を書いた方が面白かったんじゃ。
★2 - コメント(0) - 2016年8月23日

524
☆6 【ノリで押し切った】妹モノで新人賞を受賞した妹のゴーストライターとなった主人公のドタバタラブコメ。なんというか勢いだけで最後まで押し切った作品。笑えるシーンは多かったのでプラス評価だが、ストーリーのほうは薄っぺらい。そもそもゴーストライター設定に無理があるのとあまり活かせてないのと、最終的には妹かわいいにしたいんだろうけどノイズが多すぎて埋もれてしまったところが残念。【お気に入りキャラ:アヘ顔Wピース先生】
★11 - コメント(0) - 2016年8月22日

ラノベの新人賞を取った妹の代わりの代理人としてデビューする事になった兄の物語。―――物語の妹と本当の妹、本当に好きなのはどっちですか? 互いに不器用ですれ違ってばかりでじれったい兄妹、そんな彼らの周りを取り囲むのは良くも悪くも個性が強すぎる面々で。妹の身代わりに脚光を浴びて思い悩んで、そんな兄を見つめる妹も色々と思い悩んで。妹が割と只管に可愛いこの物語、周囲を取り巻く刺激を引き金に不器用な兄妹はきちんと向き合っていけるのだろうか。影武者と本物としての関係はどこへ向かうのか。 次巻も楽しみである。
★18 - コメント(0) - 2016年8月21日

ラノベ大賞を受賞してしまった妹の代理となり、ラノベ作家の振りをすることになる兄のお話。取材と称して兄からオタク文化を学んだり、一緒にデートしようとするなど、とにかく妹の可愛さにやられました。自身もラノベ作家を目指す兄は、妹の身代わりであることに苦悩するのですが、そのあたりはあまりシリアスな事にはならず、むしろ最後までバレなかったのかよ!とそちらに驚きました。新ヒロインなんぞより兄妹のイチャイチャが読みたいんだという兄の包み隠さない感想を聞いて、嬉々として原稿を書き上げる妹はやはり可愛かったです。
★18 - コメント(0) - 2016年8月21日

まぁまぁかな。ラノベ作家が主人公なのは最近ポツポツ出てくるようになりましたね。この作品もそれです。だけど妹の肩代わりにラノベ作家になるというバレたらリスクが高い設定です。主人公はラノベ作家志望だけど芽が出ない状況だっただけに妹に先越されて悔しいのに引き受けちゃうのは妹のこと好き過ぎだよなぁ。妹も兄のことが好きて好きてたまらない状況も相まって焦れったい。妹が好きな兄と兄が好きな妹が素直になれずにつまずくのは読んでてイラつくところもあるけど魅力でした。続くなら読みます。
★17 - コメント(0) - 2016年8月20日

★★★☆☆ラノベ大賞を受賞した妹の代理をすることになった作家志望な兄の複雑な心境を描いたラブコメ。あらすじと口絵を見て、これは面白いだろう!と確信をもって読み始めた。それだけ導入部分にインパクトがあったが、安易な方向に流れてしまったのが残念。作中で触れているように大切なのは妹の可愛さの表現で、ヒロインをポコポコ登場させてサービスシーンを増やすことよりも、兄妹仲を軽くかき回す程度に留めておき、代理役の勤めることの苦労と妹に先を越された苦悩を交えながら兄妹の微妙な関係にもっと焦点を当てた方が良かった気がする。
★12 - コメント(0) - 2016年8月20日

今読んでいるみんな最新5件(2)

08/22:つゆ
08/20:ツバサ

積読中のみんな最新5件(12)

02/12:ririri
01/15:key05151006
01/04:本好き

読みたいと思ったみんな最新5件(24)

01/15:横畠
01/13:ルヴナン
俺が好きなのは妹だけど妹じゃないの 評価:89 感想・レビュー:37
ログイン新規登録(無料)