ビオラを買いに 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)

ビオラを買いに    富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝 (角川ルビー文庫)
216ページ
187登録

ビオラを買いに 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝はこんな本です

ビオラを買いに 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝の感想・レビュー(153)

MM
「ビオラを買いに」悠季のフランスのカルテット公演のため事前稽古台の一人としてビオラを担当することになった圭。悠季の指導の下、圭は演奏者として稽古に励むが。圭が演奏者の苦労を実感したといったところ。改めて悠季の凄さを思い知るというか。そして圭、よく頑張りましたねってことで悠季からの「仕返しの品」として“プレイ用の手錠”をプレゼントされ。結局最後はこうなるんやねとこっちがあてられてしまった!「通奏低音」フランスのリサイタル&カルテット公演で女性バイオリニストから口説かれる悠季。でも悠季はそれをはっきり躱して。
★7 - コメント(1) - 2016年5月17日

流れで再読。ロン・ティボーのお披露目会に合わせて、いろいろな情報を入れました。って感じです。まさかのミュリエラがこんなに出張ってくるとは思わなかったですが、悠季にあの一言を言わせたかったのか、圭に心配させたかったのか、まぁほぼ一緒か。
★1 - コメント(0) - 2016年5月16日

悠季がちゃんとバイオリニストとして進化し、講師としても悩みつつ両立できているのが垣間見れて良かった。圭とは相変わらずラブラブラブ。ポーカーフェイスと言いながら、草むしりしてたり、悠季への愛情表現はデスマス調は変わらずとも外国人並みにマメだし。でも、悠季から手錠プレイとは!
- コメント(0) - 2016年4月12日

再読。圭が悠季にビオラでしごかれる所が新鮮。って前の感想でも書いてた(笑)
★2 - コメント(0) - 2015年12月14日

再読。珍しく圭が悠季にしごかれてるので気持ち良かった(笑)T&Tは早くCDを出すべし!
★1 - コメント(0) - 2015年4月1日

悠季のためにビオラの練習をする圭。このエピソードはもうちょい引っ張って欲しいんだけど。天才指揮者桐ノ院圭がビオラで珍しく苦労してる!でも結局ちゃんとひきこなしちゃうところが天才らしい。またどこかでこの四重奏、やって欲しいなぁ。圭様はよかった。
★1 - コメント(0) - 2014年12月13日

購入したまま読むの忘れてた。もう外伝といいつつ普通に続編だな。音楽に関して真摯に悩むとことか面白いんだけど、相変わらずエロシーンはあるのね…もうそんなにじっくり描かなくてもいいのに、も少しサラッとで。今回新たな境地を開拓してしまったようだし…(笑)
★9 - コメント(0) - 2014年10月14日

「ビオラを買いに」ソリストとして腕を上げてるというのに、根本的にはいつまで経っても己の庇護下にいて欲しいと無意識に思ってたような圭の、その鼻っ柱を折る悠季の所業、なかなかやるな(笑)うん、本編の続きみたいで読んでて楽しいわ
★1 - コメント(0) - 2014年9月1日

「シリーズが普通に続いているだけなのでは!?」とツッコんでしまった『完結した物語の外伝』(笑)フジミでの活動を中心に据えるか、プロのオケ指揮者の道を再び歩むのか、それとも・・・と、音楽家としての岐路に立つ圭と、フランス演奏ツアーに出た悠季の、それぞれが語る物語です。圭に語らせる作者の思想は嫌いじゃないんだけど、エンタメ作品として読みたい私にとってはクドく、2人の濡れ場も「もういらない」って思っちゃったりもしました。ともあれ、彼らが冤罪やスキャンダルから離れて、音を楽しむ生活を送っているのは嬉しかったです。
★45 - コメント(0) - 2014年7月3日

boo
アンコールシリーズwこのシリーズ読み始めた時は中学生?だったのに、今は主人公の年齢を越しました( ̄◇ ̄;)ずっと読んできたことに驚きwもうBL要素はあまりなく、音楽面が強くなってきましたね。心情の変化なども面白いです。アンコールシリーズ続くといいなぁ♪
★5 - コメント(0) - 2014年6月23日

内容は面白かったんだけど、もうちょっと良いタイトルはなかったのか…。
★1 - コメント(0) - 2014年4月17日

主人公から脇役までしっかり「生きている」、その素材の特異性を乗り越えて評価されて欲しい小説です。人はこういう形で赦すこともできるのでしょう。しかしこの最後の2ページ、フジミ始まりの物語に対する帰結の物語であり、本編の最終章として大々的に持ってくるべきではなかったのかしら...。
★2 - コメント(0) - 2014年2月16日

本編の番外編、というかその後。おそらくこれでもう全部書ききってしまったのだろうという気がします。でもまたぼつぼつとこういうのを書いてほしいなあと思います。でも悠季の成長物語、というか開眼物語としては何かテーマがないと書けないだろうから単なる面白いエピソードだけを望むのは無理があるかなあ。井上さんと吉柳さんと三人でのエピソードなんかは是非読みたいと思います。
- コメント(0) - 2013年8月26日

今回は外伝ではなくそのまま続きという感じでした。相変わらず嫉妬深い圭が楽しい。悠季の居るところには世界中どこからでもひょっこり現れるところがさすがです。終わったんだか、続くんだか微妙ですが、たぶん次も店頭で見かけたら買うと思います。
★2 - コメント(0) - 2013年8月4日

この調子なら、外伝いくらでも書けそう。
★1 - コメント(0) - 2013年7月23日

…一人称でないフジミが読みたいなぁ、、、と思う。
★3 - コメント(0) - 2013年5月27日

本編は完結しちゃいましたが、外伝でまた読めるとはっ(><) 悠季がたくましくなった・・・時の流れを感じます。
★1 - コメント(0) - 2013年5月27日

☆☆☆☆☆表紙の幸せそうな二人が印象的。内容もこの表紙を裏切らない爽やかさでした。最近、富士見らしさがないなー、と思っていたのですが、この作品は原点に帰った感じ!外伝ではなく、むしろ本編のリスタートという位置づけで秋月さんは書いているのではないかと思います。アンコールシリーズだそうですが、この先ももっともっと読んで行きたいです。秋月さんはナニにそんなに焦っていったん幕を閉じようとしたのでしょう?作者さん自身の体調に問題があったのではないか、と心配しています。
★4 - コメント(0) - 2013年5月19日

これだけ書いて貰えるんだったら終わらなくても良かったんじゃ・・と思いながら楽しく読ませて頂きました。(^^;でも悠季ったらラストにさらっと重要な事を言っちゃいましたね。あれこそ完結らしい終わり方だったような・・いやまだ続き読みたいけどね。(笑)
★4 - コメント(0) - 2013年5月17日

まだまだ読み続けたい私にはうれしかった。
★1 - コメント(0) - 2013年5月14日

外伝ていうより本編だろうこれはw音楽の話は好きなので読むけれど、もはやBLでもJUNEでもない気がする(毛色が薄くなってきた)w話としては音楽生活にまい進するふたりだけど、外伝もどうやって終わらせるのかな、このままだと本編再開みたいな感じで、ぐだぐだ感満載になってしまうけれど。
★3 - コメント(0) - 2013年5月12日

本編終了の番外編第2段ということですがもうこれ本編でしょ?な内容で満足。まだまだ出してください。ということで次巻を待っています
★1 - コメント(0) - 2013年5月10日

圭も悠季もアクティブな生活を送ってるなぁと(笑)圭が語るオペラのうんちくさっぱりわからなかった;;日本に馴染みのないオペラをこれからどうにかしようとする展開になるのかな??悠季たちのカルテットどうなったんだろう~。次に続くということ??
★3 - コメント(0) - 2013年5月10日

二人にまた会えるのは単純にうれしいけど……。音楽関係の蘊蓄がちょっと多すぎるかな? 詳しく読みたいシーンが、さらっと過ぎちゃってる気がする。
- コメント(0) - 2013年5月8日

相変わらずイラストがダメです。無くていい…と言ってはいけないのでしょうか?そしてあらすじが内容と一致していないのも気に入りません。ルビーの詰めの甘さが最近気になって仕方ない。終わりですと言いながらも書き続けている感じも好きではないです。せめて新章くらいでまとめてほしい。
- コメント(0) - 2013年5月7日

楽しかった~二人の時間の積み重ねを感じました。これからも外伝シリーズ、ぜひお願いします!!
★1 - コメント(0) - 2013年5月7日

本編が終わって残念に思っていたところに外伝!でも、本当に外伝というよりも本編の続きで。楽しく読めました。悠季がだんだん強くなっていくね。尻に敷いているというか。対等の関係になってきた、というか。でも、それがこのシリーズの醍醐味か。これだけの作品をBLという括りにするには常々勿体無いと思っていました。内容がとても素晴らしいから、Hシーンを割愛してふつーの文庫で出して欲しい。腐女子だけが楽しむ本では勿体無い!!まだ続編も出そうなので、楽しみだ~。
★2 - コメント(0) - 2013年5月7日

★★2人の若き音楽家の愛と成長の物語。読み続けて19年。本編完結したので『ど~しょうかな?』って悩んだんだけど…完結記念のオルゴールプレゼント当たったのでここはやはり買わねば!!と、買いました(笑)外伝って言うけどこれこのまま続くよね?どう読んでも本編の続きなんですけど?長年の付き合いで圭の無表情の違いが判る悠季。心配症の圭に悠季のまさかの告白!!ますます心配性になる圭でした。
★1 - コメント(0) - 2013年5月5日

このまま続いちゃだめなんですかね。BL界の水戸黄門的偉大なるマンネリシリーズでやっていけると思いますが。
★1 - コメント(0) - 2013年5月4日

本編が終了しちゃって寂しいなぁ…と思っていましたが、なんだかこの番外編シリーズ続きそうですね♪どんどん出して欲しい!悠希もソロ活動が充実しているようだし、圭もしっかり充電しまくって更に活動の幅を広げていくしで、これからの新しい展開を期待しちゃう内容でした
★3 - コメント(0) - 2013年5月3日

ビオラを買いに、ちょっとクレモナ(イタリア)まで・・・セレブだ。 外伝2冊目は、悠季がイキイキとしてて好きです。
★2 - コメント(0) - 2013年5月3日

☆☆☆ 悠希が性癖を〜‼ と外伝とするにはあまりにも重大な事をさらっと。
★2 - コメント(0) - 2013年5月2日

- コメント(0) - 2013年5月2日

これは、CDのハナシは書いていただかないとね〜♪圭の、ビオラとの奮戦が印象に残りました。睦子さんとの会話もおもしろかったです。
★6 - コメント(0) - 2013年5月2日

外伝というか本編の後日談。これってまだまだ続くよね(笑)。
★4 - コメント(0) - 2013年5月1日

これ外伝というより本編続きみたい(笑)後日談がこうやって続いてくれると嬉しいなぁ。『通奏低音』に出てきた圭作曲の《バイオリンとピアノのための『桜さくら』変奏曲》がすっごく聴いてみたいよ~♪
★4 - コメント(0) - 2013年5月1日

偶然見つけて購入!良かったよ見逃さなくて。このシリーズとは付き合いが長いせいか、別れたくないw こういう外伝、ボチボチとずっと続いて欲しいなw 圭の新たなラビリンスって…ww
★3 - コメント(0) - 2013年5月1日

★4。【BL】外伝というか本編。さくらさくら変奏曲を聞いてみたい。
★4 - コメント(0) - 2013年4月30日

満足。圭さんの新たなラビリンスに笑いの予感が!これからも話が前後無視なぞ歓迎で読ませて欲しいです。
★2 - コメント(0) - 2013年4月30日

ビオラを買いに 富士見二丁目交響楽団シリーズ外伝の 評価:64 感想・レビュー:56
ログイン新規登録(無料)