カブキブ! 1 (角川文庫)

カブキブ!  1 (角川文庫)
261ページ
2638登録

カブキブ! 1巻の感想・レビュー(1730)

予想以上におもしろかった。歌舞伎はほんとに初心者(子供)向けのしか見たことがないから、本で出てきた「寺子屋」なんか見たくなりました。浅葱先輩がどうしても月刊少女野崎くんの鹿島くんのイメージになってしまう( ˙-˙ )クロ可愛いなぁ。諦めないところとか見習わないとと思いました。アニメもやるみたいだけどどうなのかなぁ...
★5 - コメント(0) - 3月24日

高校で歌舞伎をやろうとする青春小説。まずは歌舞伎部を創るところから。歌舞伎って全く馴染みなくて、まだ舞台なら行くけどなかなか想像つかないもので。でも中身は全く固くなくて、専門用語も解説してくれるし話も噛み砕いて解説してもらえて少し興味出てきたかも。部活にはまだなれないから同好会からメンバー集めに奮闘、どうにか癖の強いメンバーが集まって発表もできそうな。最後の終わり方は次巻が気になって仕方ない。
★7 - コメント(0) - 3月22日

学校に歌舞伎部を作ろうとしたときに、こんなに濃い人たちがはたして校内にいるのか?いやいない。うちの演劇部にはヒーローすらいなかった。ちーんだよ。小説は面白かった。続きみたいよ。
★2 - コメント(0) - 3月22日

ずっと気になりつつ…やっと1巻を手にして読んで、まとめ買いすりゃ良かった…と思ったのでした。そうそう、そういう気持ちってわかる~!と思いながら読んでいたのでした。
★2 - コメント(0) - 3月16日

応援したくなる主人公だった。歌舞伎を観に行きたい気持ちが益々増した。遠見先生はいい先生だなぁ。阿久津がカッコいい。花満先輩が面白い。
★8 - コメント(0) - 3月9日

ベタな部活ストーリーですが、続きが気になります。
★3 - コメント(0) - 3月7日

「こいつぁ春からァ、超ラッキー!」 歌舞伎好きの高校生がカブキ部(の前に同好会)を創るために奔走。ほとんど歌舞伎を知らない自分でも知ってる台詞がちょこちょこ出て来る。この台詞、歌舞伎の台詞だったのか。こういう場面だったのか。と、点在していた記憶がつながるのが面白い。最初にさらっと出て来た台詞が後の方で少し詳しく説明されたりと、小難しい説明はすっ飛ばして、少しずつ話の中に織り交ぜられていくので、気軽に読めた。出てくるキャラクターが個性的で、アニメで動くのが楽しみです。
★9 - コメント(0) - 3月5日

文体は若い人向け。(漫画のような書き方だが、この話には合っている気がする。)演劇に携わった経験があるため、共感する部分が多かった。得意分野の全く違う人たちと、協力して舞台を作り上げていくのは、とても楽しい作業だった。歌舞伎も部活にしてしまえたら、きっと楽しめる…。“歌舞伎”というものが、随分と身近なものに感じられるようになった。カブキ部の今後が気になるので、読み進めようと思う。次巻にも期待。
★13 - コメント(0) - 2月25日

なんとまぁ、三度目の再読ですかΣ(゚Д゚)いや、何度読んでもカブキブは面白いです!5巻まで読んでいるから、先が見えているからこそ安心して読めるというのもありますが、とにかくべらぼうに面白い!アニメも見るよ!さぁ、2巻へ!!
★19 - コメント(0) - 2月21日

最高。最高によかった 歌舞伎って堅苦しくて敷居が高くて、ちょっと手を出しづらかったんだけどクロが噛み砕いて面白く解説してくれたおかげでめちゃくちゃ読みやすかった。ほんと驚く程に読みやすかった。キャラクターの個性が光ってて、どのキャラもそれぞれ全力で生きてる感じがすごくよかった。こっちもワクワクしてくる感じ! 浅葱先輩は、どうしても月刊少女野崎くんの鹿島くんを思い出さずにいられませんでした。多分鹿島くんをちょい真面目にしたらこうなるだろうなぁみたいな。 何はともあれめちゃくちゃ面白かったので次に進みます!
★7 - コメント(0) - 2月20日

mai
アニメ化するらしいとのことでこの作品を知りました。歌舞伎物なら読みたい!と一足先に。歌舞伎について基本的なところから教えてくれるので入門編!そして部員集めから!ザ・青春。いいとこで終わったので続き読みたい。演じてるところを映像で観たい!という気持ちになるので、アニメ化は嬉しい。歌舞伎ネタの作品に必ずといっていいほど出てくる三人吉三。生の舞台はまだ観たことないので、いつか観たいなぁ。
★25 - コメント(0) - 2月20日

アニメ化もあり満を辞して。いやはや面白い。そしてテンポが良い。うわああ、と盛り上がったとこで終わってるのですぐさま二巻へといきます。
★9 - コメント(0) - 2月16日

カブキブの皆さん、個性的で読んでいて楽しいです。 主人公の真っ直ぐな気持ちに感動しました。「まず自分たちが楽しみたい!」って気持ちはとってもシンプルで、忘れがちな事だなぁ。 歌舞伎に興味が湧きました!どんな節の付け方をするんだろう…アニメ化もとっても嬉しい! 今から最新刊まで買い揃え、徹夜して読了する勢いです。
★5 - コメント(0) - 2月15日

アニメ化らしいので。取っつきやすいと言うかとても読みやすい。歌舞伎、よく知らなくても主人公クロくんが分かりやすく解説してくれる。歌舞伎に興味持つきっかけにいいかなって。少なくとも私は見てみたくなった。登場人物がだいたい良い人で、個人的には遠見先生のお父さんが好き。コアですまない。いやみんな好きなんだけど。おま、そこで終るー!?てとこで1巻が終わったので2巻いきます!
★6 - コメント(0) - 2月13日

展開は読めるし、王道なストーリーなんだけどそこが良かったです。何と言っても魅力的なのはキャラが個性的で被らないところ。1人ずつ順番に部員が揃っていくあのドキドキ感が私は好きです!これからカブキ部がどう変化していくのか、メンバーの入れ替えはあるのか気になるところですね!シリーズ物なのが嬉しい。カブキ部の成長を引き続き見守っていきたいと思います。笑
★3 - コメント(0) - 2月12日

前から気になっていたジャンルをわかりやすく導いてくれる。 メンバーが個性豊か。 これからどんな舞台を作り上げていくのか、見守っていきたい。
★3 - コメント(0) - 2月7日

書店でタイトル買い。高1男子:来栖黒悟は爺ちゃんの影響で歌舞伎が大好き。大好きすぎて「自分達で歌舞伎をやりたい!」とカブキブ(歌舞伎部)設立を目指します。クールな親友トンボとまずは部員集めから始めますが…って感じでお話は進んでいくんですけど、登場人物全員のキャラが立っててめちゃくちゃ面白かったです!4月からアニメ化という話も納得。1巻は話の途中で終わってしまったので読み終わったその足で2~5巻を買いに行きましたよ。早く早く、続き続き。
★9 - コメント(1) - 2月7日

YAコーナーの本だけど、面白い。今回は一巻目という事で、ほぼ、メンバー紹介。次巻が愉しみな展開です。若かりし頃、玉三郎ブームにのっかり、南座に通って、沢山の歌舞伎を観た。懐かしいなあ。
★37 - コメント(0) - 2月6日

【図書室本】主人公のくろごがウザイほど熱くて、かわいくて、本気で、すごくまっすぐで、自分がこんなに夢中になれるものを見つけたことがあったかなぁと思える作品だった。それぞれのキャラがすごく濃くて、読んでいて飽きない。また、自分もこの中に入ってみたいと思った! そのまま次巻へレッツゴー!!!
★11 - コメント(0) - 2月5日

阿久津、おいしいところをもっていったなー。早く2巻が読みたい。そして歌舞伎を見てみたい!
★4 - コメント(0) - 2月4日

若い人向けかもしれないけど、頑張る様子や気持ちの変化など面白く読めました。アニメ化されるみたいなのでそちらも楽しみです。
★13 - コメント(0) - 2月3日

とても読みやすく歌舞伎についての知識も書かれていて、興味が湧きました。クロとトンボ、その他のキャラの個性がはっきりしていて面白かったです。ラストシーンはキター!と思わず心の中で叫んでしまいました笑
★5 - コメント(0) - 1月29日

再読。ラストでちゃっかり阿久津がいいところを持って行きましたよね(笑)
★5 - コメント(0) - 1月29日

◆再読◆本当は新しく出た5巻を読もうと思ったんだけど、アニメも始まるし復習の再読!(…なのに、前回登録してないみたいで初読みみたいになってしまった。)やーっぱ良いわ‼︎教頭先生相手に捲したてるところとラスト、彼の登場シーンね!うひー!痺れる‼︎どう映像化されるのか楽しみ!
★4 - コメント(0) - 1月23日

カブキブ!の第一巻。研究会ではなく、自分たちで歌舞伎を披露しようというのだから凄い!一から部活を作ろう(まだ同好会だが)という熱意が伝わってきて、読み進めるごとに熱くなりました。私も学生の頃から歌舞伎は好きでしたが、生の舞台を初めて観たのは大人になってからでした。ましてや部活にしようなどと考えた事もなかったので、羨ましくなったり、応援したり、共感したり、とても楽しく読めました。
★6 - コメント(0) - 1月22日

kyk
アニメ化すると聞いて、そういえば買っていたなと思い出して一気に読みました。好きな歌舞伎を演じたいわけではなく演出したいという主人公がメインとなって歌舞伎同好会を立ち上げ、役者や衣裳、美術を集める中で人数不足で自分が役者をやらなきゃいけないんだけど、びっくりするぐらい大根役者…最後にヒーローのように出てきた阿久津にドキドキしてしまって2巻が手元に無いのが口惜しい。音痴な歌を披露しているときのかっこ悪さとは全く違うかっこよさで阿久津演じる和尚吉三めちゃくちゃ楽しみ。
★6 - コメント(0) - 1月18日

2017年13冊目★面白かった!でも、一巻だけだと「つづく」って感じで終わる。歌舞伎の知識が所々にあるけど、とってもわかりやすく誰でもとっかかりやすい。また、キャラがはっきりしていて漫画みたいに全体が読みやすい。部活を何とか作ろうとする前向さもいいし、部活に近づく過程のエピソードも共感できるような優しい内容が多い。笑えるところもあって、次も読みたい。★小中学生から
★24 - コメント(0) - 1月18日

ずっと読みたかったのでやっと読めてよかったです!!一人一人のキャラがとても素敵でした!歌舞伎の説明もわかりやすくて読んでて楽しかったです。本物の歌舞伎は一度しか見たことないのですが、また見てみたいと思いました。気になるところで終わってしまったので早く続き買いたいです。
★11 - コメント(0) - 1月16日

好きなことばっかをやってく訳にもいかないけど、でも好きなことだったら、全力で頑張れる!!! 『1番好き!!!』って言えるものがあるっていいなーと思いながら読みました。出てくるキャラも個性的です。個人的にはトンボ君が好き。今まで全く興味無かったけど、歌舞伎を観てみたくなりました!
★7 - コメント(0) - 1月16日

前々から気になってて手に取らなかったけど、アニメ化するらしいと聞いて今回やっと読んでみました。 歌舞伎の知識がほぼないわたしですが、苦労せず読むことができました(太字の歌舞伎台詞は、わからないところもありましたが) あとは登場人物の濃さがいいですね!続き読んでみようと思います。
★7 - コメント(0) - 1月16日

108円本。「魚住くん」シリーズが良かったので、こちらも挑戦。真っ直ぐなクロが可愛い!歌舞伎が好きなんて渋好みすぎるな~、高校生なら「歌舞伎好き」ってカミングアウトするのも勇気がいりそうなのに、行動的だ。クロの周りに集まってきた面々もみな個性的。先日読んだ「美男の血」「梨園の娘」は歌舞伎役者サイドの物語だったけど、今回はお客さんサイド&部活動なので、今後の展開が楽しみ。演目の勉強にもなる。クロが倒れちゃったところで終わっちゃったので続きが気になる。
★7 - コメント(0) - 1月14日

以前から気になってたのだが、今度アニメになると聞いて、借りてみた。歌舞伎大好きな主人公のクロが、部活で歌舞伎をやるために、仲間を集めて同好会を立ち上げる。その奮闘ぶりを描いたのがこの1巻。思ったより面白かった。そりゃ、私自身高校生の頃は歌舞伎に興味なかったもん。(好きな歌舞伎役者はいた) でも、観るだけでなく自分達でやってみたいというクロの情熱に、周りの皆が動かされて…。という青春ものの王道。『ぴんとこな』とはまた違った、歌舞伎にかける青春群像が見られそうで続きも楽しみ❤
★18 - コメント(1) - 1月13日

春アニメになると聞いて手を出してみました。歌舞伎は全くわかりませんが、読んでるとなんとなくわかるような…わからないような…?作者の別名義の小説では、よく心をグッと掴まれるストーリー展開があるのでちょっと期待。物語の始まりとなる第1巻では歌舞伎が好きな主人公が歌舞伎部を結成するべく仲間集めに励むお話。集める仲間はかなりイロモノだらけですが、この先いい具合に絆を深めていってくれそうな感じがします。続けて次巻読みます。
★6 - コメント(0) - 1月8日

キャラの強い高校生達が集まって歌舞伎を上演するライトな青春小説。シリーズ1巻目は,歌舞伎大好きなポジティブ高校生(でも演技は大根なので演出希望)のクロが親友のトンボとともに麗人やオネエやオタクの仲間を集めてカブキ同好会を立ち上げるまで。漫画のようにテンポ良く面白い展開になるので歌舞伎を知らなくても楽しめます。でも,歌舞伎のあらすじや豆知識もウザくならない絶妙のバランスで散りばめられていて,歌舞伎入門書になる一面も。歌舞伎の堅い印象を取っ払ってポップに面白さを伝えたい作者の気持ちがあふれています。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

歌舞伎を知らなくても青春してて楽しめる、キャラも濃いから動きがあるというかついてて容易に景色が見える。歌舞伎を知っているともっと楽しめるし、歌舞伎なんて見たことが無いって人に読んで貰えば歌舞伎も興味が出ていいかもね。
★5 - コメント(0) - 2016年12月31日

カブキブ、歌舞伎部を作るために奮闘する一巻。青春ものではあるのだけど、知っているようでほぼ知らない(笑)歌舞伎をテーマにしているので興味深く読みました。キャラクターが濃くて展開もとんとん進むので読みやすい。こんなに良いメンバーが次々見つかるなんて…と突っ込まず素直に読了。続きが気になる。二巻へ。
★20 - コメント(0) - 2016年12月27日

前々から気になってましたが、アニメ化をきっかけにやっとこさ読みました!丁度アニメ化のおかげで登場人物がつかみやすくて凄く楽しく読めました。中々読めていなかったのは男性キャラばっかりかと思ってでしたが、女性陣も魅力的!勿論男性陣も皆凄く魅力的ですが、お気に入りは花満先輩です。119ページ、しびれます(大笑)。アニメ化のキービジュアルから、まだまだ暴れる子は増えるようなので、早くも続刊読みたくなっております。
★4 - コメント(0) - 2016年12月25日

5巻再読後、矢も盾もたまらず1巻へ!そしてやっぱり、一気に読んじゃったΣ(・∀・;)面白いなぁ、クロの情熱とトンボの冷静さ、この対比もとてもいい!やっぱりカブキブは面白い!さぁ2巻へ!
★15 - コメント(0) - 2016年12月24日

歌舞伎って日本の伝統芸能なのに、人間国宝もいるのに、演劇の世界では一目も二目もおかれる人材が集まる文化なのに、なぜ現在の庶民の間ではもっと普及しないのか。そのことを物語の背景に敷き、歌舞伎大好きな主人公来栖君が歌舞伎部(歌舞伎同好会)を作るお話。どのキャラも立っていてとっても面白い上に、来栖君の歌舞伎に対する熱意を校長先生にアピールするシーンや、熱中症で倒れた来栖君のピンチヒッターで和尚吉三をジャックするシーンでは胸が熱くなります。伏線で蛯原仁(白金屋)との戦いもあるので、次巻にも期待大です。
★4 - コメント(0) - 2016年12月23日

Ban
魚住くんシリーズ、妖キ庵夜話ときて、最後にカブキブ! 歌舞伎はまったくの門外漢ながら、詳しく説明してくれるので、問題もなくすらすら読み終わってしまった。 出てくる登場人物たちも生き生きとしたキャラクターたちばかりで、どの子もかわいい。 一癖二癖ある人たちが、まだまだ集まりそうで、これからの展開も楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月20日

カブキブ! 1巻の 評価:70 感想・レビュー:727
ログイン新規登録(無料)