ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月 (角川ホラー文庫)

ホーンテッド・キャンパス  春でおぼろで桜月 (角川ホラー文庫)
あらすじ・内容
こよみと再会して3度目の春。オカ研には新入部員候補がやってきた。しかし同時に恐ろしい依頼まで! 心中を誘う霊、恐怖の市松人形、事故物件巡り……。怖いお話も、森司とこよみの恋の進展もてんこもりでお届け!

あらすじ・内容をもっと見る
312ページ
773登録

ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月はこんな本です

ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月の感想・レビュー(575)

ついにしんじがこよみをデートに誘いました!9巻にしてやっと二人っきりのデートですよ!この二人の恋愛は本当にじれったい!
★4 - コメント(0) - 3月18日

最初の重い発言がカウンターされた('ω')
★4 - コメント(0) - 3月7日

森司が遂にッ!遂に、こよみをデートに誘う。これほどまでに主人公がヒロインをデートを誘うだけで盛り上がる作品があるだろうか。次巻が非常に楽しみ。新入部員の鈴木は中々良いキャラしてて、これからどう物語に絡んでくるのか期待したい。
★16 - コメント(0) - 3月6日

キャンパスライトホラーwithスローステップゆるラブストーリー。変わらずの短編構成で各編多少のクオリティ差はあるがどの話も定番の域は出ずとも起承転結含め骨子はしっかりしており、よくもわるくも相変わらず安定感ある大いなるマンネリシリーズ。一方でマンネリながらサザエさん時空ではなく、ほどほどに作中時間も進行のスタンスも個人的には嫌いではない
★4 - コメント(0) - 2月28日

@
★★
★1 - コメント(0) - 2月24日

預けた人形が勝手について帰ってくるとか、恐いというより無理だと思います。霊的なものではなくて、物質なんですけど?瞬間異動?凄すぎてビックリしそうです。森司が遂にドライブデートのお誘いをしましたね!おおっ!とどよめく外野の声の幻聴を聞いた気がしました。
★4 - コメント(0) - 2月3日

藍さんが卒業してしまって、悲しかったけど鈴木くんが入部してきてくれてよかった。これでオカルト研究サークルが無事に続けられる。今回は怖い女の話が多かった。特に市松人形の話が怖かった。姉妹の争い…。でも、今回はとうとう森司がこよみをデートに誘えてよかった!
★28 - コメント(0) - 1月22日

久しぶりのホーンテッドキャンパス。それでも読み始めると設定をすぐに思い出した。少しずつですが進展してゆく森司とこよみの仲を気にしつつも、ホラー色が強く、後味の悪い話が多かった印象の巻で、ちょっと読むのをためらう感じだった。特に、市松人形の話はちょっと後を引きそうで怖い。ライトな語り口に見せて、実は業の深い物語は健在で、次作も読んでしまいそう。
★6 - コメント(0) - 1月19日

シリーズ九作目。後味の悪い話が多いけど、こよみと森司のエピソードがいい!デートがんばれ!あーんはハードル高いわぁ。新入部員も入って続きが楽しみです。///振り袖の話が違和感ありすぎ。いくら着物でも身長差20㎝は無理でしょ。それに”帯にたくし込む“ってなに?おはしょりって普通の言葉じゃないのかな?成人式なんだから着付けはプロに頼むのが自然なんじゃないかな。
★10 - コメント(0) - 1月18日

再読 事故物件はリアルで怖い。
★2 - コメント(0) - 1月9日

再読。このシリーズでは、和人形モノが最もホラーですね。新入部員も良い感じのレギュラーになりそうで一安心。復習も済んだし、次は最新作に行きますかね〜
★18 - コメント(0) - 2016年12月31日

意気地なしの死神・事件のオチが読めなかった。こよみちゃんの振り袖超見たい。金の帯銀の帯・完全にモブキャラと思っていた新入部員からの不意打ち。月野もとにて・初登場鈴木くん……泣かせるなよ。籠の中の鳥は・かごめかごめは、オカルトにミステリーに伝奇にと、人気のモチーフですね。北詰くんが良い人で素敵。そしてエピローグでついに一歩踏み出した森司とこよみのこれからは?!ーーーな、第9巻。
★3 - コメント(0) - 2016年12月30日

相変わらずヘヴィーなオカルト譚と、森司とこよみのほのぼの交流の落差にやられるシリーズ。ラストで頑張った森司、あのままこよみの勘違いを正さず「うん」って頷くかと思ったー!みんなで行くことになるかと思ったー! よかった、そこは踏ん張れて!!(笑)
★7 - コメント(0) - 2016年12月29日

図書館。 新しいお友達登場! 鈴木君くん、素敵すぎるぜ。 市松人形の話がとても怖かったのですが、私、個人的に市松さんが大好きで、小さい時に一緒に遊んだり、お布団に寝かしつけたりしていたので、恐怖アイテムにされてる昨今の風潮がちょっとイヤかなぁ。
★28 - コメント(0) - 2016年12月27日

今回は短編集。藍さんが卒業してしまったオカ研に新顔登場。はじめに出てきた4人のうち誰かが残るのかと思っていたら、あっと言う間に全員退部⁈3話で出てきた鈴木くんがまさかの新入部員!3話で何ともつらい境遇が分かった彼がオカ研で少しずつなじんでいく様子が嬉しい。森司くんはこの巻では、相変わらず自己評価が低くて鈍感ながらも随分頑張っていました。早くこよみちゃんの気持ちに気づいてあげてほしいものです。
★7 - コメント(0) - 2016年12月25日

鈴木くん登場回は、泣けました。切ない…。いろんな問題を抱えた変わり者やけど基本的にはいい子や…。それに比較して市松人形の恐ろしさったら。人形系の話は怖いのが多いんですが、これは人形とそれに絡む人間も怖いというダブルパンチ。ついでになんか終わってないような気がして…ぞわぞわ~。今一歩が踏み出せなかった森司とこよみちゃんの関係が進みそうで、次巻も楽しみ。これでまた結局進展がなかったら…うわーんですよ。
★8 - コメント(0) - 2016年12月22日

部長一筋で読んできたがここにきての鈴木くんがタイプすぎる……!というか新入生が地味な苗字ばかりで、登場人物紹介でなんだこのイケメンと思ったにも関わらずすぐに思い出せなかった。記憶力。
★4 - コメント(0) - 2016年12月10日

藍が卒業してオカ研部も世代交代を迎える第9巻。何かと物事が移り変わる春です。森司にも春到来(主に頭に)。それでも依頼を着々とこなし、更にはその流れで新入部員も入るという磐石の体制!3年になり先輩になったから少しだけ威厳が出てきたような…気がしないでもない。オカルト的には月のもとにてが恐いだけではなく切ないけど哀愁を感じて嫌いじゃない。まあ他3話が人間のエゴ全開だからだろうか…それとも生身の女性に興味無いからか…(意味深)。ああ…こよみ成分は足りたけど、藍さん成分が不足中( ;∀;)
★35 - コメント(0) - 2016年12月9日

これは、つづきが気になる終わり方ですなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年12月3日

こんな可愛らしい表紙の中身が、こんなに怖くて良いのでしょうか?どんどん怖くなって来ているような気が。まあ、好きなんですけども。新入部員候補の4人が誰が誰か区別がつかなくて、まさかこんな雑魚キャラがレギュラーにならないよね?とちょっと不安を覚えていましたが、結果的には安心。ちょっと不思議系だけど、有望な部員をGET出来て良かったです。2人の仲も少し進展しそうで、次巻が楽しみです。それにしても、市松さんの話が色んな意味で怖かった・・・
★6 - コメント(0) - 2016年12月3日

ドキドキする。
★2 - コメント(0) - 2016年12月2日

友人の本。 雪まだ深い春休み。大学生の森司は、来たるホワイトデイのことで気もそぞろ。とはいえ通常とは逆で、片想いのこよみからの、バレンタインのお返しについて。そんな森司に関係なく、オカ研には依頼が。SNSのオフ会に現れる、心中を強要する霊。恐怖の市松人形、はたまた友人の事故物件めぐりと、恐怖の波状攻撃に戦き、成人式を迎えたこよみの振袖姿にときめき…。新たな仲間も登場で加速する、青春オカルトミステリ第9弾!
★14 - コメント(0) - 2016年11月21日

最後に初めてこよみをデートに誘う森司。応援してあげたい。
★5 - コメント(0) - 2016年11月12日

巻を追うごとに少しずつホラー度が増してるような。。。春になり藍さんが卒業してしまい4人になったオカ研……そこに不動産の事故物件に絡んだ事件?から新入生が入部……なんだけど、また変わったキャラだなー好きだけど。でもこよみちゃんを挟んだライバルにならなくて森司くんよかったね(笑)。あと、日本人形の話は、やけに思わせぶりで後味が悪かったような……自分の深読みじゃないよね!?カバンに日本人形忍ばせてる女子大生なんて怖すぎるよ!?
★5 - コメント(0) - 2016年11月5日

いやいや今回もいろいろ事件てんこ盛りですが、それよりもなにより、森司、よくぞ言った!!この巻は最後の一言に尽きるでしょ。
★3 - コメント(0) - 2016年11月1日

オカ研に新入部員が入って来た。霊に恋する関西人が程よいアクセントになっていた。こよみに対しては特別な感情を持たなかったようで一安心。相変わらず踏み込めない二人だが、こよみが少し頑張ったあとに、森司もやっと行動を起こしたし、早く合鍵が使われるところが読みたい。
★3 - コメント(0) - 2016年10月31日

新入部員登場、これまたちょっと面倒くさそうな立ち位置のタイプで。軽いタッチなのに事件はそれぞれ陰惨なんだよなぁ。市松人形の話がじわじわくる怖さ。え、あの家の女系ってそういうのが出るたちなの?え?市松人形かばんに忍ばせた女の子がいたらひくよ、たぶん。最後は昭和史的にそうだよなぁ、と。森司くんがかなりがんばった。こよみちゃんもがんばれ。
★5 - コメント(0) - 2016年10月24日

シリーズ第9弾。新入生が加わりなんとか廃部をまぬがれて良かったことと最後のシーンの続きがはやく読みたいと思った。
★4 - コメント(0) - 2016年10月23日

主人公がやっと勇気を少し出したかな。新入部員の活躍も楽しみ。幽霊を好きになるとか本当にあるのかな?
★3 - コメント(0) - 2016年10月22日

最後森司よく言った!もー早く付き合えばいいのにと読みながらうずうずしてしまう。
★5 - コメント(0) - 2016年10月11日

また新しい春がきて新入部員も加わったのでもうちょっとこのシリーズは続くのかな?こよみちゃんと森司くんはすごく仲良くなったけど森司くんはやっぱりどこかマヌケだなぁ・・・・早く続きをお願いします><
★3 - コメント(0) - 2016年10月7日

結構前に読み終わってたけど感想書き忘れてた。竜田揚げと睨めっこするヒロインしか印象に残ってない←
★3 - コメント(0) - 2016年10月2日

自殺の道連れを欲しがる男性、対になる市松人形、いわくつきの物件、夢に現れる女性とかごめ。4話目は過去に起きてそうな事件で悲しいというか、うすら寒いというか。最後はお互い一歩踏み出したようで続きにワクワク。
★4 - コメント(0) - 2016年9月28日

部長の、いつになく力強い「冤罪が最も許されない行為」という主張に心動いた。サイドストーリーは、なんというか、あだち充氏のマンガを読むようで、青春の心を取り戻すね。
★5 - コメント(0) - 2016年9月19日

人形は怖い。ストーリーはどこかで、と思う展開。しかし、このふたりの関係って不思議。次回、なんか仕掛けあるのかな星3つ
★4 - コメント(0) - 2016年9月10日

しょーもない新入部員ばっかりじゃん...とがっかりしていたら、ちゃんキャラの立ってる人が登場!あとは、いつまでたってもじれったいあの二人(笑)もう付き合ってるだろ!次巻がどう始まるのか気になる(><)終わりが近いのかしら
★31 - コメント(0) - 2016年9月4日

予想とはずいぶん違っていました。怖さはそれほどでもなく、良い意味でライトかな。暇つぶしにどうぞ。
★2 - コメント(0) - 2016年8月28日

新キャラ好きだわ……関西弁が( *´艸`)
★8 - コメント(0) - 2016年8月26日

一冊丸々かけてようやくデートのお誘いかよー。こりゃ、次巻がデートの下見と服選びだけで終わっても驚かないぞ。でもまあ、森司とこよみにはこのスローペースが似合っている気がするので、毎度お馴染みのもじもじ展開にも、実は全く飽きも不満もなかったりする。むしろ安定の青春ホラーで嬉しいかぎり。今回の「連れて帰ってください」もクッソ可愛くて、読んでるこっちが悶絶したくなってしまったわ。 さて、無事、新入部員も入ったうえ、藍もレギュラー続投してくれそうなので、安心して次が待てそう。
★8 - コメント(0) - 2016年8月24日

成人式でのこよみちゃんの危機に森司が駆けつけるのは良かったし、エピローグで森司がこよみちゃんを誘ったのは頑張った!次巻が気になる。今回は森司が一番頑張ってたと感じた。市松人形の話は怖すぎ!表紙のこよみちゃんかわいすぎ。
★5 - コメント(0) - 2016年8月23日

ホーンテッド・キャンパス 春でおぼろで桜月の 評価:72 感想・レビュー:215
ログイン新規登録(無料)