幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫)

幽落町おばけ駄菓子屋  春まちの花つぼみ (角川ホラー文庫)
201ページ
393登録

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみはこんな本です

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみの感想・レビュー(266)

まず新キャラさんが眉間にシワの筋肉さんでどストライクである( ˘ω˘)スヤァ開始1頁で布団側で首を垂れる真夜に驚いたし「新妻ごっこ?」って出てくる彼方にも動揺を隠せない。猫目のピーナッツ味噌の食レポが凄い。相変わらず水脈は猫目扱いを心得てらっしゃる。/彼方君がチョロ過ぎて心配になります男として!羽織をかけてくれる忍さん格好よすぎかありがとうしんどい。心臓が高鳴る理由は深読みしてはいけない。/マントを払って肩にかける仕草格好いいよ…見た目少年なのに。しんどい(2回目)
★39 - コメント(1) - 3月22日

【分類】文庫
- コメント(0) - 3月21日

彼方くんの正体がわかってスッキリ。そのものだとは思わなかった。 これで終わりっじゃないみたいなので、次も読む予定です。
★4 - コメント(0) - 2月25日

ごく個人的に言うならば、この間で終わりでもよかったのではないかとも思う。幻想古書店もそうだけど、物語が続くことを嬉しく思う反面、まるで少年○ャンプの連載漫画のようなしまりのなさを嫌でも感じてしまう。こういうのは、同じ作者が何度も使ってはいけない手だと思う。
- コメント(0) - 2月21日

忍さん強いですね。強いからこそ恐れられて人から避けられてしまう悲しい過去を背負った人。浮世の人間である彼方君に必要だと言ってもらい憂いを晴らす事が出来て良かったです。この本を読むとなごみ米屋の栗羊羹が食べたくなります。ぴーなっつ最中も気になりますね。
★12 - コメント(0) - 2月15日

忙しかったので、超特急で読みました。一年の契約が切れる時期。留まりすぎると浮き世にはいられなくなる、、、という状況。少し展開がご都合主義でしたが、とにかく解決して良かったと思います。また節分の話題だったので惜しいですが比較的タイムリーでした。
★8 - コメント(0) - 2月8日

話のなかで季節を感じる 色々な風習が面白い
★5 - コメント(0) - 1月31日

彼方くんがまだまだユーラク町にいられることになってよかったよかった
- コメント(0) - 1月30日

あんこもち*まめもやし共通本(*Ü*)
★2 - コメント(0) - 1月27日

電車内でじんわりした
★5 - コメント(0) - 1月24日

rin
彼方くんの幽楽町生活、1月~3月編。1年という期限も延長でき、みんなでわちゃわちゃ、とても楽しそう。町並みも、夕焼けも、甘味の甘さやみんなの笑顔も、しっかり感じられます。読み終わって、いいきもち。シリーズが続いてくれて嬉しいです。
★6 - コメント(0) - 1月18日

色々と明らかになりました。一段落したなーっていう終わりです。前々から思ってましたけど、ウォッチッチ好きですかね???そこら辺も合わせて読みやすいのかなんて思います。金魚に目がないジローがかわいい。
★2 - コメント(0) - 1月15日

幽落町おばけ駄菓子屋シリーズ5弾!やっぱりほっこり温かい内容でした。 物語も文体も優しさが滲み出ていて、安心感があるからページをめくる手が止まらない。 今回は彼方君のこれからや、ちょくちょく登場していた蘇芳君の正体なども明かされていて、わくわくする展開でした。 次も楽しみです。
★5 - コメント(0) - 1月12日

第5弾。新キャラ・忍さんがかっこいい。紙芝居屋の蘇芳さんは謎めいたキャラでしたが、正体が明らかになって可愛らしく思えてきました。相変わらず千葉がデスられていて笑えますが、千葉県民を選ぶのにはやはり理由があったのですね。これからも続くようで良かったです。
★38 - コメント(0) - 1月3日

年明けから春までのお話(*´-`)新たな出会いと謎が解明!そしてもう一年みんなと過ごせる喜び!暖かい気持ちになれました♥
★24 - コメント(0) - 1月2日

シリーズ5作目☆私にとって、なくてはならなくなったこのシリーズ、読みやすいページ数も私にぴったり。表紙も毎回楽しみ。今回の新キャラは、でかくて渋い着物姿の忍さん。自分のことを余というところ、餡子や羊羹好きがツボ♪見た目はちょっと怖いけど、今まで色々あったからこそ…今でも…心優しい人です。謎の紙芝居屋、蘇芳さんの正体も明らかに。幽落町での契約期限が、この春切れようとしている彼方くんですが…うんうん、そうだよね、そう思っていたよ♪これからも、ますますこのシリーズから目がはなせませんね(*^^*)
★32 - コメント(0) - 2016年12月25日

★★☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年12月22日

シリーズ五作目。どうなることかと心配しましたが契約更新ということでよかったです。///わざわざこの時期に人混みに行くなんて…。どの話も楽しく読めました。
★11 - コメント(1) - 2016年12月14日

シリーズ5作目。新たなキャラクター登場&蘇芳君の正体判明かの巻。訳ありイケメンって感じでかなり好きなタイプのキャラ。蘇芳君の正体は‥‥まあ大方予想通りかな。全体としては浮世に戻らなければならない彼方君の揺れる心情を主軸に進んでいくので、前作のようにおどろおどろしいものはなく優しい感じに展開していく。今後の展開も楽しみ(≧∇≦)忍さん、また出てきて欲しいな
★14 - コメント(0) - 2016年12月10日

二年目への流れが伸ばした割にさっぱりしてたね。
★3 - コメント(0) - 2016年11月30日

彼方君の契約期限が近づきつつある日々。幽落町の住人ともすっかり仲良くなり、居心地も良くなっってしまった彼方君。町を出て行くことに心が揺れる。今回は、彼方君の気持ちがメインテーマになっているので、憂いを晴らすお話はそれに添った形になっている。謎の人物だった蘇芳さんの正体が明かされたり、新キャラが登場したり、かなり裾野が広がった感じ。相変わらず優しくも天然な幽落町の住人たちが和ませてくれる。まずは、まったりほっこりを楽しんで♪
★16 - コメント(0) - 2016年11月16日

やっぱりほっこりしていて良い。他の方も書かれている通り、ご都合主義なところもあるが、それはそれでいいと思う。全体的に春らしく、穏やかな物語が多い巻でした。
★4 - コメント(0) - 2016年11月4日

シリーズ5弾。約束の期限が近づいてきて揺れる彼方くん。この刊が最終刊かと思いきや…。怪しさいっぱいの蘇芳さんの正体があきらかになったり新キャラ・忍さんが登場したり~次刊も楽しみだぁ!
★11 - コメント(0) - 2016年10月31日

ラノベなホラー小説、第5弾。前回、謎につつまれていた紙芝居屋さんの蘇芳さんの正体が明らかになりなした。そして、新キャラの忍さん。幽楽町がどんどん賑やかになってきました。次回は大学2年生になってのお話ですかね、楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2016年10月25日

シリーズ第5弾。またもや新キャラ・忍が登場。どんどん増えていく(笑)今巻は蘇芳の正体が明らかに。イヤな感じがするキャラだと思ってたけど、そういうキャラじゃなかったことにちょっとホッとした。その蘇芳の計らい?で彼方はまた1年幽落町にいれることになった。なんか彼方の幽落町滞在もなんだかんだ理由をつけてどんどん延びそうな気が・・・しないでもない?
★13 - コメント(0) - 2016年10月23日

ここまで、ほっこり展開で続いてきたシリーズではあるけど、ちょっとご都合主義の度が過ぎていたかなと思います。蘇芳さん、何でもありかよ!と。忍さんの登場する話は、あっさりしている様に見えてじっくり考えると深いお話でした。でも、やっぱり今までのシリーズよりは物足りない。
★3 - コメント(0) - 2016年10月18日

ayu
ブラックなキャラだった都築医師の忍さんとの絡みは絶妙で面白かった
- コメント(0) - 2016年10月15日

うーんまたも素敵キャラ登場。忍かっこいい。重たい過去が彼方の生き方にのしかかる。憂いを払う水脈と退治してしまう忍はBLEACHの死神とクインシーのよう。忍は自分のことしっかり自覚しているから選ぶ選択肢が辛いなぁ。彼方の二年目はどうなるのかと思ったけど思いの外あっさりと都合よく進んだ(笑)浮世で暮らしながら進む二年目ってのもありかなぁと思ったけどこのシリーズとっても面白いからこのまま延長するならそれで全然いい。忍また出るかな。彼がもっともっと幸せになれる展開を望む。
★7 - コメント(0) - 2016年9月24日

彼方くんがどうなるか気になる5巻。いやぁ、ご都合主義に見えなくもない解決法でしたが、これはこれで好きです。蘇芳の正体もはっきりしますし、ひとつ前の話で本当に常世の住人になった元人間が出たりでほっこりの中にシビアさも入っててどうなるのだろうと思ったら…禁じ手ですねぇ。嫌いじゃないです。どの話も物悲しくも優しい話…彼方2年目の幽落町も楽しみです。
★12 - コメント(0) - 2016年9月17日

図書館本。5冊目。幽落町に住めるのも後少し・・・というところからの蘇芳さん(笑)個性的なキャラがどんどん集まってきて、賑やかです。次回作も早く読みたいと思いました。
★5 - コメント(0) - 2016年9月15日

シリーズ第5弾!季節は冬から春へ。今巻の新キャラ忍さん!けっこう好きなキャラだなー(ノ´∀`*)強面で渋くて優しい若旦那風の風貌でアンコ好きなんて可愛いな(*´ω`*)そしてついに周防さんの正体が明らかに!想像通りで安心した(*´∀`)
★3 - コメント(0) - 2016年9月12日

蘇芳の正体が明らかになった。そして、蘇芳の粋なはからいで彼方がもう一年幽落町に住めることになった。良かった。
★2 - コメント(0) - 2016年8月31日

借り本。彼方が幽落町であと1年暮らせるようになった。よかったよかった。いいなぁ幽落町。思ったところどこにでも行けて、境界からならどこでも帰れる。素敵すぎる。蘇芳くんの正体は思っていたのとは違ったー。けど、納得ではあるかな。幽落町での2年目。どんな出来事が待っているのでしょうか。
★14 - コメント(0) - 2016年8月29日

こちらが5話としらずに1話読まずにこちらから読み始めましたが、さらっと読めて良かったです。幽落町のどこか懐かしい雰囲気もとても好きでした!今度は、1話から読んでみようかと思います^^*
★9 - コメント(0) - 2016年8月21日

図書館本。年が明け、いよいよ彼方が幽落町で暮らせる契約の一年が過ぎようとしています。蘇芳さんの正体も判明。やはり予想していた通りでした。この作品を読んでいると千葉県の知識が増えますね。中でも殻のついたものが落花生で、薄皮がついたものが南京豆、その薄皮を剥いたものがピーナッツという蘊蓄は勉強になりました(笑)さて契約の一年が過ぎ、幽落町でのセカンドシーズンを迎える彼方、この先どんな不思議が待っているのか楽しみです。
★7 - コメント(0) - 2016年8月12日

季節は冬から春でした(笑) ジローがコタツに入ってるの可愛い。 最終話は何となくわかったおちでした、個人的に。 これからも読みたいです!
★2 - コメント(0) - 2016年8月10日

1話目の関東大震災の犠牲となった母娘の牛撫で神社で涙。蘇芳君の正体はまぁちょっと意外だったけど、これ主要人物に面白いほど本当男子しか出てこないよね。トサキントってもしかして土佐金魚からのネーミング?
★39 - コメント(0) - 2016年8月5日

登録以前に既読
- コメント(0) - 2016年7月28日

東京都城東地区のガイドブックのようになってきた。でもヘタな旅行ガイドより楽しい。実際自分が目のあたりにした名所が出てくるといやでも興味が出てくる。例えば大手ビール会社(アサヒビール?)のキントウンのような黄色いオブジェ。あれを見るたびに私は「東京へ来たなあ」と思う。それから隅田川の流れ。どす黒くて飲みこまれてしまいそうな川面。この巻では、彼方のアパートの契約期間がもうすぐ切れるということであたふたする。続巻が出ているのでなんとかなるのだろうと思ってはいたがスリリングだった。空気の読めない真夜さんがツボ。
★10 - コメント(0) - 2016年7月27日

幽落町おばけ駄菓子屋 春まちの花つぼみの 評価:100 感想・レビュー:106
ログイン新規登録(無料)