天空監獄の魔術画廊 (2) (角川スニーカー文庫)

天空監獄の魔術画廊 (2) (角川スニーカー文庫)
276ページ
149登録

天空監獄の魔術画廊 2巻はこんな本です

天空監獄の魔術画廊 2巻の感想・レビュー(110)

引き続き脱獄を図る本作でしたが、前巻に比べ、コメディとエロネタが満載の作品でした。絵画の使い方が面白い。
- コメント(0) - 2016年11月21日

シスターアネットの購入からスターとしました。この巻では脱獄女王とのバトルがあり、なかなか見応えがありました。ストーリーは面白いので、次はどのような絵画が出てくるのか、まだ二桁の絵画が出てきていないので、そこの展開も楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年9月14日

伝説の脱獄王の登場、ヴァレリア!そして、ラブコメ!エロス!カッコイイ異能バトル!でもね、大事は!もっと!ポンコツお姉さんはいいですよ!さあ、作者さん、遠慮しなで。遠慮はいらないもん!キリカお姉さんもっとちょうだい!とくに彼女の格好いいシーン!まあ、でもね、シスターアネットも悪くない…うん、悪くない!
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

各ヒロインの“活躍”のさせ方が実に見事だったw“泥棒猫”なレオナは先手必勝で恋のレッスン。邪魔が入るタイミングがだいぶ遅く、絵描き馬鹿のリオンに目覚めさせる寸前までいくという攻めっぷり。“淫乱シスター”ことアネットもまた二つ名(マテ)に負けない展開だった。そして見た目はピカ一だけど1巻からポンコツぶりを発揮してたキリカが最後にバトルでも恋でも責めでも(マテ)逆転で表紙を飾るにふさわしい(マテ)メインヒロインに躍り出たとw強敵が相手だったというのに本筋よりヒロインの“活躍”に目が…え?こっちが本筋(苦笑)?
★14 - コメント(1) - 2016年3月23日

シスター購入により金欠状態からスタート。でも、コレクションに対する接し方は好感が持てるので、今後もこの路線でで突き進んで欲しい。イラストもよく、ストーリーも安定して面白いので、今後も購読していく一冊
- コメント(0) - 2016年3月23日

新たにシスターのアネットが仲間に加わった2巻。今回は筆責めかぁ、たまげたなぁ。あんなに快楽を求める自分に背徳感を持ってたのに再調教後の開き直りの早さよ。伝説の脱獄王、ヴァレリアとのバトル。看守を支配下に置くという強敵相手で熱かったです。なんだかんだやっぱキリカがメインヒロインポジション掻っ攫ってますね、レオナェ...次巻も誰がが何かされるんですかね、まあそれは置いといて楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2016年2月17日

サクサク読めちゃったよ。筆責めは良かった。バトルもなかなか読みごたえあるかな。
★2 - コメント(0) - 2016年2月4日

嵐のように気づいた。なぜ自分はあれほどキリカを描きたくなかったのか。「そうか、すでに君は…どんな絵画よりも美しいんだ[…]キリカがいてくれたら、もう絵を描くことすら必要なくなるのかもな」苦笑した。そして想像する。絵がなくなった後の自分の心に何が残るのかと。それはとても温かいものだった。まるで生まれ落ちた瞬間に浴びた朝陽のようにどこまでも柔らかく温かいものだった。そう気づいた瞬間、唇は自然に言葉を紡いだ。「キリカ、俺は―君が好きだ[…]絵描きとしてではなく、一人の男として、君のことが好きだ」[222-224
★6 - コメント(4) - 2016年1月30日

シスターを十字架にはりつけて筆攻めとは恐れ入ります。駄目なのに…ッ‼︎ 素晴らしい背徳感をありがとうございました、ラッキースケベじゃなくて狙ってやるのは良いね。それでシスターのアネットは陥落、淫乱シスターの出来上がり。あと脱獄王との心理戦やバトルは読み応えがあって満足。ヴァレリアはまだ出てくるのかな?そして、リオンの本妻がキリカに決まるのかと思ってたけどまだレオナにチャンスはある!
★19 - コメント(0) - 2015年12月3日

さらにエロく…。レオナが好きや!
★2 - コメント(0) - 2015年12月3日

前回脱獄を失敗した主人公達は次の作戦を実行するためにとある囚人を手に入れるために動き出す!
★2 - コメント(0) - 2015年11月30日

ラッキースケベではなくちょっと背徳的なエロを前面に押し出してますね。筆責めは無難にえろいです。でも前に進むには必要だから仕方ないのね。触手とかオークとか定番なものがよく出てくるので、口にするのが憚られるような属性への耐性あるなしに関わらず読めます。安心設計。レオナ応援してます。
★10 - コメント(0) - 2015年11月22日

エロ面白かった2
★3 - コメント(0) - 2015年11月22日

背徳シスターが新たにハーレム入り。キリカは恋愛耐性ゼロでかわいいな。シリアスな場面では凛々しくて超強いんだけど普段の情けないところもいい。レオナさんの誘惑は・・・エロかった(小並感)。ラストに仲間になったフィーネはいじられキャラかな?個人的には今のところキリカ推し。容姿が好みなのもあるけど。
★6 - コメント(0) - 2015年11月16日

治癒魔術が使えるシスターを仲間に加え、今度は地下からの脱獄を前提に魔物を操る魔術を使うフィーネを仲間にする為、主である脱獄王との取引をする事に!盛り上がりに欠ける部分はあるものの話の展開は面白かったです。次巻が今日発売だから続けて読みます!
★9 - コメント(0) - 2015年11月1日

ヒロインの面目躍如回。 しかし、襲われる女騎士を白光と共に救う主人公とか、闇修道女の感応治癒とか、超絶燃えシーン連続なのに、ちっとも盛上がらない不思議 ってか文章下手過ぎ?
★9 - コメント(0) - 2015年10月31日

脱獄王との駆け引きが面白い。今回は拷問あり百合ありで楽しめました。新たな仲間も加わり脱獄までは行きせんでしたが、次なる作戦はどうなるのでしょうか。
★10 - コメント(0) - 2015年10月22日

今スニーカーで一番楽しみなシリーズ。脱獄物らしいえぐみもありながら、ラノベ読者向けに毒素を中和する工夫がされていて安心して読める。戦闘シーンは脱獄王のほうに隠し玉が多すぎて、ややごちゃごちゃしてた感はあるかも。 表紙を占拠し続けるのも納得の圧倒的正妻力を発揮するキリカさんだが、命懸けの恋に生きるレオナに再度スポットライトが当たるのを正座して待ってます。
★6 - コメント(0) - 2015年10月18日

伝説の脱獄王ヴァレリアとの戦いで物語に一本骨が通った感があります。このまま、署長も含め、三つ巴の緊張関係に入ってほしい。囚人をやりとりしつつ(はないちもんめか?(^_^))、それぞれの目的に応じて『絵画』を使いこなすという状況も面白いと思ったりします。ただ、中途半端なお色気はいらないなぁ。★★★。
★4 - コメント(0) - 2015年10月17日

再び脱獄の機会を狙うリオンたちが、その方法を探るうちに『伝説の脱獄王』と呼ばれる囚人・ヴァレリアにキリカを奪われてしまい、その奪還に向かう第二弾。背徳的な悩ましいシスターもなかなか魅力的でしたけど、今回立ちはだかったヴァレリアがいい悪役ぶりで、バトルも熱い思いと巧妙な駆け引きの緊張感が良かったですね。何というか地道に積み上げようとするレオナの努力があっさり吹き飛ぶキリカさんの圧倒的ヒロイン力...だけどどこか抜けてるし、リオンも鈍いしまだ分からないと思いましたw 新しい仲間も加わりそうで次巻も楽しみです。
★33 - コメント(0) - 2015年10月16日

1巻に引き続き楽しんで読んだ。 新キャラのシスターの立ち位置がまったく活躍の場もなく、ヒロイン二人と主人公、この巻の敵役以外影が薄く感じた。 絵画の異能力が予想していたよりも目立たないものの、それ以外の部分で十二分に楽しんでいる。
★1 - コメント(0) - 2015年10月10日

続編買うつもりはなかったがKindleで安かったので… バトルが駆け引き充実、女囚モノらしいエロも充実で1巻よりだいぶ楽しめた。なんかSFっぽい世界観もチラ見せしてたな。
★2 - コメント(0) - 2015年10月10日

「だってキミはこのわたしーーキリカ・スワロウテイルの夫になる男なんだから」これ程、エロさと熱さを兼ね備えた物語はあっただろうか?エロいはエロい!でも、その中に一際輝く星の様な熱さがある!もう、本当に最高だね!新しく入った淫乱シスターアネットは色々とヤバかったし、まさか筆責め調教をあれ程するとはw今回も表紙はキリカだけどやっぱり正ヒロインはキリカなのかな。個人的には健気で献身的なレオナだと思ってたんだけど。レオナはやはり報われないか…と思っていたらあの最後、勝ち目はまだある!!星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】
★89 - コメント(0) - 2015年10月5日

なんか……ラノベらしさにホッとする。内容そのものというより、今どきのラノベ読みに楽しんでもらおうと著者さんが世界設定や能力バトル、そしてお色気と、一生懸命書かれている様子を想像するだけで微笑ましく、優しい気持ちになれた……て、何目線のレビューなんだwwこの著者さんの他の著作は読んだ事なくて、サービス精神は良いとしても、明らかに「コレ、登場人物のリアルな会話じゃなくて、読者に向かって説明してるよね?」というぎこちなさがこなれるともっと読み易くなるかな~と思いました。筆の使い分け超大事!
★13 - コメント(0) - 2015年9月27日

二巻も面白かった!次なる脱獄計画のために必要な囚人を手に入れようと今回は戦力確保のターン。お目当ての囚人が看守を手玉に取ってる脱獄王のヴァレリア姉さん持ちの子で激しい戦いが!ヴァレリア姉さんもフィーネも美しいキャラですな。フィーネに関しては次巻からの活躍(サービスシーン)が楽しみですw1巻ラストに加わったアネットの顔見せがあったもののキリカメインのお話。しかし、え?これレオナメインのお話じゃないの…?結構ガチでへこんだけど奇遇だなレオナ。俺も最後のキリカ見てまだいけると思ったわw次巻の表紙こそレオナで!
★13 - コメント(1) - 2015年9月22日

2巻も面白いですね。確かにエロい部分は多々ありますがバトルもうまく描かれてますし、リオンがなかなかカッコよいのがいいですね。2巻続けて表紙がキリカなのでメインヒロインはキリカなんでしょうけど、レイナも可愛いし、もうちょい報われてほしいなぁ…
★15 - コメント(0) - 2015年8月31日

エロ本なのに!エロ本なのに!面白えじゃねえかよっ!!シスター陵辱、オーク姦あるのにこれだけ面白いってどうなってるの!?これは長く続いて欲しい作品ですね!
★7 - コメント(1) - 2015年8月21日

キャラがきちんと動き出し、面白くなってきた。レオナがかわいそすぎなんで、もう少し・・・
★6 - コメント(0) - 2015年8月20日

おもしろかった!! 主人公の裏をかく戦略といいのバトルシーン。ヒロインの誘惑がエロティックですし、それに対する主人公の鈍感具合も程よくていい。続きも期待してます
★7 - コメント(0) - 2015年8月15日

脱獄不可能とまで言われた他の地域にある監獄から、脱走しまくった『伝説の脱獄王』と呼ばれる囚人がこの島にいるという情報を得て。リオンは彼女に接触するわけですが。いやまぁ、一筋縄ではいかない相手ですよね、そりゃあ。脱獄王の方も、リオンの手元にいるキリカにようがあるようで、今回は脱獄するしないの駆け引きではなく、リオンと脱獄王ヴァレリアのバトルが主となる展開でしたねぇ。手持ちの札で何とかしようと、諦めずあがき続けているのは結構好みではあります。
★8 - コメント(0) - 2015年8月7日

★2.9
★1 - コメント(0) - 2015年8月7日

今回は謀略あり熱いバトルありでかなり面白かった。あとエロいww
★1 - コメント(0) - 2015年8月6日

エロさと熱さがバランス良く共存してて今回も面白かったです。ヒロインギリギリのピンチで颯爽と登場し助けるリオンさんマジ主人公の鏡! 個人的にはレオナの方が好きだけど、メインヒロインはキリカなんだと見せつけられるような展開でしたな。「世界一、格好良いわよ」のシーンは奇をてらわずに王道な感じできた分素直に受け止められて印象に残りました。淫乱シスターの筆責めプレイから開き直りの早さの流れは笑った。新たな仲間も増えつつ次巻どういう展開になっていくのか楽しみです。
★18 - コメント(0) - 2015年8月6日

この作者はデビュー作以来だけど今回は2巻で失速しないみたいなのでシリーズへの期待値が俄然高まりました。
★2 - コメント(0) - 2015年7月30日

次なる脱獄計画に必要な魔術を宿す囚人を仲間に引き込むべく、リオンたちはその囚人の主である「脱獄王」と称される人物に接触を図るが…、2巻でした。表紙レオナさん来ないのかーと思ったがキリカさん回だったので仕方ない。「どうみてもコイツ脱獄を考えてるに違いない」的人物の登場で、リオンたちがそちらサンと協力か共闘か、情報交換に留まるのかはたまた…とかそういうのは置いといて、何よりも例のふしだらシスターさんですよ、ふしだらシスターさん! どういう扱いになるのかと思ったが、まったくけしからん! けしからんぞ、リオンッ!
★7 - コメント(0) - 2015年7月28日

asa
読了。
★1 - コメント(0) - 2015年7月17日

これほど多くのライトノベル読者から求められている”エロさ”や”熱さ”を高いレベルで具現化している作品も珍しい。内容は相変わらず『天空の大監獄』からの脱獄を企てるリオン達は、脱獄向きの魔術を持っているフィーネを手に入れるため『脱獄王女』ヴァレリアとの交渉に向かうが、逆にキリカを奪われてしまい…。もちろんオークや筆責め等のややハードなエロ展開もありましたが…それだけじゃない!熱いバトルシーンもこの作品の立派な魅力の一つです^o^。キリカが犯し殺される寸前に颯爽と現れるリオンの格好良いこと。→
★22 - コメント(2) - 2015年7月17日

これは傑作だと思う 全ページが面白い
★4 - コメント(0) - 2015年7月16日

直球な行為や描写は無いものの拘束した子を責めるという背徳感がたまらなく良い・・・!が、アネット開き直るの早すぎでしょう!、もうちょっとダメなのに体が・・・的なものを続けてほしかったですね。新しく仲間?に入れた男装の処刑人フィーネは作中強く振舞っていましたがいざ自分に牙が届こうとするとヘタレたりと次はどんな変態プレイをすることになるのかちと期待だな!
★16 - コメント(1) - 2015年7月14日

リオン達は新たな脱獄計画の為、いくつもの監獄を脱獄してきたという脱獄王に接触を図りますが…な2巻。全体的に1巻より微妙でしたね…戦闘に、!を多用しまくってたり調教シーンも筆とかオークとか色々ギャグシーンに感じました…。戦闘中に味方を殴って長々と会話するのもどうかと思いますし、これ相手が待ってくれてなかったら全滅じゃないですかね…。敵も小物が大物っぽく振る舞ってる感じでスペックは高いけど強者に見えなくあまり魅力も…。イラストや味方のキャラクターは良かったですがレオナは当て馬だしなんだかなぁ…次巻は検討かも。
★7 - コメント(0) - 2015年7月8日

天空監獄の魔術画廊 2巻の 評価:92 感想・レビュー:50
ログイン新規登録(無料)