俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (12) (角川スニーカー文庫)

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (12) (角川スニーカー文庫)
287ページ
124登録

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12巻はこんな本です

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12巻はこんな本です

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12巻の感想・レビュー(94)

最終巻。あっさりすぎる空さんとの結末や謳歌の留学とか若干やっつけ感はありましたがオールスターでギャグやってタイトル回収と完全完結。ハッピーエンドなのは良かったですが下ネタや残念な部分を楽しんでたので最後の変わらないふらのとのやり取りとか見ると変わってしまう彼らが寂しい気もしますね…またどうでもいい所で馬鹿やってほしいなぁ。個人的に感動的なシーンなのにトモエがずっと頭の中に入れば都合良い選択肢使いまくれて便利じゃないと思ってしまった…。下ネタ多すぎでしたけど真っ当なギャグラブコメ作品でした、次作も期待です。
★2 - コメント(0) - 2016年11月29日

完結。最後くらいは全編に渡ってショコラといちゃいちゃしていればよかったように思うけどなぁ。選択肢によるコメディ展開は正直滑っている感が強くていまいちだった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月18日

脳内に選択肢が出てしまう主人公の話。最終巻です。なのになんで最初しかシリアスがないの!?後半はいつもどうりだし。面白かったですけど。笑いましたですけど。なかなか書かれないヒロインたちのその後があり、また皆前を向いていることに何か感じましたね。
★3 - コメント(0) - 2016年10月31日

言いたいことがありすぎて逆に何も言えない。とりあえずこっちまで幸せな気分になれた気がする。
- コメント(0) - 2016年10月8日

完結
- コメント(0) - 2016年9月15日

シリアスパート終わって初期のノリが戻ってきたって感じ。ふらのや謳歌があっさりしすぎてる気はするけど、それぞれに幸せなようだから、ある意味リアルなのかな。ただ、いまだにショコラルートだったことが不思議でならない……。どこでフラグ確定したんだろう。いやある意味最初の出会いはラノベの王道なんだけど。ところで宴先生にも春が来たようで何より。奏ともども、末永くお幸せに、爆発して、どうぞ。
★2 - コメント(0) - 2016年7月6日

 シリーズ最終巻。 物語のテンポを悪くしているシリアスや、恋に破れたヒロインたちの都合のいい物分かりの良さ、脳内選択肢の実体化の必要性など、不満点はいくつかあるものの、終わりよければすべてよし。最後まで勢いのあるギャグと下ネタで走り抜いたのは素晴らしい。シリーズ全体を通して見ると好不調の波はあったが、学園ラブコメの作品としては総じてレベルが高かったです。連載お疲れ様でした。 オススメです。
- コメント(0) - 2016年6月21日

大団円だ……ラストまで楽しく、サービスを忘れない作品で良かったと思います 星二つ
★1 - コメント(0) - 2016年5月18日

終わっちゃいましたね。結論はもう前々回で確定してたのでまるまるエピローグ的な感じで下ネタだらけでしたね。それにしても本当に下ネタだらけのシリーズでしたね。エロくはないけどかなりキツい下ネタを延々と女の子に言わせるようなシリーズはこれ以外知りません。次の作品はどんな感じになるのか、楽しみです。面白かったです。
★12 - コメント(0) - 2016年5月10日

2016年2月1日初版発行 名古屋市山田図書館   「電子書籍版特別あとがき」6p 2016.5.7.読了
★2 - コメント(0) - 2016年3月10日

最初はなんでこんなもん読んでるんだとまで思いながら読んでましたがここまで読んでみるとやっぱり少なからず寂しさはありますね...。 全てが丸く収まって、後味も全く悪くない理想的なハッピーエンドでした。 こんなにストレートな下ネタだらけの作品を読んだのは産まれて初めてでした。 これ最初妹が買って読んでたんですよ、いつの間にか自分が買っていました。 好きなキャラは四葉紙ちゃんでした。空さんではありません、ありませんよ... 読みながら笑いを堪えるの大変で外で読むには不向きな作品でしたねw 疲れ様でした。
- コメント(0) - 2016年3月9日

宴先生の話もちゃんと回収してくれてよかった。
★2 - コメント(0) - 2016年3月3日

最終巻のため粗筋なしで。 最後まで笑わせてもらいました。図書館で借りてましたが買ってもう一度読み直そうかな。
★4 - コメント(0) - 2016年2月27日

完結。最後まで下ネタを貫き通したのうコメらしい終わり方だったんじゃないかな。
★2 - コメント(0) - 2016年2月23日

いい終わり方だったかな。最初はシリアスだったけど、各キャラの成長や幸せが見れて満足
★1 - コメント(0) - 2016年2月22日

完結。前々巻の幕引きの処理もそこそこに、いつも通りののうコメで何より。やっぱりこの作品は笑い飛ばして終わるのがいいと思います。よくここまで下ネタ連発できるもんですな(笑)しかし本当にタイトルまで回収するとは思ってなかった。それでもヒロインをキッチリ選びきったのは“選択肢”を扱ってる作品らしくあったかなと。完走お疲れ様でした。
★2 - コメント(0) - 2016年2月13日

選べ。完結。ちゃんとヒロインを選んで、脳内選択肢との決着もしっかりと選んだところはお見事といったラブコメだったな。最後まで下ネタで通したのはそれはそれでお見事か。選ばれなかったヒロインにも幸あれ。12巻最終巻はルート確定後の後日談という感じだったかな。脳内選択肢との今後とかも出てきたし、奏のバカ騒ぎは続いていくんだろう。最初で最後の選択肢を提示するシーンは中々に格好良いものがあったなぁ。ともあれ完結。楽しいラブコメでした。
★4 - コメント(0) - 2016年2月10日

完結。終わり方には少々納得がいかないところもあったけど大円団だった。次回作楽しみにしてます。
★11 - コメント(0) - 2016年2月10日

久々に箱庭ゆらぎちゃんが出てきてくれた。お兄ちゃん嬉しい。
★2 - コメント(0) - 2016年2月8日

最終巻ですね。今回も雪平と絶対選択肢の下ネタには笑わされました。あと細かいネタの回収が多かったです。もういろいろ決着が着いているだけに、あっさりとイベントが過ぎていく感じがしました。僕は雪平が好きなので、最後にいい形で終われたのは本当に嬉しいです。という感じで特にこれという感想もありません、普通に想定通り終わったという感じですね。
★6 - コメント(0) - 2016年2月7日

ゆらぎちゃんはもっと注目されるべき
★3 - コメント(0) - 2016年2月6日

完結。最後に賑やかな脳コメを見れてよかった。
★7 - コメント(0) - 2016年2月5日

完結。ショコラ完全勝利。タイトルをそう回収したか。他キャラ回収で謳歌やふらのの出番がちょっと少なかったのが残念。超スタイル宴のイラストが何故ないのか。
★5 - コメント(0) - 2016年2月3日

完結。空との決着もあっさり風味だったし、最終巻は全体的には話を進めるためというよりは、主要キャラ(大子さんまで笑!)総登場のファンディスク的な内容でした。もちろん選択肢も健在で、各キャラの魅力が余すことなく描写されており、エンターテインメントとして最高の一冊だったように思います。特にふらのの最後の下ネタ連発は思い切り笑わせていただきました。シリアスパートが陳腐すぎるという不満は残るとしても、ギャグパートは出色の本作。これで終わりは少々残念ですが、次回作に期待することとしましょう。
★11 - コメント(0) - 2016年2月3日

とうとう完結…。正直シリアスがダルかったけど、やっぱりギャグは毎回面白いので楽しんで読ませてもらいました。っていうかやっぱり奏のチン○ちっちゃいんじゃねーか!!!メインサブ含め女の子総出演&挿絵で最終巻に相応しいとても豪華なラインナップでとても眼福です。奏にフラレて完全フリーな下ネタちっぱい天使ふらのちゃんは俺が貰っていきますね
★3 - コメント(0) - 2016年2月2日

最終巻だけあってこれまでの個性的すぎるキャラクターたちも久々に登場。ふらのの下ネタやUOG本も健在である。宴先生の件と謳歌の留学は予想外だった。絶対選択肢ちゃんことトモエに奏から選択肢を出すという方法はうまいこと考えたと思う。言われてみれば確かに今の奏を取り巻く環境は選択肢のおかげという面もある。今回はイラストが特に可愛いものばかりで、特に素直と伊緒乃のものがいい。二人のユニット名と曲はアニメ版のOPのアフィリア・サーガとEDの曲名も踏まえたのかな。そこあにで発売記念特集があるようなので、最後の楽しみ。
★2 - コメント(0) - 2016年1月31日

完結。神との対峙の顛末を序盤で解決させ、残りはいつもののうコメだった。シリアスはうんざりだったのでこの構成には満足。シリーズを振り替えると中弛みやキャラの飽和状態など問題点は多々あったが、ギャグで何とか押しきった感じ。完結お疲れ様でした。
★4 - コメント(0) - 2016年1月30日

ショコラの記憶を取り戻し、天上空の呪縛から脱出する。そしてショコラが奏の元に帰還するも、眠りについたまま?起こす鍵は再び融合してしまった選択肢にあり…。のうコメ完結。空との決着は彼女に恋の辛さ,そして希望を教え、綺麗な結末を迎えられたね。完結巻だからシリアス一辺倒の結末かと思ったけど、シリアスは一章だけ。そのあとは実体化した選択肢が再び奏の中に入ってからののうコメらしいギャグ連発に全員出演となかなかいい感じで終われたんじゃないかなw?のうコメといったらやっぱり謳歌の無邪気さとふらのの下ネタだよねw→
★19 - コメント(1) - 2016年1月30日

今読んでいるみんな最新5件(2)

02/08:ツバサ

積読中のみんな最新5件(16)

02/06:ゆっきー
01/03:まるま
07/09:Charミィ
06/30:ヨシ
04/23:ゆーた

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

08/14:涼介
03/12:うるふ
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 12巻の 評価:62 感想・レビュー:29
ログイン新規登録(無料)