Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (1) (あすかコミックスDX)
153ページ
182登録

Elysion 二つの楽園を廻る物語 1巻はこんな本です

Elysion 二つの楽園を廻る物語 1巻の感想・レビュー(148)

小説を読んでから読みたかったので…。ソロル可愛い…ソロル本当好きで…。バル子も可愛い…メーネも、美しい。絵が好きだな、って。
★3 - コメント(0) - 2016年12月10日

Elysion懐かしい。当時は大好きでよく聴いてたなぁ。今回の漫画で新たな解釈に触れ、なるほどーこんな捉え方もあるのかーと理解が深まる感覚。
- コメント(0) - 2016年10月21日

小説版を年単位で詰んでた人(ぉぃ)たまたまリアル店舗で見かけて購入。音源だけだと自分の想像力が追いついてなくて、あーなるほどそういう解釈かーと。……小説版ちゃんと読もう。うん←
- コメント(0) - 2016年7月19日

Elysionがそうやく漫画化。ストーリーがやっと補完できると意気込んで読了。ある一つの解釈としては、とても説得力のあるストーリーだった。あーそういうことだったのかということばっかり発見できてとても読んでいて楽しかった。やっぱりarkはきちい…
- コメント(0) - 2016年7月16日

ラフレンツェ好きだ。
- コメント(0) - 2016年6月12日

かわいらしいキャラクターデザインとは裏腹にストーリーは毒っ気にあふれていると思いました。
★2 - コメント(0) - 2016年5月24日

木下先生の描く女の子は可愛いなあ。物語解釈については特にこだわりはないので、こんなのもあるのかーと思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年5月6日

やっぱ木下先生の幼女は可愛いなー。オルフェウスこのやろおおおおおおおおおおぐぎぎぎぎ。年号というか数字がちょいちょいえらく飛んでいるのはどういうことなのだろう……次巻読めばわかるかな?
★1 - コメント(0) - 2016年4月30日

小説版上巻読了済。小説版は正直、文章が合わないと感じていたので、漫画版はどうなんだろうと思ってたんですが、思ってたよりは断然読みやすい。でも、絵があるから分かりやすい部分、絵だけじゃ分かりにくい部分があるから、やっぱり小説版と合わせて読むのがいいのかな。内容に関しては、気持ち悪い(多分、褒め言葉)の一言です。
- コメント(0) - 2016年3月29日

なんとなく絵柄が合わない感じがしたかなあ。同じサンホラコミカライズだと桂遊生丸のArkの方が好きだったかな。サンホラ好きだからとりあえず読むかな、というところ。小説版はまだ未読。
- コメント(0) - 2016年3月28日

正直。サンホラのコミカライズ読んでみたくても買わなくて良いかなって思ってました。一応ローランなんですけども。でも同時に木下さくらが好きで、灰と幻想のグリムガルにハマってる今日この頃としては、買うしかなかった。ラフレンツェの彼が振り向くは絶対ギリシャ神話のオルフェウスとエウリディケの物語だと思ってんだけどなぁ。あとやっぱラフレンツェのお母さんはメルヒェンの野薔薇姫ってことで良いのかしら。
★2 - コメント(1) - 2016年3月3日

密林の評価はイマイチみたいけど、ガンガン読者だった自分は魔探偵ロキとか好きだったので、木下さくら先生のかわいい絵柄でサンホラのキャラが見れてなかなか楽しかった。
★1 - コメント(0) - 2016年1月10日

解釈の自由とはいえ合わないとさえ感じた小説のコミカライズなのかと悩むのだ。しかし地平線の旅人ならば来るものは拒まず、だが去るものは決して許さない!絵柄はかわいく胸焼けするようなクドイ台詞回しがなくサンホラ国民としては寂しい。嗚呼…それでもこれが私のエリスなのだろう…
★4 - コメント(0) - 2015年12月19日

像としての命題という言い方があるが、物語もまた像として可能なのだ、というのが原作者Revoの立場である。もちろん物語にも命題はある。原作を物語音楽とすると、そこに定著されている同一性とは命題と幾つかの設定だけになる。そうしてメディアミックスにおいてなされるのが像の複製ではなく、物語の散種になってる訳だ。で、これはその漫画版。音楽から小説、そして漫画版へ。それらの作品媒体を繋ぐ関係性では、像としての物語という命題が促す翻訳性が注目される。この異本の筆感と解釈には性を縁にした幻想への希求を多く感想させられた。
★5 - コメント(0) - 2015年12月13日

サンホラの中で一番好きなシリーズなので、漫画で読めて嬉しいです。木下さんの絵柄と物語の雰囲気がマッチしてて、個人的には大満足です。木下さんの描く澱んだ狂気を秘めた目が好きなので、初っ端のオルフェからしてかなりストライクでした。というか、ほぼ全キャラ素敵だったと言いたい…。原曲を聞いた時は正直オルフェはどうなんだろうと思っていたのですが…このビジュアルはちょっと狡い。結果的にやはりかなり酷い事してますけどね…。どれも甲乙つけがたいですが、個人的にはArkとLの肖像が一番のお気に入りでした。二巻も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2015年12月9日

読メにもサンホラ好きのひとがたくさんいらっしゃることがわかり、微笑ましいです。音から想像していた物語がビジュアルでみれるのが嬉しいです。曲を知らない人がこの漫画を読んでも意味がわからないはず、そこで原曲をきくようになってくれるかも?祖母がいなくなって唇を閉ざしたあとのラフレンツェの描写が原曲より孤独感が伝わってきて胸が苦しくなりました。仮面の男も、そうだったのか…。次は小説を読んでみたいと思います。
★9 - コメント(3) - 2015年11月28日

私としては、微妙な作品でした。サンホラの作品は、基本的に解釈は人それぞれですので、これもありなのでしょう。この解釈が、私と気が合わなかったのでしょうね。個人的には、ロマンのコミック版の方が好きです。
★3 - コメント(0) - 2015年11月23日

★★★★SoundHorizon 4thの十文字青 版ノベライズを前提としたコミカライズ。描写を削ってさらにエモくなっている、原作好きならオススメ/漫画ならArkのアレもちゃんと背景として処理できるので良いね
★2 - コメント(0) - 2015年11月22日

絵柄はあんまり好きではないが、原作好きとして購入。エルの解釈はいろいろあるけど、こうきたか、という印象。個人的には、仮面の男が大好きなので、あの結末とかつながりとかには、ちょっと疑問が残る。エルの謎の解釈は、いろいろあるから、サンホラ好きと語り合うのは楽しい。と、いうことで、いろいろとつながりたいので、この本を絵柄云々ではなく、読んでみてはどうでしょうかね。
★3 - コメント(0) - 2015年11月11日

原曲好き(ただし音楽として楽しんでいるので考察はあまりしていない)/ノベル未読。もともと魔ロキが好きだったし木下先生の絵柄はエリュシオンの世界観と親和性が高いと思うので楽しんで読めた。バロックが一番木下先生の絵柄とマッチしてて好き。2巻も期待。
★1 - コメント(0) - 2015年11月7日

大好きなサンホラのコミカライズだったので、迷わず購入。CDで聞いても、自分なりの解釈に悩むので、こういう解釈もあるんだと、新鮮だった。下巻にも期待したい。赤い服の彼女の狂気を、見てみたい。
★6 - コメント(0) - 2015年11月3日

原曲厨。ノベル既読。ノベルがうーん…って感じだった(特に上巻)から、木下さくらさんの絵を楽しむ、って感じになってるかも。Arkが一番良かったかな。木下さん解釈の楽園が読みたいかな。ノベルは下巻の方が良かったから下巻の作品に期待。ノベルよりはこっちの方が好きかな。あっちは文章が合わなさ過ぎたから。同じような解釈なら好きな絵の方が良い。
★5 - コメント(0) - 2015年11月3日

大好きな魔ロキの木下さくら先生とSound Horizonとのコラボ!さくら先生のファンタジックな絵柄が世界観にマッチしてすごく原曲に浸りながら読み返したくなった(´ω`)!
★3 - コメント(0) - 2015年11月2日

原曲好き。ノベルは未読。木下先生の描く女の子は可愛いので眼福、意外なオルフェの悪役ヅラは必見(笑)後半も期待してます。
★5 - コメント(0) - 2015年11月1日

へぇー。木下さくらかあ。タクティクスと魔探偵ロキのあと何やってたのかと思ってたら。前にボンボンに載ってた奴をまとめたとかではなく、十文字葵の小説を原作としたコミカライズ。人は落ちるところまで落ちるもんだね。収録作品は上巻まで。原作の薄っぺらさは多少緩和されてる感じ。劣化ネウロみたいな話描いてたから原作との親和性はそれなりなのかねぇ。アスカコミックってあたりがまぁモロ女性向けだけど中身は耽美ではないので安心してほしい
★3 - コメント(0) - 2015年11月1日

サンホラファンとしては買わなければ、という謎の使命感で購入。絵柄は綺麗で読みやすいです。キャラのかき分けもされていて、原作を丁寧に描いている印象。 しかし、エリュシオンはノベライズもされており内容が二番煎じ(いや、原作が同じなんだからそうはいわないか)、新鮮味を感じられず、残念…。個人的にはやはりノベライズされていないイドイドとヴァニスタのコミカライズの方が期待度が高かったようです。
★2 - コメント(0) - 2015年10月28日

ノベルの漫画版。 オルフェはイケメンだけど笑い方が憎いほど悪役。
★4 - コメント(0) - 2015年10月27日

サンホラの楽曲を元にしたノベライズ、の、コミカライズ版。ノベライズは購入してないけれど、こちらは即購入。木下先生の描く女の子は相変わらず可愛いなぁ。ノベライズを購入・読んでいないので、楽曲を聞いただけでは解釈に困った部分も今回明らかになって、すっきり。ただ忘れちゃいけないのは、これもノベライズも解釈の一つの形で、聞き手・読み手のそれぞれの受け止め方でいくらでもどうにでも解釈出来るんだよね。それがサンホラ。うーん、奥が深い。次巻も楽しみ‼
★2 - コメント(0) - 2015年10月26日

CDの歌詞も曖昧だったが、漫画を読んでも今イチ理解が出来ない…。パパはエリスLOVEって話でイイのだろうかw
★2 - コメント(0) - 2015年10月24日

サンホラが好きで、更に魔ロキの木下さんが漫画を担当されたということで購入。 絵柄は好きなのですがサンホラにはまったばかりのせいか、小説版を読了していないせいか…展開が理解出来ない部分があり「?」となってしまいました…。 ですが、今までは人の解釈を見たり聞いたりするだけで自分ではあまりしたことがなかったので、自分なりに解釈してみようと思うきっかけになりました。
★1 - コメント(0) - --/--

自分でそれなりの考察・視覚的イメージが出来ている人には、物足りないかもしれません。 私だけかな
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

10/23:Piichan

積読中のみんな最新5件(12)

10/20:2ぼし
07/27:しぃ
05/23:naguo
03/14:皇うい
01/18:syunsuke

読みたいと思ったみんな最新5件(21)

09/20:錫音
06/11:exsoy
05/15:
05/11:すず
Elysion 二つの楽園を廻る物語 1巻の 評価:50 感想・レビュー:31
ログイン新規登録(無料)