高校入試 (角川文庫)

高校入試 (角川文庫)
あらすじ・内容
湊かなえが放つ、『告白』以来の学校ミステリ!

名門校の入試日。試験内容がウェブ掲示板で実況中継されていく。遅れる学校側の対応、保護者の糾弾、受験生たちの疑心。わずか数時間で悪意が撒き散らされていく。人間の本性をえぐり出した、湊ミステリの真骨頂!

あらすじ・内容をもっと見る
427ページ
3693登録

高校入試はこんな本です

高校入試を読んだ人はこんな本も読んでいます


高校入試の感想・レビュー(2427)

自分が今年高校入試を経験したこともあり、購入。 読み終わって最初に思ったのは、自分の入試前に読まなくてよかった、という思いだった。これ赤裸々すぎやろ。 ただ、ハッピーエンド?だったので、読後はもやもやしなかった。終盤、登場人物それぞれの心情が細かく顕になる中、誰かの何かが抜け落ちているところがもやもやしていたのだが、予想の斜め上展開で一気に読み切ることが出来た!
★6 - コメント(0) - 3月21日

Rio
教師だからこそ感情移入しすぎてしまった。中盤までは本当にのめりこんだ。最後は展開が早いように感じたけど、湊かなえさんの小説の安定感は健在。
★5 - コメント(0) - 3月19日

E
借りて
★2 - コメント(0) - 3月17日

一人称が目まぐるしく変わりながら、ネットの書き込みも時系列に付いてくる、一風変わったミステリー。登場人物がなかり多いけど、しっかり描けてるのは湊かなえの特徴かな。落ちに驚きはなかった。ただ、日本的な試験制度って一体なんなんだろ、と考えさせられた。
★1 - コメント(0) - 3月16日

たった1度の高校入試で人生が変わってしまう人もいる。高校入試にトラブル発生。前日におかしな張り紙がしてあったり、試験中にに受験生のケータイが鳴ったり、保護者が怒鳴り込んできたり。昨今の先生はほんとに大変
- コメント(0) - 3月16日

おやおや、意外に読後感悪くない。白湊?現実の入試採点、合否判定がこんなんだったらかなりやだなぁ。。。。。それにしてもこの一高崇拝一体何なんだ!?
★7 - コメント(0) - 3月14日

入試とはなんのため 通過点にすぎない出来事が その後の人生を変えてしまう ブログ:http://sunnext.exblog.jp/25583717/
★7 - コメント(0) - 3月12日

★★人物相関図を見ながらもあまりついていけず…興味深いテーマだし、刺さる人には刺さりそう。ほんとに採点ミスや隠蔽が起きてるかもしれないと想像してゾッとした。湊かなえさんはものすごく頭の良い方なんだろうな。映像版で追わないと庶民はついてけない。
★2 - コメント(0) - 3月11日

名門高校入試にネットに書き込まれた「入試をぶっつぶす」この意味とは?犯人は?まず思ったのは、登場人物が多い(特に教師)ので、人物相関図を見ながら読まないと誰だかわからなくなる。ドラマのために書き下ろしたみたいだから、映像で見たほうがわかりやすいかもしれません。誰が何のためにと思って読んだが、ラストは意外とアッサリ。でも教師や親、もちろん受験生それぞれの立場での受験の重苦しさがグッと伝わってきました。
★52 - コメント(2) - 3月11日

時期的にタイムリーだった。地方の県内名門公立進学校。その後の大学名よりも、その高校を出ていることがステータスになる。私も地方出身なので、感覚がわかる。東京に来ると、名門私立が多すぎでその感覚は薄れましたが。「一高出身」にこだわる大人に違和感を覚えました。
★32 - コメント(1) - 3月11日

タイトルからしてjc(°▽°)が登場するのかな❤️と妄想して購入。受験者よりは、試験実施側の高校教師がメインで出てきます。「結局どうなるの?!」と最初から思わせてくれる良作。 2chなどの掲示板をたまにでも閲覧する人ならばとても読みやすいかも。
★4 - コメント(0) - 3月10日

【図書館・2016カドフェス】と、とても読み難かった…(¯―¯٥) 関係図があるが故に、安心してしまい、登場人物を覚えるのに時間が掛かってしまった… なので、一人称で語りがコロコロ変わるのに、ついていくのにやっと〜!で、話に入り込めなかったです。遠い昔、私も高校で、人生が決まってしまうと入試の時は思っていたけれども、そんな事はなくて(笑)来年、長男が高校入試だけれども、自分の道を見極めて気楽に受験して欲しいな〜 と、思った。なーんて、今は思ってるけれども、とてもヒステリックになってたりして(;>_<;)
★44 - コメント(0) - 3月10日

「高校入試をぶっつぶす」ネットの掲示板にかかれるも、小さなトラブルが1つあっただけで、問題無く入試は終了。後に分かる掲示板の書き込みの意味も、その時の彼らには知る由も無かった…。作中の人間関係 はドロドロとしていたが、ラストはすっきりとした気分にさせる一冊でした。
★15 - コメント(0) - 3月9日

一風変わったミステリー。殺人とかハードな設定はないが、教職員には悲惨な入試に関わる犯罪。ただ、登場人物が多すぎて、関係性や特性がよく理解できないまま終わってしまった。
★4 - コメント(0) - 3月7日

初の湊かなえさんの本でした。人物が結構マメに変わるので、最初は人物相関図とにらめっこしながらでちょっと読みづらかったです。入試を受ける方も受けてもらう方も大変だな、と思う。最後はちょっと燃焼不足気味で物足りなかったかも
★3 - コメント(0) - 3月6日

大の大人が大学よりも出身高校に固執する様はよくわからなかったけど、1点で合否が決まる入試という戦いのシビアさを改めて感じた。こんな大変なシステム、先生達の思いの中で入試が行われていると初めて知った。先生とはいえ人間だから、余暇時間のこと考えたりもするよな。
★8 - コメント(0) - 3月5日

思わせぶりな一人称で、視点を変えて引っ張るのは、彼女の真骨頂ではないか。ネット上での荒れは、「白雪姫〜」の発展か。最終的なオチが、無難に見えて残念。
★6 - コメント(0) - 3月4日

登場人物の多さと、語り手がコロコロ変わるので読むのには少し時間がかかる印象。ドラマや漫画でないと混乱するかな。著者らしい人間のどろっとした部分の描写は少ないものの、復讐をうまく描写できるのはこの人ならでは。実際こんなモンスターペアレントは増えているようで、教員は大変だと思う。
★4 - コメント(0) - 3月2日

最初は登場人物がややこしい!ドラマの方がわかりやすいかな?観てみようかしら...松島先生が好き。湊かなえさんのドロッドロ感は控えめだっかも。
★5 - コメント(0) - 3月1日

うーん、ぼちぼち。杏子ちゃんと松島先生は割と好き。弟くんはうーん...。元は脚本と聞いて、ふーむなるほど?湊さん、むわ〜〜って感じする。
★2 - コメント(0) - 2月28日

あっというまに読了。 たった2日間のことを語り手をかえて、読者を引き付けてかけるのはすごいなぁ ドラマ見てないけど見てみたい
★6 - コメント(0) - 2月26日

ネット上の入力文と、登場人物の視点や話がかなり入れ替わるので、前に載っている人物相関図を何度も捲りながら読み進む。実際には起こり得ない事なんだろうけど、今のモンスター親、自分自身の昇級に囚われる先生、瞬く間に拡がるネット社会に振り回される生徒や親や先生達の様子はリアルに感じる。入試の採点ミス問題は、実際にニュースでも聞いた事がある。高校の3年間は短い様で人格形成にも関わる大切な時期だとは思うが、限られた地域での優越感の拠り所とされているのも愚かに映る。ラストは再生の道も見え、読後感は良かった。
★108 - コメント(0) - 2月25日

◯ 引き込まれた
★1 - コメント(0) - 2月24日

登場人物が多く、始めは相関図と照らし合わせながら読み進めていたが、途中から一人一人のキャラが分かってきて面白かった。教師たちの振り回されっぷりも、面白かった。
★4 - コメント(0) - 2月20日

登場人物が多いのが少し厄介でしたが面白く読めました。やはり、湊さんは「復讐」する嫌な感情を取り上げるのが巧いと感じました。湊さんの作品を読んで共感する部分はないのだけれど次の展開が気になりグイグイと引き込まれてしまいましたが、最後は呆気なく終わってしまった感じがして少し物足りなかったです。
★81 - コメント(0) - 2月19日

3/5
★1 - コメント(0) - 2月18日

大学入試を17年やっている。たとえトイレだろうが答案用紙に誰もついてない時間があるのはありえない。教室同士、まったく同じことを言っているはずだし。サブは学生に声掛けなんかありえない。試験自体がちょっと緩かったが、最後はびっくりした。
★1 - コメント(0) - 2月14日

Kan
読み進めると「入試をぶっつぶす」に込められた思いが分かってくる。高校入試の価値について考えさせられる本でした。
★4 - コメント(0) - 2月13日

ドラマより全然面白い。ただドラマを見てなかったら複雑過ぎてわかりにくいかも。
★5 - コメント(0) - 2月13日

☆☆☆☆
- コメント(0) - 2月11日

遠い昔に高校受験を経験しましたけど採点している先生方は色々背負ってんだなあと思いました
★14 - コメント(0) - 2月11日

登場人物に教師が多く誰がだれなのか混乱しました。最後までこの人あまり活躍しなかったなって人も。脚本をもとに小説にしているので映像向きの作品ですね。意外な犯人とラストシーンは悪くなかったです。湊かなえさんは何冊か読んでいますが『Nのために』がお気に入りです。
★8 - コメント(0) - 2月10日

登場人物がたくさんでてきて最初は人物相関図と本文をいったりきたり…ちょっとめんどくさかったけど、結末が気になってどんどん読めた。 最後は「えっ!?そんな!?」って感じだったけど、過程が楽しかった。「あー、学校の先生ってこうゆう感じだよね」って教師の嫌な部分が良く書かれていると思う(笑)。
★7 - コメント(0) - 2月7日

登場人物を把握するのに時間がかかりましたが、慣れると一気に読めました。今だから入試は通過点でしかないと言えるけれど、当時を思い返すと人生が決まると言っても過言ではないほどのイベントだと思います。だからこそ起こった事件かなぁと。犯人の動機にはちょっと拍子抜けしましたが。面白かったです。
★8 - コメント(0) - 2月7日

登場人物ごとに話が展開されるのでなかなか追うのが大変。ぼ~っと読んでいると頭の中で誰が誰だか記憶が飛んでしまう。相関図が入っているがやはりなかったら分かりにくい。これが湊ワールドなんだろうな~って思う作品。
★2 - コメント(0) - 2月6日

登場人物が多いので最初はわかりづらかったものの、進むにつれて個性が把握できてすぐわかるようになった。ストーリーも面白くてテンポ良く読めた。ただ、動機に関してはイマイチ共感できず…ドラマとは展開が違うようなので、そちらも気になる。
★2 - コメント(0) - 2月6日

湊かなえさんの作品だなぁって思う。この作家さんの特徴だけど、複数の登場人物の視点から描かれている。気になって短期間で読了したけど、個人的にこの手法に飽きてきたかも…
★3 - コメント(0) - 2月4日

一言で言うと読みにくい。ドラマの脚本をもとに小説にしてるからだろうけど、そんな事知らずに読んだから悶々とした。まずネットの書き込みがイラつかせる。書き込みの後に毎回異なるキャラが語りだす。誰だっけと毎回相関図を見る煩わしさ。井の中の蛙の教師達の会話にイラつく。田舎アルアルだけどイライラする。採点を適当にやる教師に腹がたつ。採点ミスで子供の人生が変わるという自覚がない。でもなんだかんだで最後まで読んでしまった。
★8 - コメント(0) - 2月3日

高校入試に匿名掲示板を絡めた推理小説。登場人物が多く、個性も際立っていないので分かりにくい。罠にかかる側の隙が、予告されているとは到底思えないほどに多過ぎる。などに気が散って真相が判明した時の快感なく、著者の訴えたいことも伝わってこなかった。終幕は割に爽やかなので、それまでの退屈に挫けず辿り着けて良かったとは思うものの、試験監督の方でもない限りオススメしない。
★12 - コメント(0) - 2月3日

積ん読から掘り起こし。ドラマは未見。人物相関図があって良かった(^^;人生のイベント…って言ったらアレだけど、影響があるのは否定しないまでも、ここまで高校入試が大きな存在感な事がイマイチピンとこない…。そのせいもあるのか、登場人物への共感も薄くて…何となく晴れやかに収まっているラストも、何だかしっくりこなかったな…。
★4 - コメント(0) - 2月2日

高校入試の 評価:60 感想・レビュー:792
ログイン新規登録(無料)