ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫)

ラストエンブリオ (3) 暴走、精霊列車! (角川スニーカー文庫)
264ページ
197登録

ラストエンブリオ 暴走、精霊列車! 3巻はこんな本です

ラストエンブリオ 暴走、精霊列車! 3巻の感想・レビュー(142)

問題児シリーズの続編第3弾。天の牡牛から3ヵ月後、主権戦争の招待状が届く◆このシリーズを読み終わったときに毎回思うのだが、続きが気になるのと設定が理解しきれずに面倒という天秤がいつも揺れてるんだよね。今回もそんな気分。なんだかなぁ。また、絵師さんが変わってしまった違和感も多少なりありますし…。そういえば一番お気に入りだった耀が登場したのは嬉しいとこだけど、容姿が成長してしまったことが残念だったな。
- コメント(0) - 2016年12月2日

2016年6月1日初版発行 名古屋市天白図書館
★1 - コメント(0) - 2016年9月17日

KTR
5年か。流石にとんでも世界設定にも慣れてきて、スラスラ読んで付いていけるようになってしまった。問題児たちが暴れるまでもう少しか?それを楽しみにして読み進めてる感じもある。しかし、あのデタラメな強さに理由付けをしようと(初期設定にあったんだろうけど)してるけど、それ理由なくても別にいいんだけどなぁ。気になってたけども、だ。神鉄の巨人、求む。
★3 - コメント(0) - 2016年9月10日

今回はイザ兄のターンだけどあまりパッとしない終わり方でしたね。まあイザ兄の謎にちょっと近づいた感じがしました。次回アトランティスでどんなゲームが繰り広げられるのか楽しみですなあ。
★3 - コメント(0) - 2016年8月31日

耀が成長して女性らしさがぐっと上がってるな!髪を少し伸ばすだけで変わるものですねあと一部分も成長していて時間の流れを感じます。待ってくださいよ問題児で1番好きなキャラの絶対悪である閣下は死してなお俺の評価を上げるというのか!たった1人の少女の為に絶対悪になり死ぬことで人類を救済する英雄を作り上げ少女の涙を止めようとしたその在り方ですでに最高なのに焔の夢の中で人類が魔王によって蹂躙されている時に声を上げる閣下がカッコよすぎる!焔の役割は十六夜を導くことか本当の敵は誰なのかな?拝火の子ねその考えはなかったな
★4 - コメント(2) - 2016年8月29日

話の中核が、星座とか逸話の話からよくわからない科学の話が多くなってきて、正直ドキドキしなくなってきた気がする。焔が主人公になっているが(ダブル主人公を狙っているのかもしれないが)焔自身が戦闘で何の役にも立ってないし、これからも立たないんだろう(第三永久機関をその身に宿して次代の英雄化ってことにでもならない限り)ということがつまらない。 冒険やバトルや、ギフトゲームの理不尽的な難易度を突破する主人公が見たい。
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

広がり続ける風呂敷と、減退し続ける爽快感に不安しか感じない。久しぶりの春日部さんが一服の清涼剤だが、新キャラの唐突感+まだ増えるの?という不安感を消しきれていない気も。最後の砦のお嬢様と、そろそろ話が収束してくれることに期待
- コメント(0) - 2016年8月22日

面白かった。序盤の研究者たちのむずかしーい会話はなんとなく分かったふりをして流して…。殿下が成長して、ジンも成長して、お久し振りの耀登場。表紙で出るのはわかってたけれども。彩鳥のことを飛鳥に似てるーとは言ってたけど『仮面の騎士』だって気づいたわけじゃあ無いんだよね?飛鳥はどんな変化……っていやいや。それよりも、レティシアも敵陣にいるの?
- コメント(0) - 2016年8月14日

いろいろ出てきたな……いよいよ本戦だけど、むしろ現世の方が気になるぞ 星三つ
★1 - コメント(0) - 2016年8月8日

読了。まだまだ太陽主権戦争の本番に向けての準備段階といった内容といったところ。前巻もそんな感じだったので、ちょっち長いなーと思いつつも、様々な伏線が回収される巻でした。そして、新たに張られた伏線、そして、なんといっても耀の再登場!問題児シリーズの中で私の一番のお気に入りキャラでありますので、再登場はもう歓喜です。これからが本番だと思いますので、次巻に期待。
★5 - コメント(0) - 2016年8月1日

太陽主権戦争の本番はまだまだ、強力な人物らの顔見せ回。耀の久々の登場。設定はバンバン出てくるが、続きを早く読みてぇ!と思う。
★8 - コメント(0) - 2016年7月19日

ようやく太陽主権のゲームの舞台が整ったという感じの今巻。しかしなんかまだ暴れたり無い感じで、本格的に暴れるようになるのはまだしばらく先か。十六夜も不完全燃焼だったし。ロリウサギになった理由も明かされてたりといくつかの謎が明かされつつも、新たな謎というか伏線もばらまかれつつ。次巻はそろそろ太陽主権ゲームの開始を期待したいところ。
★3 - コメント(0) - 2016年7月19日

この巻では色々な謎が解けています。しかし、新しい謎や伏線等々がいたる所に散りばめられていて、続きを早く読みたくなるような中身でした。そろそろ本格的にゲームを初めて欲しいです。
★2 - コメント(0) - 2016年7月19日

耀がようやく登場。黒ウサのちっこくなった理由もわかったし、あとは飛鳥が何時出てくるのか待ち遠しい。 焔たちだけでは今のところ物足りない感じである。
★1 - コメント(0) - 2016年7月18日

いつになったら序盤が終わるのか、そろそろ主人公たちの大活躍を。
- コメント(0) - 2016年7月11日

いよいよ本番かと思いきやまだ顔見せといった感じの準備巻でした。それぞれの話は面白いんですが全体的にちょっと地味でした。耀が登場して、出番こそ少なかったものの妥協で触手伸ばされたりネタは面白かったです。しかし黒ウサギのロリ化はそういう理由でしたか。十六夜は相変わらず格好いいのですが、もう敵が大物すぎて彼の無双っぷりは見られないのかも。個人的には焔たち3人衆の活躍に期待してるのですが、それは今後ってことですかね。アステリオス君がとにかく不憫でした。
★15 - コメント(0) - 2016年7月11日

次から次へと凄い(という設定だけの)新キャラが現れるも、その魅力を発揮する前にまたもや新たなキャラが出てくる。原典だけはお達者な追加キャラのオンパレードなどというFGOみたいなことをしている暇があるなら、第二部主人公たちの個性をもっと輝かせて欲しい。活躍しないどころか、ただ台詞があるだけな扱いが多すぎる。一・二巻はあくまで序章で三巻こそは…と思ったのだが、残念。ラノベの悪役大好きアポロとしてはアジ=ダカーハ閣下が忘れられないキャラクターなだけに、ラスブリになってからも切れないでいるので、改善を望みたい。
★6 - コメント(0) - 2016年7月8日

耀がついに登場。でもみんなが揃うまでまだかかりそうだな。理解力が乏しいせいかなかなか読み進めず、途中第一部再読していたら「うん、おもしろい」と。やはり問題児が暴れてこそのシリーズだなと再確認。次はようやく第二次太陽の主権戦争が始まるようで楽しみ。
★4 - コメント(0) - 2016年7月8日

表紙誰かと思った。耀変わったなぁ。さて、飛鳥の登場が待ち遠しい。ジンと殿下の目的はなんだろう?黒ウサギがチビくなっている理由も明かされましたが、まだいろいろとわからないことがあったり。ちょっと小難しい感じの話も長い。早く一気にふっとばす展開を希望します。
★12 - コメント(0) - 2016年7月5日

正直なところ、今回は何をしてるんだかよくわからなくなってきた。焔含む3キャラがどうもなぁ。耀も出てきたけど…イロモノな活躍しかないし。十六夜の持つ熱量が感じられないので、ずっと消化不足を感じてしまうので、次辺りはまた吹き飛ばす勢いが欲しい。一先ず次回予告からレチ子登場を匂わしているので、そこは期待。なんで敵対するのかサッパリだけど。例の人種のアルビノ云々のことを描くとはたまげたなぁ
★4 - コメント(0) - 2016年7月5日

春日部耀がやっと登場です。 二年が経ってさらに魅力的になっていました。 十六夜もやっと箱庭に召喚されていました。 今度も上空4000mに投げ出されました。 ふと思うのですが、「ノーネーム」メインの話はもうないのではないか、と。 久遠飛鳥は何時登場するかちょっと楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2016年7月3日

パーティ開始前の前哨戦&ルール説明編&仲間集め編、といったところですかね。よーやく耀さんが再登場しましたよっっ!ちょっと大人になってて、それでも彼女らしさは変わってなさそうでうれしいな♪十六夜くんも無事に再参戦できたみたいでなにより。まさかのブラック★ラビットイーターも、改として再参戦とか(笑)
★8 - コメント(0) - 2016年7月2日

耀のつつましい胸に妥協で襲い掛かる触手に吹いたwところで、箱庭のケット・シーってこんななのか。もっと猫っぽいのかと思ってた。前から絵あったっけ?
★4 - コメント(0) - 2016年6月29日

ヴェーザー生きとったんかワレェ! やっぱり、第1部よりも理系っぽい内容になってて、そこがとっつきにくさを加速させているような気がする。面白いけど、ちょっと内容が難しい
★5 - コメント(0) - 2016年6月26日

問題児3人揃うまで長そうだ
★2 - コメント(0) - 2016年6月25日

はやくノーネーム全員集合して欲しい。焔たちだとキャラが弱くて主役は荷が重い。
- コメント(0) - 2016年6月23日

そのうちに、、、
★1 - コメント(0) - 2016年6月19日

不倶戴天の謎を解け。主権戦争への招待状が続々と参加者の元に届けられ、いよいよ集まってきた問題児と英雄達と。飛鳥との再開はもうちょい先か。この段階になると出てくる神霊も上位な存在が増えてくるな。ゲーム開幕は次巻になるか。第二部は十六夜とタメを張るクラスがもう殆どだから1回1回の戦闘が死闘に次ぐ死闘なんだよな。ゲームの内容も凝ったものになってきそうか、制約的にも。
★9 - コメント(0) - 2016年6月18日

人類最終試練に相応しい三頭龍のかっこよさは相変わらずですね。箱庭でのゲームもそろそろ始まりそうな上、ラストエンブリオに匹敵する存在の降臨など見満載才で相変わらず面白かったです。唯、全世界の神話を巻き込みつつ未来の英雄との交錯のような壮大な物語なので後10年は連載が終わらないのではないかとの懸念も。
★17 - コメント(0) - 2016年6月12日

第一部で十六夜無双をしまくったからか、第二部は十六夜と対等に戦うキャラが増えて大変そう。……いや、それでも十六夜の強さはハンパないんですけども。人型だから忘れがちだけど、神vs人だからね。暗躍するジンも気になるけれど、赤いお嬢さんとか鈴華と無関係ではないだろう彼女とか、登場をめっちゃ待ってます。上杉女性説を初めて知ったので、そういう意味でもおもしろかったです。
★12 - コメント(0) - 2016年6月11日

春日部耀、(物語に)帰還。飛鳥は名前がチラッと出てきた程度だったけど今後はしっかり出てきてくれると信じて。…彩鳥がああなだけに一部の成長は耀が嫉妬するようなことになってそうな気も(期待をこめて)。もう一人の問題児は箱庭外でまた苦戦。敵のインフレもしっかりされてるようで十六夜無双が読みたい派としては若干もやもや。黒ウサギが(いろんな意味で)小さくなった理由も空かされたりしたけど、まだまだ前哨戦な雰囲気は否めず。次からいよいよ開始される本戦に期待です。あとアステリオスくん不憫すぎる(笑)
★8 - コメント(0) - 2016年6月10日

ron
次回からようやく本戦。殺傷禁止ルールのせいかなんだか思ったよりほんわかムードである(今はまだ)。待望の春日部さん始め皆手の内を隠しているので話の地味さは否めないか。そんな中でも格上と戦わされる十六夜さんが不憫。ロリウサギの謎はそういうことだったのね。ウ゛ェーザーなど懐かしい名前も登場したが、予告からするとレティシアが敵に回る…? とりあえず次こそはわかりやすい悪役の登場とスカッとする展開を期待。アステリオスの酷すぎる扱いは第一部っぽい雰囲気でよかったですw
★6 - コメント(0) - 2016年6月5日

耀さん出たー。成長? あ、前髪が伸びてますね(絵師交代でデザインが変わっただけな気が)。今回は顔見せ・顔合わせで暴れるのは三人が揃ってからなのかも。その方が盛り上がりそうだ。……って、またこんな展開? 本戦まだかよ!
★7 - コメント(0) - 2016年6月5日

表紙の女の子誰だと思ってたら耀か!こう、十六夜と焔がメインだからか、こう世界観の統一がしにくくて想像しにくいかな…もとより難解な世界観があるわけで…面白いのだけど、理解が追いつかない部分があるのは確か。あとバトルも1部より地味というか…まぁ、これからなのかな?とりあえず次巻に期待!
★7 - コメント(0) - 2016年6月5日

久々に登場!春日部耀!!なんか、落ち着いて、連盟の盟主っぽくなってきてるじゃん!でも、やっぱり、問題児3人が早く揃って欲しいな〜
★8 - コメント(0) - 2016年6月4日

表紙の美人は一体何日部なんだ・・・?知ってる顔がじわじわ増えてきた。彩鳥お嬢様が安定して可愛い。前作の黒ウサギみたいないじられ役も最近担ってきてるな。十六夜と焔の出番が1:1くらになっててダブル主人公って感じ。十六夜も相当強いはずなんだけど周りのやつらが化け物だらけでもはや無双できる段階ではなくなってるのがちょっとさみしい。あと、見境ない植物兵器ですら妥協で触手を伸ばすレベルの耀の胸の慎ましさに涙。
★7 - コメント(0) - 2016年6月4日

太陽主権戦争参加者として再び箱庭へ召喚される焔たち、一方「天の牡牛」事件の事後調査をしていた十六夜たちが出遭ったのは…、3巻でした。今巻までが序章というか次から始まるメイン展開への布石、或いは準備的な話であった。まだ本編始まらないのか…思わないでもないが、興味深い記述がいくつも見られたので差し引きゼロかなー。でも、まだぼかされてるカンジの所もあるからなー。それにしても、あれだ。第一部での十六夜の活躍っぷりがある分、第二部で十六夜が相対するモノのインフレっぷりがハンパない事になってる気がするんだが…w
★7 - コメント(0) - 2016年6月3日

アジ=ダカーハについてそういう認識をされることが、十六夜くんの逆鱗か/あぁ、書くのを延期されたらしい外伝短編、こういうところに絡んでくるものなのね/ジンが、そんな策を仕掛けられるほど成長してるとは、喜んで良いのか悩ましいところ/黒ウサギさんロリ化の理由と共に十六夜も改めて来るみたいだけど、どういう参加の仕方になるのかしら。なんにせよ、いよいよ本格的に開幕やね/めもめも https://kakuyomu.jp/works/1177354054881140604
★9 - コメント(0) - 2016年6月3日

今回も溜めかな。力を蓄えたであろう第一部のキャラたちの登場に期待を高めざるをえない。少し気になったのは、二部を担当する絵師さん、動きのある絵が苦手なのかな?せっかくかわいいイラストなのに、デッサンが狂ってるような…。少年漫画ばりに熱い本作では致命的な欠点になるような…。勿体ない。
★8 - コメント(0) - 2016年6月2日

お前、しばらく見ない間にちょっと美人になりやがって……。第二部は(主人公的にも)若干ハチャメチャ具合が減ったかな?テンションが高いのはいつもの「問題児」らしくていいね。あとは常に100万ダメージくらいのケタで戦ってるような派手なバトルも”らしい”。これでワクワクしない男はいない!という感じの気になる引きで終わり。赤の人の表紙が待たれる。しかし、この主人公にした上でどう盛り上げてくるのだろう。十六夜レベルの天下無双には期待できないが……。ガッと盛り上がる巻に期待。
★10 - コメント(0) - 2016年6月2日

ラストエンブリオ 暴走、精霊列車! 3巻の 評価:62 感想・レビュー:49
ログイン新規登録(無料)