ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

ZERO  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
あらすじ・内容
次々発見される幼児のバラバラ遺体。比奈子の故郷・長野と東京を結ぶ鍵は?

新人刑事・比奈子が里帰り中の長野で幼児のバラバラ遺体が発見される。都内でも同様の事件が起き、関連を調べる猟奇犯罪捜査班。一方、以前比奈子が逮捕した連続殺人鬼・佐藤都夜のもとに、ある手紙が届いていた。

あらすじ・内容をもっと見る
249ページ
759登録

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子はこんな本です

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子の感想・レビュー(523)

今回薄いと思ったら、次の巻と続いてたんですね(@_@)早く続きを読まねば…
★9 - コメント(0) - 1月21日

★★★★☆
★5 - コメント(0) - 1月15日

5巻は次の6巻と前後編になってる模様。比奈子最大のピンチ!?
★10 - コメント(0) - 1月12日

今までになく、ハラハラドキドキです。次巻まだ手元に無い。早く読みたい。
★9 - コメント(0) - 1月11日

シリーズ5作目。今回は被害者が子どもなので、東海林さんと同じ感情を覚えます。今までで一番ハラハラしたところで、続巻へ続きます。とにかく気になる!早めに次も読みます!
★5 - コメント(0) - 1月10日

★★★★ 藤堂比奈子シリーズ第五弾
★16 - コメント(0) - 1月6日

「藤堂が歩けば猟奇殺人に当たる」って言われるのも分かる遭遇具合だし、シリーズが続いていくとこうなるのは仕方ないのかとは思うんだけど。都夜って崇拝者を操ったりするような頭の切れるキャラだっけ?裁縫知識は確かにすごかったけど、そういう賢さは感じなかったけどなぁ…ともやっとした気分がします。今回は私的には怪しいっと思った人居たんだけどはずれたっぽいし、最後まで読んで次回に続くかよ!っと涙しました。後、比奈子は毎回一人で怪しいところに踏み込んで碌な目にあってないよね!誰か教えげあげようよ!☆2
★5 - コメント(0) - 1月6日

面白かった。どんどん次がよみたくなる。
★9 - コメント(0) - 1月2日

今回はいろいろな意味で子どもが犠牲になります。とてもこころが痛みます。それと,これは前後編の前巻だと思って下さい。次の巻へ続きます。
★7 - コメント(0) - 2016年12月30日

続きがあった。 しかし、いかにも怪しい子どもなのに一人でついていくのは無いでしょう… 厚田班の個々が、キャラ立ちしてて面白くなってる。
★4 - コメント(0) - 2016年12月28日

シリーズ第五作。故郷である長野に里帰りした比奈子。そこで幼児が犠牲となる事件が発生。東京に戻ってからも同様の事件が起き、関連性を調べることになる。そして佐藤都夜に届いた手紙を機に、動き出す殺人鬼。怖い、グロい、ひどい。これに尽きる。そしてなんとも中途半端なところで終わってしまうという…比奈子どうなる?続き買っておいてよかった。
★9 - コメント(0) - 2016年12月26日

シリーズ5作目。次作「ONE」に続くらしいので、気になる終わり方。今までのに比べたら、そろそろ飽きてきちゃったんだろうか、なぜか楽しめなかった。子供や動物が被害にあうのは辛い。やっとの思いで読了。
★35 - コメント(0) - 2016年12月25日

今回は薄い。ドラマやってたときに売り時だったんだろうな。 さくさく読める。
★5 - コメント(0) - 2016年12月24日

ドラマで見ていた以上に事件が凄惨でした。冒頭の比奈子の帰省のほのぼのさとの落差がすごくて。命の重さに変わりはありませんが、子どもが被害者になるのはお話といえど辛いです。動物の被害も心にずしっときます。次作「ONE」に続くようなのですが、終わり方があのようなものだったので続きが気になって仕方がないです。
★36 - コメント(0) - 2016年12月24日

☆☆☆☆ 続きが気になる!被害者が子どもだと余計に辛く感じる。
★11 - コメント(0) - 2016年12月20日

今回はバラバラ祭でした…。正直、子供が犠牲になる話は読みたくないのですが手が止まりませんでした。あぁ中途半端な所で続きなんて消化不良起こします。
★21 - コメント(0) - 2016年12月14日

次作のONEとの連作なんだろうが、随分中途半端な区切りだなというのが正直な感想。 推理や推測は出てくるものの、実証出来ないまま謎だけ残すエンディングは一冊の小説の作りとして如何なものかと思うが、まずは次のONEを読んでみようかと思う。
★6 - コメント(0) - 2016年12月14日

猫と幼児が組み合わさった猟奇的死体が発見される。あまりにグロテスクなので、詳しくは書きませんが。これは、序章に過ぎず 次のONEに続きます。
★41 - コメント(0) - 2016年12月14日

ONEに続いていく作品のため、ページ数が少なくすぐ読み終えてしまう。今までと違って今回は小さな子供が被害者のため、無理な人は無理かもしれない。終盤は思わず「行っちゃ駄目でしょ!」と口にしてしまいそうになった。
★3 - コメント(0) - 2016年12月10日

途中まで読んでいて、あれ?謎解きとクリアすべき出来事がが全く進んでない気がするのに、もう後半だぞ?と思ってたら、続き物だった・・・。割にショック。子供が犠牲者とうことも蟲の描写も辛かった。最後、「ど、どう考えてもついてっちゃ駄目じゃん!!」と読者視点からは思う・・・。続いちゃうのか・・・。
★8 - コメント(0) - 2016年12月6日

子どもを犠牲になるのは小説とはいえ、より一層痛ましい。佐藤都夜の文通相手がいちばん気になった。続編に期待。
★6 - コメント(0) - 2016年12月4日

oneと一緒に買って一気に読み進めた。前からの流れがあるからハラハラして面白い。今回は子供だからかグロ描写はそこまで多くなかったように思えるしそこは救いというかよかった。
★4 - コメント(0) - 2016年11月29日

被害者が無残に殺されているのはこの作品では普通の事でそこも魅力的で読んでいるんだけど…被害者が子どもは無理だ。苦しくて辛くて読む事が苦痛だった。虐待していた親を無残に殺してあげて欲しかった。都夜が気になって仕方ないので次巻も読むけれど…被害者のところは読みたくない〜。
★11 - コメント(0) - 2016年11月28日

☆3.5
- コメント(0) - 2016年11月26日

今までのザクザク人が殺されるのとはちょっと違う感じ。 動物虐待はイヤだなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年11月25日

テレビドラマを見ていたので、内容を知っている1冊を飛ばして、結末とリンクするこちらを読むことにした。シリーズ最初の頃より文章が自然に流れ、ストレスなく楽しめた。ドラマ版はなんであんなに主人公を脚色してしてしまったのだろう。ストーリーに無理が生じるし、友人仁美の死に際した主人公の描き方はひどかった。フジテレビだから_? オリジナル比奈子ちゃんが変わらぬ魅力でほっとしたっす
★3 - コメント(0) - 2016年11月17日

ONEを先に読んでしまったが、「事件に先入観や思い込みは禁物だ」と教えていたのはガンさんだったか・・・・・・。全くだと思いつつ読み進めた。
★2 - コメント(0) - 2016年11月16日

○シリーズ続き。○事件内容はえげつないが、ますますストーリーが深まってきた。○ページ数が少なかったのは、次作に続く!ため。
★4 - コメント(0) - 2016年11月14日

(友人本)ああ恐ろしい。シリーズのなかで描写が一番オドロオドロしかった。本当に猟奇的‼本が薄いなと思っていたら次回に続くんですね。早く次を読み進めます。
★11 - コメント(0) - 2016年11月13日

猟奇犯罪ではあるが比奈子はじめ周りの人物の強さと温かさにどんどん読み進めてしまう。続きが気になる…
- コメント(0) - 2016年11月12日

ONEに続く物語。読みはじめから伏線がはってあって続きがメッチャ読みたくなります
★3 - コメント(0) - 2016年11月12日

このシリーズどんどん面白くなってます。比奈子ちゃんの悲恋もどうなるか楽しみだしわき役ながら死神先生の過去も壮絶。厚田班もみんな成長して魅力ある面々になっている。そして今後どうなるのか、続編もすごく楽しみだわ~でも近くの書店にまだ続きが売ってない。切ない早く読みたいな~
★12 - コメント(0) - 2016年11月10日

ドラマよりも濃いい内容で、ドキドキしながら読み進めてます。続きが気になる終わり方で、早く次が読みたいー。そして何より、シリーズを重ねるごとに厚田班が良くなっていくのがとっても素敵。
★7 - コメント(0) - 2016年11月7日

“うわぁ~”とか“ひぇ~”とか思いつつもすいすい読んじゃうこのシリーズ。前作からけっこう間が空いたもののすんなり入れた。噂の出所と内容がわかってスッキリしたけど『猟奇犯罪者ホイホイ』ってヒド過ぎないか、東海林さん!?比奈子ダメだって!!と、思ってたら案の定の展開に…このままONEに参ります。
★8 - コメント(0) - 2016年10月28日

収監されたあの人物が、なんと!なラスト。話は次巻に続き、早く!助けてほしいとドキドキしっぱなし。何を言ってもネタバレになってしまいそう。
★13 - コメント(0) - 2016年10月26日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2016年10月23日

シリーズの中では一番猟奇殺人のイメージが強いかな。脱走したあの人物はどこに行くのか?この後は2つの事件がどのように絡むのか? 驚いたのは、次巻に続くということです。買ったときに薄かったのはそのせいでしたね。
★5 - コメント(0) - 2016年10月23日

mow
面白かった 前の話のキャラがちょっと出てくる感じもいい。 やっぱりキャラが面白いから読めるのかなぁ。 ストーリーは重いのは、題材が題材だから。
★3 - コメント(0) - 2016年10月21日

★★★!?工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!?次に引っ張るの!!!それは無しでしょ(・_・;)犯人分かっちゃった気がするんです。ってか、まさかこのまま彼が犯人って事は無いと信じたい。ってか、あの、1冊完結で行こうよ!無理矢理次に引っ張るの大反対!!└( 'ω')┘(笑)
★92 - コメント(0) - 2016年10月19日

死神女史の新たな過去に驚きました。ガンさんと死神女史の間には、その昔何があったのだろう? と気になります。あと、捜査一課の加藤刑事と長野県警の高山刑事も過去に何かあったのかしら? と、これまた気になりました。今回、比奈子が里帰りしたので、比奈子の家族について書かれていましたね。そして、事件は確信の人物に辿り着いたところで続くです。急いで『ONE』にいきます!
★3 - コメント(0) - 2016年10月19日

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子の 評価:80 感想・レビュー:207
ログイン新規登録(無料)