ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)

ZERO  猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)
あらすじ・内容
次々発見される幼児のバラバラ遺体。比奈子の故郷・長野と東京を結ぶ鍵は?

新人刑事・比奈子が里帰り中の長野で幼児のバラバラ遺体が発見される。都内でも同様の事件が起き、関連を調べる猟奇犯罪捜査班。一方、以前比奈子が逮捕した連続殺人鬼・佐藤都夜のもとに、ある手紙が届いていた。

あらすじ・内容をもっと見る
249ページ
842登録

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子はこんな本です

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子の感想・レビュー(589)

ドラマからの順不同読み。ドラマのイメージが強く、脳内ビジョンを比奈子=波瑠、東海林=横山裕、中島先生=林遺都で読み進める。ドラマ版比奈子はクールで心に陰のあるキャラだけど、原作はハートフルで被害者のことを想って心を痛めているというキャラ。内容は、なかなか面白く、だんだんと真相に近づいていく感じが良い。ただ、これって続くのね…てっきり1話完結と思ったのに(大きな意味では続いてるけど)事件解決は次巻らしい。図書館読みで、置いてあるのがコレとONEだけだから、とうしようかと悩む。
- コメント(0) - 3月18日

だんだんグロテスクの度合いが増してゆく?
- コメント(0) - 3月12日

次作へ続くんですね(汗)前編後編とか明記しててくれれば良いのにー。 めっちゃ追い詰めて盛り上がってお預けくらってます。次!読まなきゃ!このシリーズ面白すぎる。
★7 - コメント(0) - 3月8日

ページ少ないなぁと思い購入したら、前後編の前編でしたか。今後の展開どうなるのか気になるから読んでる途中ですぐ後編も購入しました。今回も虫でしたね。さぁ後編に突入しますよ。
★2 - コメント(0) - 3月5日

気持ち悪い。羊たちの沈黙を彷彿とさせる展開。早く楽になりたくて徹夜覚悟でページを捲って捲って‥‥午前4時。上下巻だったとは!!!!zero→oneの流れ。タイトルは秀逸。bedtime books には決して向いていません。
★52 - コメント(2) - 2月28日

ひ、比奈子ーーー!!うちのヨメに何すんねん、コラ!(違ッ) 手に取ったとき、やけに薄い本だと思ったらこちらは前編になっているのね。くう、気をもたせるやないの。ドラマ版でのラスボス「永久」は、アイスブルーのカラコンがおっとろしいド迫力の美女だったけど、原作ではビスクドールのような趣の美少年なのね。これはこれでコワい。ネグレクトや幼児虐待など 、幼な子が被害に遭う話はたとえフィクションでも心が痛い。すぐにでも続きが読みたいのは山々なれど、今しばらく我慢の子なのがツラいところ☆
★48 - コメント(1) - 2月27日

購入本。まさか、続くと思っていなかった。気になるところで終わって、早々に買いに行かなくちゃ‼ 安定の面白さで、一気読みでした。
★20 - コメント(2) - 2月26日

続きの気になる終わり方でした。早速買って読んでみようかな☆
★7 - コメント(0) - 2月24日

図書館本。シリーズ5作目。ページ数少ないなぁと思ったら続くのですね!なので感想は次巻で。
★36 - コメント(0) - 2月21日

ONEも借りておいてよかった。ZEROからONEに続いてます。死神女史の三角関係と最後の三途の川?が気になる。続きよも
★4 - コメント(0) - 2月21日

えげつない殺し方をするものだなぁと、つくづく感じる。佐藤都夜が脱走に成功し、今後どうなるかが気にかかるところ、鈴木ひろしが何者なのかも謎。比奈子は、わき腹を刺されたのかな?絶体絶命という感じで、どうストーリーが展開していくのか・・・
★5 - コメント(0) - 2月21日

うーん、前篇ならそう前もって記せばいいのに…むしろうまくまとまらなかったのかなあ、という印象で読了だった。逆にここからまだ一冊分も話が続くのだろうか。けっきょく続きを読むしかない。
★8 - コメント(0) - 2月20日

いやー、今回の話も、面白くて、スラスラと読んでしまいました。 この本は、まさかの前編。次の巻が楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2月19日

なぜ前、後編で分けたんだろうか?薄いのであっという間に読めた。まだ序盤でそんなに驚く展開にはなっていないので何とも言えず。のび先生との恋はせつないというより不毛な関係に思えてきた。比奈子が良ければそれでいいけどねぇ。。
★7 - コメント(0) - 2月18日

うわ~続きかよ~!薄い本だから、おかしいと思ったんだよ。今回のもかなりグロいです。結構きついです。子どもが犠牲になるのは。しかし、都夜って房子っぽくなってきたね。
★20 - コメント(2) - 2月12日

そっか。oneに続くのね。
★5 - コメント(0) - 2月11日

今までと違い 前後編なんですね今回の終わり方~~ ドキドキさせ過ぎです!ONEを購入してて良かったぁ……と心底 思いました。すぐに 次作を読みたいと思います。死神女史の過去にも驚きでした!!
★4 - コメント(0) - 2月3日

次巻のONEを先に読んでしまいましたが、ZEROを読んでからの方が、話がつながります。読む前に、前後編の区別をしてほしかった。内容的には、とても面白く、絶対にドラマ版より原作の方が面白く好きです。シリーズの次回作がとても楽しみです。
★34 - コメント(0) - 2月2日

この話は、ドラマの脚本が良くできていたと思う。パズルのように仕組まれた内容は映像があるほうがわかりやすい。たぶんドラマのほうがシリーズのまとめのためにストーリーを際立たせる必要があるのだと思う。
★6 - コメント(0) - 2月1日

☆☆☆☆☆ 早く続きを読みたい。
★2 - コメント(0) - 1月26日

5と6逆読み。なるほどなるほど。
★2 - コメント(0) - 1月22日

ホラーとミステリーの違いを考えた時に一つそうかなと思うのは、犯人に心があるのかどうかという点です。まだ真相は分かりませんが今回は被害者が子供ということで犯人の冷徹さが際立ち今までで最もホラー色が強いなと感じました。 完全に次巻に続く展開なのでこのまま続きを読むか間を挟むか考えどころです。次巻も買っておいて良かったです。
★18 - コメント(0) - 1月22日

今回薄いと思ったら、次の巻と続いてたんですね(@_@)早く続きを読まねば…
★13 - コメント(0) - 1月21日

★★★★☆
★6 - コメント(0) - 1月15日

5巻は次の6巻と前後編になってる模様。比奈子最大のピンチ!?
★12 - コメント(0) - 1月12日

今までになく、ハラハラドキドキです。次巻まだ手元に無い。早く読みたい。
★10 - コメント(0) - 1月11日

シリーズ5作目。今回は被害者が子どもなので、東海林さんと同じ感情を覚えます。今までで一番ハラハラしたところで、続巻へ続きます。とにかく気になる!早めに次も読みます!
★6 - コメント(0) - 1月10日

★★★★ 藤堂比奈子シリーズ第五弾
★17 - コメント(0) - 1月6日

「藤堂が歩けば猟奇殺人に当たる」って言われるのも分かる遭遇具合だし、シリーズが続いていくとこうなるのは仕方ないのかとは思うんだけど。都夜って崇拝者を操ったりするような頭の切れるキャラだっけ?裁縫知識は確かにすごかったけど、そういう賢さは感じなかったけどなぁ…ともやっとした気分がします。今回は私的には怪しいっと思った人居たんだけどはずれたっぽいし、最後まで読んで次回に続くかよ!っと涙しました。後、比奈子は毎回一人で怪しいところに踏み込んで碌な目にあってないよね!誰か教えげあげようよ!☆2
★7 - コメント(0) - 1月6日

面白かった。どんどん次がよみたくなる。
★10 - コメント(0) - 1月2日

今回はいろいろな意味で子どもが犠牲になります。とてもこころが痛みます。それと,これは前後編の前巻だと思って下さい。次の巻へ続きます。
★8 - コメント(0) - 2016年12月30日

続きがあった。 しかし、いかにも怪しい子どもなのに一人でついていくのは無いでしょう… 厚田班の個々が、キャラ立ちしてて面白くなってる。
★5 - コメント(0) - 2016年12月28日

シリーズ第五作。故郷である長野に里帰りした比奈子。そこで幼児が犠牲となる事件が発生。東京に戻ってからも同様の事件が起き、関連性を調べることになる。そして佐藤都夜に届いた手紙を機に、動き出す殺人鬼。怖い、グロい、ひどい。これに尽きる。そしてなんとも中途半端なところで終わってしまうという…比奈子どうなる?続き買っておいてよかった。
★10 - コメント(0) - 2016年12月26日

シリーズ5作目。次作「ONE」に続くらしいので、気になる終わり方。今までのに比べたら、そろそろ飽きてきちゃったんだろうか、なぜか楽しめなかった。子供や動物が被害にあうのは辛い。やっとの思いで読了。
★36 - コメント(0) - 2016年12月25日

今回は薄い。ドラマやってたときに売り時だったんだろうな。 さくさく読める。
★6 - コメント(0) - 2016年12月24日

ドラマで見ていた以上に事件が凄惨でした。冒頭の比奈子の帰省のほのぼのさとの落差がすごくて。命の重さに変わりはありませんが、子どもが被害者になるのはお話といえど辛いです。動物の被害も心にずしっときます。次作「ONE」に続くようなのですが、終わり方があのようなものだったので続きが気になって仕方がないです。
★38 - コメント(0) - 2016年12月24日

☆☆☆☆ 続きが気になる!被害者が子どもだと余計に辛く感じる。
★12 - コメント(0) - 2016年12月20日

今回はバラバラ祭でした…。正直、子供が犠牲になる話は読みたくないのですが手が止まりませんでした。あぁ中途半端な所で続きなんて消化不良起こします。
★22 - コメント(0) - 2016年12月14日

次作のONEとの連作なんだろうが、随分中途半端な区切りだなというのが正直な感想。 推理や推測は出てくるものの、実証出来ないまま謎だけ残すエンディングは一冊の小説の作りとして如何なものかと思うが、まずは次のONEを読んでみようかと思う。
★7 - コメント(0) - 2016年12月14日

猫と幼児が組み合わさった猟奇的死体が発見される。あまりにグロテスクなので、詳しくは書きませんが。これは、序章に過ぎず 次のONEに続きます。
★43 - コメント(0) - 2016年12月14日

ZERO 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子の 評価:86 感想・レビュー:229
ログイン新規登録(無料)