幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫)

幽落町おばけ駄菓子屋  晴天に舞う鯉のぼり (角川ホラー文庫)
202ページ
322登録

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼりはこんな本です

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼりの感想・レビュー(207)

2話、つくもがみで、亀だった! 3話、鯉のぼり、切なかった。 でも、亡くなったお母さんにあえて良かった。
- コメント(0) - 3月25日

【分類】文庫
- コメント(0) - 3月22日

都築さん、いいねぇ! 成田山新勝寺に行って、羊羹食べたくなりました。 本を読んでそこに行きたくなるのっていいよね。 あぁ、お休みほしい。
★5 - コメント(0) - 2月26日

シリーズ六作目。薄い本でびっくりした。話はほのぼの系。さらっと読めて面白い。都築と忍のコンビがいい☆
★9 - コメント(0) - 2月1日

これより彼方くんの2年目突入!!いかんせん児童書っぽいところはあれど、ネタ的にそれなりの年齢じゃないとできないことってあるからね…。のっけから都筑さんが色々とやってくれたお陰で出だしは笑ってしまいました。善行をつむ側になれど基本的にはこの人ってぶれないところが好きです。行動原理は何一つ変わってないのですから…。ほっこりとした自分が何モノか忘れたお爺さんの話も紙の鯉のぼりの話も好きです。最後の都築と忍さんコンビの話も雰囲気は違えど面白かったです…二人の話で1冊いっても構いませんよ!
★12 - コメント(0) - 1月29日

今回は千葉って感じがたくさんあった
★2 - コメント(0) - 1月26日

はじめの人物紹介のページだけで数分経ってました…ww やっぱ都築さん好きだわーなんやかんやでいい人っぽいのが好きだわー。柴犬って即答するとか…好きです…。サブタイトルにも、なってる鯉のぼりのお話はほっこりとしていました。
★2 - コメント(0) - 1月17日

第6弾。千葉を散々デスっていたジローが水脈さんの出身を聞いて慌てたり、水脈さん以外にはツンツンで相変わらず可愛い。真夜さんがとうとう犬小屋になって笑った。思いもよらぬ2人の初対面は面白かったです。新興住宅地は注意が必要ですね。なぜだかとっても羊羹が食べたくなります。羊羹の丸かじりは憧れて試したことがありますが、様々な後ろめたさでいっぱいになります。
★37 - コメント(0) - 1月16日

おばけ駄菓子屋シリーズ6弾!久々に登場の都築さんから始まる今作も、相変わらず温かいストーリーでした。都築さん、丸くなったなあ。 鯉のぼりのお話と桜のお話、すごくよかったなあと。柏餅が食べたくなりました。 忍さんと都築さんとの初顔あわせも面白かったです! 次作はどんなストーリーかわくわくしますね。
★3 - コメント(0) - 1月13日

@
- コメント(0) - 1月10日

都築ひさひざ登場!彼の背負ってるものを知ってから気になってる(*´-`)そして余談での忍との出会いとてもいいですね。なかなかこの二人好きです(*´ω`*)
★21 - コメント(0) - 1月3日

借り本。シリーズ6作目。 久しぶりにこのシリーズ読みましたが、変わらずのほっこりミステリー。 でも、ひとつひとつの話が短くて読みやすいのはいいのだけれど、解決までトントン拍子にいきすぎなんじゃ…?と、ここに来てちょっとだけ違和感^^; 今回の余話は都築さんと忍さんのお話でした。意外な組合せだったけどいいかも。 次巻も読みます。
★6 - コメント(0) - 1月3日

シリーズ6作目☆ページいっぱいに並ぶ人物紹介イラストに感動です♪大学2年生になった彼方くん、幽落町での2年目の春が始まった。いきなりの登場の都築さん、白い人から黒い人へと!もちろん3つのお話、余話も好きだけど、人物ひとりひとりが楽しいこのシリーズ。美脈さんと忍さんの羊羹トーク、甘い物好きといったら(笑)切り分け派の私も仲間に加わりたいよ。真夜さんのズレッぷりにもじわじわ~(*´-`)
★25 - コメント(0) - 2016年12月30日

★★☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

シリーズ6冊目。ストーリー自体はよくある感じで目新しさはないし、若干ご都合主義的展開。にも関わらず楽しめるのはなぜだろう?サクッと楽しく、時々ホロリ。今回は都筑さん&しのぶさんという名(迷?)コンビも誕生したし、続刊が楽しみ(≧∇≦)
★14 - コメント(0) - 2016年12月13日

忍さんと都築がコンビになりました!最高すぎる!相性バツグン。タブレットすっ飛ばされて焦る都築なんて忍さんじゃなければ見せない一面では。あだ名じゃなくてちゃんと名前で呼んでるのも心開いてる感が嬉しい。勿論彼方や水脈のおかげで心を開けるようになったんだけど、忍さんのはっきりきっぱり言っちゃう性格もほんとに合うんだろうな。今後の登場も大いに期待!
★8 - コメント(0) - 2016年11月25日

キャラの輪郭がくっきりしてきて、愛着がわく。主人公も、平凡なようで、懐が深いというか。
★4 - コメント(0) - 2016年11月24日

図書館本。6冊目。今回はメインキャラ大集合な感じで、サクッと読めて楽しかった。最後の鯉のぼりの話はホロリでした。
★3 - コメント(0) - 2016年11月15日

幽楽町生活2年目の彼方君、怖かった都築さんとハーレーでツーリング♪ だんだんと仲良くなっていきますね(笑´∀`)。 このまま常世で暮らすのかな?
★5 - コメント(0) - 2016年11月12日

ラノベなホラー小説、第6弾。今回はわき役キャラがたくさん出てきたので、お得な感じでした。鯉のぼりの話はホロリ。親子の話は弱いです。都筑さんと忍さんのコンビは面白すぎ。次巻も楽しみです。
★11 - コメント(2) - 2016年11月10日

成田の米屋や、手焼き煎餅屋が登場して、昔はよく行ったなぁ、と懐かしかった。鯉のぼりの話は、切なさがキュンとくる。シリーズの中でも最もしみたというか、暖かくなったお話だった。余話の都築と忍のコンビは嵌まっていたと思う。
★3 - コメント(0) - 2016年11月8日

薄さもあってさくっと読めます。都築さんが元気そうで良かった。忍さんと水脈さんの羊羹話が微笑ましかったし、余話の忍さんと都築さんがとてもいい師弟になりそうで!あとタブレットにはしゃいで壊しそうになる忍さんが可愛いかったです。
★4 - コメント(0) - 2016年11月5日

真夜さんの口調に相変わらず癒されました。都築さんと忍さんのコンビもいいな。
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

シリーズ第6弾。彼方が都築にさらわれた!!(笑)なんだかんだと都築の出番が増えているね。頑張って善行を積んでいるようで何より。都築と忍の絡みもあり、なかなか面白いな~と。なんかこの巻はキャラ大集合みたいな感じだった。まぁ、面白いからいいけどね。
★11 - コメント(0) - 2016年10月26日

ayu
都築さんがまさかの忍さんと絡むお話があり、ただ黒かった都築さんの人間的な面がうかがえて面白かった
★1 - コメント(0) - 2016年10月14日

登録以前に既読
- コメント(0) - 2016年10月1日

シリーズ第6弾。今回都築さんや忍さんがでてきて楽しかった!特に最後の話が良かったです^^*彼方くんコンビもいいけど、最後の2人の感じも好き。
★6 - コメント(0) - 2016年9月10日

借り本。幽落町での2度目の春。余話が好き。「背負ってしまったものが多くても、背負い方を知れば、潰れなくても済むだろうか。」なるほど、確かにね。
★21 - コメント(0) - 2016年9月4日

市立図書館から。本、薄すぎ!(笑)ホラー要素が感じられないのですが・・・(^^;) 都筑医師、善行頑張っていますね~というか、もともと悪人ではないのでしょうから。忍さんと都筑医師とのコンビが生まれそうで、これからの活躍が楽しみです(*´艸`*)
★18 - コメント(0) - 2016年8月23日

こいのぼりのお話にウルっときた。
★31 - コメント(0) - 2016年8月22日

『貴様が俺を信じたからだ。自分を誇れ』今回は都築先生が大活躍!絶賛善行を行い中。口は悪いけど頼れる男!って感じでかっこよかった。忍さんとのコンビも良さそう。残念ながら彼方くんが予想した羊羹呼びじゃなくてちゃんと名前を読んでて、忍さんの事を認めてるいるのがよくわかる。
★32 - コメント(0) - 2016年8月9日

都築さんと彼方、都築さんと忍さんというペアが相性がよくてすき
★11 - コメント(0) - 2016年8月7日

ホラーなのに何故かほっこりする作品。今回は登場人物が多くて豪華な印象です。 それから、都築さんと忍さんがいいコンビニなりそうな予感。次回も期待です!
★4 - コメント(0) - 2016年8月7日

さくさくと♪都築さん登場(^^)/素直じゃないトコがいいです。忍さんといいペアになりそうで、新たな楽しみ。
★24 - コメント(0) - 2016年8月6日

彼方君が千葉の実家へ帰る「第二話 ぼくのふるさと」が楽しかった。成田山新勝寺への参道は私も歩いたことがある。大晦日の晩で混雑が激しく、沿道の店を見て回る余裕は全くなかった。だから本書ではゆっくり楽しめた気がする。私も千葉県民であるが、彼方のように千葉県の特産物にこだわることはない。彼は普段常世に住んでいるのでふるさとへの郷愁がひときわ強いのだろうか? ゆるキャラ「うなりくん」を登場させたのは作者の郷土愛ゆえだろうか? 千葉県のゆるキャラといえば「ふなっしー」(非公認)に全部持っていかれているので。
★11 - コメント(0) - 2016年7月28日

そうか彼方君。君は千葉ニューに住んでいるのか。意外とご近所じゃないか。千葉ニューは北総線だから電車賃高いよね。その衝撃のお値段たるや独り暮らしできそうだもんね!奇跡の原っぱ知ってる?とご近所さん意識高まる一一冊。特級の羊羹が美味しそうで食べに行きたくなりました。喧嘩せず味わって食べてね。激動の一年が過ぎメンバーも固まりつつ安定の二年目シーズン。女っけのないお話しだし、彼方君も彼女が欲しいとかそういう希望は『まだ』ないみたいだけれど、こういうタイプは意外と禁断の叶わない異種婚姻譚みたいな恋に転がり落ちそうだ
★72 - コメント(0) - 2016年7月25日

ハーレーに乗った真っ黒い都築さんを想像して勝手に悶えていた。似合いすぎて怖い。刺々しかった都築さんが徐々に幽落町の住民の雰囲気にのまれているのが可愛らしい。忍さんとのお話最高でした
★10 - コメント(0) - 2016年7月24日

久々に都築さんと一緒に謎解き!弟のために善行を行っているためただの良い人に。そして新キャラの忍さんと都築さんの交流も。幽落町に流れ着いた鯉のぼりの悲しい過去とは。個人的に都築さんがまた出てきてくれて嬉しい。なんだかんだ彼方の事を気に入ってるみたいで二人のやりとりは見ていて楽しいのでまた登場してほしい。
★8 - コメント(0) - 2016年7月16日

前回で終わりかと思ったら、続刊があったようだ。 今までの登場人物がすべて登場する感じ。あいかわらず羊羹と千葉についての描写は細かい。 肝臓をうばっていた医者の都築と、忍のコンビがなかなか珍しかった。ホラーというより胸温まる物の怪の話という感じ。水脈さんのヒロインっぽい感じが何ともいい感じだと思う。
★8 - コメント(0) - 2016年7月14日

幽落町おばけ駄菓子屋 晴天に舞う鯉のぼりの 評価:84 感想・レビュー:76
ログイン新規登録(無料)