転生従者の悪政改革録 (3) (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 3巻の感想・レビュー(71)

ウンコ・オブ・ウンコの称号を上げたくなるほどの糞っぷりに怒りが収まらねぇわ1巻の期待をここまで裏切ってくれた作品は久しぶりですよ。限りなく味のないバトルやら内政やらは2巻で見切りをつけていたからどうでもよかっただけに楽しみにしていた恋愛要素を告白をゴールにした時点で終わってる、この手の作品は恋人になるまでじゃなくてその後が大事に決まってるだろうが!これに次があるならまだわかるんだよ?だけど3巻で完結だからこそ俺は怒っているんですよ!本編は実は現代組だった?なら申し訳程度ではなく別に書いてわけろや!
★2 - コメント(1) - 2月3日

完結かどうか判断に困る終わり方だったけど、スニーカーらしい打ち切り方と言えばスニーカーらしいタイミングでの終わり方だった気はする。これで終わりだとしたら残念。
- コメント(0) - 2016年9月16日

物足りず。今までの巻と比べ導入部分がまず弱くそのまま盛り上がりきらず終わってしまったという感じだった。話に決着がついていないので続きは出て欲しいがあの終わり方なので打ち切りが決まってストーリーを強引にまとめてあの形にしたようにも思える。個人評価5。安定している作品という印象だったのでとても残念な巻だった。打ち切りなら仕方がないのかもしれないが、いろいろ中途半端な部分が残っているのできちんと納得できる形で完結させてほしい。
★1 - コメント(0) - 2016年8月25日

もっと日本の二人の話が読みたかったな。
- コメント(0) - 2016年7月25日

あれ、この終わり方って完結なんじゃあ…?せめてもう1巻後日談を出してくださいよと思わずにはいられない物足りなさ。遂に鈍感女王ナナミがユーリが自分に好意を持ってることを自覚し意識しまくる回。バカップル魔法とはなんて恥ずかしいんだ…(笑)。ユーリとナナミは良い感じに終わったものの、地球組はこれで終わるには中途半端で先が見たいなぁ。悪政改革は今巻で全て解決したからあとはイチャラブだけの巻を一つ頼みます。
★15 - コメント(0) - 2016年7月17日

読了!素晴らしい内容でした。 今巻に限って、やっている事は、そんなに真新しくはないんですが、ページを捲る度にワクワクしました。読者が面白く感じるツボを的確に押さえられている作者さんだなぁと。ただ、終わりかたが何だか打ちきりを食らった最終巻みたいで不安です。完結じゃないですよね?次巻を出して欲しい!
★20 - コメント(1) - 2016年7月10日

「全男子垂涎、憧れの珠玉の一品!」じゃあないんだよ、「全男子垂涎、憧れの珠玉の一品!」じゃあ。懺悔してる人間から出たとはとても思えないパワーワードで普通に爆笑してしまった、お前実はノリノリだろう。いくらかの紆余曲折はあれど、最終的には救われるべき人は救われるしそうでない人はお察しの通りな展開は読んでいて気持ちがいい。…………続き、出るといいなあ。スンゴイ不安
★3 - コメント(0) - 2016年7月6日

roa
うん、これで終わりなのか?続きそうな気もするが。どうなんだろ…。七海さんついに自覚したか…。よかったな勇利君。ナーミィお嬢様とユリウスさんの方でも動きがあったし、まだ読みたいなあ
★2 - コメント(0) - 2016年7月6日

終わり?日本のほうのユリウスとナーミィの話のほうがなんだかんだで楽しみだったりする。こっちでも一冊欲しいなぁ。
★4 - コメント(0) - 2016年7月4日

伯爵Aがミノマイさんに進化するお話。ミノマイさんの株が上昇しました! ついに日本でもお互いの正体がばれてしまいました...そしてナナミとしてではなく、ナーミィとして告白する。自分を偽らず告白をしたナーミィとユーリが、元の世界に戻ってからどうなるのか楽しみです!マーブル王女、いいキャラでした!続き...あるよね?
★5 - コメント(0) - 2016年7月1日

3巻で遂に2人は付き合うことに、まだだったのと周りから言われています。ナナミ先輩は、何故かキョドッている様子。堂々と付き合いまーすと言えないですかね。まあそこが良いところなのかもしれないですけれど。マーブル王女様は、予想通り良い人でした。めでたしめでたし。次巻はどうなるんでしょうね。精霊探し?まだまだ続きそうです。
★9 - コメント(0) - 2016年6月26日

面白かった。続けられそうだけど完結っぽい。今回はビースト・ウェイブの発生による王国崩壊を食い止めようと尽力する話。恋心にふとしたきっかけで気付いてしまった七海がかわいらしいですね。それによって避けられ悩む勇利は少し不憫でしたが、最後には仲直りしてきっちり結ばれたので満足でしょう。現代に転移した二人の関係が一歩進んだことに対する周囲の反応(特に勇利母娘の反応)が面白すぎた。イラストもかわいかったし、できることなら結ばれた先の関係(どちらも)を見たいので次巻が出るのに期待。
★20 - コメント(0) - 2016年6月13日

異世界に蔓延る魔力至上主義の思想、主と従者の垣根を気にすることなく普通の高校生に転生したユリウスとナーミイの素の感情がグッとくる。そして、魔力至上主義の固定概念が七海たちの奮闘で抜本的な部分から改革が始まっていくにつれて、これまで悪人として振る舞っていた貴族が改心して平民と分け隔てなく接している光景が、元老院の既得権益に固執した老害との決定的な違いを見せつけてくれて気持ちが良かった。
★8 - コメント(0) - 2016年6月12日

探し回ってアニメイトでようやく購入。よかった!あっちの世界の2人もそろそろ決着がつきそうだし、ナナミとユーリも自覚してきたしで…!戦闘面でも面白かった。マーブル王女、いいキャラですね!そろそろ終盤かな?終わりってことはないよね!?次も待ってます!
★10 - コメント(0) - 2016年6月8日

面白かった。正直なところ前回までと比べるとやや息切れ気味かなという印象でしたが、中盤以降はきちんと盛り上げてきたし、オチも良かったので最終的にはうまくまとまったなという感じでした。ただこれをもって大団円というのでは物足りないので、もう少し続きが欲しいところですが、これはここで終わりということなのでしょうか……。広げた風呂敷が畳みきれてないとまではいかないものの、この設定であればまだまだやれることはあると思うので、ここで終わらず続きに期待したいですね。
★11 - コメント(0) - 2016年6月8日

唐突感はあったがまあ綺麗にまとまってはいた。個人的に向こうの2人をもっと見たかった。
★8 - コメント(0) - 2016年6月6日

魔力至上主義者たちが、『漣』や『第五兵団』と接するうちに凝り固まった考え方を少しづつ変えていく描写がいいですね。現世サイドの2人も良かったです。第一王女のまさかのキャラに驚きました。バカップル魔法に翻弄されるバカップルにニヤニヤしっぱなしです。今巻で完結かな……?バカップルのその後が見たいところですが……。
★15 - コメント(0) - 2016年6月5日

異世界側も話が盛り上がるけど、それより何より間章のスレ違いが良いなぁ。特にベッド下を探ってから/王女の真意自体はありがちといえばありがちなパターンだけど、気付くきっかけがインドア派か否かってところが実にこのお話らしく楽しい。一気に重いムードが吹き飛んで、あとはもうどういう奇策で引っ繰り返すかにひたすらワクワク状態なのな/おまけ短編が前作の外伝(というかクロスオーバー)。懐かしい顔ぶれに会えて嬉しいような、続きの無いことを宣告されたような。
★12 - コメント(0) - 2016年6月5日

え、待ってこれ完結? 完結したの……? でも色々と片付いちゃったしなあ……。ユリウスとナーミィ(日本側)が大変すばらしくて良かった。お姉さんはまさかのキャラでびっくり、ユーリが真実に気付くきっかけがユーリらしくてけっこう好き。ミノマイかっこよかった。ユーリとナナミも落ち着くところに落ち着いてなによりです。すごい毎回楽しみにしていたシリーズなので完結ならちょい寂しい。電子書籍おまけ前半は『異界の軍師の~』とのコラボ。そっちもちょっと気になっている。
★12 - コメント(0) - 2016年6月4日

★★★★☆体育会系のノリで学生、貴族の意識を痛快に改革してきた本シリーズ。今回は遂に、恐れていたビーストウェイブが発生してしまったが、ナナミとユーリの関係がギクシャクしており…な内容。これまでの現代知識と魔法を駆使した肉体改造はナリを潜め、その変わりに二人の関係性に焦点を当てており、面白かった。ただ、今回の黒幕がイマイチパッとしないのが難点ではあったかな。ようやく収まるところに収まって、綺麗に終わっているのだが、まさか完結なのだろうか。現代のナーミィとユリウスのラブコメもここからだというのに。
★22 - コメント(0) - 2016年6月4日

このバカップルほんとバカップルとニヤニヤするシリーズだったのに、なんかすごく完結っぽくて寂しい。ただ、ようやくナナミがユーリを異性として意識する展開は可愛かったし(ユーリは哀れだったけど)、現代日本側のナーミィたちの方もまるく収まって良かった。入れ替わりの問題じたいは解決してないので是非続編をだしてほしいなぁ。BW特典SSのガールズトークが良かったから、シリーズが続けば脇役カップルたちの話も面白くなりそうなのになぁ
★16 - コメント(0) - 2016年6月4日

バカップルは最後までバカップルだし、その他の人も納まるところに納まりそうだし、シリアスっぽくなっても過度に重くならない、いいシリーズでした 星三つ
★4 - コメント(0) - 2016年6月3日

前回2人が使った融合魔法がお互いに心の底から必要だと思わなければ発動しないということを知った七海がその事で勇利とギクシャクする第3巻。やっぱりお似合いのカップルだよ2人とも・・・。ブックウォーカーで完結とありましたけど、これはあれですよね?第一部完みたいなものでまだまだでますよね?せっかく人気あるんですからここで終わりだなんていわないで続き出してほしいですね。期待を込めて次巻も楽しみです。
★29 - コメント(0) - 2016年6月3日

あれっ!? 終わりですか? まだ入れ替わったままですけど。もう少し続きが読みたい。
★4 - コメント(0) - 2016年6月3日

最終巻かな?前回使った融合魔法がバカップル魔法と知った七海が勇利の事を意識し始めてギクシャクしてしまう話。勇利と七海は爆発しろと思うのに、ユリウスとナーミィの方は末永くお幸せにと思ってしまうのはどうしてだろうw 「魔力至上主義」の陰謀など、黒幕とかがなんかしょぼかったのが少し残念かな。もっと現世組の話が読んでみたかったな。
★19 - コメント(0) - 2016年6月2日

自分たちらしさを存分に発揮して、異世界だろうと困難があろうとどこまでも前のめりに突き進む物語、3巻にして一旦一区切り。今回は厄災の真実が明かされ、きっちり解決までして締め。そして漸く、本当に漸く気持ちを自覚したナナミが可愛くて可愛くて仕方なかったですよ。さらに地球側の2人も収まる所に綺麗に収まって、非常にすっきりした展開でした。ところで大体の問題は片付いて、後は一応精神交換が終わってないくらいですけど、せっかくくっついたならまだまだこれからおいしいイベントがあるでしょうということで、続きが出るなら期待です
★12 - コメント(0) - 2016年6月2日

ハッピーエンドな3巻でした。もしかしてこれで完結ですか?/内容としては、今までの巻で何度も言及されていた【ビースト・ウェイブ】が実際に起き、どうにかするといった話でした。あと元の世界では着々とユリウスとナーミィが距離を詰めていますね。/融合魔法の話はむずむずします。強引に融合魔法を使われた時のナナミのセリフが琴線に触れまくりでした。/基本的に各キャラそれぞれがいい活躍をしてくれるのが面白いです。マーブルはあると思っていましたが、ミノマイで泣かされるとは思いませんでした。
★11 - コメント(0) - 2016年6月2日

今回は仲違いが起きてハラハラしたけど、前よりバカップルになるとは恐ろしい。現実の向こう側の二人も互いの気持ちを理解して付き合うことになってめでたしかな。そして、気になったことがあります。それは、キャラ紹介があまりなくて誰が誰だか思い出すのに苦労したことです。次巻からは少しで良いのでキャラ紹介を…。 あと、魔力至上主義側が小物過ぎて物語が盛り上がらないのが難点かな。さて、これからどうなるのかな?
★20 - コメント(0) - 2016年6月2日

毎巻本当に面白いです!!異世界と現代の2つの世界で展開されていく分かりやすい話で読みやすくて良い!イラストも◎でユーリ可愛い。今年のこのラノ作品候補です。
★8 - コメント(0) - 2016年6月1日

面白かった。今回は突如発生した魔獣が人を無差別に襲う現象「ビースト・ウェーブ」に国中が大混乱なお話。1巻2巻でナナミ達が意識改革してきた成果がしっかり出てたのが良かったです。第一兵団の人達が格好良かったし、ミノマイ君も良い感じに更生できて良かったね。国の危機云々も面白かったけど、とにかく異世界組&現代組の恋路が大きく進んだことに興奮した。どっちのカップルも甘酸っぱいやり取りしててニヤニヤするwナナミとユーリを見守ってた周囲の人達はじれったくてやきもきしただろうなぁ。すでに両親公認になってて笑った。
★15 - コメント(0) - 2016年6月1日

元悪役令嬢とその従者が異世界を世直しする為に奮闘する物語の3冊目。「魔力至上主義」の国で、国家を揺るがすほどの問題が起きる話。何て甘酸っぱく、そして可愛らしい物語なんでしょう。ユーリとナナミの恋模様を周りが温かい目で見守る構図が素晴らしい。一時はギクシャクしても、お互いがピンチの時はしっかりと協力して困難を乗り越える二人の姿は頼りがいがあると同時に可愛らしくもあって、とても良かったです。現世組も良い雰囲気っぽいし、この甘い雰囲気をもっと堪能したいので次巻もお願いいたします。
★39 - コメント(0) - 2016年6月1日

国を揺るがす事態が発生する中、なぜか先輩に避けられる今巻。―――気づいてしまった気持ち、その一言が言えなくて。うん、今回も最高に面白い。国を揺るがす危機という事態なのではあるがこの二人が悩んでいることは色恋であり本人達にはどっちかというとこちらの方が本命となっており思わずニヤつける微笑ましい甘酸っぱい展開が詰まっている。二つの世界で展開する恋物語、大きく動き出した先には何が待つのか。どんな困難も乗り越えていける二人ならきっと大丈夫だろう。 うん、是非もう少しこの物語の続きを読みたい。次巻も楽しみである。
★18 - コメント(0) - 2016年6月1日

いやー、ニヤニヤが止まらないね。 「魔力至上主義」の陰謀で訪れた国の危機。そして同時に訪れたユーリとナナミの恋模様のぎくしゃく。狼狽えるナナミと振り回されるユーリの姿を、この二人以外ものすごい温かい目で見てたんだろう。意見交換の結果は二人らしくてよかったんじゃないかな。 綺麗に終わってるので完結かな? とても面白いシリーズでした。もし続くなら二つのコンビのその後を甘々でお願いしたい。
★17 - コメント(0) - 2016年5月31日

水泳部仕込みのアスリートスキルによって、魔法頼みの異世界を変えつつあった七海先輩と勇利。しかし獣が無差別に人を襲うビースト・ウェイブが突如発生し国中が大混乱する第三弾。缶蹴りで盛り上がる一方、二人の合わせ技が発現する条件を知った七海が自覚してアタフタしたり、危機的状況なのに勇利を意識して逆に距離ができてしまう二人。でも結局はそんなものあっさり乗り越えてしまうのが二人の強固な絆なんですよね。なかなかいい感じにまとまった結末ですが、現世に転生した二人もいい雰囲気になって、続巻でその後を期待したいところですね。
★32 - コメント(0) - 2016年5月31日

今読んでいるみんな最新5件(5)

06/03:RVII
06/02:アウル
06/01:つゆ
06/01:ツバサ
05/31:kara625

積読中のみんな最新5件(11)

12/18:むらとも
10/04:miya635
08/26:アオハル
07/12:あさい

読みたいと思ったみんな最新5件(12)

02/08:suicdio
06/14:Makos
06/13:ゆー
転生従者の悪政改革録 3巻の 評価:99 感想・レビュー:35
ログイン新規登録(無料)