新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド
128ページ
265登録

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイドの感想・レビュー(138)

「よりあつまって形を作り、捻れて絡まって、ときには戻って、途切れ、またつながり。それがムスビ。それが時間」おばあちゃんの言葉。
★20 - コメント(0) - 1月2日

4/5 インタビューなど充実していてよかった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月31日

よかった。
- コメント(0) - 2016年12月29日

裏側のエピソードが垣間見えるのがいい。
★3 - コメント(0) - 2016年12月18日

予め見ていたとおり、ちっさいビジュアルのついたガイドブック。最初に、映画のあらすじがちっさいこんまいビジュアルとともに紹介されて、その後は声優や関係者のインタビュー、キャラクターと背景のアートと続く。びっくりしたのが、三葉の声が、ちはやふる映画版の呉服の大江奏役の上白石萌音(読めない)、瀧のバイト先の先輩の声が、長澤まさみ。二人ともじゃっかん浮ついてたのそう言うことかと言うのと、長澤まさみ全然分かんなかった。いやーびっくり。
★2 - コメント(0) - 2016年11月19日

新海誠監督が伝えたかったメッセージをあのキャラクターが言っていたのか。完成する迄にはそんな出来事があったのか。と映画を振り返るとともに噛み締められる良いガイドブックだった。
★1 - コメント(0) - 2016年11月9日

今年の映画No.1間違いなしの『君の名は。』ビジュアルブック。前半はフィルムコミックのようなストーリー解説で(映画を観る前は読まないこと!)、その後インタビュー(新海誠監督、声優(神木、上白石)、安藤雅司作画監督、キャラデ田中将賀、RADWIMPS)やキャラ設定、美術などが掲載。個人的にはそれぞれのインタビューで数行ですが、各々が拘っていた点が語られていたのが興味深かったです。他にも組紐の模様や監督とRADで相当やりとりしたとか色々わかりました。ロケマップがあったのもGOOD!
★7 - コメント(1) - 2016年10月30日

スタッフ、キャストのインタビューが良かった。ストーリーのビジュアルについてはラストシーンまであり、映画を脳内再生できます。また、観たいなぁ~。
- コメント(0) - 2016年10月28日

綺麗な絵や どんな思いで描いなのかが 細かく書かれていてよかった! (΄◉◞౪◟◉`)
★3 - コメント(0) - 2016年10月12日

借り本。映画をもう一度脳内再生できるような、濃厚で読み応えある内容。スタッフの皆様の裏話やプロ魂が窺える話が興味深い。神木くんのアフレコは中身が三葉の女役から始まった、などのエピソードも面白かった。
★11 - コメント(0) - 2016年10月2日

映画のメイキング本といったところだろうか。監督、声優、作画監督、キャラデザ、音楽制作者、外伝本作者等関係者にインタビューを行っている。 それに加えて映画のみどころをまとめたビジュアルや出来上がるまでの裏話、制作現場、作画、ロケマップなど満載である。映画を観て気に入ったら買って損はない。
★5 - コメント(0) - 2016年10月2日

映画が素晴らしすぎて、帰りの足で書店で購入。本編のすべてのダイジェストと、印象深いシーンのカットが記載されているビジュアルガイドなので、映画を観る前に買ってはいけない。三葉や瀧の様々な年代での服装も網羅されているため、ラストシーン付近のファッションが気になっていた自分は大満足。監督やキャストのインタビューも必見、特に神木さんのとこ。
★5 - コメント(0) - 2016年10月2日

いつもは漫画のことしかレビューしませんが、どうしてもあげたかったので。公開して2週目に初めて映画見に行った時には、この本もパンフレットも売り切れですごくビックリしました!これ1冊で作品のあらすじがほとんど振り返られるので、見ていてとっても楽しかった。なので、映画後に読むのがオススメ。新海監督の作品はほぼ見ているのですが、やっぱり背景の美しさはピカイチですね!でも今回ここまでハマったのはキャラと音楽が大きいかな。良い意味で新海監督らしくない感じ。とにかく素晴らしい映画です。本も素敵ですが、ぜひぜひ映画を^^
★42 - コメント(2) - 2016年10月2日

映画が素敵だったので購入。ビジュアルストーリー見て復習&見落としてたところを確認するために2回目を見に行く。観賞後、インタビュー記事などを熟読し、また映画が見たくなる…という本⇔映画の無限ループに陥りそう(笑) この映画のファンなら買って損はないと思う。監督より神木くんの方が熱量高くて可笑しかった(^o^)
★10 - コメント(0) - 2016年10月2日

本編のダイジェストシーンを見ると、映画館で圧倒された映像を思い出して更にまた見たくなります。インタビューを読むと、神木くんがどれだけ新海監督のファンなのかが分かります(笑)監督の他の作品も見てみたい、読んでみたいと思いました。映画を見て感動した方は、読んで損は無いと思います。これを読んで改めて映画を見たいところですね。
★1 - コメント(0) - 2016年9月30日

完全にネタバレしているから、映画観て、小説2冊読んで、もう1回映画観てから読んだ方がいい。VISUAL STORYは、ソフト化するまでのつなぎとして読むのに最適。これからも何度も繰り返し読むことになるだろう。あと。神木キュンの魅力もかなり引き出されている。(俳優・声優・新海誠ファンすべての意味において)キャラクター設定・美術設定・小物設定・絵コンテ・背景画も事細かに掲載されていて、きれいだなと思う。東京のロケーションマップも東京の全部を回ったことないから、こんなんなんだと。 最近『君の名は。』ばかり(笑)
★6 - コメント(1) - 2016年9月30日

映画が良すぎて購入 見てて癒されるし 絵作りで、ライティングや主役バランス、構図の検討 現実と非現実の融合が、本当に参考になります あと、ページをめくるたびにくる、紙の刷りたての匂いがいい。。。 この人のファンで良かったっす。
★9 - コメント(0) - 2016年9月27日

kat
映画がとても綺麗だったので、思わず買ってしまいました。インタビューも多くて、読み応えありました。
★8 - コメント(0) - 2016年9月27日

映画を見た後、購入。サイズが大きいけど、インタビュー記事がびっしり。ストーリーのおさらいができ、設定・背景画のクオリティが高く、作品作りへのこだわりに納得した。所々裏話がありもう1回見たくなった。
★9 - コメント(0) - 2016年9月25日

映画後に探したけどなかなか見つけられず、ようやく購入。小説も入荷待ちが多いし、早めに買ってて正解。こういう本はイラストとか設定だけみて対談とか流し読みが多いけど、最初から最後までじっくり読めた。一人ひとりの想いを知った上でもう一度見たい。
★5 - コメント(0) - 2016年9月22日

まず、本屋でこの本を受け取った際、おぉ分厚いと感じ、ワクワク感がからだ中をめぐった。1週間くらいかけてじっくり読んだ、この公式ビジュアルガイド。購入してよかったと心から思う。まだ、もう少し新海ワールドから抜け出すには時間がかかりそう。小説とビジュアルガイドを読みながらDVDの発売を待とう。でも、できれば映画を映画館でもう一度見たい。
★37 - コメント(0) - 2016年9月22日

★★★
- コメント(0) - 2016年9月21日

映画がものすごく良かったので購入。作品のストーリーを順に追って紹介している所ではアニメの絵見ながら解説読んでるだけで、映画を思い出して胸がいっぱいになりましたo(T□T)o
★11 - コメント(0) - 2016年9月21日

★★★★☆綺麗な絵、特に秋の部分は映画の中でもすごく感動した、そんな絵をまた見たくて購入。テーマは「会えないコミュニケーション」。出会っているけど出会っていないという状態。あのラストはスタートに過ぎない、その先が全て約束されているわけじゃない。田舎と東京、今までこだわってきた風景描写を最大限活かすこと。新海監督のインタビューより。新海さんの作品はどれも多くを語らず、あえて空白を作ることで、その穴埋めを見る人に委ねているところがある。加納新太外伝小説作家の方のインタビューより。
★3 - コメント(0) - 2016年9月21日

ma.
値段と内容のアンバランスさ尋常じゃない。もっと高くても良かったのでは。どんな風に作ったのか、どれだけの人が関わったか、音をどれだけ大切にした作品か、そのひとつひとつに感動する。
★3 - コメント(0) - 2016年9月19日

これ見て時系列がすっきりした。
★3 - コメント(0) - 2016年9月19日

「君の名は。」ファンなら買って損はない。流れる映像を静止画で見られることが何より満足。背景、絵コンテなどの資料も見応えありました。
★6 - コメント(0) - 2016年9月19日

映画を見ていて無意識に「・・・?」となった場面も、イラスト付きのストーリーガイドで分かりやすく理解できました。ガイドを読み進めていき、最後の階段のシーンは音声がなくとも紙面上の文字とイラストだけでグッとくるものがあります。
★3 - コメント(0) - 2016年9月18日

aki
映像のあまりの美しさに感嘆。映画のほうは妹が引き戸を開けた瞬間に涙が出ちゃったよ。初代『君の名は』、80年代の大林宣彦監督の尾道3部作『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』、宮崎アニメなどに対するリスペクトにも泣きました。じっくり考えると、いろいろと矛盾が出てくるが、それを感じさせないテンポのよさと映像美。横の移動と縦の上昇・下降も、うまく使っていた。湖と流星。かなりエロティックな作品でもありました(大事!)。
★4 - コメント(1) - 2016年9月17日

映画を見て思わず購入。内容が、というより映像がひたすら綺麗で気に入ってしまいました。その後「言の葉の庭」もみたのだけど、雨をあんなに美しくみせるなんてすごい。空も美しすぎる!
★10 - コメント(0) - 2016年9月13日

映画を観た後買わずにはいられなかった。ネタバレ満載の設定資料集なので映画を観てから読みましょう。
★20 - コメント(0) - 2016年9月12日

実はこの本を買ったのは映画版の前だった。しかし、映画を見てからと思って読んでいなかった。正解! 映画は期待以上に素晴らしかった。はっきりした主人公、カラフルで、淡く、リアルで、ぼけた背景、音楽とのマッチング。 この本はあらかじめ読んでストーリーを把握して読むべきではなく、映像を思い起こし、一段深く登場人物に感情移入するべきものだと事人的に思った。 もう一度観に行こう(^^♪
- コメント(0) - 2016年9月3日

映画の感動再び。劇中のカットを使ったビジュアルストーリーガイドは、改めて見て綺麗だと思いました。それから声優さんの対談や、新海誠監督をはじめ、作画、キャラクターデザイン、音楽などを担当したクリエータさんのインタビューは、作り手の思いやこだわりが伝わります。表現したいことは自分ひとりの手ではできない、それに時間とか費用とか制約がある。その中で、素晴らしいものを残す人は、やはり芯の部分はしっかり強い気持ちで立ち向かっていて、精一杯やれることはやったという作品なのだと感じました。
★24 - コメント(0) - 2016年9月3日

映画見てきた…!前回はビジュアルだけで流し読みだったものを少しじっくり読む。読んだらまた見に行きたくなる
★4 - コメント(0) - 2016年9月2日

読了
★1 - コメント(0) - 2016年8月31日

新海監督って背景にこがわりがある人なんですね!なんか納得
★3 - コメント(0) - 2016年8月30日

新海誠監督が大好きで!用事があってまだ映画行けてないのです…映画行ってから読む!!!
★3 - コメント(0) - 2016年8月29日

これは映画見に行きたい。本当に不思議な出会い。ものすごく不思議だけど、なんかほっこりする。素敵なお話に出会えた!
★6 - コメント(0) - 2016年8月29日

100点満点の映画のビジュアルガイド。ストーリーガイドに設定集。最高の1冊でした。はやくもう1回映画見に行きたいです。
★6 - コメント(0) - 2016年8月29日

確か劇場で売ってたんだよなぁ。となれば取次通さず買い切りだろうに、あんな早期でよく稟議書通したよご担当者さま。
- コメント(0) - --/--

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイドの 評価:60 感想・レビュー:41
ログイン新規登録(無料)