ナミヤ雑貨店の奇蹟

ナミヤ雑貨店の奇蹟
あらすじ・内容
悩み相談お任せください――。

あらゆる悩み相談に乗る不思議な雑貨店。そこに集う、人生最大の岐路に立った人たち。過去と現在を超えて温かな手紙交換がはじまる……張り巡らされた伏線が奇跡のように繋がり合う、心ふるわす物語。

あらすじ・内容をもっと見る
385ページ
19828登録

ナミヤ雑貨店の奇蹟はこんな本です

ナミヤ雑貨店の奇蹟を読んだ人はこんな本も読んでいます


ナミヤ雑貨店の奇蹟の感想・レビュー(14165)

繋がってて 読み終わったあと もう一回振り返ってしまった。映画は どんな風にするんだろね〜 まだ予告編は 文字だけだったからなぁ
★12 - コメント(0) - 3月23日

『☆☆☆☆』ギリギリ許せるファンタジー。いや、自分がファンタジー苦手なだけか。寝つけない夜、ほっこりホロリしたい方に…。
★44 - コメント(4) - 3月22日

ファンタジーですね。ナミヤ雑貨店と孤児院丸光園を繋いでいく見えない糸、なのか?
★13 - コメント(0) - 3月22日

誠実に丁寧に相談に回答するおじいさんに感銘を受けました。 最後に話がつながり、ストンと腑に落ちる感で読み終えました。 映画が楽しみです。
★18 - コメント(0) - 3月19日

白紙の手紙に対する回答に感動。 最後の最後までとても良い話でした。
★13 - コメント(0) - 3月16日

時空を超えた不思議な空間その中での 人との繋がり悩みへの回答は 受ける側の判断と行動で 大きく変わる受け取る側が その時に後悔のない判断をしたなら それは 人生が上手くいく事に繋がるのかな
★21 - コメント(0) - 3月12日

感動の嵐、!(;_;)
★14 - コメント(0) - 3月12日

作者作品初読。読ませる、展開力があるというのが第一の感想。若い人に読んでもらえたらと思いました。
★19 - コメント(0) - 3月11日

東野さんの作品にしては、ずいぶん単純な話だな、と思いきや、後半で登場人物たちの意外な繋がりが明らかになり、最後にうるっとさせてくれる。読後感のとても良い物語でした。
★18 - コメント(0) - 3月10日

とても楽しい時間を過ごせました。とてもよかった。中盤大泣きしてしまった。秋公開の映画観に行こう。
★17 - コメント(1) - 3月10日

強盗3人組が夜明しのために逃げ込んだ廃屋、ナミヤ雑貨店。過去からの相談の手紙が次々に届く。気まぐれに返信をした強盗たちは、不思議な繋がりに気付く。魚屋ミュージシャンの話は思わず泣いてしまった。
★23 - コメント(0) - 3月8日

さすが、読ませてくれました。ぐるっと回って最初にたどり着き、スッキリ終わってくれました。読み終わった時には清々しささえ感じましたよ。おもしろかった、ありがとうございました
★22 - コメント(0) - 3月8日

不思議な話だった。とてもおもしろかった。ナミヤ雑貨店に相談してみたい。
★19 - コメント(0) - 3月6日

おもしろかった。どんな人の悩みにも全力でぶつかり、その人以上に悩むナミヤさんが素敵だった。こんなことを書いて大丈夫かと不安になるのは当然だと思ったし、それほど真剣に相談者のことを考えている証拠だと思った。また、翔太達の言葉も受け手によりよく受けとめられていたのもおもしろかった。どんなに伝えたいことがあったとしても、結局それをどう受けとめてやっていくかは受け手次第なのかなと思った。
★23 - コメント(0) - 3月6日

Mof
三人の強盗は、盗みを働いた後に身を隠すために古い建物に入る。そこは、かつて悩み相談をしていたナミヤ雑貨店という店だった。店に入ると、そこだけ時の流れが遅くなり、過去からの悩み相談の手紙が届くようになる。三人は悩み相談に答えるために、手紙を返す。 全部が伏線で、楽しかったです。
★21 - コメント(0) - 3月2日

三十年の時を超えた手紙のやり取り。張り巡らされた伏線が回収され繋がり、最後は読後感の良い終わり方でした。面白かった。
★21 - コメント(0) - 3月2日

まだ数冊しか読んでいませんが、今まで読んだ東野圭吾さんの作品とは雰囲気が異なっていて驚きました。しかし、張り巡らされている伏線が回収され、物語が繋がるところは、東野圭吾さんの作品だなあと思いました。現実の人生も気付かぬところで繋がっているのかなあと思わずにはいられませんでした。
★19 - コメント(0) - 3月1日

面白かった。 長編小説だと思ったので読み始めて「あぁ、短編なのか…」と思ったけど、話が繋がっていた。 上手く絡んでいて飽きずに読めた。 “人と人との繋がりが切れるのは、何か具体的な理由があるからじゃない。いや、見かけ上はあるとしても、それはすでに心が切れてしまったから生じたことで、後からこじつけた言い訳みたいなものではないのか。なぜなら心が離れていなければ、繋がりが切れそうな事態が起きた時、誰かが修復しようとするはずだから。それをしないのは、すでに繋がりが切れているからなのだ。”
★12 - コメント(0) - 3月1日

さらっと読める。時空を超えていろいろ繋がっていて面白かった。泣きまではしなかったけど最後はじわっと感動に包まれた。
★23 - コメント(0) - 2月27日

自分の行動が思わぬところで誰かに影響を与えているかもしれない。
★18 - コメント(0) - 2月24日

★★☆☆☆
★4 - コメント(0) - 2月23日

すごくよく考えられてるのは分かるけど、夢中にはなれなかった。ファンタジーは苦手だけどその点は苦痛なく読めた。
★15 - コメント(0) - 2月20日

はあー!パズルをやり終えてお気に入りの絵を眺めているようなこの満足感!ここがこう繋がり、え?この人とこの人が繋がってる?更にこちらではこの人も関係してたの?!いやー、面白かった‼東野さんの小説は読みやすくスラスラ読めるけど頭に残らず(相性悪いのかな)と思っていたけど、本書は違った。沢山の人に読まれている理由が分かった。壮大な愛と優しさに包まれた話だったんだと気付いた時からますますのめり込んだ。相談はしてないけど、私もナミヤの爺さんに感謝したい気持ちになった。そして頑張りますと伝えたくなった。
★59 - コメント(3) - 2月19日

東野圭吾さんの疾風ロンドを読んで他の本も読んでみようと思って手に取った本だが、ストーリーの世界観が全く違った。他の作者はある程度カラーが同じの様な気がするが、これだけ違う世界観を書けるとは、流石東野圭吾さん!今回も面白くて一気読み!悩みって誰しも人に言えないものを抱えている。だけど誰かに頼りたい、そういうところにも共感できた。人は誰かの事を必ず思ってるんだな~、捨てたもんじゃないなーと思った。一つずつの物語が心温まる物語。寒い日には是非読みたい本だと思った。
★29 - コメント(0) - 2月19日

パズルのピースがはまっていく感覚。面白かった!!今秋に映画公開されるとか。観たいなっ⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝
★26 - コメント(0) - 2月18日

時空を超えた大きな環の中で、それぞれの人生が繋がっているように思わされる。その環の中心にあるのがナミヤ雑貨店と丸光園だ。悩みを誰かに相談して、返ってきた返事が「その時は」ベストだと思えなくても、自分なりに考えて行動するきっかけになれば、その返事は人生の中で大きな影響力を持つことになる。輪廻転生とはまた違った形の不思議な縁を実感し、自分の行いを反省させられもするナミヤ雑貨店の奇蹟。他人のことを真剣に考えて、自分なりの答えを出すことって大切なのかもしれない。
★61 - コメント(0) - 2月17日

再読了。
★7 - コメント(0) - 2月16日

世にも奇妙な物語…的な! 先が気になりスラーっと読了。 行き違いも、誤解も収まるべき所に収まる。やはり稀代のストーリーテラーだ。 幾重にも絡まったストーリーが一箇所に収束する小気味良さ! 文句なく楽しめるエンターテイメントでした。 ちと前の作品だが、ここ最近の東野作品に物足りなさを感じていたので、今回は楽しめた。 しかし、唸るような重厚な作品を期待したい。
★57 - コメント(0) - 2月14日

ナミヤ雑貨店を通して様々な人々の現在と未来が交錯して、複雑ながらも人の暖かさを感じたような気がしました。 丸光園が色々なところに絡んできて、上手く繋がっているのが読んでいてうまいと思いました。人の意見をそのまま解釈するのではなく、どうやって自分のものにするのかは、とても大切だと感じました。
★29 - コメント(0) - 2月12日

東野さんといえば、ミステリーだったりちょっとドロドロした恋愛だったり‥。というイメージがありましたが、この作品はあっさりと読めました。東野さんのミステリーが好きな私にとってはちょっともの足りず‥。ミステリーは苦手だけど東野さんを読んでみたいという方におすすめです。
★29 - コメント(0) - 2月11日

東野圭吾のこういう作品を読んだのは初めてかもしれない。ファンタジー色の強いミステリー作品。もう1度読み返したくなる物語構成。きちんと頭の中で整理しながら時代を追いながら読むと本当に面白い。たくさんの伏線を回収し、最後にああ!と思わせる。また読みたい。
- コメント(0) - 2月9日

(借本)第一章の回答は牛乳箱にが私には面白いと思えなくて、かなり長い間放置。第二章、第三章からはさすがは東野さんと思える話の繋がり方で、一気に読んでしまいました。うん、面白かったです!
★37 - コメント(0) - 2月8日

ここ最近の不振ぶり?手抜きっぷり?から期待せず読んだのが良かったか久々に当たり東野本キター!実は先月から無い脳ミソ振り絞って消耗中…もとい、お勉強中なもんで、この負荷の無い流動食的読みやすさが有難い。眼を閉じたまま読めるくらい抜群の安定感&収まりの良さが気持ちエエ~(゜o゜)で、そこに野暮ッティー詮索無しよ♡の出来杉ファンタジーが相まって、もぉ現実逃避して帰りたくねエ~(゜o゜)お疲れちゃんの頭に圭吾のやさしさが沁みるぜ。人情にぬくもる奇跡体験アンビリーバボーな物語であなたもストレス発散しませんか?
★77 - コメント(3) - 2月7日

いつもの東野作品を思い描き、軽いタッチで手に取る。 意外にも人情味あふれるストーリーにじんわり。 最後にピタリと色々がはまってくるところは、伊坂幸太郎の作品を連想させられた。 映画にもなるんだー。西田敏行は割といいけど、ヘイセイ山田くんは‥。アイドル映画という側面で取り上げられてしまいそうなのは残念。 ミュージシャンの話だけはやりきれないなぁ。息子を信じて頑固に頑張ってた魚屋のオヤジさんの哀しみを思うと切なすぎ。例え歌が後世に残ったとしても。
★37 - コメント(0) - 2月6日

☆☆☆ 映画化が決定したから面白いのかと思って読んでみたが、まぁまぁかな。 もしも本当にそんな時空を超えたポストがあったら面白いけど。
- コメント(0) - 2月3日

いい小説です。複数の人間関係が時空を超えて錯綜してわからなくなるんですが、そんなのどうでもいい内容で感動します。 お勧めします!
★30 - コメント(0) - 2月3日

平成24年発行の東野圭吾さんの作品。いつ死体が出て来るのか待てども待てども、出てきませんでした。(笑)しかし、さすが理系の東野さん。たくさん出てくる登場人物をうまい具合に役割分担させ、「奇蹟」というタイトルに見合うストーリーに仕上がっていました。手紙に表れる気持ちって本当に正直ですね。手書きで手紙を書いていた頃を思い出しました。
★48 - コメント(0) - 2月1日

読み終えて、思わず唸ってしまいました。それくらい、よかった。物語が進むにつれて、だんだんと繋がっていく過去と未来。それぞれのエピソードが思いもよらないところ繋ぎ合わさっていく様は読んでいて気持ちいいくらいだった。久しぶりに東野作品を読んで、こんなにも構成力の高い作家さんだったんだといまさらながらに気づかされた。
★45 - コメント(0) - 1月31日

ナミヤ雑貨店の悩み相談についての話だけど、時間軸をずらして書いてみたり、東野さんらしい物語の伏線回収が心地よかった。強盗達はあの後、ムトウさんを助けたのだろうか、正体を明かしたのだろうか、気になる。とても面白い作品でした。
★39 - コメント(0) - 1月30日

最後にすべて繋がるのがとても気持ちいい
★23 - コメント(0) - 1月27日

ナミヤ雑貨店の奇蹟の 評価:66 感想・レビュー:5022
ログイン新規登録(無料)