機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ (1) (カドカワコミックス・エース)

機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ (1) (カドカワコミックス・エース)
195ページ
32登録

機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ 1巻の感想・レビュー(18)

3月18日:シマ
2016年9月26日:crackdragon
まさか表紙のキャラクター三人のうち二人が◯◯なんて驚きの展開。ストーリーは大筋では良いと思ったが、おかしな表現が散見される(ミノフスキー粒子が濃いから敵に察知されないというのに仲間同士雑音もなく通信できたり、宇宙空間での戦闘時に「けたたましい銃声がぴたりと鳴りやんだ」など)のが気になってしかたがない。16歳の主人公の階級が大尉だったり、子供が大人を従えていたり、海賊が商人からモビルスーツを買えるという謎の経済ができあがっているなど、悪い意味でゲーム的で抵抗がある。福井晴敏氏とガンダムUCの偉大さを痛感した
- コメント(0) - 2016年5月6日

2016年3月3日:よしりん
2016年2月27日:ひろ
2015年6月2日:寿限無
2015年3月25日:roltuku
あのインパルスの板倉さんがガンダムを書かれるということで前から気になっていた作品。板倉さんの小説は読んだことがなかったので本当に興味本意くらいの気持ちでしたが、表紙からは想像のつかない展開が待ち構えておりこれから先どうなるんだとページを捲る手が止まりませんでした。二巻の発売が楽しみです。
- コメント(0) - 2014年12月20日

ガンダムということと表紙だけで買ったんですが、これがなかなか面白い。意外な展開や熱い描写など、結構読ませてくれます。ところどころ素人くさいところもありますが(^_^;
★1 - コメント(0) - 2014年10月2日

2014年9月13日:drredfusion
作者が作者だけに色眼鏡で最初は見てしまったが充分読める作品。ガンダム世界の設定をうまく使っており多くのガンオタを唸らせることだろう。全く先が読めずこの先どうなるのか気になる。
★7 - コメント(0) - 2014年4月1日

2014年3月26日:こーのせ
2014年3月9日:仙石ミズキL
芸能人の書いたガンダム小説ということで、主人公が無双する話かと思いきや、全然違いました。物語の初期で意外なキャラが死にます。もう、そのあとは、出てくるキャラクターがすぐ死んでしまうのではないかとハラハラドキドキです。最初、読みにくい分だなぁと思ってましたが、読み進めるとこの展開の運び方が物語に引き込んでいってくれます。また、MS操縦方法や階級が、ちょっと普通と違う気がしますが、これはたぶん「戦場の絆」に準じていると思われます。私は戦場の絆は遊んだことがないので、そっちもちょっと興味が出たそんな一冊でした。
★1 - コメント(0) - 2014年2月13日

2013年12月15日:しにゃ0624
インパルスの板倉、というか、板倉小隊隊長による俺ガン小説。作者の3作目の小説とのことだが、まあ、お世辞にも文章が達者とは言えない……けど、歴代のガンダム小説書きの方々もぶっちゃけ文章巧者ではないので気にしない。そんなことより、1年戦争中の有名な事件(サイド7強襲、GGガス虐殺)で生き残った無名の人々の戦後の戦争を描く、というアイディアだけでご飯が美味しく食べられるじゃないか!(ガノタ脳の恐怖) ただ、文中の挿絵が美樹本じゃないのは残念だ。
★1 - コメント(0) - 2013年11月25日

2013年11月24日:てりあ
--/--:Siel Dragon

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/29:EDF航空隊

積読中のみんな最新5件(3)

11/30:497
11/27:古典厩
11/22:池田羽衣

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

03/30:むらよし
01/11:鳶鷹鷲
09/05:つく
機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ 1巻の 評価:67 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)