恐山殺人事件 (角川文庫)

恐山殺人事件 (角川文庫)
341ページ
134登録

恐山殺人事件はこんな本です

恐山殺人事件はこんな本です

恐山殺人事件の感想・レビュー(128)

十和田湖の辰子像。 展開はふつうでした。
- コメント(0) - 2016年11月15日

浅見光彦シリーズ。不思議な世界も絡みつつ、楽しく読めました☆
★1 - コメント(0) - 2016年11月14日

タイトルを見て思わずオカルト色の強い作品ではないかと思ってましたがオカルトではなくイタコの絡むストーリーでした。
- コメント(0) - 2015年11月18日

シリーズ21。再読。タイトルと内容が直結していて覚えていた。ヒロインのおばあちゃんがイタコで、その予言が事件を暗示する。人間関係そのものは芸能界を舞台としており、入念な取材をする著者にしては、ゴシップ記事のようで異色の作品とも言える。【ヒロインは女優だけに美人なんだろうけど嫁にはならないだろう】
★39 - コメント(0) - 2015年4月26日

読まず嫌いで読んでこなかったけど素直に面白かった。明らかにされてないこともあるけど…。行ったことある土地だったので想像しやすかった。
★1 - コメント(0) - 2014年10月28日

著書の初期作品は何か、遊びがなく怖い。恐山というよりイタコ殺人事件か?
★3 - コメント(0) - 2013年8月17日

寄付キャンペーンで追加 光彦のチェリーを逆説的に裏付けたのはこれだっけ? 今になってみるとまあ初期か。 純な犯人が可哀想。あとは男の友情かなー
★1 - コメント(0) - 2013年6月14日

このシリーズの中では好きな作品となりました。イタコか~と思って読んでたけどイタコの予言と謎が絡まり面白かった。浅見の学生時代の女性がもう少し絡みがあり活躍した方が良かったかも。
- コメント(0) - 2013年5月15日

恐山というか東北北部を舞台にした事件。今回の浅見光彦はどうも結論を強引に見つけちゃったようです。それに「紫水晶」の件はどうなったのでしょうか。少し物足りなさを感じつつ、次は日光殺人事件を読みたいと思います。ちなみに、田沢湖の辰子像をさっそく検索してしまいました。
★1 - コメント(0) - 2013年5月4日

【再読】恐山、富良野、利尻島、角館…といった未踏の地名にワクワクした初読時を思い出した。これらの地の共通項が鍵になるのだが、イタコとの結び付け方に無理がある。タイトルから期待する「口寄せ」場面が(回想以外)出てこないのも肩すかし。もっとも残念なのが、感情移入できる登場人物がいなかったこと。「業界物」のせいか、言葉遣いが粗野で思考も浅く、他人への配慮に欠けるふるまいの人ばかり。浅見光彦も本作では光っていない。枝葉を落とし、沢村一樹の魅力でみせたドラマのほうがよかった。唯一、ラストの2ページだけはぐっと来る。
★18 - コメント(2) - 2012年8月29日

イタコの予言通り殺人事件が起きてしまいます。この事件に名探偵浅見光彦が挑みます。舞台は恐山や十和田を中心に展開され、ミステリーとしても旅情としても楽しめました。事件解決後の結末は読んだ人によって意見が分かれるのではないかと思います。水晶の謎が解けてない気が・・・主な舞台は青森、秋田、東京。
★4 - コメント(0) - 2012年4月15日

MRY
浅見シリーズなのかな?内田康夫は初めて読んだ。文体が好きではない。「読者」と本の中で言われたくない。ミステリーとしての完成度も甘いと思う。結局水晶って何だったの?単に知っている地名が出てくるという点だけかな、評価できる点は。
- コメント(0) - 2010年8月13日

読了日は読み終わった日のかなり以前です。昨日のBS-TBSで2時間ドラマが放映されてました。 物語の始まりは少々怪奇物仕立てです。
★5 - コメント(0) - 2003年1月1日

中学生時代に読了
- コメント(0) - --/--

hie
最後に泣きました。
- コメント(0) - --/--

2冊所有。
- コメント(0) - --/--

イタコの予言で起きる殺人。その謎を解くために北へ向かう浅見光彦。
★1 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

01/24:Orange♪

積読中のみんな最新5件(3)

03/06:Julio
07/28:小春
05/25:ターニャ

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

09/05:ふくろ
恐山殺人事件の 評価:34 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)