戦争の犬たち (下) (角川文庫)

戦争の犬たち (下)はこんな本です

戦争の犬たち (下)の感想・レビュー(153)

オチはなんとなく予想していた。ちょっときれいごとで終わりすぎじゃないかなぁ。フォーサイスの理想ってことなんだろうけど。強欲ジェームズ卿はその後どうしたんだろうか。まぁたぶん変わらないんだろうなぁ。プロジェクトが1つ失敗したってだけだろう。リベラル大勝利な結果に全く心踊らずこんなこと考えて、自分はいつからこんなに現実的になっちまったんだと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年11月23日

☆☆☆☆☆☆
- コメント(0) - 2014年6月21日

フォーサイスの長編第3作。30年振りくらいに再読。フォーサイスの初期作品集の中では、イマイチ評判の悪い作品ですが、そこは腐ってもフォーサイス(笑)やっぱり、面白いです。600頁近くの作品のほぼ9割がクーデターのための準備の描写に割かれていて、戦闘シーンはほんのわずか。でも、さすがフォーサイス。その緻密な描写が実に良いです^^
★10 - コメント(0) - 2014年5月28日

F.Y
冒険活劇を想像すると拍子抜けする。自分が読んだ限り、99%くらいがクーデターの準備で、戦闘場面は僅か1%。ただ、国と言うのは(アフリカ、アジア、南米の小国は特に)頭を切り落とすだけで倒れる程脆く、危うい存在だと感じた。
★2 - コメント(0) - 2014年5月14日

会社つくって口座つくって、という下準備が少々長いのですがフォーサイスが実体験しているところだから思い入れが強かったのかしらん。クーデター後の新政権樹立こそが大変だ、と登場人物の口を借りて言わせているわりに、アフリカへのロマンに頼って短く済ませているのはちょっとずるい。もちろんそれは、現在のアフリカの泥沼を知った身だから言えることですが。/ところで、中盤に盛り込まれた、セックス大好きな若い女に惚れられてやれやれ困っちゃうぜという展開に笑った。
★4 - コメント(0) - 2014年1月3日

なんとなく下だけ再読。寝る前にあとちょっとお思ったら読みきってしまった…
- コメント(0) - 2013年9月23日

再読。 やはり、面白い。 準備100日、戦争は1日。
★2 - コメント(0) - 2012年4月9日

★★★★★
- コメント(0) - 2011年11月25日

「訳者あとがき」には衝撃的なことが書かれている。フォーサイス・ファンやマスコミ関係者等には有名なことだが、あまりのことに声を失ってしまうほどのことだ。それを読むともう一度この本を読みたくなる。
★5 - コメント(0) - 2011年11月3日

★3.5 主演のクリストファー・ウォーケンはハマり役だった。
- コメント(0) - 2011年6月2日

「戦争の犬たち」というタイトルだけど、主人公はキャット。何するにしても準備が大事ってこと。
★1 - コメント(0) - 2011年2月10日

ほとんど戦争の準備で終る小説。戦闘はものすごくあっさりとしていて「えっ」という感じで終る。しかし、あまりに準備の記述が詳細をきわめていてどんどんリアリティーが増してくる。実際、傭兵の戦争とは準備の周到さがほぼ全てなのだろう。あとがきでリアリティーの理由がわかってびっくりします。
★3 - コメント(0) - 2010年11月26日

もっと戦闘があると思ったが意外と短く終わった。そのかわりその戦闘を確実に実行させるために時間をかけて入念に準備をしていく様がとてもよかった。傭兵たちの最後があっけなく終わってしまったのは面を食らった。最後の訳者あとがきにさらに驚かされた。
★3 - コメント(0) - 2010年7月30日

戦争とは、戦闘の前に終わっていなければならない。前編から通して書かれるのは戦闘そのものよりもその下準備である。そして、最後に待ち受けるどんでん返し。資本家ではない、傭兵として戦ってきたシャノンの心としたたかさが光る。タイトルから想像するようなドンパチ物ではないが、だからこそ、重厚な戦争の物語となっている。規模は小さくとも、それは確実に戦争なのだ。
★4 - コメント(0) - 2010年3月22日

思えば伏線はあった。地の文も含めて、全体的に「ブラックパワー(笑)」な差別的雰囲気がにじみでる中で、その例外がいたとか。どうみてもケツまくって逃げているプロローグに悲壮感がないとか。ともあれ、最後の最後の10ページでまさかのどんでん返し。そして、訳者あとがきでさらなるどんでん返し。実話ベースかよ
★4 - コメント(0) - 2010年3月7日

一気に読んでしまった...頭が切れて行動できる人はかっこいいな。
- コメント(0) - 2009年9月15日

下巻
- コメント(0) - 2008年5月13日

小説のかなりの部分を端折った映画版もあります
- コメント(0) - 2004年12月19日

★★★★★
- コメント(0) - --/--

上巻参照
- コメント(0) - --/--

読了日不明
- コメント(0) - --/--

文句なし☆☆☆☆☆
★1 - コメント(0) - --/--

実際に行動に移そうとしてたってところがなんともすごい。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/29:一分前

積読中のみんな最新5件(6)

04/26:まのく
04/12:miu_pal
07/14:shogo
02/17:かに
07/07:にゃー

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

03/06:MIYU
05/06:トク
05/24:ニラ玉
11/10:かしこ
戦争の犬たち (下)の 評価:38 感想・レビュー:24
ログイン新規登録(無料)