ヴァーチャル・ライト (角川文庫)

ヴァーチャル・ライトはこんな本です

ヴァーチャル・ライトはこんな本です

ヴァーチャル・ライトの感想・レビュー(68)

ストーリー自体はそこまで複雑じゃないんだけど、登場人物が多くてちょっと出てくるのでついて行けなかった。 面白いかって言うと、う~ん・・・人を選ぶかなという感じ。 サイバーではないけどパンク。ああ、オレはこういうのじゃなくてもっと技術が発展したタイプの近未来SFが好きなんだと再認識してしまった。
- コメント(0) - 2016年9月10日

SFを久しぶりに読みたくて借りました、思ったよりサイバーパンクではなかったですが。とあるアイテムを巡って起こる争奪戦に主人公とヒロインが巻き込まれていく、簡単に説明するとこんな話。作者の文章の独特な言い回しの事もあり、アメリカの荒廃した世界観がふと文章から伝わってくる。そんな世界観の中で日本に関係するワードが出てくるのが、なかなか面白い。敵組織の正体や物語の着地点の意味合いでは、ちょっとカタルシスが弱かったですが、世界観やキャラクターを通じてSFハードボイルドを味わうなら良い小説ではないでしょうか。
★2 - コメント(0) - 2016年6月12日

大学時代にサイバーパンクを読み漁っていた私にとって、W.ギブスンはヒーローだったんですよね。久しぶりにギブスンを読んでみたくなったのですが、今はほとんどが絶版になってたりして.....w この第4長編を図書館で借りてきましたが、結末が???なことを除けば、楽しませてもらいました。 
★17 - コメント(0) - 2015年10月5日

好きな人は好きなんだろうな、と思われる作品。装飾のような言葉の羅列を削いだら、意外にまっすぐなんだろうなと思うのだけど。悪辣な言葉や、気持ち悪い描写が目にちかちかして、作者の意図を読み取るのが難しい。たしかにマキシマが読んでそうな感じ。一番有名な作品を読めばよかったかな・・・
★9 - コメント(0) - 2015年2月26日

直接視神経の作用してどんなものでもデジタル化にて視覚を発生させる装置、ヴァーチャル・ライトをめぐっての争奪戦。でも私が一番興味深かったのは日本人山崎の存在。トマソンの探究なんて嬉しすぎるじゃないですか。そういえばトマソンとは、見える人にしか理解できない超芸術なんですよね。それだけでもSFっぽい…(本書はそういう話ではないのですが)それにしてもギブスンの書く人物ってどうしてこんなに粋で会話がいちいちカッコいいんでしょう。
★28 - コメント(2) - 2015年1月4日

大地震による復興が進まずにスラム化したアメリカ。また、エイズの感染によって性交渉が規制された近未来。そんな世界にエイズに対抗できる男が再び、性交渉によるコミュニティの構成をしようとしていた。法統治がなされていないために生きるために窃盗、買春などをする人々などの描写が見事な中、グロテスクな死体描写、考えを窺わせないウォーベイビーの恐ろしさが際立つ。最早、パンクSFを築き上げたギブソン作品がほとんど、絶版なのが残念すぎる!!
★38 - コメント(0) - 2014年8月8日

黒丸訳も浅倉訳も読めなくなった現在。Zero Historyはいつ読めるやら。で、これなんだけど、とにかく文章がカッコいいのは当然として、断片的に現れる思想というか哲学というかが無性に印象に残る。サイバーでなくともパンクしている。
★4 - コメント(0) - 2014年7月28日

90年代に書かれたとは思えないのは作者の才能だろうか。ニューロマンサーのような疾走感はないものの、独特の世界観が好ましい。
★3 - コメント(0) - 2013年10月26日

一回じゃ全部分からない、もう一回読まねば…。
★2 - コメント(0) - 2012年5月13日

KBS
意外にまっすぐな話で読みやすい。時代の関係か登場人物の持つ社会に対する感覚は過去作と比べると理解や共感がしやすいものになってると思う。
★2 - コメント(0) - 2011年5月8日

ギブスン大人買いの末の読み直し。
★1 - コメント(0) - 2008年6月17日

★★★★
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

06/17:とよきち

積読中のみんな最新5件(21)

02/24:みかん
08/12:mmo*
05/22:akiu
04/03:あきおじ
10/31:sava

読みたいと思ったみんな最新5件(35)

10/24:ゆに
03/09:hare
12/13:Solveig_X
09/01:ゆー
ヴァーチャル・ライトの 評価:38 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)