ラグナロク〈2〉白い兇器 (角川スニーカー文庫)

ラグナロク〈2〉白い兇器 (角川スニーカー文庫)
381ページ
171登録

ラグナロク〈2〉白い兇器はこんな本です

ラグナロク〈2〉白い兇器はこんな本です

ラグナロク〈2〉白い兇器の感想・レビュー(161)

これも懐かしくて再読。テュールとの戦闘が若干くどい
- コメント(0) - 2014年10月27日

一巻だけ残して売却
- コメント(0) - 2013年5月3日

再読.そこそこ.ややごちゃごちゃしていて読みにくいけれど,リロイとラグナロクがやっぱり好き.ベストラがアニタを復活させたのはやり過ぎ感があったかな.致命傷治せますぐらいでよかったような.
- コメント(0) - 2012年8月2日

 ドラマ・キャラ・世界観の薄さに加えて文章も壊滅的に下手であることに気づいてしまった……。とにかく表現力がなく、つまるところほとんどの表現が「見たこともないほど」「信じられないほど」のバリエーションでしかないのが退屈すぎる。戦闘も、ドライブ感は健在ながらワンパターンで、主人公が頭が悪いくせに潜在能力頼みの無双キャラだから非常に飽きる。1巻の戦闘シーンに感動しただけにまだ切りたくはないが、正直目が醒めてしまった気分。
- コメント(0) - 2011年10月13日

戦闘中の会話が余計すぎる。死んでも簡単に生き返りそうな主人公の戦闘シーンは、無敵モードのゲームの様でつまらんわ。
- コメント(0) - 2011年1月20日

面白かった。続き持ってるから読もう
- コメント(0) - 2011年1月18日

再読。最初から最後までずっとバトル尽くし。グレイプニル格好いいです。どこまでも自分勝手だけど、格好いい海の男共。求めるあまりに狂ってしまった人たち。人間くささみたいなものも溢れた1冊。ラグとリロイの絆も熱い。腐のひとに目を付けられたら、ひとまたりもなさそうな台詞満載。あとふたなり。
- コメント(0) - 2010年2月25日

あっるぇー?なんか人死に度が増えてないか? でもラグナくんかわいいです^q^
- コメント(0) - 2010年1月22日

再読。
- コメント(0) - 2009年5月1日

相変わらず戦闘シーンかっこいー。テンポいい香港映画張りの殺陣だったり、無数の鞭グレイプニルの鬼気迫る攻勢だったり、ラスト沈没船上での大立ち回りだったり、うーんエンターテイメント
- コメント(0) - 2009年4月19日

テュールとブランカートがかっこよすぎです。
- コメント(0) - 2007年5月31日

ティアがぁぁ・・・・
- コメント(0) - 2006年3月15日

今読んでいるみんな最新5件(1)

12/17:アヤ

積読中のみんな最新5件(5)

03/15:輪廻
12/03:アヤ
06/03:まるか
04/21:阿修羅
03/31:caosaicin

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

01/07:suicdio
08/27:サッキー
ラグナロク〈2〉白い兇器の 評価:26 感想・レビュー:13
ログイン新規登録(無料)