ランブルフィッシュ―あんぷらぐど (角川スニーカー文庫)

ランブルフィッシュ―あんぷらぐどの感想・レビュー(106)

2016年10月7日:晦夢
2016年5月29日:杏仁豆
2015年11月5日:にゅーろ
2015年4月6日:千円@やや復帰
2014年10月16日:陸奥九十九
2014年9月29日:ストレイト八郎太
2014年9月19日:紙魚
2014年9月18日:kain
2014年9月13日:ヤマちゃん
2014年8月7日:tegege
2014年5月30日:サエズリ割津
2014年5月29日:dragonfes
2013年12月22日:メタル
2013年3月7日:しぇん
再読。ロボット&学園もの好きです。
- コメント(0) - 2013年2月16日

2012年12月17日:にゅーろ
2012年9月17日:死屍発苦
2012年8月3日:シュウ
2012年6月29日:kozou
2012年6月29日:kozou
2012年5月9日:Abercrombie
2012年3月17日:佐藤リア
短編集。 恵里谷の日常(?)を描いた話。 コメディー色の強い話が多かった。 個人的には、沙樹の跳び蹴り事件の顛末を書いた、邂逅編が一番好きかな。
- コメント(0) - 2012年2月15日

2011年10月23日:がれ
2011年10月5日:まくやま
2011年9月1日:4413
2011年8月16日:秋良
2011年8月9日:
2011年7月27日:ひなの
2011年5月30日:火月
2011年5月19日:ZHONG
2011年5月18日:ミゼ
2011年4月16日:デルフィン
久しぶりに再読。高校生から大学時代に読んでたなァ。外伝的な位置づけだけに、基本はコメディ色が強い。登場人物に魅力を感じられる人には楽しめる一冊。恥ずかしながら、頬を緩ませながら読んでました。どれも構成力が高く(ただそれゆえにオチが読めてしまう話も多い)、安定感のある作品。もっと評価されても良いと思うのだが。。。なぜか僕の評価と世間の評価に、かなりの温度差があるようだ。予断だが、このシリーズのラジオドラマにて、ヒロインを演じていたのが平野綾だったせいか、いまだに瞳子の台詞が、平野ボイスで脳内再生される
- コメント(0) - 2011年3月31日

再読
- コメント(0) - 2011年3月27日

2011年3月22日:さわら
2011年1月6日:スズコ
2010年9月9日:時雨煮
2010年8月15日:sugi
2010年7月16日:りんごアップル
ランブルフィッシュ―あんぷらぐどの 評価:18 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)