退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉 (角川スニーカー文庫)

退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉 (角川スニーカー文庫)
236ページ
96登録

退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉はこんな本です

退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉はこんな本です

退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉の感想・レビュー(81)

霊能力者ものかと思ったのだが、まあ、間違いではないか。
- コメント(0) - 1月29日

十何年か前の表紙買い積ん読解消。草河遊也さんの絵が異常に好きな時期でした。やっぱりいいなあ。
- コメント(0) - 2016年6月10日

まさか、まさかの舞台を現代に移しての作品。うん、ラノベっぽい軽快感。会話の応酬がさらに楽しい。
★1 - コメント(0) - 2014年9月6日

シリーズマンガの一話目を読んだかのようだった。
★1 - コメント(0) - 2014年8月25日

月と炎の戦記の続編ということだけど、前作にも出てくるのは兄妹かなーと思いつつ、この本から読み始めました。二つのお話が同時進行で動いているので続きがどうなっていて、どう着地するのかは少し気になる所。続刊は持っていないので機会があれば。
- コメント(0) - 2012年8月21日

ある日、貧乏退魔師・菊名隆生の元に舞い込んできた依頼は、奇妙な現象が起こるという噂が原因で住民がいつかないという洋館で・・。月と闇の戦記シリーズ第1弾。「月と炎の戦記」の続編です。物語の舞台が現在になった分テンポよく読めたのですが、話が唐突に終わった感があり、長い物語の序章に過ぎないのだという感じがしました。月と炎の戦記の登場人物が今回も登場したのはいいのですが、ツユネブリの姿が普通のウサギになってしまったのは残念でした。★★★
★31 - コメント(0) - 2012年8月10日

個人的にこういった仕事内容の対魔師とか霊能者は、某ゴーストハンターのイメージがあるので主人公のあまりのごり押しに笑ってしまいましたw 前作を読んでからだったので、あの二人が登場するたびにニヤニヤしてました
- コメント(0) - 2012年6月2日

しばらく積読になっていたものを読了。前作を読んでいたほうがなつかしがれるキャラもいるけど、これから読み始めてもまあ平気。二つのエピソードがそれぞれ途中で引きになっているので、続巻を求めなおして読んで見るつもり。
- コメント(0) - 2012年4月2日

一応「月と炎の戦記」の続編ということになってるけどなぜか伝奇アクションものになっているという罠。ただ前作を読んでるとニヤニヤが止まらない/最後で大きくギアを入れ替えた感じなので次にも期待
- コメント(0) - 2009年8月4日

再読。前作の古代日本ファンタジーからうってかわって現代日本。悪くない。あとイラストもいい。
- コメント(0) - 2007年1月9日

和風ファンタジー「月と炎の戦記」の続編というふれこみなので買ったら、現代物だし、ドタバタだし……。いや、これはこれで面白くはあるのだけれど、ちょいとびっくり
- コメント(0) - 2007年1月9日

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/30:たもん

積読中のみんな最新5件(7)

02/28:まみりん
10/31:otoya
03/14:kou
02/26:たもん

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

03/09:suicdio
07/23:すかわら
08/17:茅瀬
退魔師はがけっぷち。―月と闇の戦記〈1〉の 評価:27 感想・レビュー:11
ログイン新規登録(無料)