ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)

ムシウタ11.夢滅ぼす予言 (角川スニーカー文庫)
358ページ
474登録

ムシウタ11.夢滅ぼす予言はこんな本です

ムシウタ11.夢滅ぼす予言の感想・レビュー(397)

miz
一人で戦ってきたあの人の姿が切ない。
★1 - コメント(0) - 2016年9月1日

再読。面白かったです。 ムシの始まりを描いた巻であると同時にCの影響の大きさを明確にした巻。Cがここまで重要な人物になるとは思ってなかったなぁ。最終的にはアリスの横で立っていると思ったのに・・・
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

ミッコって誰ですのん、また新しい女性ですのん状態だったけど、まさかの真相編とは。やはり同化型の虫憑きはかっこいいなー。そして大助はやっぱりふるほたるさんにデレデレだよな。普段あんだけ女性がまわりにいてあれなのに、ふゆほたるさんには普通の素直な恋愛感情だすのでちょっとびっくりする。あとbugにも色々繋がって11巻とbugの最終巻を考えると感慨深いな。鯱人もいいキャラですよね。折れたりぐじぐじするキャラが多い中で鯱人はすっきりしてるし強いし言う事なしだ。全てワンコさんのおかげ変わったからではあるけど。
★3 - コメント(0) - 2015年8月10日

『虫憑き』が現れた瞬間の過去編かー。過去編については大雑把な予想はついていたけど、そのあとのかっこうが欠落者になる展開は予想外。ここでかっこう欠落者になる展開のカードを切りましましたか。次の展開が楽しみだ。ふゆほたるがかっこうの正体に気がついたのか、どうか。あの過去編での電話相手は予想するに『土師』だけど、流石に安易かな?
★6 - コメント(0) - 2015年7月28日

始まりの3匹の生い立ちが鮮明に。かっこうくんはどうなってしまうのか…。みんな揃ってのバトルは見ものであり盛り上がりは最高潮に。
★3 - コメント(0) - 2015年2月3日

虫についての謎が明かされる。 ここに来てすべての謎の答えが開示された。 どういう能力があればこんな事をできるのか?あの霧は何だったのか?
★2 - コメント(0) - 2014年10月29日

張り巡らされた伏線が回収されていく快感。近づきつつある終幕がより盛り上がっていく。かっこうとふゆほたるの最後のシーンが印象的。かっこうと大助、いつ二人は交錯するんだろうか?
★1 - コメント(0) - 2014年10月13日

久しぶりに本編主人公が出てきた刊。久しぶり!!黒い悪魔! 9巻を読んだのが4年前?だっけ、だから登場人物覚えてない人もいて、回想にいくらかついていけない。アリアのお姉ちゃんと、お前はいつ再会していたんだっけ? いつ闘ったっけ? 鯱は前の刊でいついなくなったっけ? 彼女はむしばねだっけ? ……読みなおします
- コメント(0) - 2014年9月18日

虫の始まりが今回明らかになりましたが、理解できたか微妙なところ。これだとαを保護しても大した情報が得られなさそうな気がします。そして物語はいよいよ日常が完全に崩壊。Cがどうして侵父を開放するようなことをしたのか気になります。
★1 - コメント(0) - 2014年6月19日

★★★★☆
- コメント(0) - 2014年5月10日

星★★★★ ああやっぱり、かっこうだ。かっこうがいないとダメなんだ。
★1 - コメント(0) - 2014年4月30日

かっこうくんが、かっこうくんがちゃんと主人公やってる!! それだけだいぶ面白くなってくるね。
- コメント(0) - 2014年4月12日

やっぱり、面白い。明らかになる過去。そしてついに協力し合う彼らと彼ら。胸が熱い。あれ……でも、10巻のラストのあれは、あれ? どうなった? それとも私がなんか見落とした?
★1 - コメント(0) - 2013年11月20日

再読
★1 - コメント(0) - 2013年8月24日

ついに明かされる”始原の時”。 始まりの虫憑き”α”。 ”始まりの3匹”はどこで生まれたのか。 野望はどこから始まったのか。 すべての真相がここにある。 今回の黒幕の正体には、読み始めてすぐに気付いただけに、やはりか、という思いだった。 しかし、それなら、今、彼女は何を目的にしているのだろう。 終わり? 始まり? 破壊? 創造? ”きーくん”ほどに純粋な男が、のちの彼と気付いたときは、愕然としたが、これからどう展開するのだろうか。
- コメント(0) - 2013年5月25日

カラーページの詩歌がただのふゆふたる嬢だろこれ
- コメント(0) - 2013年4月19日

5巻からずっとずっと待ち望んていた展開がやっと起きて、非常に燃えた。こういうのを読むとシリーズを追いかけていてよかったと思う。ラストに気になる話もあり、いよいよ物語は最終章へ。
- コメント(0) - 2012年12月25日

友人から借りモノ。始まりの三匹の発生が明かされましたが・・何だろうこのモヤモヤ感。あと虫がモチーフの理由って何だろう?霞王が何気に美味しい所持ってった気がする。
- コメント(0) - 2012年11月8日

大助メインの話ではあったけど、始まりの三匹とαが生まれたときの過去話。後半で侵父との戦闘。そういえば出番がなかったなぁと思ってたらCが大変な事になってたみたいで、大助もあんな事になってしまうという衝撃の展開で終わってた。まぁきっと近いうちに戻ってくるのでしょう。それにしても雷って便利。
- コメント(0) - 2012年10月31日

再読中。なかなか強引だけどもひとまずすべてを明かすとなると致し方ない。盛り上げどころが盛り上がるのがシリーズの力。
- コメント(0) - 2012年10月28日

★★★:【再読】連続で読んでいると、また感慨深いものがありますね。きーくんの正体が一番意外でしたね。自信なさそうな彼が、まさかあの人だったとは……。魅車八重子を少しだけ身近に感じ……ましたが、気の迷いでしたね、はい。やはり物語の進行は性急な気はします。もう、クライマックスに向けて必要な情報や行動は出し切ってしまおう、という感じですね。最後に詩歌が言った、虫憑きが夢を叶えたあとどうなるかが気になりますね。
- コメント(0) - 2012年9月27日

ついに虫の始まりが明かされたか。ここまでくるとホントに終盤が近いんだなと感慨深かったり寂しかったりするなあ。ミッコ若いときは可愛かったじゃん、とか思ってたらそんなことはなかった。こいつずっとこうなんだな…。しかし虫の始まりさえ序の口で浸父殲滅は燃えたね。かっこうどうなるんだろ…。やっぱりムシウタは面白い。
- コメント(0) - 2012年9月16日

ついに表紙にかっこうが出てきたから、何かある!と思ってたら… 始まりの三匹の誕生の謎だったよ!驚き! 魅車八重子の正体がわかったけどさ…わかっても薄気味悪い人物だな。 そんで『C』ってなんだー!誰だーー!!
- コメント(0) - 2012年9月15日

 まさかの、過去での魅車さんを「みーこ」というとは… それよりもとうとう侵父を討ちましたね!鯱人との共闘は燃えました!
- コメント(0) - 2012年8月19日

最近新刊が出たので1年半放置していたのを読み始めましたが、お話が凄く進んでびっくりしました。
- コメント(0) - 2012年8月15日

虫憑きのはじまり、侵父との最終決戦、一号指定の意味など様々な伏線回収や、新たな伏線を広げるなど、とても面白い巻でした。これから怒濤のラストスパートだと思うんで、楽しみですw
- コメント(0) - 2012年7月3日

本当に久しぶりにかっこうが主人公だったんだなー
- コメント(0) - 2012年7月3日

始まりの三匹が生まれた理由、今まで分からなかったことが分かり始めた11巻でした。そして、大助はどうなってしまうのか次巻を早く読みたいです。
- コメント(0) - 2012年6月29日

新刊が7月に出るということで再読。この11巻はいままでの登場人物がたくさん出てくるので、読んでいると全部読み返したくなる。完結して数年経ったらまた本編、bugともに読み直してみようと思った。そして力を使い果たしたのか? 大助はどうなるのか、新刊が楽しみ。
- コメント(0) - 2012年6月20日

虫の出生の秘密がついに明かされた今巻。怒涛の展開であっという間に読了してしまいました。気になる締め方で続巻が待ちきれませんね。
- コメント(0) - 2012年3月1日

読了。最初はうん?と思い続いてあぁ、と納得して中盤から後半にかけてバトルで良い展開でした。無事浸父終了するも、かっこうさんどうなる!?そしてなんでCが? まだまだ話しは終わっていません。続きに期待。
- コメント(0) - 2012年2月11日

かっこうぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
★1 - コメント(0) - 2012年1月13日

この巻からミッコをあんまり嫌いにならなかったらそうでもないみたいなあれやっぱりこいつ嫌いなのかなとあんまり自信がないけど、総力戦というだけでコードネームや技の描写なども盛り沢山でbugシリーズにも書かれていなかった隠れた設定がいったいどれだけあったのだろうか、というか途中から部分のセリフが英語で脳内上書きされるような勢いだったんだが大丈夫だろうか、つーか早く終わってくれないかなこのシリーズ、眠ってる女の子のほうもさっさと起きてなんとか修羅場になってくれないかなぁー
★1 - コメント(0) - 2011年12月12日

続きが気になるなぁ
★1 - コメント(0) - 2011年11月20日

なんかいろいろとやばい巻だった。印象に残った場面が多すぎて・・・。とりあえず鯱人かっこよかった
★1 - コメント(0) - 2011年10月19日

口絵の詩歌で、ポカンとしたけど本文で理解。ついにクライマックスですね。
★1 - コメント(0) - 2011年9月26日

前巻が酷いから期待してなかったら予想に反して面白かった。まさかの過去話の中カッシーが格好良く、きーくんは…。ミッコは3番目の佐藤さんが比較にならんくらい酷いし。そしてラストのかっこうが心配。しかし最終決戦ってラスボスがアレ??
- コメント(0) - 2011年9月6日

今まで散々撒いてきた伏線が一気に回収されたなあという印象を受けました。ミッコはすぐに気付けましたが、きーくんは意外でした。過去編も面白かったですが、何より"かっこう"と"ふゆほたる"が力を合わせようとするのが、胸熱展開でした。ラストも気になる終わり方で、次巻が楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2011年8月21日

前半の大助の察しの悪さは読者からすると非常にもどかしいが、始まりの三匹誕生、1号指定の条件など、物語の確信に迫る重要な巻。後半もイベント盛り沢山で、かっこうと鯱人が大活躍だったので満足。しかし殲滅班無力化されてるのにアキアカネと火巫女が無力化されないのはなんでなん?
★1 - コメント(0) - 2011年7月24日

ムシウタ11.夢滅ぼす予言の 評価:54 感想・レビュー:115
ログイン新規登録(無料)